呪術廻戦

【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!

死滅回游とは

目的

(呪術廻戦 17巻 芥見下々 / 集英社)

死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。

そもそも羂索とは”人間の可能性”を追い求める人物であり、自身の可能性の域を超えた”混沌”の中に黒く輝いた”答え”を追求しています。

だからこそ羂索は、自らの脚と時間を使って用意した”1000人の術師”を覚醒させ、「殺し合いの場」として死滅回游を用意しました。

そんな羂索の更なる目的は、人類と天元との同化

死滅回游は、天元との同化にあたっての”慣らし”としての意味合いも持っており、泳者の呪力結界と結界で結んだ境界を用いることで、”日本の国民を彼岸に渡す儀式”としても機能しています。

(呪術廻戦 17巻 芥見下々 / 集英社)

天元は、11年前の星漿体(せいしょうたい)との同化失敗を機に、高次の存在へと進化を遂げており、今や天地そのものが自我となった人物。

そんな天元と人類とが同化してしまえば、たちまち1億人分の悪意が日本から天地、天地から世界へと溢れてしまいます。

それこそが羂索の求める”混沌”であり、彼の目的はその先にあるのでしょう。

【呪術廻戦】羂索の実力や術式を紹介|死滅回游の狙いや真の目的について考察!羂索とは 人体を転々とする千年前の術師 羂索(けんじゃく)は、生得術式を用いて他者の身体を乗っ取ることで、悠久の時を生きてきた術...

総則(ルール)

(呪術廻戦 17巻 芥見下々 / 集英社)

1.泳者(プレイヤー)は術式覚醒後 十九日以内に任意の結界(コロニー)にて死滅回游への参加を宣誓しなければならない。

2.前項に違反した泳者からは術式を剥奪する。

3.非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。

4.泳者は他泳者の生命を絶つことで点(ポイント)を得る。

5.点とは管理者(ゲームマスター)によって泳者の生命に懸けられた価値を指し 原則術師5点、非術師1点とする。

6.泳者は自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで管理者と交渉し死滅回游に総則を1つ追加できる。

7.管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならいない。

8.参加または点取得後、十九日以内に得点の変動が見られない場合、その泳者からは術式を剥奪する。

9.泳者は他泳者の情報 ー”名前” ”得点” ”ルール追加回数” ”滞留結界”ー を参照できる。

10.泳者は他泳者に任意の得点を譲渡することができる。

(※赤字は追加ルール)

総則9

(呪術廻戦 158話 芥見下々 / 集英社)

東京第2結界に滞留する泳者 鹿紫雲一(かしも はじめ)により、総則9が追加されました。その内容が、以下です。

9.泳者は他泳者の情報 ー”名前” ”得点” ”ルール追加回数” ”滞留結界”ー を参照できる。

より強い術師との戦いを望む鹿紫雲は、ある程度術師の実力を数値化する為に上記のようなルールを追加しました。

総則10

(呪術廻戦 167話 芥見下々 / 集英社)

東京第1結界に滞留する泳者 日車 寛見(ひぐるま ひろみ)により、総則10が追加されました。その内容が、以下です。

10.泳者は他泳者に任意の得点を譲渡することができる。

虎杖が日車との戦いに勝利し、今回の総則追加が実現しました。

日車の機転によって「総則8の”変動”に含まれるものとする」という指定も入っているため、本総則によってプレイヤー間の点数移動が起こった場合、当該プレイヤーは19日間”術式の剥奪”を免れることが出来ます。

この総則の追加は、伏黒津美紀が死滅回游を抜けるにあたっての大きな一歩となりました。

【呪術廻戦】本誌167話のネタバレ考察|レジィ編開幕 羂索の発した中国語の意味は?【呪術廻戦】167話「東京第1結界⑦」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

得点の推移

各キャラクターの得点の推移は、以下の記事にてまとめています。

【呪術廻戦】主要キャラクターの現在状況|死滅回游の得点推移(7/6更新)『呪術廻戦』に登場する主要キャラクターをまとめています。各キャラクターの最新の状況を記載しているため、アニメ・単行本派の方はご注意くださ...

ルールの補足

術式の剥奪とは

総則の2,8には、「術式の剥奪」という物騒な文言が見られます。

単に生得術式が剥奪されるだけであれば、術師が非術師になるだけ……と考えてしまいそうなところですが、天元曰く、”術式の剥奪=”とのこと。

脳に直接何らかの作用が働くため、総則2,8に抵触してしまった泳者は、問答無用で死に至ってしまうようです。

管理者とは

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

総則にある通り、死滅回游には”管理者(ゲームマスター)”が存在します。

天元曰く、管理者の正体は、死滅回游を画策した張本人である羂索ではなく、別の人間とのこと。

これは、羂索を倒したところで死滅回游を止めることは出来ないということを意味します。

現状管理者の正体は不明であり、総則6.にある”管理者との交渉”は、泳者一人一人に憑く式神「コガネ」を介して行われます。

非泳者の扱い

死滅回游の勃発により、全国の10地点に結界が張られました。

総則によると、結界内に侵入した時点で、その人物は泳者と見做されてしまいます

しかし、初めから結界内に居た一般人らには、1度結界に出る機会が与えられるようです。

(呪術廻戦 160話 芥見下々 / 集英社)

泳者を閉じ込めるための結界において重要な点は、泳者が”自ら望んで入った”という前提

だからこそ、望まない者には出る機会が与えられます。また、結界に入ろうとする人物には、死滅回游の詳細な説明の実施や、参加意思の有無が明確に問われます。

結界の法則

死滅回游には、総則に記されていない”結界内の法則”も存在します。

その内容は、”侵入した泳者を設定された9つの地点にランダムで転送する”というもの。

泳者の中には、この法則を逆手に取り、状況を飲み込めていない新規泳者を狙った”初心者狩り”を行っている人物も存在します。

死滅回游の泳者(プレイヤー)一覧

虎杖 悠仁

(呪術廻戦 16巻 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

虎杖悠仁の概要

虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)は、『呪術廻戦』の主人公にして、呪術高専の東京校所属の1年生です。

その身には”呪いの王”と称される両面宿儺(りょうめんすくな)を宿しています。渋谷ハロウィンに際して勃発した「渋谷事変」では、宿儺によって多数の市民が虐殺され、罪の意識に苛まれました。

一時的に高専の仲間たちとは別行動をとりますが、死滅回游に巻き込まれた伏黒の姉 津美紀を救出すべく、高専に戻ります。

2021年10月現在進行中の「東京第1結界」編では、伏黒と共に東京第1結界で行動中です。

虎杖悠仁の強さや出生の秘密について考察呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の主人公虎杖悠仁(いたどりゆうじ)の解説考察記事です。虎杖の強さや成長過程や両親について考察していきます。...

伏黒 恵

(呪術廻戦 154話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

伏黒恵の概要

伏黒恵(ふしぐろ めぐみ)は、上述の虎杖と同じく、呪術高専東京校に所属する1年生であり、2級呪術師です。

生得術式は禪院家相伝「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」であり、影を媒介として10種類の式神を呼び出すことが出来ます。

領域展開も既に習得しており、一時的に禪院家の当主にも迎えられました(禪院家消滅に伴って自然消滅)。

そんな伏黒の目的は、死滅回游に巻き込まれた姉 津美紀の救出。

総則(ルール)の追加を行うことで、津美紀が死滅回游から生きて抜け出すことを目標としています。

伏黒恵の強さや術式を紹介!過去についても考察!呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の解説考察記事です。伏黒の強さや術式、今後の可能性や過去について考察していきます...

伏黒 津美紀

(呪術廻戦 16巻 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:不明】

伏黒津美紀の概要

伏黒津美紀(ふしぐろ つみき)は、伏黒恵の姉であり、羂索によって死滅回游への参加を余儀なくされた人物です。

額には羂索によるマーキングが施されており、彼の呪力にあてられたことで、しばらく寝たきりの身となっていました。

現在はまだ未登場ですが、遠くないうちに伏黒らと合流、もしくは対峙するものと思われます。

秤 金次

【滞留結界:東京第2】

秤金次の概要

秤金次(はかり きんじ)は、呪術高専東京校の3年生であり、謹慎処分中の呪術師です。等級は不明ですが、”ノッてる時”は乙骨よりも強い(乙骨談)とのこと。

生得術式は”ニューテクと絡んだもの”らしく、それ故に上層部との折り合いが悪いようです。

前述した停学処分の原因も、保守派上層部との揉め事が原因だと明らかになっています。

ザラついた特殊な呪力の持ち主でもある秤は、生得術式なしでもかなりの実力者。今後の活躍に期待できそうです。

【呪術廻戦】秤金次の性格や実力を解説!|術式「CR私鉄純愛列車」も詳しく紹介!秤金次とは 停学中の呪術高専東京校3年生 秤金次(はかり きんじ)は現在停学処分中の呪術高専3年生です。 名前と横顔は2巻...

パンダ

(呪術廻戦 153話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第2】

パンダの概要

パンダは呪術高専東京校に所属する準2級呪術師であり、完全自立型呪骸(じゅがい)です。

東京高専の校長 夜蛾正道によって生み出されたパンダ。

夜蛾が上層部に消されたことを受け、失意の底に沈んでいるかと思われましたが、栃木県の立体駐車場跡地にて虎杖・伏黒と合流しました。

死滅回游には秤金次と共に東京第2結界にて宣誓。持ち前の嗅覚を活かし、”天使”来栖華の捜索を行っています。

パンダの強さや呪骸について紹介呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)パンダの強さやそれぞれの核、呪骸について紹介します。 パンダとは?来歴は? 見た目はパンダでも立派...

乙骨 憂太

(呪術廻戦 16巻 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:仙台】

乙骨憂太の概要

乙骨憂太(おっこつ ゆうた)は、呪術高専東京校の2年生であり、特級呪術師です。

特級過呪怨霊 祈本里香」に憑りつかれていた過去を持ち、それ故に東京高専に所属することとなった乙骨。

現在は既に里香の解呪を達成していますが、「リカちゃん」なる新たな呪霊/式神を従えている様子が描かれています。

上記の「リカちゃん」の詳細や、生得術式の有無は不明ですが、五条悟をも凌ぐ膨大な呪力の持ち主であり、呪力+剣術だけでも主人公・虎杖悠仁を凌ぐ実力の持ち主です。

情報収集の為、高専メンバーの中では一番に死滅回游に参加しており、万が一にも身内と潰し合うことがないよう、最北端の結界 仙台に滞留しています。

乙骨憂太の強さと折本里香の関係を紹介呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の乙骨憂太(おっこつゆうた)の解説考察記事です。乙骨の術式や折本里香(おりもとりか)との関係を紹介していき...

日車 寛見

【滞留結界:東京第1】

日車寛見の概要

日車寛見(ひぐるま ひろみ)は、東京第1結界に滞留する術師であり、本職は弁護士です。

無理筋の弁護も引き受ける善人であり、報酬の低い国選弁護人としての仕事も進んで引き受ける人物だった様子。

しかし、死滅回游では鹿紫雲と並ぶ”100点越えの泳者”として認知されており、かなりの心境の変化があったようです。

(呪術廻戦 164話 芥見下々 / 集英社)

使用術式は裁判に関するものであり、デフォルトで”領域”が備え付けられているなど、非常に強力です。

領域「誅伏賜死」は、対象の罪を元に裁判を行う術式効果が付与されており、裁判に負けた対象は、罪の重さに応じて「没収」や「死刑」などの罰を科せられます。

【呪術廻戦】日車寛見の術式や過去を紹介|領域「誅伏賜死」の効果を詳しく解説!日車寛見とは 天性の才を持つ弁護士にして呪術師 日車寛見(ひぐるま ひろみ)は、岩手弁護士会に所属する修習59期の弁護士です。 ...

甘井凛

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

甘井凛の概要

甘井 凛(あまい りん)は東京第1結界の転送地点の一つを拠点とする術師(?)です。

161話時点では術式の有無が明らかになっておらず、羽生の指示に従う様子が描かれました。

甘井の役割は、”初心者狩り”を行う羽生のサポートであり、誘導灯と双眼鏡を手に観測手(スポッター)のような立ち回りで”死滅回游”に参加しています。

虎杖とは同郷であり、一方的に顔と名前を憶えているようでした。

羽生

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

羽生の概要

羽生(はにゅう)は東京第1結界の転送地点の一つを拠点とする術師です。

結界内に侵入した泳者を潰す”初心者狩り”を行っている羽生は、髪をジェット機型に変形する術式の持ち主。

空中に滞空することはもちろん、超スピードで移動することも可能であり、”初心者狩り”を通して何名かの泳者をミンチにしているようです。

恋人と思われる羽場と行動を共にしています。

羽場

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

羽場の概要

羽場(はば)は東京第1結界の転送地点の一つを拠点とする術師です。

甘井や羽生と共に”初心者狩り”を行っている泳者であり、術式によって髪をプロペラに変形することが出来ます。

羽生とは恋人同士のようであり、無線を通じて逐一連絡を取り合っているようです。

麗美

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

麗美の概要

麗美(れみ)は、東京第1結界に滞留する術師です。

上述の羽生らと同じく、”初心者狩り”を行っていましたが、伏黒に狙いを定めて襲い掛かった結果、予期せぬ反撃にあった様子。

その後、日車寛見の情報と交換に、伏黒を”騎士(ナイト)”として使うこととなりました。

しかしながら、”日車のもとへの引率”は欺瞞だったことが判明。伏黒を、自身が付き従うレジィのもとに案内しました。

レジィ・スター

(呪術廻戦 163話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

レジィ・スターの概要

池袋に拠点を構える受肉した過去の術師です。

麗美によって連れてこられる”カモ”を狩っているらしく、麗美曰く「マジ強」。

そんなレジィが使用する術式は、契約書等の書類を媒介にその契約を再現する、というものです。

(呪術廻戦 170話 芥見下々 / 集英社)

・「再契象(さいけっしょう)」と唱える。
・契約書を呪力で焼き切る。

以上の条件を満たすことで再現が為され、再現された物体は式神のように簡単な命令を遂行することが出来ます。

命令を受けた物体はその命令を遂行することで消えてしまいますが、命令を付与されていない場合はその場に残り続けるようです。

レジィの動向

東京第1結界編では、麗美によって連れてこられた”カモ”伏黒恵と戦闘。

戦闘IQの高さと汎用性の高い生得術式を用いて伏黒を削ります。

伏黒の「領域」に誘い込まれてなお余裕をもって立ち回っていたレジィでしたが、最終的には敗北。

伏黒に全ての持ち点(=41点)を与えたうえで、死亡しました。

黄櫨折

(呪術廻戦 168話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

黄櫨折の概要

黄櫨折(はぜのき いおり)は、レジィと行動を共にする「受肉した過去の術師(作中で明言はされていない)」です。

自身の身体の部位を爆発させる術式の持ち主であり、歯や眼球を取り出して爆弾として用いる様子が描かれました。

反転術式を習得している実力者でもあり、術式を用いるために欠損した身体部位もすぐに回復してしまいます。

黄櫨折の動向

(呪術廻戦 169話 芥見下々 / 集英社)

東京第1結界編では、レジィと分断され、芸人術師 髙羽史彦と戦うことに。

髙羽のお笑い一辺倒の独特なノリと純粋な戦闘能力に終始圧倒されてしまいます。

最終的には、レジィの死をしったことで戦意を喪失。「帰る やってられるか」と死滅回游を離脱してしまいました。

鹿紫雲 一

(呪術廻戦 158話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第2】

鹿紫雲一の概要

鹿紫雲 一(かしも はじめ)は現時点(161話現在)の”死滅回游”トップの獲得ポイント数(200点)を誇る人物です。

彼女自身の発言から、400年以上前を生きた”過去の術師”の受肉体であることは確定していますが、生得術式や実力などは明らかになっていません。

強者との戦いを望むバトルジャンキーな一面を覗かせており、100点を消費することで、強者を探し出す為のルールを”死滅回游”に追加しました。

詳細は不明ですが、両面宿儺を捜しているようであり、宿儺との間に何らかの因縁を有しているようです。

来栖 華

(呪術廻戦 145話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第2→東京第1】

来栖華の概要

来栖華(くるす はな)は、「天使」を名乗る1000年前の術師です。

術式を消滅させる術式の持ち主であり、現在東京第2結界に滞留していることが判明しています。

天元曰く、来栖の術式は「獄門疆(ごくもんきょう)」などの呪物に施された術式にも作用するとのこと。

すなわち、五条悟復活の鍵を握る人物だと言い換えることが出来ます。

来栖の性格や目的は一切不明ですが、メタ的な考察をすると、術師最強・五条悟の復活は作品のストーリーごと破壊しかねません。したがって、獄門疆に対して術式を行使してくれる可能性は低そうです。

来栖華の動向

初登場以降しばらく音沙汰がなかった来栖ですが、173話にて疲弊して倒れ込んでしまった伏黒の前に降臨。その目的は不明ですが、東京第1結界に滞留場所を移していたことが明らかになりました。

髙羽 史彦

(呪術廻戦 169話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第1】

髙羽史彦の概要

髙羽史彦(たかば ふみひこ)は、35歳の売れないお笑い芸人です。劇場で日々コントを披露しているようですが、泣かず飛ばずの様子。

「死滅回游」編では168話にて本格登場し、黄櫨・レジィとの人数不利な戦闘を強いられていた伏黒を助太刀します。

髙羽の術式は、「超人(コメディアン)」。

その効果は「髙羽が”ウケる”と確信したイメージを実現させる」というとんでもないものであり、作中にて「五条悟にも対抗できうる術式」と明言されています。

ただい、髙羽本人は術式のことを何も知らないとのこと。

相手の攻撃(爆破)を受けても軽傷で終わらせる様や、戦闘シーンの表情や言動はギャグそのもの。

ギャグ漫画のキャラクターがバトル漫画に移植されたような存在、という認識で問題なさそうです。

ドルゥヴ・ラクダワラ

(呪術廻戦 173話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:仙台】

ドルゥヴ・ラクダワラの概要

ドルゥヴ・ラクダワラは、仙台結界に滞留する「受肉した過去の術師」です。

初登場時点の所持得点は91点と鹿紫雲や日車に次ぐ高得点の持ち主であり、今回が二度目の受肉とのこと。

かつての倭国大乱では単独で劣等制圧を成し遂げたというスケールの違う術師です。

生得術式は「自立型の二種類の式神の軌跡を自身の領域とする」というもの。言うまでもなく、作中でも上位に入る実力者でしょう。

ドルゥヴ・ラクダワラの動向

初登場時点から強者の雰囲気を醸し出していたドルゥヴ。

しかし、四つ巴の拮抗した実力者らによって激戦区となっていた仙台結界にて、最初の脱落者となってしまいました。

初登場話にて退場という悲劇の結末を迎えたドルゥヴの相手は、”特級術師”乙骨憂太

かつての宿老は、まさかの噛ませ犬に終わってしまいました。

石流 龍

(呪術廻戦 173話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:仙台】

石流 龍(いしごおり りゅう)は、仙台結界に滞留する受肉した過去の術師です。

初登場時点の所持得点は77点。

作中の説明によると、「泳者一の呪力出力を誇る大砲」とのこと。

呪力を放出する術式を持っており、その威力は極めて強力です。なお、領域展開も習得しています。

乙骨に敗北した後、所持得点を譲渡しました。

【呪術廻戦】石流龍の術式や性格を紹介|呪力大砲が求める”デザート”とは石流龍とは 呪力出力が泳者No.1の、生ける大砲 石流龍(いしごおり りゅう)は、仙台結界に滞留する受肉した過去の術師です。 ...

烏鷺 亨子

(呪術廻戦 173話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:仙台】

烏鷺 亨子(うろ たかこ)は、仙台結界に滞留する「受肉した過去の術師」です。

初登場時点の所持得点は70点。

「空」を操る術式の持ち主であり、登場シーンでは空に溶け込みながら滞空する様子が描かれています。

そんな烏鷺の正体は、藤氏直属の暗殺部隊「日月星進隊(にちげつせいしんたい)」の隊長

”藤氏”と一口に言っても、藤原一族は複数の時代に点在しています。仮に彼女が呪術全盛 平安時代の生まれであった場合、”隊長”にまで上り詰めた実力は尋常ではないはずです。

179話にて石流の「グラニテブラスト」を正面から受けて敗北しました。

戦闘後は、乙骨に所持得点を譲渡しています。

【呪術廻戦】烏鷺亨子の術式や性格を紹介|藤原氏直属の呪術師の実力とは烏鷺亨子とは 藤氏直属のエリート呪術師 烏鷺亨子(うろ たかこ)は、仙台結界に滞留する受肉した過去の術師です。 一度目の人...

黒沐死

(呪術廻戦 173話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:仙台】

黒沐死(くろうるし)は、仙台結界に滞留する蜚蠊(ゴキブリ)の呪霊です。元々は羂索の「呪霊操術」の支配下にあったようですが、現在は支配から外されている様子。

特級に登録されている呪霊であり、初登場時点では現在は休眠中でした。

休眠の条件は、黒沐死にとって相性の悪い術師であるドルゥヴの生存です。乙骨によってドルゥヴが屠られた今、休眠導入条件が失われ、黒沐死は覚醒。

しかし、乙骨との戦いに敗れ、祓われました。

シャルル・ベルナール

(呪術廻戦 181話 芥見下々 / 集英社)

【滞留結界:東京第2】

フランス人の両親から生まれた、日本育ちの泳者です。漫画家志望であり、初登場時は集英社に漫画の持ち込みを行っていました。

東京第2結界編では、秤金次と対峙。戦闘へと流れ込みます。

Gペン状の武器「G戦杖(ジーせんじょう)」が生得術式。「G戦杖」で相手の血(インク)を吸い取ることで、相手に”漫画のコマ”を付与することが可能であり、付与した相手の未来を視認することが出来ます

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話  

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。