呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌165話のネタバレ考察|虎杖に死刑判決? 日車戦は佳境へ!

【呪術廻戦】165話「東京第1結界⑤」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回164話のおさらい

・日車が領域「誅伏賜死」を展開。
・式神”ジャッジマン”は、「誅伏賜死」内の者の全てを知っており、一つの嫌疑を述べる。
・「誅伏賜死」内では、ジャッジマンの述べた嫌疑をもとに裁判が行われ、「無罪」を勝ち取る為に弁論を行う必要がある。
・虎杖は自身の弁護に失敗し、「有罪」判決。
・「有罪」認定によって、虎杖はジャッジマンに”呪力”を「没収」されてしまう。

【呪術廻戦】本誌164話のネタバレ考察|日車が領域展開! 必中の術式効果は・・・【呪術廻戦】164話「東京第1結界④」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

『呪術廻戦』本誌165話のネタバレ

「天才」日車寛見

冒頭、日車の輝かしい経歴が明かされます。

日車寛見という人物は、岩手弁護士会に所属する36歳の男性であり、T大法学部旧司法試験などの難関試験をストレートで突破してきたとのこと。

(呪術廻戦 165話 芥見下々 / 集英社)

そんな日車の中で最も光る原石が、”呪術師”としての才能でした。術式開花後、自身に備わった術式を解明することにより、結界術の基礎を習得。

その後、結界術から逆算する形で呪力操作や身体の強化術を身に着けたようです。

日車が1級術師と遜色のないレベルに到達するまでにかかった時間は、たった12日間。

とんでもない才能であり、まさに「天才」です。

「没収」の効果

虎杖は、「天才」日車相手に呪力なしで渡り合って見せます

そもそも日車の領域「誅伏賜死」によって与えられる「没収」は、対象の生得術式を使用不可にするというもの。

しかし、今回術式対象となった虎杖は術式を持っていないため、「没収」対象が呪力になってしまったようです。

(呪術廻戦 165話 芥見下々 / 集英社)

今まで日車が戦ってきた相手であれば、術式を封じられれば基礎的な呪力操作ですらグダグダになることが多かったとのこと。

一方で、いま日車と戦う相手――虎杖は、呪力自体を封じられた状態です。生来の身体能力のみで自身と渡り合う相手に対し、恐ろしさすら感じた様子の日車。

改めて相手の強さを実感した彼は、油断せず全力で虎杖を潰そうと木槌を構えます。

その後も繰り広げられる虎杖vs日車の激戦。

日車の猛攻に対し、”呪力による防御”という選択肢が封じられている虎杖は、次第に追い詰められていきます。

二審開幕

生来のタフネスで日車の猛攻に耐える虎杖ですが、額には冷や汗が。

言葉には出さないものの、かなり焦っている様子の虎杖は、日車の術式に”術者に対して不利な要素”がないか考えを巡らせます。

そんな虎杖が着目したのは、日車の術式が「裁判」をモチーフにしたものだという点です。

虎杖が「やり直し もう一回だ!!」と宣言すると、舞台は一瞬にして領域「誅伏賜死」へ。

ジャッジマンに有罪を言い渡された対象は、罪を認めない限り2回まで裁判のやり直しを請求できるようです。

(呪術廻戦 165話 芥見下々 / 集英社)

始まった第二審、ジャッジマンが述べた嫌疑は、「虎杖悠仁は2018年10月31日 渋谷にて大量殺人を犯した疑いがある」というものでした。

自身が宿した両面宿儺によって引き起こされた大虐殺――。

虎杖は「渋谷事変」後も罪の意識に苛まれ続け、一時は高専に戻ることを拒絶していました。

そんな虎杖だからこそ、「渋谷事変」で宿儺が――自身が引き起こした罪を否定することは出来ません。

虎杖が澄んだ目で「あぁ 俺が殺した これは嘘でも否定でもない」と述べると、目を見開いたジャッジマンが「死刑(デス・ペナルティ)」を宣言して――?

【呪術廻戦】165話の考察と感想

たった12日間で1級レベルに

今回の165話にて、日車寛見という人物があらゆる点において「天才」であったことが明かされました。

勉学は勿論、呪術師の分野にまで才を持っていた日車は、術式開花後12日目にして1級相当の実力を手に入れていたとのこと。

呪術師は基本的に2級で頭打ちになる、という『呪術廻戦』世界の常識も相まって、日車がいかに才に溢れた人物であるかが明かされた回でしたよね。

「死滅回游」には開花した術式だけに頼って戦闘を行っている泳者も多く存在すると考えられるため、日車の「誅伏賜死」における「没収」は、そんな泳者に対するカウンターとしてこれ以上ない切り札だと言えます。

日車の強力な術式圧倒的な才能をもとに考えると、彼が100を超える点を有していたことも納得ですね。

虎杖の罪

(呪術廻戦 165話 芥見下々 / 集英社)

一審の嫌疑が「未成年でありながらパチンコ店へ入店」と比較的軽い罪だったにもかかわらず、二審では一転して重い嫌疑を向けられてしまった虎杖。

実直な性格の虎杖が、「渋谷事変」における大量殺人を否認するはずもなく、一点の曇りもない目で罪を認めました。

これまで様々な被疑者の”目”を見てきたであろう日車は、そんな虎杖の言動を見て驚いた様子。

ジャッジマンが下した「死刑」はどのようにして執行されるのか―― そして、虎杖の”目”を見た日車の行動は?

次回の呪術廻戦も見逃せませんね!

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。