呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌168話のネタバレ考察|激化する戦闘 あの術師が助っ人参戦?

【呪術廻戦】168話「東京第1結界⑧」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回167話のおさらい

・自身の100点を用いてルールを追加した日車は、虎杖と別れて一人劇場を後にする。
・場面は戻り、伏黒とレジィの対峙シーンへ。
・2人の交渉は決裂し、流れるように戦闘へと移る。
・レジィは玉犬「渾」を返り討ちにする実力者。他にも複数の協力者がおり、本格的な戦闘が始まった。

【呪術廻戦】本誌167話のネタバレ考察|レジィ編開幕 羂索の発した中国語の意味は?【呪術廻戦】167話「東京第1結界⑦」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

『呪術廻戦』本誌168話のネタバレ

戦闘開始

交渉の決裂を受け、レジィ一派と伏黒は本格的な戦闘へ。

(呪術廻戦 168話 芥見下々 / 集英社)

切り離した体の部位を爆発させる術式を持つ術師 黄櫨 折(はぜのき いおり)により、屋上から落ちてきた眼球が窓外で爆発。

ギリギリで爆発から逃れ、軽傷で済んだ伏黒でしたが、前方からは麗美の攻撃が飛んできます。

サソリ状の髪を用いて刺突を仕掛けた麗美。しかし伏黒は、これを容易く避け、逆に髪を掴んで拘束してしまいます。

(呪術廻戦 168話 芥見下々 / 集英社)

――しかしその時、窓の外からは黄櫨による更なる追撃が。なんと黄櫨は、伏黒にガソリンを浴びせたうえで自身の歯を飛ばし、大爆発を起こしました。

黄櫨は35点レジィは41点とそれぞれ多くの点を持つ術師であり、その実力は本物です。

激化する戦闘

度重なる爆撃により、さすがにダメージを負った様子の伏黒。

麗美に対して「アイツらオマエを守る気なんてないぞ」と忠告したうえで「とっとと失せろ」と発し、そのまま戦闘を続けよう歩き出しましたが――

(呪術廻戦 168話 芥見下々 / 集英社)

なんと背後から麗美に刺されてしまいます

「守る」「好き」―― ただそんな言葉を欲していたことを、必死の形相で説く麗美。

伏黒は、そんな彼女を「行動じゃなく口先が全ての クズ人間」と一蹴しました。

そんな折、前話で伏黒に突き落とされた術師 針 千釣(はり ちづる)が姿を見せます。状況は4対1であり、さすがの伏黒も「キツいな」と心の中で吐露。

――その時、死滅回游の案内役を務める式神「コガネ」が”ルールの追加”を全員に報せました。

(呪術廻戦 167話 芥見下々 / 集英社)

その内容は「泳者は他泳者に任意の得点を譲渡することができる」。前回167話で日車によって追加されたこのルールの発案者は、ほかならぬ伏黒です。

この瞬間、虎杖が日車にルールを追加させたのだと察した伏黒は、にやりと笑って反撃を開始。

瞬く間に相手術師の針を殺害し、5点を獲得しました。

ヒーロー登場?

術師の1人を倒したものの、伏黒の前には未だに2人の術師――レジィと黄櫨が立ちはだかります。

奥の手である領域を使うか否か思案した伏黒でしたが、彼の領域はいまだ未完成。結界を閉じて対象を封じ込めることが出来ないため、最悪の場合逃げられてしまう可能性があります。

伏黒が考えを巡らせている中、黄櫨は引き抜いた歯を飛ばして攻撃。

意識を他に向けていたために反応が遅れた伏黒でしたが―― 「危なーい!!」という声と共に、謎の人物が伏黒を守護しました。

(呪術廻戦 168話 芥見下々 / 集英社)

その人物の名は髙羽史彦。大阪でお笑い芸人として活動していた泳者です。

ヒーロースーツのような衣服を身に纏った彼は、どうやら伏黒の味方についてくれるようで――?

【呪術廻戦】168話の考察と感想

泳者が続々登場

今回ご紹介した168話では、レジィのフルネームが明らかになったうえ、所持ポイントが41点であることも明かされました。

そして、そんなレジィの協力者である黄櫨、針(167話で既に登場済み)、麗美と、多くの術師が揃い踏み

虎杖vs日車の戦闘も非常に盛り上がりましたが、複数の術師による乱戦も死滅回游編ならではですよね。

 

さて、レジィの協力者の一人 針は、術式が明かされぬまま伏黒によって死亡してしまいましたが、もう一方の協力者 黄櫨は大活躍でした。

自身の身体の部位を爆発させることが出来るであろう黄櫨の術式は、とにかく火力に優れている印象

(呪術廻戦 168話 芥見下々 / 集英社)

また、くりぬいて爆発させたはずの眼球が復活していることから、(作画ミスでない場合)反転術式の使い手ということになり、継戦能力にも優れた優秀な術師だと言えそうです。

未だに明らかになっていないレジィの術式が気になるところです。

まさかの助っ人

黄櫨の術式に、伏黒の5点奪取、麗美の顔芸ともりだくさんだった168話ですが、最後に登場した髙羽史彦が全てを持って行ってしまったように思われます。

(呪術廻戦 146話 芥見下々 / 集英社)

”天使”来栖華と同じく、名前と姿だけ既に登場していた髙羽でしたが、まさかの東京第1結界での登場となりました。

術式や実力はおろか、敵か味方かすら明らかになっていなかった髙羽ですが、このタイミングでの登場を予想できた読者はいなかったのではないでしょうか。

伏黒と共闘してくれるであろう髙羽――未だ0点の彼は、どのような戦いを見せてくれるのでしょうか。

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。