呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌166話のネタバレ考察|VS日車決着! 「死刑」の効果は・・・?

【呪術廻戦】166話「東京第1結界⑥」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回165話のおさらい

(呪術廻戦 165話 芥見下々 / 集英社)

・ジャッジマンが科した罰「没収」により、虎杖は呪力を奪われる。
・基礎的な身体能力のみとなった虎杖は、なんとか日車の猛攻を凌ぐ。
・虎杖は徐々に追い詰められるも、日車の術式が”裁判”にまつわるものであることに気が付き、「二審」を勝ち取る。
・二審でジャッジマンから向けられた嫌疑は、渋谷における大量殺人。
・殺人の罪を全面的に認めた虎杖は、「有罪」判決を受け、「没収(コンフィスケイション)」と「死刑(デス・ペナルティ)」を科される。

【呪術廻戦】本誌165話のネタバレ考察|虎杖に死刑判決? 日車戦は佳境へ!【呪術廻戦】165話「東京第1結界⑤」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

『呪術廻戦』本誌166話のネタバレ

処刑人の剣

渋谷での大量殺人を認めたことにより、虎杖には「没収(コンフィスケイション)」と「死刑(デス・ペナルティ)」が下されてしまいます。

「没収」を付加された「死刑」は、ジャッジマンが科す中でも最も重い罰。

(呪術廻戦 166話 芥見下々 / 集英社)

「没収」は前回明らかになった通り、対象の術式(術式を持たない人物の場合は呪力)を奪う罰であり、一方の「死刑」は、日車に「処刑人の剣」が与えられます。

「処刑人の剣」とは、斬撃を与えた者に例外なく死を与える必殺の武器であり、言うまでもなく虎杖は大ピンチです。

反撃の虎杖

弁護士として人の心に寄り添ってきた日車は、被害者の弱さ、そして加害者の弱さを理解する日々を続けてきました。

食傷になるほど他者の弱さに寄り添った挙句、日車は他人に歩み寄るたびに「醜い」と感じるようになってしまいます。

例え高潔な魂を望もうと、人の本質は醜悪―― 想いの内を叫ぶ日車に対し、虎杖が仕掛けました

(呪術廻戦 166話 芥見下々 / 集英社)

劇場の無数の椅子を飛ばすことにより、日車の視界を絞って距離を詰めます。その後虎杖は、高専の制服と自身の着ていたパーカーを用いて、日車の視界を一時的に奪うことに成功。

勢いそのままに足を掛けようとしますが、日車はこれを避けてしまいます。

日車の「処刑人の剣」と、虎杖の拳―― 最後の攻防です。

決着!

虎杖と対峙した一瞬、「誅伏賜死」内での出来事を思い出していた日車。

ジャッジマンから提出された”証拠”の情報は、開封前から術師本人には共有されています。

二審の際に提出されていた証拠は、虎杖の内側に凄む「両面宿儺」についてでした――

つまり日車は、渋谷における大量殺人が虎杖の故意によるものではないことを知っています。

改めて虎杖の澄んだ目を見た日車は、自身の眼を閉じ、「処刑人の剣」を解除しました。

(呪術廻戦 166話 芥見下々 / 集英社)

虎杖の拳を受け、客席に吹き飛んだ日車は、そのままの体勢で「刑法39条1項だ」と一言。

その内容は、弁識能力と制御能力、そのいずれかが欠けた場合に認められる”心神喪失”について。

渋谷で宿儺に身体を乗っ取られていた虎杖は、”心神喪失”が認められる状態であり、刑法上虎杖は”無罪”です。

それを知ってなお、「俺が弱いせいだ」と虎杖。

(呪術廻戦 166話 芥見下々 / 集英社)

その言葉を聞いた日車は、その場から起き上がり、虎杖に座るよう指示。そして、「100点をやる」と付け加えます。

虎杖が椅子に座った後、日車は「自分の意志で人を殺めたことはあるか?」と問いかけました。

「あるよ」とだけ虎杖が返すと、「最悪の気分だったろう」と日車。

虎杖悠仁と日車寛見……”100点”を巡る戦いが、終結しました。

【呪術廻戦】166話の考察と感想

決着は”和解”

遂に日車寛見との戦闘が決しました。

読者には日車寛見という人間が抜本的には”善人”であることが明かされていただけに、今回の決着は嬉しい展開ですよね。

(呪術廻戦 166話 芥見下々 / 集英社)

虎杖との決着の直前、意図的に”目を閉じた”日車が非常に印象的だった今回。

どちらも死すことなく”和解”で終わったことにより、今後の日車の身の振り方が楽しみなところです。

呪術の才能だけでなく、知識にも富む魅力的なキャラクターですから、虎杖らを導く”大人”としてのポジションに収まってくれることを祈るばかりです。

次回こそ伏黒視点に戻る?

今回ご紹介した166話にて、虎杖vs日車の戦闘がかなり綺麗な形で決着を見せました。

読者としてはもう少し虎杖と日車の掛け合いを見ていたいところですが、視点が移り変わるタイミングとしては丁度良い気もします。

(呪術廻戦 163話 芥見下々 / 集英社)

とはいえ、専用回によってバックグラウンドが明かされていた日車と異なり、伏黒と対峙したレジィはぽっと出の敵です。

虎杖vs日車よりも後回しにされたということは、何らかの盛り上がりを見せてくれることと思われますが、果たして……?

盛り上がり続ける死滅回游編、次回はどのような展開が待ち受けているのでしょうか。

今から既に次話が待ちきれませんね!

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。