呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌169話のネタバレ考察|芸人術師参戦 髙羽史彦の実力が明らかに!

【呪術廻戦】169話「東京第1結界⑨」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回168話のおさらい

現れた髙羽史彦(呪術廻戦 168話 芥見下々 / 集英社)

・レジィ一派の黄櫨(はぜのき)、針、麗美らが伏黒に攻撃を仕掛ける。
・黄櫨は自身の身体部位を”爆弾”に変えることが出来る術式の持ち主。
・レジィと黄櫨の連携により、伏黒は次第に追い込まれるていく。
・コガネのアナウンスによって”ルールの追加”を知った伏黒は、本気でレジィ一派と戦闘することに。
・2vs1のややきつい状況下で、芸人術師 髙羽史彦が登場。伏黒の味方に付いてくれることに。

【呪術廻戦】本誌168話のネタバレ考察|激化する戦闘 あの術師が助っ人参戦?【呪術廻戦】168話「東京第1結界⑧」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

【呪術廻戦】本誌169話のネタバレ

芸人術師の神髄

レジィ・黄櫨 vs 伏黒の戦いに割って入ったのは、”芸人術師”こと髙羽史彦(たかば ふみひこ)

35歳だと名乗る彼は、伏黒に「助太刀しよう」と申し出ます。

一方のレジィ・黄櫨は、颯爽と現れた髙羽を始めて見た様子。だからこそ黄櫨は、「オマエ どっちだ?」と直球で質問しました。

その意図は、「”現代の術師”と”受肉した過去の術師”のどちらだ」というもの。

(呪術廻戦 169話 芥見下々 / 集英社)

しかし髙羽は、そんな黄櫨の質問に対し、「面白いか 面白くないか……ということだな!?」とどや顔で語ります。

やや困惑する黄櫨に対し、さらに語り続ける髙羽。

彼の纏うコスチュームは、彼に”初めての爆笑”を誘ったヒーローを模したものです。ゆえに髙羽は、そのコスチュームに懸けてスベるわけにはいかない、と語ります。

そして髙羽は、凄まじい気力と共に、「さっき考えたギャグだ」とギャグを披露しようと構えました。

レジィと黄櫨は、そんな髙羽の動きを、何らかの攻撃の予備動作だと捉えた様子。

そんな2人に襲い掛かったのは――

(呪術廻戦 169話 芥見下々 / 集英社)

「余計なお世Wi-Fi(ワイファーーーーーイ) !!!

 

 

――誰一人笑顔を見せず寂しい風が吹く中、「クソ客がぁああああ!!!」と激昂する髙羽。

さらに彼は、「いるんだよ!! 子宮に笑顔を忘れたくせに 劇場の最前列に座るような客!!」と、指をさしてまくし立てます。

そんな髙羽に「アンタの問題だ」とツッコミを入れた伏黒は、東堂と同じ匂いを感じ取っていました。

髙羽の実力

芸がスベり、一通りの怒りをぶつけた髙羽。

レジィと黄櫨を”クソ客”と表現した彼でしたが、「そんなオマエも見捨てない!!」と宣言します。

そして次の瞬間――

(呪術廻戦 169話 芥見下々 / 集英社)

黄櫨・レジィが反応すら出来ないスピードで、両足蹴りを繰り出しました。蹴りを顔面に食らった黄櫨は、そのまま後方へと吹き飛びます。

一瞬にして呪力を跳ね上げ、最低限の予備動作で攻撃を繰り出した髙羽。――そんな彼の所業を目の当たりにしたレジィは、「強い」と認めます。

 

伏黒は、髙羽に黄櫨の術式の情報を話し、”分断”を提案。

その後、コガネに日車寛見の情報を出すよう命じました。コガネが表示した日車寛見の欄には、「変更 01回」とあります。

それは、前話で追加された〈総則〉10が日車によって追加されたことを意味していました。

伏黒・虎杖の目的は、東京第1結界に滞留する日車の点を用いて総則を追加すること。虎杖により、この目的は既に達成されています。

(呪術廻戦 169話 芥見下々 / 集英社)

つまり伏黒には、もう東京第1結界に留まる必要がありません。だからこそ伏黒は「出し惜しみはなしだ」と述べ、レジィに対して本気で戦うことを宣言しました。

黄櫨 vs 髙羽

伏黒から”爆弾野郎を殺すなら その前に持ち点を奪ってほしい”と話した伏黒。

髙羽はそれを了承し、「君のお願い しかと引き受けた」と返します。

(呪術廻戦 169話 芥見下々 / 集英社)

しかし、自身が”芸人”であると前置きした髙羽は、「人から一生笑顔を奪う真似はせん!!」と付け加えました。髙羽が今に至るまでの獲得点が0である理由は、このような信念によるものでしょう。

一方の黄櫨は、もぎとった自身の眼球を折った歯の爆発で加速させることで、髙羽に攻撃を仕掛けました。

高速で飛来する”爆発する眼球”に対し、髙羽は”ハリセン”を用いて対処。「たまや!!」と余裕の表情+セリフで眼球を打ち返し、爆発を免れます。

さらに髙羽は、黄櫨との距離を詰めたうえで”ハリセン”で視界を奪い、黄櫨の背後へ。

(呪術廻戦 169話 芥見下々 / 集英社)

黄櫨の尻に向けて強烈なかんちょうを繰り出した後、付近の建物に向かって蹴り飛ばしてしまいました。

そんな様子を横目で見ていた伏黒は、「髙羽が敵じゃなくてよかったよ」と素直に漏らします。

【呪術廻戦】169話の考察と感想

髙羽があまりにも強い!

今回ご紹介した169話の主役は、なんといっても髙羽でしょう。現時点で(おそらく)術式を使用していない髙羽は、呪力+身体能力のみで黄櫨を圧倒。

レジィに強敵認定されるとともに、伏黒に「敵じゃなくてよかった」とまで言わしめました

一方の黄櫨もまだまだ本気を出してはいなかったようですが、髙羽には”術式”も残されています。危なげなく黄櫨を退けてくれることでしょう。

唯一の欠点(?)を挙げるなら、芸は面白くないという点でしょうか。シュールさという点で読者には受けるものの、作品世界内では鳴かず飛ばずの面白くない芸人、であることに間違いはなさそうです。

とはいえ、”芸人としての自分”にプライドを持っており、独自の確固たる信念を有していることが、芸人術師 髙羽史彦のカッコ良さですよね。

黄櫨は過去の術師?

(呪術廻戦 168話 芥見下々 / 集英社)

自身の身体部位を”爆弾”とし、超火力の攻撃を仕掛けることが出来る術師 黄櫨

言うまでもなく痛みが伴うであろう難儀な術式を持つ彼ですが、痛がる様子は全く見られません。

また、彼は反転術式を用いて自身を治癒することも可能であり、生得術式を最大限に活かすことが出来る実力の持ち主です。

彼が日車のような”天才”であり、たった2週間ほどで今に至るまでの実力をつけた、という線も考えられますが、”受肉した過去の術師”か”もともと術式を持っていた呪詛師”と考える方が妥当でしょう。

本気を出した黄櫨の戦闘が待ちきれませんね。

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。