呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌196話のネタバレ考察|三代との相撲で真希が覚醒 新たなステージへ

『呪術廻戦』本誌196話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。

【呪術廻戦】196話「桜島結界⑥」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回195話のおさらい

・加茂がピンチに陥る中、3分も経たない内に真希が戦線復帰。
・硬直した現状を打破するため、真希は突如現れた泳者に刀を渡す。
・刀が渡ったのは、名も無き剣豪 大道鋼(だいどう はがね)。
・大道は、呪力を扱わないにも関わらず凄まじい殺気を放っており、視認できていないにも関わらず呪霊直哉に攻撃をヒットさせた。
・もう一人の泳者 三代六十四(みよ ろくじゅうし)は、真希を対象に領域を展開した。

【呪術廻戦】本誌195話のネタバレ考察|剣豪泳者が刀無双 カッパ泳者は簡易領域使い!『呪術廻戦』本誌195話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。 【...

各キャラクターの現在状況はこちら!

【呪術廻戦】主要キャラクターの現在状況|死滅回游の得点推移(9/12更新)『呪術廻戦』に登場する主要キャラクターをまとめています。各キャラクターの最新の状況を記載しているため、アニメ・単行本派の方はご注意くださ...

【呪術廻戦】本誌196話のネタバレ

三代の領域

195話ラストで三代六十四が展開したのは、”相撲をとることのみに機能する領域”。

この領域は、視覚効果(土俵)が発生した後、招いた側(三代)と招かれた側(今回は真希)、両者の了承があって初めて完成するようです。

取らねぇのか!? 相撲」と真希を急かす三代。

(『呪術廻戦』 196話 芥見下々 / 集英社)

無愛想に「いいぞ」と真希が返答すると、三代の展開した領域が完成し、結界が閉じられ始めます。

一部始終を見ていた加茂憲紀が引き止めますが、真希は「スッキリさせてく」と返し、領域の内部へと消えていきます。

相撲勝負

晴れて完成した領域の中、見合う両者。

真希は「大道鋼や禪院甚爾に見えていて自身に見えていないもの」を探るため、三代の胸を借りる腹積りのようです。

双方が手をつき、始まった取り組み。

三代は真希が持つ圧倒的なフィジカルを察すると、即座に背後に回り込み、正面衝突を避けます。

その後、相手の腕をとった三代は、そのまま体を回転させ、真希に土をつけました。

相撲こみゅにけーしょん

両手を広げ、「相撲サイコー」と唱えた三代は、「こんなもんじゃないだろう嬢ちゃんは」と真希の方にしゃがみ込みます。

一度の立合いで、真希が何かを抱えているであろうことを察した三代。

一方の真希は、これまでの人生で”師”と呼ぶべき人物と巡り合ったことがなく、「強くなるために他者を頼る」という発想自体がないとのこと。

(『呪術廻戦』 196話 芥見下々 / 集英社)

そんな中、意を決した真希は、大道の述べていた言葉がわからない旨を三代に伝えます。

「俺は分かるぞ」と返した三代は、真希に立つよう指示。相撲を取る中で伝えようとしているようです。

土俵という輪の中で個人と個人がぶつかり合う、三代いわく「こみゅにけーしょん」のような競技、相撲。

そんなコミュニケーションの中で三代は、土俵でぶつかり合った瞬間、「土俵に上がるまでの全てが 互いに流れ込んでくることがある」と話しました。

そうなった際、相手や自分の全てを感じ取ることができるという三代は、目の前の肉体や勝敗ですら無意味になると付け加えます。

大道の言葉がそのような意味を持っており、要約すると”自由”であると締めくくった三代。

この瞬間、真希は大道や三代の言葉の意味を理解し、晴れやかな顔を浮かべました。

その直後、崩壊する三代の領域。

(『呪術廻戦』 196話 芥見下々 / 集英社)

そこには、土に手をついた三代をバックに、晴れ晴れとした笑顔を浮かべる真希の姿があって……。

197話へ続く。

【呪術廻戦】196話の考察と感想

真希が甚爾と同格に?

これまで、”呪力から脱却した体”という甚爾と同じ素体を有していた真希。

しかし、強さはまだまだ甚爾に劣るようであり、彼女には何らかのピースが欠如していたようです。

そんな中、今回ご紹介した196話では、三代との取り組みを経て真希が覚醒。

”自由”というキーワードを得た真希は、”天与の暴君”と形容された甚爾のレベルにまで上り詰めることができるのでしょうか。

三代と大道は何者?

(『呪術廻戦』 196話 芥見下々 / 集英社)

194話ラストから突如として登場し、桜島結界の戦いに混沌をもたらした2人の泳者、大同鋼と三代六十四。

片や名も無き剣豪、片や相撲取りと判明しているものの、それ以外の情報は未だ何も判明していません。

これまでの言動を見るに、受肉した過去の術師(大道は非術師)であることは明らかであり、どちらも羂索との契約によって”呪物”として眠っていたことが予想されます。

突如現れ、禪院真希のステージを一段階上げるに至った2人は、かつてどのように生き、どのような経緯で羂索と契約するに至ったのでしょうか。

197話以降では、彼らの過去にもスポットライトが当たることを祈るばかりです。

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話 195話 196話
197話        

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
0巻        

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

三代六十四 vs 禪院真希

相撲バトル?

195話の最終コマにて、簡易領域を展開した三代六十四。

効果の程は不明ですが、相撲に用いる土俵が出現した点から察するに、対象に”相撲ルール”の適用を強制するものでしょう。

相撲とは、土俵を割る(土俵外に足が出る)か、足裏以外の身体部位に土がつくことが敗北条件の国技。

簡易領域として展開されている点から考えると、上記の相撲ルールが適用された上で、敗北した側に何らかのペナルティが与えられる可能性が高そうです。

”剣豪”大道鋼が、呪力を扱わないながらも特級相当の実力を持っていることは明らかですが、同時期に登場した新キャラクター 三代六十四は、果たしてどれほどの力を持っているのでしょうか。

真希の覚醒

(『呪術廻戦』 17巻 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦』17巻収録の「葦を啣む」編にて、禪院(伏黒)甚爾と同じ”呪力から脱却した身体”を手に入れた真希。

その際、戦闘能力等の全てが甚爾と同レベルになったかと思われた彼女でしたが、195話でまだ甚爾との間に差が存在することが示唆されました。

剣豪たる大道鋼の戦いぶりを見たことで、真希の脳裏には、殺戮人形と化した甚爾が陀艮と戦ったシーンが想起されます。

甚爾と自身との間に差があることを理解しており、「何が違うのか」について頭を働かせる真希。

今回描かれている「桜島結界編」にて、真希の真なる覚醒が描かれることになりそうですね。

羂索のリサーチ力

現在連載されている「桜島結界編」を含む、「死滅回游編」全体を通して、”羂索のリサーチ力”の高さが浮き彫りになっているように思われます。

肉体から肉体へと渡ることができる生得術式により、悠久のときを生きたでろう羂索。

そんな”寿命”の点での優位性を差し引いても、全国津々浦々の強力な術師、ひいては非術師の名も無き剣豪(=大道鋼)すらも見つけ出し、後の世での受肉の”契約”にまで漕ぎ着け、無事「死滅回游」を成立させた手腕は、見事と表現する他ありません。

羂索は、途中途中で具体的な行動(=星漿体暗殺未遂)を起こしつつも、後にやって来るであろう決定的な機会(=天元の進化+六眼&無下限呪術持ちの封印)に備え、コツコツと準備を続けながら1000年もの時を生きたのです。

相当な労力を割いた末に、満を持して打ち出したであろう呪術師同士の殺し合い「死滅回游」。

羂索の労力を思えば、もはや彼の思惑通りに成功して欲しいと思ってしまいます。

虎杖悠仁をはじめとする高専サイドの術師たちは、無事五条悟を救い出し、未曾有の危機を脱することができるのでしょうか。

今後の死滅回游について

東京第一、東京第二、仙台結界を経て、桜島結界編が連載されている『呪術廻戦』。

メタ的に見れば、現在の桜島結界編で真希が死ぬとは考え辛く、結界を素通りできるという特性を活かし、メッセンジャーとしての活躍を見せてくれるはずです。

高専サイドは、虎杖が日車に”点数譲渡を可能にする総則”を追加させたことで、乙骨、秤(鹿紫雲)、伏黒の点数を合わせただけでも、300点以上のまとまった点数を行使することができます。

高専の呪術師らが思うままに死滅回游を改造することが可能となった現在。

大局を見ると、順風満帆にことが進んでいるように思われますが、今後敵対術師(泳者)が挑発的な総則を追加する、などの展開にも期待されますね。

【呪術廻戦】本誌196話のネタバレ予想|三代六十四の実力が判明か 桜島結界編は終盤へ『呪術廻戦』本誌196話のネタバレ予想記事です。これまでのストーリーを振り返りつつ、今後の展開を予想しています。 【呪術廻戦】195話...
【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話 195話 196話
197話        

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
0巻        

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る