呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌174話のネタバレ考察|特級術師 乙骨 vs 特級呪霊「黒沐死」

【呪術廻戦】174話「仙台結界①」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回173話のおさらい

(呪術廻戦 173話 芥見下々 / 集英社)

・伏黒に敗北したレジィは、伏黒に41点を譲渡した後、事切れる。
・髙羽と戦闘を行っていた黄櫨は、レジィの死を知って撤退。
・髙羽は術式「超人(コメディアン)」の持ち主。この術式は、自身が”ウケる”と確信したイメージを実現させることが出来る、五条にも対抗し得る能力である。
・疲れ果てて倒れてしまった伏黒の前に「天使」来栖華が降臨。
・場面は仙台結界に移り、乙骨憂太が仙台結界4強の一角 ドルゥヴ・ラクダワラを落とした。

https://bookwiz.me/jujutsu-N

『呪術廻戦』本誌174話のネタバレ

仙台結界編、始動

仙台結界内を闊歩していたドルゥヴの式神が消えていく様を見て、彼が死んだのだと勘付いた烏鷺亨子(うろ たかこ)と石流龍(いしごおり りゅう)。

2人は、コガネ経由でドルゥヴを殺した泳者 乙骨憂太の存在を知ります。

(呪術廻戦 173話 芥見下々 / 集英社)

この結果を経て、「黒沐死(くろうるし)が動く」と予測した石流・烏鷺。

黒沐死とは、173話にて名前と姿が登場した泳者であり、ある理由によって休眠している”ゴキブリの特級呪霊”です。

 

場面は変わって、ドルゥヴ討伐に成功した乙骨。

(呪術廻戦 174話 芥見下々 / 集英社)

彼の近くには複数の泳者(恐らく非術師)が居り、乙骨の庇護を受けて死滅回游脱出を目指しているようです。

中には小さな子供を連れた泳者も居り、察した乙骨は「少し休憩しましょう」と気を利かせます。

乙骨らの現在地は、ドルゥヴが縄張りとしていたスタジアム。しばらくは安全なはず――そう思われた矢先、スタジアムには黒い影が迫っていました。

特級呪霊「黒沐死」

「ザザザザ」というおぞましい音を聞き、即座に抜刀した乙骨。

前方には大量のゴキブリと、逃げ惑う一人の男性の姿が見えます。

助けに入った乙骨でしたが、ゴキブリは一匹一匹に呪力が宿された強化体。逃げていた男性は、そのまま体中を貪り食われてしまいました。

ゴキブリの群れは、乙骨を無視して非術師らのもとへと向かいます。

(呪術廻戦 174話 芥見下々 / 集英社)

その様子を見た乙骨は、「『リカ』!! 落とせ!!」と指示。虚空から姿を現した「リカ」は、スタジアムへと続く道を破壊し、ゴキブリの進路を阻みます。

さらに、乙骨自身もゴキブリを追撃。圧倒的な呪力量から繰り出される強烈な一撃で、大量のゴキブリを屠って見せました。

(呪術廻戦 174話 芥見下々 / 集英社)

その直後、乙骨の付近には一体の呪霊の姿が。

禍々しい姿をしたそれは、”ゴキブリの呪霊”である「黒沐死」です。

乙骨の決意

黒沐死は、ドルゥヴ・ラグダワラとの相性が悪いことを察し、「ドルゥヴの結界内での生存を休眠導入条件」とし、眠っていたとのこと。

乙骨がドルゥヴを殺害したことによって休眠導入条件が失われ、再び姿を現したようです。

(呪術廻戦 174話 芥見下々 / 集英社)

覚醒直後で飢餓状態にある黒沐死は、乙骨を貪り食うことに決定。戦いは避けられないようです。

一方の乙骨は、黒沐死の姿を見て「呪霊の泳者もいるのか……」と一言。

そして彼は、結界内の物資が有限であるがゆえに、結界の出入りを可能にするルールを複数個追加する必要性を思案していました。

 

しかし、結界の出入りを可能にするにあたって、ドルゥヴや黒沐死のような「攻撃範囲が広く無差別に人間を襲う泳者」を野放しにしておくことは出来ません。

仙台結界のみならず他の結界にも似た泳者がいる可能性がありますから、それらすべてを這う除するため、「結界どうしの連絡手段の確立」は不可欠です。

 

だからこそ乙骨は、伏黒が提案した2つのルール「泳者間での点の譲渡を可能にする(※)」「点を消費して死滅回游から離脱できる」に加えて「連絡手段の確立」「結界の出入り」の追加を目指し、単独での”400点”の獲得を目指します。

※乙骨の「仙台結界」編の開始は11月12日11:28~、虎杖らの「東京第一結界」編は11月12日12:00~。30分のタイムラグがあるため、まだ日車による<総則>10の追加は行われていません。

(呪術廻戦 174話 芥見下々 / 集英社)

恩師である五条に二度も親友を殺させないため、五条に代わって羂索を殺す決意を固めた乙骨。

一方の黒沐死は、「生と死の交雑する魔剣『爛生刀(らんしょうとう)』」を取り出して――?

【呪術廻戦】174話の考察と感想

仙台結界編が開始

今回ご紹介した174話から、ついに「仙台結界」編が開始しました。

メインで登場するのは、大ヒット公開中の劇場版『呪術廻戦 0』で主人公を務めた特級術師 乙骨憂太

1年前に祈本里香を解呪して以降、4級術師に降格となったものの、たった3ヶ月で特級に返り咲いた人物です。

現在は「リカ」なる式神(or呪霊)を従え、その有り余る呪力量で”五条に次ぐ異能”とまで称されています。

【呪術廻戦】劇場版 呪術廻戦0のあらすじ・感想|原作との違いをご紹介!2021年12月24日、ファン待望の劇場版『呪術廻戦 0』が、遂に公開されました。 大好評に終わったアニメ『呪術廻戦』第一期に引き...

さて、そんな乙骨が主人公を務める「仙台結界」編。

仙台結界に滞留する泳者の中でも最強格であろうドルゥヴ・ラクダワラが乙骨によって落とされましたが、未だ2名(+1体)の曲者が残っており、今編も波乱の展開が予想されます。

死滅回游に登場した泳者については以下の記事でまとめていますので、是非ご覧ください。

【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...

黒沐死との戦闘

次話以降は、乙骨と黒沐死との戦闘が激化していくものと考えられます。

”ゴキブリ”は人間の負の感情の受け皿としてはこれ以上ない虫ですから、そんな”ゴキブリ”の呪霊たる黒沐死は恐ろしい強さを持つはず。

真人や漏瑚とまではいかずとも、特級呪霊の中では上位に食い込む実力を有しているでしょう。

五条に次ぐ現代の異能 乙骨は、そんな黒沐死とどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。

作中で初めて登場した「魔剣」の概念についても気になるところです。次回175話の展開も本サイトにて予想していますので、是非チェックしてみてくださいね。

【呪術廻戦】175話のネタバレ予想|魔剣「爛生刀」の効果は? 黒沐死戦の行方!【呪術廻戦】174話までのネタバレ 黒沐死、覚醒 二対の巨大な式神が消失していく様を見て、ドルゥヴの死を確信した仙台結界の泳者 石流...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話 195話 196話
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話 206話

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
0巻        

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。