呪術廻戦

【呪術廻戦】劇場版『呪術廻戦 0』に登場するキャラクターのその後 まとめ

2021年12月24日に公開された劇場版『呪術廻戦 0』

原作準拠の内容でありながら、原作には登場していなかった『呪術廻戦』キャラクターも登場しており、ファンの間で話題となりました。

今回は、そんな劇場版追加キャラクターも含む、”『呪術廻戦 0』に登場したキャラクター達のその後”をご紹介します。

劇場版『呪術廻戦 0』のあらすじ

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦 0』の主人公 乙骨憂太(おっこつ ゆうた)は、特級過呪怨霊 祈本里香(おりもと りか)に呪われている高校生。

「呪いの王」と称される里香の力は強大であり、その力は乙骨の意思に反し、彼に危害を加えようとした周りの人間へと振るわれます。

かつて結婚を約束し、”愛”という歪んだ呪いによって交わった乙骨と里香。

事態を重く見た呪術界を司る組織 呪術総監は、祈本里香の被呪者 乙骨憂太を秘匿死刑に処すことで事態の収拾を図りますが、”特級術師”五条悟(ごじょう さとる)が死刑執行に”待った”を掛けます。

呪術高専1年担任でもある五条は、乙骨を呪術高専で引き取る、と提案。

呪術高専を舞台とした、乙骨憂太が祈本里香の”呪い”を解呪するための戦いが始まります。

 

劇場版『呪術廻戦 0』については、本サイトの別記事にて解説・考察も行っておりますので、是非併せてご覧ください。

【呪術廻戦】劇場版 呪術廻戦0のあらすじ・感想|原作との違いをご紹介!2021年12月24日、ファン待望の劇場版『呪術廻戦 0』が、遂に公開されました。 大好評に終わったアニメ『呪術廻戦』第一期に引き...

劇場版『呪術廻戦 0』登場キャラのその後

ここからは、劇場版『呪術廻戦 0』に登場したキャラクターのその後の活躍を、原作『呪術廻戦』のネタバレありでご紹介していきます。

呪術高専 東京校

乙骨 憂太

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

乙骨 憂太(おっこつ ゆうた)は、劇場版『呪術廻戦 0』の主人公を務めた人物であり、原作『呪術廻戦』1巻以降でも、2年生として継続登場するキャラクターです。

里香の解呪成功後、一時的にスタート地点の4級術師にまで降格したものの、その後の成長によって特級術師に返り咲き

(呪術廻戦 16巻 芥見下々 / 集英社)

本格的な登場は『呪術廻戦』16巻の137話とかなり遅めですが、0巻時点の乙骨と比べると見違えるほどに成長した姿を見せてくれました。

なお、現時点で乙骨の生得術式は明らかになっていませんが、彼には”五条をも上回る呪力量”という手札があるため、術式なしでも尋常でない強さを誇ります。

乙骨憂太の強さと折本里香の関係を紹介呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の乙骨憂太(おっこつゆうた)の解説考察記事です。乙骨の術式や折本里香(おりもとりか)との関係を紹介していき...

祈本 里香

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

祈本里香(おりもと りか)は、「呪いの女王」と呼ばれる程に膨大な呪力を持つに至った少女であり、乙骨に憑りつく呪霊となってしまった人物です。

劇場版、もしくは原作『呪術廻戦』0巻をご覧になったかたはご存知の通り、乙骨によって解呪が達成されました。

(呪術廻戦 16巻 芥見下々 / 集英社)

しかし、『呪術廻戦』16巻にて、乙骨から「リカちゃん」と呼ばれる呪霊(?)が登場

祈本里香との関連は不明ですが、何らかの経緯で再度呪霊と化した可能性もあります。

なお、0巻での呼び名は「里香ちゃん」、16巻での呼び名は「リカちゃん」とカタカナ表記に変わっていることから、”祈本里香とは全く別の存在である”という説も濃厚です。

五条 悟

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

五条悟(ごじょう さとる)は、劇場版『呪術廻戦 0』で乙骨ら1年生の担任教師を務める特級術師です。

五条家相伝の術式「無下限呪術」に加え、「六眼」という特殊な目を有している五条は、自他ともに認める”術師最強”。

原作『呪術廻戦』1巻以降でも、最強ゆえの立ち回りで暴れ回ります。

しかし、『呪術廻戦』11巻にて事件は起きました。夏油の身体を乗っ取った1000年前の術師 羂索(けんじゃく)が、東京渋谷にて呪術テロ(後の渋谷事変)を起こします。

単騎で平定に向かった五条を待っていたのは、特級呪物「獄門疆(ごくもんきょう)」でした。

”生きた結界”と呼ばれる源信なる術師の成れの果て「獄門疆」は、あらゆるものを封じることが出来る呪物。

五条は、羂索の計画を前に敗れ、あえなく封印されてしまいました。

五条悟の強さや過去を紹介!獄門疆(ごくもんきょう)からの復活はいつ?呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の五条悟(ごじょうさとる)の解説考察記事です。五条悟の術式や過去・獄門疆(ごくもんきょう)からの解放はある...

禪院 真希

(呪術廻戦19話 芥見下々 / 集英社)

禪院真希(ぜんいん まき)は、呪術界の御三家「禪院家」で生まれた、呪力を持たない人物です。

「相伝の術式」を持って初めてスタートを切ることが出来る禪院家において、術式を持たぬ人物など塵芥も同義。それゆえに、ひどい冷遇を受けていた真希でしたが、彼女は”天与呪縛”による高い身体能力を武器に、”呪術師”として運命に抗い続けます。

「渋谷事変」では、大きな火傷を負って生死の境を彷徨いますが、”天与呪縛”による持ち前のしぶとさで生還

 

その後、五条悟救出や、羂索の次なる計画「死滅回游」を平定するべく、戦力となる呪具を回収しに禪院家の忌庫へ。

しかし、そこで真希に牙を剥いたのは、実父の禪院扇でした。

同じ目的で居合わせた双子の妹 真依ともども、扇によって瀕死状態にまで追い込まれた真希。

(呪術廻戦 17巻 芥見下々 / 集英社)

意を決した真依が己の命を賭して”呪具”を構築した結果、真希の”天与呪縛”は完全なものとなり、尋常ならざる身体能力を手に入れるに至ります。

その結果、何と真希は、たった一人で禪院家の人員を殲滅

長きに渡って続いた禪院家の歴史を、文字通りぶっ壊して見せました。

禪院真希の強さと天与呪縛について紹介!呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の禪院真希(ぜんいんまき)の強さや天与呪縛(てんよじゅばく)に関する記事です。 禪院真希とは?来歴は? ...

パンダ

(呪術廻戦16話 芥見下々 / 集英社)

パンダは、劇場版『呪術廻戦 0』では深く語られませんでしたが、呪術高専 東京校の校長 夜蛾正道(やが まさみち)によって作られた”最高傑作”たる呪骸です。

”呪骸”とは、呪いが込められた無生物を指す言葉であり、パンダのような”意思を持つ自立した呪骸”は前代未聞。

そんなパンダは、見た目の可愛さに反して、準二級術師として認められている実力派。

体内の3つの核を使い分けることで、「京都姉妹校交流会」編にて活躍を見せました。

(呪術廻戦 153話 芥見下々 / 集英社)

現在は「死滅回游」平定の為に尽力しており、虎杖や伏黒らと合流した後、3年のと共に行動しています。

パンダの強さや呪骸について紹介呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)パンダの強さやそれぞれの核、呪骸について紹介します。 パンダとは?来歴は? 見た目はパンダでも立派...

狗巻 棘

(呪術廻戦18話 芥見下々 / 集英社)

狗巻棘(いぬまき とげ)は、劇場版『呪術廻戦 0』時点で2級術師に認められていた実力者であり、呪言師の末裔です。

劇場版から1年後に当たる『呪術廻戦』2巻時点では既に準一級術師であり、劇場版特典の小冊子にて、推薦者が日下部篤也(くさかべ あつや/後述)であったことが明かされています。

劇場版にて友人想いな一面を見せていた狗巻ですが、先輩となったいまでは、後輩想いな良き先輩に

「渋谷事変」にて片腕を落とされてしまい、現在は戦線を離脱しています(170話時点)。

狗巻棘の術式やおにぎりの具の意味を紹介この記事では呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)狗巻棘(いぬまきとげ)の術式やおにぎりの具の意味を紹介していきます。 狗巻棘とは?来歴は? ...

夜蛾 正道

(呪術廻戦16話 芥見下々 / 集英社)

夜蛾正道は、東京都立呪術高等専門学校の校長を務める一級術師です。

傀儡呪術学の第一人者として知られる彼は、”突然変異呪骸”あるいは”完全自立型人工呪骸”ことパンダの制作者でもあります。

パンダを巡っては、”突然変異ではなく意図的に作ったのではないか”という疑いのもと、呪術総監から睨まれており、「渋谷事変」にて五条悟が封印された後、呪術総監の刺客によって殺害されてしまいました。

【呪術廻戦】夜蛾正道の実力や術式を紹介|突然変異呪骸についても解説!夜蛾正道とは 呪術高専東京校学長 夜蛾正道(やが まさみち)は、東京都立呪術高等専門学校の学長にして、”突然変異呪骸”として知ら...

夏油一派

夏油 傑

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

夏油傑(げとう すぐる)は、かつて高専に所属していた、五条悟の親友です。

思想の変化によって高専と袂を分かった結果、自身の引き起こした「新宿・京都百鬼夜行」にて敗北。

その後は、劇場版『呪術廻戦 0』同様、原作『呪術廻戦』0巻でも、ラストに命を落としました。

しかし、他者の身体を乗っ取ることが出来る術師 羂索(けんじゃく)によって身体を乗っ取られ、『呪術廻戦』1巻以降も度々登場しています。

なお、外見上は夏油傑そのものですが、中身はあくまで羂索であり、思想や目的は夏油とは異なるものです。

夏油傑の術式や最後を紹介!五条との関係も!呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の夏油傑(げとうすぐる)の解説考察記事です。偽夏油(=加茂憲倫)に脳を乗っ取られる前の夏油傑の術式や過去を...
【呪術廻戦】羂索の実力や術式を紹介|死滅回游の狙いや真の目的について考察!羂索とは 人体を転々とする千年前の術師 羂索(けんじゃく)は、生得術式を用いて他者の身体を乗っ取ることで、悠久の時を生きてきた術...

ミゲル

(呪術廻戦 0巻 芥見下々 / 集英社)

ミゲルは、アフリカ出身の黒人術師です。

対象の術式を乱して相殺する呪具「黒縄(こくじょう)」の使い手であり、本気の五条悟を相手に生き延びて見せました

夏油亡きあと、五条からその実力を高く買われたミゲルは、半ば押し付けられるような形で乙骨憂太を預かり、彼の指導を引き受けます

ちなみに、「新宿・京都百鬼夜行」での戦闘以降、五条悟のことを毛嫌いしているようです。

ラルゥ

(呪術廻戦136話 芥見下々 / 集英社)

ラルゥは、夏油を「傑ちゃん」と呼び慕っていた術師です。136話にて、ミゲル同様”夏油傑を王にするため”に夏油一派に所属していたのだと明かしました。

そんな背景から、夏油の中身が入れ替わって以降、夏油一派から離脱しています。

(呪術廻戦 136話 芥見下々 / 集英社)

術式や実力など一切の情報が明らかになっていませんが、特級術師 九十九由基の口から彼の名前が出ており、現在は九十九の協力者として立ち回っているようです。

枷場 美々子/菜々子

(呪術廻戦 0巻 芥見下々 / 集英社)

枷場美々子/菜々子(はさば みみこ/ななこ)は、夏油によって育てられた双子です(黒髪が美々子、金髪が菜々子)。

呪術師が差別対象となる村の出身であり、夏油によって不幸な境遇から救い出されました。

それ以降、彼女らにとっての夏油は、父親のようであり、それ以上の存在もあります。

(呪術廻戦 13巻 芥見下々 / 集英社)

夏油が羂索によって乗っ取られて以降も夏油一派と行動を共にしていますが、その目的は夏油の身体を取り戻すこと。

「渋谷事変」編の枷場姉妹は、羂索が夏油の身体を弄んでいることが許せない、という胸中を露にしました。

なお、なんとしてでも羂索を殺害しようと考えた枷場姉妹は、「宿儺の指」を交渉材料に、両面宿儺に羂索の殺害を依頼

しかし、宿儺が素直に従うはずもなく、2人とも殺害されてしまいました。

菅田 真奈美

(呪術廻戦 13巻 芥見下々 / 集英社)

菅田真奈美(すだ まなみ)は、夏油の秘書のような役割を担っていた呪詛師です。

術式等の情報は不明ですが、夏油を崇拝するとともに彼の思想自体にも恭順しており、夏油の夢見た世界を実現するため、夏油一派であり続けています。

枷場姉妹とは、夏油の身体を乗っ取った羂索を巡って対立。

菅田と祢木は”夏油の望んだ世界を実現するため”、枷場姉妹は”夏油の肉体を解放するため”と、相反する目的で羂索に協力しています。

祢木 利久

(呪術廻戦 13巻 芥見下々 / 集英社)

祢木 利久(ねぎ としひさ)は、枷場姉妹と似た境遇にあった呪詛師です。

上述の通り、菅田と同じ考えの持ち主であり、夏油の望む世界を実現するため、「肉体のことは この際 感知しない」とまで言い切りました。

ファンブックで明かされた情報によると、あまり強くないようです。

呪術高専 京都校

京都校の面々は、学長の楽巌寺や1年の新田を除く全員が登場しましたが、ここでは、『呪術廻戦』本編にて大きな変化があったキャラクターのみをご紹介します。

東堂 葵

(呪術廻戦15話 芥見下々 / 集英社)

東堂葵(とうどう あおい)は、呪術高専京都校に所属する3年生(0巻時点では2年)です。

劇場版にて登場した通り、「新宿・京都百鬼夜行」で活躍を見せた東堂。

なんと彼は、1級呪霊5体、特級呪霊1体を単騎で祓う、という圧倒的な戦果を挙げています(1級呪霊には術式を使用せず)。

それもそのはず、東堂葵は現在判明している高専生の中で唯一の一級術師。並みの術師とは比べ物にならない強者です。

(呪術廻戦 6巻 芥見下々 / 集英社)

作中での東堂は、「京都姉妹校交流会」編にて本格登場し、東京校の前に立ちはだかる”壁”として活躍。

また、『呪術廻戦』主人公 虎杖悠仁とは、1vs1の戦いを経て”親友”として認め、後に「超親友(ブラザー)」と呼び親しむほどの仲になりました。

後の「渋谷事変」編でも、そんな超親友 虎杖のために駆けつけており、特級呪霊相手に腕一本を喪いつつも善戦します

なお、彼の術式は、”両手を使う”という性質上、腕を喪ったことで使用不能となりました。

【呪術廻戦】東堂葵の実力や術式を紹介|強さの秘密や虎杖との関係も解説!東堂葵とは 天才肌の変人一級呪術師 東堂葵(とうどう あおい)は、非術師の家系でありながら在学中に一級に昇格した「ハイセンスゴリ...

禪院 真依

(呪術廻戦17話 芥見下々 / 集英社)

禪院真依(まい)は、呪術高専京都校に通う2年生であり、真希の双子の妹です。

呪力によって物体を作り出す「構築術式」の使い手であり、銃弾などの小さなものを無から想像することが出来ます。

真希とは異なり術式を持ってはいるものの、「構築術式」は禪院家相伝の強力な術式ではなく、「落ちこぼれ」として不遇な扱いを受けて育ちました。

「京都姉妹校交流会」編や、「渋谷事変」編にて活躍を見せますが、17巻に収録されている「葦を啣む」編にて、真希を救うために――そして、禪院家を潰すために命を落としました。

【呪術廻戦】禪院真依の実力や術式を紹介|構築術式について詳しく解説!禪院真依とは 京都校に所属する禪院家の落ちこぼれ 禪院真依(ぜんいん まい)は、京都府立呪術高等専門学校の二年であり、三級呪術師...

究極メカ丸/与幸吉

(呪術廻戦 9巻 芥見下々 / 集英社)

究極メカ丸(アルティメットめかまる)は、天与呪縛によって広大な術式操作範囲を得た術師 与 幸吉(むた こうきち)が操るロボットです。

上述の禪院真依と同じ京都校2年の彼は、準一級術師であり、瞬間火力は”特級”レベル

京都姉妹校交流会で活躍するほか、特級呪霊 真人との戦闘で大きな爪痕を残しました。

なお、真人戦で命を落としてしまったものの、小さなメカ丸を通じて虎杖らをサポート。「渋谷事変」編の影の功労者として立ち回りました。

【呪術廻戦】究極メカ丸/与幸吉の実力や術式を紹介|天与呪縛についても解説究極メカ丸/与幸吉とは 機体を操る天与呪縛の呪術師 究極メカ丸(アルティメトめかまる)とは、京都府立呪術高等専門学校二年の与幸吉...

高専関係者

七海建人

七海健人(ななみ けんと)は、高専に所属する術師であり、サラリーマンとしての経歴も持つ”脱サラ術師”です。

元々高専に通っていた彼は、五条や夏油、家入の1つ後輩。

とある事件を契機に、「呪術師はクソ」だという結論に至り、高専卒業後はサラリーマンとなりました。

しかし、サラリーマンとして経験を積んだ七海は、「労働はクソ」だという結論にも至ります。結局呪術師に舞い戻った七海は、高専所属の呪術師として、以降活躍を見せるのでした。

(呪術廻戦 12巻 芥見下々 / 集英社)

一級術師である七海は、尋常ではない実力の持ち主。見た目に反してパワー全振りの戦闘スタイルは見ていて気持ちが良く、生得術式「十劃呪法」による圧倒的な威力で相手を蹴散らします。

実直な性格とその強さゆえ、人気もかなり高かったキャラクターですが、「渋谷事変」にて死亡。

多くの読者から退場が惜しまれました。

【呪術廻戦】七海建人の実力や術式を解説|脱サラの経緯もご紹介!七海建人とは 黒閃連続発生記録を持つ脱サラ一級呪術師 七海建人(ななみ けんと)は、五条の一年後輩にあたる呪術高専卒の人物であり...

冥冥

冥冥(めいめい)は、高専に属さないフリーの一級術師です。

劇場版にて「インセンティブ」について言及していた通り、対価に拘る守銭奴である冥冥は、自身のことを「金の味方」とまで言い放っています。

烏を操る「黒鳥操術」の使い手である彼女は、「京都姉妹校交流会」編にてモニタリング担当として活躍するほか、「渋谷事変」編でも特級呪霊を単騎(+弟の憂憂)で祓除する活躍を見せました。

なお、五条救出へと進む先で羂索と対峙した冥冥は、彼我の戦力差を感じ取り、憂憂の術式(詳細は不明)を用いて離脱。

日本に見切りをつけ、日本円を為替のうえ、KL(クアラルンプール)に多々飛びしました。

【呪術廻戦】冥冥の実力や術式を紹介|憂憂の役割や術式も併せて考察!冥冥とは 魅力漂う守銭奴敏腕呪術師 冥冥(めいめい)は、どこにも属さずフリーで活動している一級呪術師です。 お金第一の守銭...

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。