呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌164話のネタバレ考察|日車が領域展開! 必中の術式効果は・・・

【呪術廻戦】164話「東京第1結界④」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回163話のおさらい

・同郷の甘井凛に案内され、虎杖は日車の拠点に到着。
・一方の伏黒は、麗美の裏切りによって謎の術師 レジィと対峙。
・日車は死滅回游というシステムに興味を抱いており、死滅回游の平定には消極的。
・虎杖は実力行使で日車の”100点”を使わせることに決める。

【呪術廻戦】本誌163話のネタバレ考察|遂に日車が登場!辿り着いたのは・・・【呪術廻戦】163話「東京第①結界③」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

『呪術廻戦』本誌164話のネタバレ

領域展開

最低でも20名以上は殺害している”100点保持者”日車寛見を前に、虎杖は後手に回ることを選びます。

相手の出方を見たうえで、どのような攻撃にも対応する――虎杖がそう身構えた時、日車が用いたのは「領域展開」でした。

(呪術廻戦 164話 芥見下々 / 集英社)

日車の生得領域の名称は、「誅伏賜死(ちゅうぶくしし)」。

日車と虎杖は証言台状の場所に立たされ、その周りには無数の断頭台が並んでいます。

一瞬にして事態を把握した虎杖は、日車が術式を発動する前に倒そうと試みますが、渾身の蹴りは空中で静止。

日車曰く、「誅伏賜死」内ではあらゆる暴力行為が禁止されているようです。

上記のルールは術師である日車にも適応されるとのこと。

術式の効果

日車が「ジャッジマン始めてくれ」と促すと、目を縫い付けられた天秤状の式神は、虎杖に対する嫌疑を述べます。

その内容は、「18歳未満にもかかわらずパチンコ店『マジベガス』に客として入店した疑いがある」というもの。

日車曰く、ジャッジマンは領域内の者の全てを知っているようです。

しかし、嫌疑に対する情報は日車自身に共有されず、「証拠」という形で日車に提出される様子。

(呪術廻戦 164話 芥見下々 / 集英社)

今回も日車の手には何らかの証拠が握られていますが、虎杖にその証拠がどのような内容であるか知る術はありません。

そんな中、虎杖は言い分を述べて疑いを晴らし、そのうえでジャッジマンから「無罪」を勝ち取る必要があるようです。

 

そんな術式効果を聞いた虎杖は、天元の言葉を思い出していました。

(呪術廻戦 164話 芥見下々 / 集英社)

曰く、「領域は昔の術師にとって今よりずっとスタンダードな技術だった」とのこと。

現在の領域は”必中必殺”である分、高度な術として認知されていますが、昔は「領域内の対象に自身の”術式”を必中させる」という効果のみにとどまっていた様子。

現代では”必殺”に拘るあまり領域の使い手が減ってしまったようです。

一方の日車は、領域の”必殺”効果が省いたことや、領域内の術師に直接的な危害を加えないこと、そして領域内のルールをある程度説明することで、領域を成立させているようです。

判決の時

嫌疑を向けられた虎杖の選択肢は、「黙秘」「自白」「否認」の3つ。

「否認」には虚偽陳述も含まれており、陳述のチャンスはそれぞれ一度きりのようです。

日車が握っている”証拠”が分からないいま、虎杖の答えは「急な便意でやむを得ずトイレを借りただけ」というものでした。

(呪術廻戦 164話 芥見下々 / 集英社)

対する日車は、ジャッジマンから提出された”証拠”を開封。中に入っていたのは換金所の防犯カメラのキャプチャであり、すなわち虎杖がパチンコ店に遊戯目的で入店していたことを裏付ける証拠でした。

ジャッジマンから下された判決は、「有罪(ギルティ)」。

続けざまに「没収(コンフィスケイション)」と唱えられると、領域は解除されてしまいます。

(呪術廻戦 164話 芥見下々 / 集英社)

元の空間に戻ると、日車はガベル(木槌)を用いて攻撃を開始。日車のガベルは大きさが可変であり、出し入れも自在のようです。

そんな日車の攻撃を受けた虎杖は、ある重大な事実に気が付きました。それは、”呪力が練れない”というもので――?

【呪術廻戦】164話の考察と感想

日車が領域展開を使用

「東京第1結界」編の第3話という圧倒的なスピード感で虎杖と日車がエンカウントしたと思えば、なんと今回の第4話では、日車が「領域展開」を使用しました

今まで明かされてきた情報によると、「領域展開」は呪術の極致。

つい最近術式が開花した元一般人に使いこなせる技術ではないはずですが、天元の説明を聞けば納得ですね。

「領域は昔の術師にとって今よりもずっとスタンダードな技術だった」

天元の説明を信じるのであれば、鹿紫雲を含む受肉した過去の術師達の多くが「領域」を会得している可能性は高そうです。

伏黒vsレジィの行方

(呪術廻戦 163話 芥見下々 / 集英社)

これまでは虎杖視点、伏黒視点が並行して進められてきましたが、今回描かれたのは虎杖vs日車のみでした。

虎杖vs日車が伏黒vsレジィより早く決着を見せるとは考え辛いですから、次回は伏黒vsレジィが描かれそうです。

今回の流れを踏まえると、レジィが日車のように”開幕領域展開”を行う可能性も高そうですよね。

これまで久しく見られなかった「領域展開」に、心躍ったファンが多いであろう『呪術廻戦』――

次回以降も必見ですね!

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。