呪術廻戦

【呪術廻戦】劇場版 呪術廻戦0のあらすじ・感想|原作との違いをご紹介!

2021年12月24日、ファン待望の劇場版『呪術廻戦 0』が、遂に公開されました。

大好評に終わったアニメ『呪術廻戦』第一期に引き続き、MAPPAによって制作された本作。

今回の記事では、そんな劇場版『呪術廻戦 0』のあらすじをご紹介しつつ、作中の登場キャラクターや伏線について徹底解説します!

劇場版『呪術廻戦 0』のあらすじ

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 呪術廻戦製作委員会 / 集英社)

大筋は原作に準拠

以下に簡単なあらすじをご紹介しますが、大筋は原作『呪術廻戦』0巻に準拠した構成であり、そのうえで複数のシーンが追加されていました。

追加されたシーンの中には、原作『呪術廻戦』0巻には登場していなかったキャラクターの戦闘シーンや、五条悟と夏油傑の過去など、原作ファンにとって嬉しいものが多く含まれており、非常に見応えのある作品に仕上がっている印象です。

追加シーンの詳細も本記事にてご紹介していますので、是非ご覧くださいね。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

あらすじ

『呪術廻戦 0』の主人公 乙骨憂太(おっこつ ゆうた)は、特級過呪怨霊 祈本里香(おりもと りか)に呪われている高校生。

「呪いの王」と称される里香の力は強大であり、その力は乙骨の意思に反し、彼に危害を加えようとした周りの人間へと振るわれます。

かつて結婚を約束し、”愛”という歪んだ呪いによって交わった乙骨と里香。

事態を重く見た呪術界を司る組織 呪術総監は、祈本里香の被呪者 乙骨憂太を秘匿死刑に処すことで事態の収拾を図りますが、”特級術師”五条悟(ごじょう さとる)が死刑執行に”待った”を掛けます。

呪術高専1年担任でもある五条は、乙骨を呪術高専で引き取る、と提案。

呪術高専を舞台とした、乙骨憂太が祈本里香の”呪い”を解呪するための戦いが始まります。

呪術廻戦「0巻」のネタバレと考察・まとめ呪術廻戦 0巻の概要 0巻のあらすじ 自身の死刑を望む高校生・乙骨憂太。 彼は己に憑く怨霊・里香に苦しんでいた。 そんな中、...

メインキャラクターの紹介

乙骨 憂太

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

乙骨憂太は、後述する特級過呪怨霊 祈本里香の被呪者であり、その危険性ゆえに”特級”に分類されている呪術師です。

里香によって周りに危害が及ぶことを恐れ、人付き合いを避けてきた乙骨。

五条によって呪術高専に入学することになった乙骨は、高専での学びを経て……?

乙骨憂太の強さと折本里香の関係を紹介呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の乙骨憂太(おっこつゆうた)の解説考察記事です。乙骨の術式や折本里香(おりもとりか)との関係を紹介していき...

祈本 里香

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

祈本里香は、『呪術廻戦 0』の6年前に命を落とした少女であり、特級過呪怨霊として乙骨に憑りつくキャラクターです。

呪いの女王」とまで称される彼女の実力は途方もないものであり、”祓う”ことはほぼ不可能と目されるほど。

高専に入学した乙骨は、そんな里香の解呪を目指します。

禪院 真希

(呪術廻戦 0巻 芥見下々 / 集英社)

禪院真希(ぜんいん まき)は、呪術界における”御三家”禪院家に生を受けた呪術師です。

生まれつき一般人程度の呪力しか持っておらず、専用の眼鏡が無ければ呪霊を視る事すら叶わない真希は、禪院家で酷い扱いを受けていました。

そんな生家に嫌気が刺した真希は、京都を飛び出して東京の呪術高専へ。

呪具を用いた戦闘スタイルで1級術師となることで、自身を卑下した禪院家を見返すべく日々鍛錬しています。

禪院真希の強さと天与呪縛について紹介!呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の禪院真希(ぜんいんまき)の強さや天与呪縛(てんよじゅばく)に関する記事です。 禪院真希とは?来歴は? ...

狗巻 棘

(呪術廻戦 0巻 芥見下々 / 集英社)

狗巻棘(いぬまき とげ)は、呪言師の家系である狗巻家の末裔であり、言葉に”呪い”を篭める術式を扱います。

日常的に発する言葉にすら”呪い”が篭ってしまう狗巻の語彙は、いつも”おにぎりの具”のみ。それゆえに、第一印象では恐い印象を与えてしまう狗巻ですが、非常に心優しい性格のキャラクターです。

『呪術廻戦』本編は持ちろん、劇場版『呪術廻戦 0』でも活躍を見せてくれます。

狗巻棘の術式やおにぎりの具の意味を紹介この記事では呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)狗巻棘(いぬまきとげ)の術式やおにぎりの具の意味を紹介していきます。 狗巻棘とは?来歴は? ...

パンダ

(呪術廻戦 0巻 芥見下々 / 集英社)

パンダです。

パンダの強さや呪骸について紹介呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)パンダの強さやそれぞれの核、呪骸について紹介します。 パンダとは?来歴は? 見た目はパンダでも立派...

五条 悟

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

五条悟(ごじょう さとる)は、作中に4人存在する特級術師の一人であり、自他ともに認める最強の呪術師です。

生得術式は、”無下限呪術”。攻守ともに無敵の強さを誇る術式であり、”最強”に相応しい強さを誇ります。

『呪術廻戦』では、呪術高専東京校の1年生担任を務めており、原作1巻以降では虎杖らの、0巻では乙骨らの担任として引率を担当。

生徒らとの距離感は近く、時には友人かのような軽いノリで、時には”大人”として接する、とにかく憎めないキャラクターです。

五条悟の無下限呪術を徹底解説!アキレスと亀とは?術式解説本作でも「最強」と謳われる五条悟。その強さの中身でもある無下限呪術を数学的に解説、術式を説明していきます。 ※本記事は各術式、技の解説...

夏油 傑

(呪術廻戦 0 芥見下々 / 集英社)

夏油傑(げとう すぐる)は、五条と同じ”特級”を冠する術師(呪詛師)であり、生得術式「呪霊操術」の使い手です。

術師には非常に優しく、極めて理知的な人物ですが、非術師のことは”猿”と蔑んでおり、「術師だけの理想郷を作り上げる」という過激な思想を持っています。

敵対する五条悟はかつての”親友”であり、ある事件を契機に道を別ってしまいました。

『呪術廻戦 0』では敵方の総大将として乙骨らの前に立ちはだかります。

夏油傑の術式や最後を紹介!五条との関係も!呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の夏油傑(げとうすぐる)の解説考察記事です。偽夏油(=加茂憲倫)に脳を乗っ取られる前の夏油傑の術式や過去を...

劇場版と原作版の違い

虎杖・伏黒・釘崎は登場する?

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

原作版未読の方がまず気になる点と言えば、”主人公 虎杖悠仁らが登場するか否か”ではないでしょうか。

まず結論から述べると、現在公開されている劇場版『呪術廻戦 0』に、虎杖を含む『呪術廻戦』のメインキャラクター3人は一切登場しません

ただし、作中屈指の人気キャラクター”最強”五条悟はたっぷり登場しますので、五条推しの方は是非劇場へ!

劇場版『呪術廻戦 0』に登場するキャラクター

原作『呪術廻戦』のメインキャラクター 虎杖らが劇場版に登場しないことは上述した通りですが、劇場版『呪術廻戦 0』には、数多くのキャラクターが登場しています。

中には、原作『呪術廻戦』0巻にて登場していなかったキャラクターも複数含まれており、原作ファンには嬉しいサービスでした。

以下には、そんな劇場版追加キャラクターをまとめています。あなたの推しが登場しているか、是非チェックしてくださいね。

七海 建人

(呪術廻戦 12巻 芥見下々 / 集英社)

七海建人(ななみ けんと)は、原作『呪術廻戦』3巻19話から登場する1級術師であり、五条に代わって主人公 虎杖悠仁の指導や引率を担った人物です。

虎杖や読者からは”ナナミン”の愛称で呼び親しまれており、作中キャラクターの中でも屈指の人気を誇ります。

劇場版『呪術廻戦 0』でも、生得術式「十劃呪法」を用いたド派手な戦闘が描かれており、ナナミンファンの方は一見の価値ありですよ!

【呪術廻戦】七海建人の実力や術式を解説|脱サラの経緯もご紹介!七海建人とは 黒閃連続発生記録を持つ脱サラ一級呪術師 七海建人(ななみ けんと)は、五条の一年後輩にあたる呪術高専卒の人物であり...

冥冥

(呪術廻戦 5巻 芥見下々 / 集英社)

冥冥(めいめい)は5巻40話から登場するフリーの1級術師であり、黒鳥操術の使い手です。

11年前の時点で既に1級であった彼女は、腕利きであるとともに守銭奴としても知られており、劇場版『呪術廻戦 0』でも、呪霊撃破数による”インセンティブ”について触れていました。

術式だけに頼らない、リーチの長い斧を用いた戦闘スタイルは圧巻です。

【呪術廻戦】冥冥の実力や術式を紹介|憂憂の役割や術式も併せて考察!冥冥とは 魅力漂う守銭奴敏腕呪術師 冥冥(めいめい)は、どこにも属さずフリーで活動している一級呪術師です。 お金第一の守銭...

日下部 篤也

(呪術廻戦 13巻 芥見下々 / 集英社)

日下部篤也(くさかべ あつや)は、原作『呪術廻戦』1巻以降の時間軸における、呪術高専 東京校の2年担任です。

つまりは、乙骨や真希の担任であり(1年時の担任は皆さんご存知五条)、新宿・京都百鬼夜行を迎え撃つ術師の一人として登場しました。

生得術式を持たず、呪力操作や「シン・陰流」による剣術のみで1級にまで上り詰めた人物ですが、死が隣り合わせの戦場は苦手としており、自身の生存を第一に動く人物でもあります。

人間として共感できる部分が多分にある、何かと憎めないキャラクターです。

【呪術廻戦】日下部篤也の実力や技を紹介|シン・陰流についても解説!日下部篤也とは 東京都立呪術高等専門学校 二年生担当教員 日下部篤也(くさかべ あつや)は、呪術高専東京校二年生の担任を務める一...

東堂 葵

(呪術廻戦 15巻 芥見下々 / 集英社)

東堂葵(とうどう あおい)は呪術高専京都校の2年生(『呪術廻戦 0』当時)であり、1級術師(2年当時は準1級である可能性アリ)です。

術式なしで1級呪霊複数体を祓ってしまう程の実力者であり、新宿・京都百鬼夜行では特級呪霊をも退けました。

なお、劇場版『呪術廻戦 0』では、東堂以外の高専京都校メンバーにも見せ場が与えられているほか、『呪術廻戦』7巻55話から登場する補助監督の新田明(にった あかり)や、七海に心酔する二級術師 猪野琢真なども登場しています。

(呪術廻戦12巻 芥見下々 / 集英社)
【呪術廻戦】東堂葵の実力や術式を紹介|強さの秘密や虎杖との関係も解説!東堂葵とは 天才肌の変人一級呪術師 東堂葵(とうどう あおい)は、非術師の家系でありながら在学中に一級に昇格した「ハイセンスゴリ...

戦闘シーンが大幅追加

ここまで紹介したキャラクターらは、新宿・京都百鬼夜行当日に登場しており、全員に戦闘シーンの見せ場が用意されています。

つまりは、追加された原作コミック未登場のキャラ数だけ戦闘シーンも追加されているということであり、新宿・京都百鬼夜行の緊迫した雰囲気を余すところなく感じ取ることが出来ますよ!

劇場版『呪術廻戦 0』感想

ド迫力の戦闘シーン

原作に忠実なタッチ、演出で描写される日常パートから一転、戦闘シーンは映画ならではのド迫力であり、呪力と呪力のぶつかり合いが全力で描かれていました。

特に、特級過呪怨霊 祈本里香や、特級術師 五条悟の戦闘シーンは圧巻そのもの。

肩書に違わぬスピード感、音、威力で強さが再現されており、映画の利点を余すところなく用いて表現されていた印象です。

少しでも気になった方は、是非劇場まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

作中にエヴァパロディ?

劇場版『呪術廻戦 0』の主人公 乙骨憂太のボイスを担当する緒方恵美さんは、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジ役としても有名な役者さんですよね。

そんな前提を踏まえたうえでご紹介するのが、作中のセリフ「死んじゃダメだ 死んじゃダメだ 死んじゃダメだ」です。

エヴァファンの方もそうでない方もご存知、碇シンジの名(?)ゼリフ「逃げちゃダメだ」を彷彿とさせるワードですよね。

緒方恵美さんが「死んじゃダメだ」と連呼する様は、シンジ君そのもの。ちなみにこのセリフ、劇場版ならではの遊び心……ではなく、原作漫画にも登場するシーンなんです!

(呪術廻戦 0巻 芥見下々 / 集英社)

性格や境遇の点で、重なる点も多い乙骨憂太と碇シンジ。

劇場版にてこのセリフを聞いたファンの方は、思わずクスっと笑ってしまったのではないでしょうか。

第二期の情報は?

第一期最終話から少し空いての公開となった劇場版。

ファンの間では”第二期”に関する情報解禁が期待されていましたが、2021年12月26日時点で第二期に関する情報は明かされませんでした。

「起首雷同」編が終わり、「懐玉」編が描かれると思われる『呪術廻戦』第二期―― 情報解禁はいつになるのでしょうか。

劇場版『呪術廻戦 0』の伏線

ここでは、劇場版『呪術廻戦 0』内で散りばめられた伏線をご紹介するとともに、本編でその伏線が回収される巻数・話数をご紹介します。

先の展開のネタバレも含まれるため、原作版を未読の方はご注意ください

五條と夏油の物語

原作『呪術廻戦』0巻にはなかった要素として、五条と夏油の過去が断片的に明かされるシーンが挙げられます。

劇場版で用いられた追加シーンは、原作『呪術廻戦』の8・9巻で明かされる五条悟・夏油傑の過去(11年前)からの引用であり、順当にいけばアニメ第二期にて描かれる予定の物語です。

8巻65話から描かれる過去編を読むことで、0巻の内容がより味わい深いものとなりますので、気になった方は是非チェックしてくださいね。

乙骨の制服の色

(呪術廻戦 0巻 芥見下々 / 集英社)

細かい点ですが、原作版・劇場版と共に、入学当初は”白”と特殊仕様だった乙骨の制服が、里香の解呪後は”黒”のオーソドックスなものになっています

『呪術廻戦 公式ファンブック』によると、乙骨の制服が”白”である理由は、「問題児」だったから。

特級過呪怨霊の被呪者である乙骨は、呪術高専における”問題児”として、どこにいるのか目立つように白い制服が支給されていたようです。

(呪術廻戦 0巻 芥見下々 / 集英社)

晴れて祈本里香の解呪が果たされた終盤、乙骨は”問題児”ではなくなり、白い制服に袖を通す必要がなくなった、というわけですね。

 

なお、里香の解呪を経て特級術師から4級術師に降格となった乙骨ですが、後に自身の力で特級に返り咲き、再び白い制服に袖を通しています。

出張中の東京校2年(当時)

(呪術廻戦 155話 芥見下々 / 集英社)

原作0巻では触れられなかった話題ですが、劇場版『呪術廻戦 0』にて、「(当時の)高専2年が京都に出張中」という情報がサクッと飛び出しました。

これは、後に本編にて回収されることとなる伏線であり、原作『呪術廻戦』153話以降に登場する秤金次(はかり きんじ)のことを指しています。

原作ファンの方はご存知の通り、作品初期では”停学中”として名前のみ登場していた秤。

新宿・京都百鬼夜行時点も京都に居た秤は、居合わせた保守派の人間と揉めたことで、停学に至りました。

【呪術廻戦】秤金次の性格や実力を解説!|星綺羅羅との関係も紹介秤金次とは 停学中の呪術高専東京校3年生 秤金次(はかり きんじ)は現在停学処分中の呪術高専3年生です。 名前と横顔は2巻...

エンドロール後の描写の意味

劇場版『呪術廻戦 0』のエンドロールが明けると、原作ファン以外にはよく意味が分からないであろう”ミゲルと乙骨がケニアでご飯を食べているシーン”が描かれました。

夏油一派の呪詛師として、五条悟と熾烈な戦闘を繰り広げたはずのミゲル――。

なんと彼は、紆余曲折あって、乙骨憂太を押し付けられた指導していたのです!

(呪術廻戦 145話 芥見下々 / 集英社)

そんなミゲルが扱う、特殊な呪具「黒縄(こくじょう)」は、原作『呪術廻戦』にて詳しく触れられる機会があります。

以下の記事でも「黒縄」について解説していますので、是非併せてご覧ください。

【呪術廻戦】作中で登場した呪具を紹介!|効果や使い手を詳しく解説呪具とは? 呪力を持つ武器 『呪術廻戦』における「呪具(じゅぐ)」とは、呪力の込められた武具の名称です。 威力や効果によっ...

乙骨が原作に登場するのはいつ?

(呪術廻戦 139話 芥見下々 / 集英社)

上述しましたが、特級過呪怨霊 祈本里香の解呪に成功した乙骨は、特級から4級術師へと降格となり、そのまま呪術高専に通い続けます。

高専での学びや、”最強”五条悟アフリカ人術師 ミゲルによる指導、元来有していた術師としての才覚により、無事特級術師への返り咲きに成功

 

『呪術廻戦』開始時点ではミゲルと共にアフリカに居た乙骨ですが、「渋谷事変」によって日本が未曽有の危機に晒されたことで帰国し、16巻 137話にて本格的な再登場を果たしました。

『呪術廻戦 0』から1年を経て、人間としても術師としても更なる成長を遂げた乙骨憂太。

気になった方は、是非原作漫画をチェックしてみてください!

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々 / 集英社 / 呪術廻戦製作委員会
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。