呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌192話のネタバレ考察|呪霊化直哉は呪胎から成体へ 本当の戦いが始まる!

『呪術廻戦』本誌192話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。

【呪術廻戦】192話「桜島結界②」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回191話のおさらい

・かつての加茂憲倫である羂索により、加茂家と呪術総監が掌握される。
・加茂宗家を追われた憲紀は、真希と共に桜島結界へ。
・桜島結界では、上空から”宣誓”によって結界入りした呪霊が、真希と加茂に牙を剥く。
・呪霊の存在は、かつての次期禪院家当主筆頭、禪院直哉だった。

【呪術廻戦】本誌191話のネタバレ考察|桜島結界に降り立った直哉 加茂家の新当主は憲倫!『呪術廻戦』本誌191話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。 【...

各キャラクターの現在状況はこちら↓

【呪術廻戦】主要キャラクターの現在状況|死滅回游の得点推移(8/8更新)『呪術廻戦』に登場する主要キャラクターをまとめています。各キャラクターの最新の状況を記載しているため、アニメ・単行本派の方はご注意くださ...

【呪術廻戦】本誌192話のネタバレ

直哉の呪霊化

呪術高専の東京校、京都校が集って行われた「姉妹校交流会」。

京都校サイドのミーティングで、”敵対術師にトドメを刺す際に気をつける必要があること”として、「死後呪いに転ずることを防ぐため」に呪術で殺す、という問答が繰り広げられていました。

現在桜島結界で起こっていることは、その好例。呪術で以って殺されなかったため、禪院直哉は死後呪霊に転じたのです。

【呪術廻戦】禪院直哉の実力や術式を紹介|「炳」についても解説!禪院直哉とは 直毘人の実子にして次期当主候補筆頭 禪院直哉(ぜんいん なおや)は、禪院家26代目当主・直毘人(なおびと)の実子で...

真希の動揺

直哉の呪霊化を前にした真希は、”呪力がない自身が拳で殺した”という事実を思い出し、悔いる様子を見せます。

真希の「ツメが甘かったな」という呟きを聞いた直哉は、彼女の考えを見通した上で、自身を殺した人物が”真希の母親”であることを告げました。

意味がわからない様子の真希は、少なからず動揺を見せます。

(『呪術廻戦』 192話 芥見下々 / 集英社)

そんな真希を見て、「俺は君を殺しに来てんねんで」と念を押す直哉。「気持ちブレブレで今の俺に勝てると思ってるん?」と続けます。

今の自分の強さに相当の自信があるのでしょう。

憲紀の援護

(『呪術廻戦』 192話 芥見下々 / 集英社)

直哉が真希に構っている最中、付近の加茂憲紀が、矢を用いて真希を援護。

彼の矢は「赤血操術」によって物理法則を無視した軌道を描いています。

矢のカラクリを理解している直哉は、「俺その術式嫌いやねん」と一言。十中八九、脹相に敗北したからでしょう。

【呪術廻戦】脹相の実力や術式を紹介|呪胎九相図についても併せて解説!脹相とは 呪胎九相図の頼れる長男 脹相は、加茂憲倫の実験の産物である呪物「呪胎九相図」の受肉体であり、”特級”を冠する1番、すな...

憲紀はさらに矢をつがえ、追撃を放ちます。先程は虚を突かれた直哉でしたが、正面から飛んでくる矢を避けることなど造作もない様子。

しかし、今度は意識外の方向から真希に捕まれ、無理やり矢の軌道上に投げ込まれてしまいました

憲紀の矢が直哉の背にヒットし、好機と見た真希がさらに追撃を加えます。

いざ変態

(『呪術廻戦』 192話 芥見下々 / 集英社)

攻撃を受けて、呪霊化してなお”痛み”の感覚があることを知る直哉。

そんな中 憲紀は、「やったか……」とお手本のようなフラグを建築していました

体を斬られた直哉からは、呪霊特有の”消失反応”に似た現象が生じます。

そんな様子を見ていた真希は、いち早く異変を察知。憲紀に向けて、直哉が”呪胎”から変態を遂げようとしていることを告げました。

(『呪術廻戦』 192話 芥見下々 / 集英社)

即座に血液パックを取り出した憲紀は、一瞬のうちに”百歛(びゃくれん)”を終え、”穿血(せんけつ)”を発射

”ザフッ”と音を立て、今度こそ本当の消失反応が示された……かに思われたその時、憲紀の前には、変態を遂げた直哉の攻撃が飛んできます。

更なるスピードを手にした直哉により、吹き飛ばされた憲紀。

桜島結界の戦いは、さらに激化します。

【呪術廻戦】加茂憲紀の実力や術式を解説|加茂家についてもご紹介!加茂憲紀とは 京都校所属の加茂家次代当主 加茂憲紀(かも のりとし)は、京都府立呪術高等専門学校の三年生であり、姉妹校交流会では...

192話へ続く。

【呪術廻戦】192話の考察と感想

直哉が成体へ

(『呪術廻戦』 192話 芥見下々 / 集英社)

芋虫状の呪霊であった直哉は、繭のような状態を経て、成体へと変態を遂げました。

『新世紀エヴァンゲリオン』の使徒のような姿を得た直哉は、芋虫状態を超える速度により、憲紀に強烈な一撃を見舞います。

芋虫状態のスピードにすら目視できていなかった憲紀ですから、重傷は避けられないでしょう。ともすれば、生死すら不安視されるところです。

憲紀の退場を受けて、ここからは本格的な”禪院真希 vs 禪院直哉(呪霊化)”の戦いが始まるはず。

激戦は、どのような展開を経て、どのような決着を見せるのでしょうか。

京都校の援護

憂憂の協力が明らかになり、結界間の長距離移動が手軽になった高専サイド。

現時点でどの結界にも滞留していない東堂などは、援護要員として登場する可能性もありそうです。

ネックとなるのは、結界内から結界外に向けて情報を発信する手段がない点

結界内外を自由に出入りできる唯一の存在であった真希が、桜島結界に釘付けにされてしまっているため、結界外に異変を伝える手段がありません

真希の結界脱出が遅いことを不審に思った憂憂が、他の高専サイドの人間(東堂など)を連れてくる展開に期待されます。

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話    

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

音速芋虫直哉の活躍

(『呪術廻戦』 190話 芥見下々 / 集英社)

190話終盤から、芋虫状の呪霊となって転生し、再登場を果たした、(元)禪院家次期当主筆頭 禪院直哉

生前の彼に刻まれていた生得術式は、比較的歴史は浅いながらも、当主にして実父 禪院直毘人も所持していた「投射呪法」です。

その能力は、24FPSで動きを事前設定し、その動きをトレースすることがで切る、というもの。

また、この能力は手で触れた相手にも強制付与することが可能であり、付与された相手は、”24FPSでの動きの設定”に失敗した場合、1秒間フリーズしてしまいます。

また、「投射呪法」による動きについて、過度に物理法則や軌道を無視したものや、上限を超えた加速を要求することはできません。

一方で、加速を続けつつ「投射呪法」を回し続ければ、理論上は際限なく速度を上げることができます

人間時代の直哉は、「投射呪法」の重ねがけにより、亜音速の域にまで達していました。

現在の芋虫呪霊直哉であれば、身体構造や呪力も大幅に強化されていると推定されるため、音速を突破することも不可能ではなさそうです。

呪霊化の脅威

呪霊とは、すなわち”負の力”の集合体

人間の呪術師が体を癒す場合は、”反転術式”という高度な技術を要しますが、呪霊の場合は”順転術式”で事足ります。

すなわち、呪霊となった直哉は、呪力切れを起こさない限りは回復無制限

言うまでもなく、人間であった頃よりも遥かに強力かつ厄介です。

直哉が領域を展開?

呪霊となり、十中八九更なる呪力量を得たであろう直哉。

呪力でもって殺されなかった呪術師が死後に呪霊に転ずるという概念自体は作中で明言されていましたが、実際に生前+死後がどちらも描かれた人物は禪院直哉が初。

作中での描写から、術式がそのまま(強化されている可能性はアリ)であろうことは判明していますが、その他のことはまだまだ判然としません。

ともすれば、可能性として、呪術の極地たる”領域展開”にも到達している可能性はあります。

(『呪術廻戦』 17巻 芥見下々 / 集英社)

全てを捨てて”怪物”に成った真希と、その真希(や甚爾、五条)と”同じ側”に来たと自称する直哉。

2人の激突は、どのような結末を迎えるのでしょうか。

加茂の生死が危うい?

図らずも、真希と直哉と言う”禪院家の因縁”に巻き込まれる形となった加茂憲紀。

芋虫直哉の投射呪法を用いたスピードは、加茂の動体視力ではとても追えないほどのものでした。

かつて直哉と戦闘を行った脹相のように、赤鱗躍動(脹相は「載」を使用)による動体視力向上を行えば、あるいは視認することができるようになるかもしれません

しかし、直哉の軌道が見えるようになったところで、脹相並の「赤血操術」の練度や、”呪力を血液に変換する特殊体質”もない加茂では、まともな戦闘すら不可能でしょう。

そうなると、直哉の攻撃に巻き込まれ、早々に死亡してしまう可能性すらありそうです。

加茂家次期当主の座を追われ、羂索からは殺すほどの価値すら見出されなかった加茂憲紀。

191話から始まった「桜島結界」編にて、何らかの爪痕を残してほしいものですが、果たして・・・?

【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...
【呪術廻戦】192話のネタバレ予想|禪院直哉が領域を展開? 投射呪法で音速の先へ【呪術廻戦】191話までのネタバレ 呪術廻戦の概要 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にして...
【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話    

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。