呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌176話のネタバレ考察|石流も参戦 三つ巴の激戦が開幕!

【呪術廻戦】176話「仙台結界③」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回175話のおさらい

・乙骨は、単純な呪力強化による体術で黒沐死を圧倒。
・一方の黒沐死は、術式を用いて小型の式神を召喚し、陽動を行う。
・乙骨の意識が削がれた隙を突いて、黒沐死は「爛生刀」で攻撃。
・「爛生刀」から発射された卵は乙骨の肩の中に入り込み、孵化した式神(?)が食い破って産声を上げる。
・窮地に陥った乙骨は、黒沐死に”反転術式”を使用。正のエネルギーを体内にアウトプットすることで、黒沐死の祓除に成功した。
・乙骨が黒沐死との戦闘を終えた直後、烏鷺亨子(うろ たかこ)が急襲を仕掛ける。

【呪術廻戦】本誌175話のネタバレ考察|VS黒沐死が決着 烏鷺亨子が急襲!【呪術廻戦】175話「仙台結界②」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だ...
【呪術廻戦】176話のネタバレ予想|烏鷺亨子の術式が判明か 石流龍も参戦?【呪術廻戦】175話までのネタバレ 仙台結界編が開幕 虎杖が日車を、伏黒がレジィを撃破した東京第1結界編は⑬をもって終了し、舞台は仙...

『呪術廻戦』本誌176話のネタバレ

vs烏鷺 開戦

烏鷺亨子の急襲により、元居た場所から吹き飛ばされる乙骨。大きな傷は負っていないものの、自身が何をされたのか理解できておらず、困惑しているようです。

そんな中、烏鷺は乙骨に追撃を加えます。

乙骨からの攻撃は、彼の腕を”空間”ごと引っ張ることで無効化。引っ張られた乙骨の腕は、緩んだゴムかのような無様な姿にさせられてしまいます。

追撃を食らい、またも吹き飛ばされた乙骨。ふと自身の腕に視線を落とすと、いつの間にか元の状態に戻っています。

その腕に異常はなく、特に痛みも違和感もないようです。

(呪術廻戦 176話 芥見下々 / 集英社)

烏鷺曰く、彼女の「『空』を操る術式」は「”空”を”面”で捉える」とのこと。それゆえに、布かのように空間を掴み、その形を意のままにすることが出来るようです。

一方で、他漫画の”空間使い”のような「空間ごと相手を潰す」などの芸当は(恐らく)出来ない様子。

烏鷺の術式を直に目の当たりにしている乙骨は、彼女の術式を「レンズの歪みみたいなエラーを作り出している感じ」と表現しています。

 

乙骨の疑問

乙骨に術式を開示しつつ、「早く撃ってこいよ……」と烏鷺。恐らく彼女には、自身らを補足しているであろう石流を釣り出す狙いがあるようです。

そんな中、「殺されても文句ない人ですよね」と烏鷺に確認をとる乙骨。

彼にとっては、烏鷺のような力のある者が必死になって戦闘を行う理由が分からないようです。

一方の烏鷺は、自身の”受肉”が「黄泉返り」、つまりは「二度目の人生」であることを強調。

一度目の人生に何らかの悔いがあったことを示唆しつつ、だからこそ羂索の誘いに乗ったのだと話しました。

そして、ある程度羂索のことを知っている様子の烏鷺は、彼によって手引きされた「死滅回游」を警戒している素振りを見せます。だからこそ、「あらゆる事態を想定」し、点を獲っておきたいようです。

 

そんな烏鷺に、「友達とか恋人とかいないんですか?」と真っすぐな疑問をぶつける乙骨。

彼は、いま現在友人の為に命を賭して戦っています。だからこそ、「悔いがある」という理由だけで何百、何千年越しに人まで殺す術師らに共感できない様子。

(呪術廻戦 176話 芥見下々 / 集英社)

そして乙骨は、「なんで自分なんかのために必死になるんですか?」と畳み掛けました。

彼の一言に神経を逆撫でされた烏鷺は、”一度目の人生”の断片を回顧。額に青筋を浮かび上がらせ、「オマエ 藤原の人間か!!」と言い放ちます。

かつて藤原氏直属の暗殺部隊で隊長を務めていた烏鷺。いま現在彼女の中にあるのは、藤原氏への”忠誠”ではなく、”恨み”のようです。

 

更なる急襲

(呪術廻戦 176話 芥見下々 / 集英社)

乙骨と烏鷺が会話していると、突如として新たな攻撃が。

グラニテブラスト」と言い放ってリーゼントから”大砲”を撃ち出したのは、仙台結界の四つ巴の一角を為していた泳者 石流龍です。

”泳者一の呪力出力”は伊達ではなく、彼の射線上の建物は半壊。

一方で、乙骨は呪力による防御で、烏鷺は”空間”による防御でそれぞれ身を守り、事なきを得たようです。

 

石流の攻撃は広範囲かつ強力。もし彼の矛先が”スタジアム”に向かえば、乙骨が引率していた非術師らは死を免れません。

ゆえに乙骨は、烏鷺を後回しし、石流から狩ることに決めます。

一方の烏鷺も、黒沐死とドルゥヴが消えたことで石流を泳がす理由がなくなったとのこと。

乙骨諸共 石流を狩ることに決めます。

完全に対立した三者。三つ巴の激戦が幕を開けました。

【呪術廻戦】176話の考察と感想

スピーディーな展開

烏鷺と乙骨の戦闘が始まったかと思えば、なんと即座に石流も参戦。

3名の強者による激戦の火蓋が切って落とされました。

ここまでの展開は、「東京第一結界」編を彷彿とさせる速さ。「仙台結界」編は、ナンバリング⑩以下で終わってしまいそうです。

現在の乙骨は、恐らく彼の術式に絡んでいるであろう「リカ」を護衛に回していますから、戦力を大幅に削がれた状態。

それでもなお強力な乙骨……さすがは「五条に次ぐ現代の異能」といったところでしょうか。

「リカ」を欠いた状態が続いている以上、乙骨の真の実力はまだ明かされないようですね。

特級術師相手に烏鷺・石流の両名は何話分もつのかが期待されます。

烏鷺、石流の術式

(呪術廻戦 176話 芥見下々 / 集英社)

もともと”大砲”と表現されたいた石流でしたが、それは比喩表現でもなんでもなく、彼の持つリーゼントが本当に”大砲”だったことが明かされた176話。

”泳者一の呪力出力”の持ち主から繰り出される砲撃は極めて強力であり、一瞬にして仙台の街々を破壊してしまう程の威力でした。

特筆すべきは、彼の砲撃が”追尾も可能”だということ。領域内のような”必中”でこそないものの、任意の対象を高い精度で追尾する砲撃も手札として有しているようです。

シンプルゆえに強力な術式、という印象ですが、どうも接近戦には弱い印象を受けます。

初撃で乙骨・烏鷺を仕留めることが出来なかった石流ですが、仕掛けてきたからには何らかの狙い、もしくは勝算があるはず。

次回以降、石流の更なる術式が明かされることでしょう。

 

死滅回游に登場するキャラクターについては、以下の記事で詳細にまとめています。是非併せてご覧ください!

【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話  

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。