呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌172話のネタバレ考察|レジィ戦決着!呪術戦を制したのは・・・

【呪術廻戦】172話「東京第1結界⑫」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回171話のおさらい

・総合体育館の空間を転用し、伏黒が領域を展開。
・領域がもたらす環境バフにより、伏黒はレジィを圧倒する。
・戦闘の最中で領域の性質に気付いたレジィは、「再契象」で2台の車を再現。
・2台の車は領域内の影に沈み、”重さ”となって伏黒に襲い掛かる。
・伏黒はレジィの頭上に「満象」を召喚。両者ともに数t(トン)に及ぶ重さを引き受けた。

【呪術廻戦】本誌171話のネタバレ考察|レジィが奥義「彌虚葛籠」を展開!【呪術廻戦】171話「東京第1結界⑪」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

『呪術廻戦』本誌172話のネタバレ

圧力勝負

(呪術廻戦 172話 芥見下々 / 集英社)

171話で影の中に2台の車を引き受けてしまった伏黒。

合計した重さは2.4tにも及び、これは伏黒の体重の約40倍です。すなわち、今現在の伏黒には40Gもの負荷が掛かっている計算となります。

一方のレジィは、伏黒の召喚した「満象(ばんしょう)」に圧し潰されようとしていました。

「満象」は、伏黒の領域「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」による環境バフも相まって、アフリカ象の重さ(成体で3~6t)を再現。

圧倒的な重さを前に、レジィの右腓骨(ひこつ)及び踵骨(しょうこつ)には既にヒビが入っています。

レジィの”とっておき”

いつ圧殺されてもおかしくない状況下で、勝つための思案を巡らせるレジィ。

彼にはまだ”とっておき”が残されているようであり、いかにその”とっておき”を再現するかを考えているようです。

(呪術廻戦 172話 芥見下々 / 集英社)

一番確実な方法は、呪力強化を解除して伏黒の影の中に入り、影の中で”とっておき”を再現すること。

しかし、レジィにとって影の中の世界は未知であり、呼吸が出来る保証はありません。

また、伏黒の死後 影の中に一生閉じ込められてしまう可能性も拭い切れず、前述の方法はレジィにとってリスクの大きな賭けです。

考えを巡らせた結果、レジィが採用した方法は、「このままこの状態で”とっておき”を使う」というもの。

(呪術廻戦 172話 芥見下々 / 集英社)

両腕で「満象」を支えていたレジィは、片方の手を放し、契約書を手に取りました。

取り出した契約書を掲げ、「再契象(さいけっしょう)」と唱えようとしたその時――

レジィの身体は「満象」の重さに耐え切れなくなり、影の中へと落ちてしまいました。

影の中には酸素はなく、それどころか浮力、そして抗力すらもありません

ただただ沈んでいくだけの無慈悲な空間の中、意識が途切れようとしていたレジィ。

このまま勝負が決するのでしょうか。

決着

領域の中、未だ車2台分の重さに耐え続ける伏黒。

影に落ちたレジィの死亡を確認した後に”領域”を解除するつもりのようです。

しかしその直後、1台の車から押し出される形でレジィが帰還

(呪術廻戦 172話 芥見下々 / 集英社)

レジィの「再契象」によって再現されたモノは、与えられた命令を実行した後すぐに消滅してしまうようであり、レジィを浮上させた車はたちまち消えてしまいました。

1台分の重さが消えたものの、未だ不利には変わりない伏黒――。

生還を果たしたレジィは、畳み掛けるように「再契象」と唱え、”とっておき”を再現しました。

(呪術廻戦 172話 芥見下々 / 集英社)

伏黒の頭上には、再現された木造2階建ての家が出現しました。レジィ曰く躯体だけでも30tは下らないというその家―― 影の中に家が入ってしまえば、伏黒は瞬時に圧死してしまいます。

窮地に陥った伏黒がとった行動は、”領域の解除”でした。

 

レジィが再現した”家”によって総合体育館の床が破壊され、舞台は地下一階の温水プールに移ります。

全身のレシートを濡らしてしまったレジィを見、「そんだけ濡れちまえばレシートは使えないな」と伏黒。

「さぁどうかな」と明言を避けたレジィですが、水濡れ程度ではレシートの印字は消えず、「再契象」は使用が可能なようです。

しかし、「再契象」を使用するには「契約書を呪力で焼ききる」という条件を満たす必要があり、濡れた状態ではその条件を満たせないとのこと。

 

「領域」発動直後の術師と、手札が使用不可能になってしまった術師。

両者による戦いは、呪力強化+体術による「シンプルなド突き合い」に移行しました。

(呪術廻戦 172話 芥見下々 / 集英社)

基礎的な体術に加え、呪力強化術も並みの術師と一線を画すレジィは、呪具を持った伏黒を素手で圧倒してみせます。

伏黒の式神による反撃を予期していたレジィは、カウンターの機会を狙いつつ攻撃を継続。

――その直後、唐突に勝敗が決しました。

伏黒が用いたのは、レジィの二振りの包丁によって戦線を離脱したはずの「玉犬・渾」です。

曰く、「玉犬はあの程度で動けなくなるほど ヤワじゃない」とのこと。

左耳から肩にかけてを噛みちぎられたレジィは、多量の血を流しながらその場に倒れ込みました。

【呪術廻戦】172話の考察と感想

伏黒vsレジィ、決着

『呪術廻戦』167話から始まったレジィとの戦闘は、今回ご紹介した172話をもって決着。

虎杖vs日車が描かれた163話-166話よりも2話分長い重厚な呪術戦は、伏黒勝利で幕を下ろしました。

決着したとはいえ、レジィの傷は即死する程の深手ではないように見えますから、次回は情報開示パートでしょうか。

シン・陰流「簡易領域」の原型たる「彌虚葛籠(いやこつづら)」の使用羂索の素性を知っていることなど、レジィが重要な情報を持つキーパーソンであろうことは疑いようもありません。

レジィの情報開示パートに加えて、髙羽vs黄櫨の決着や、伏黒と虎杖の合流シーンが描かれるはずですから、「東京第1結界」編の終結まで少なくともあと2話はかかりそうですね。

レジィの正体

(呪術廻戦 171話 芥見下々 / 集英社)

現在に至るまで、過去/現在どちらの術師か不明であるレジィ。

領域対策たる「彌虚葛籠」を習得していたことに加え、自身の術式の理解度、並みの術師とは一線を画す基礎体術/呪力強化術のレベル等の要素に鑑みると、日車のような「術式が覚醒した現代人」という線はなさそうです。

レジィが日車と同じく”生来呪術師としての才を持っていた”のであれば、上述したパターンもあり得ますが、羂索の素性に加えて”死滅回游”の役割をも知っていたことの説明がつきません。

以上の点から総合して、「元々術式を持っていた現代の呪詛師」か「受肉した過去の術師」のどちらかであることは間違いなさそうです。

レジィの正体が明かされるであろう次話以降が待ちきれませんね!

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話  

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。