呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌190話のネタバレ考察|鹿紫雲が仲間に 新たな結界で激戦が開幕?

『呪術廻戦』本誌190話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。

【呪術廻戦】190話「東京第2結界⑨」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回189話のおさらい

・鹿紫雲の稲妻で腹を貫かれた秤だったが、領域「坐殺博徒」にて潜伏大当たりを引き当て、反転術式で全回復を果たす。
・秤は、領域の座標をズラすことで、鹿紫雲を海上へと突き落とす。
・呪霊を足場にする鹿紫雲だったが、秤の追撃によって海に落ちてしまう。
・鹿紫雲は海水を電気分解し、塩素ガスを生成。海上の秤を海中へと引きずり落とす。
・秤はフルオート反転術式によって毒を癒し、攻め続ける。
・海中で鹿紫雲の大技が決まり、大爆発が発生。

【呪術廻戦】本誌189話のネタバレ考察|激戦継続! 鹿紫雲の一撃で秤が死亡・・・?『呪術廻戦』本誌189話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。 【...

各キャラクターの現在状況はこちら↓

【呪術廻戦】主要キャラクターの現在状況|死滅回游の得点推移(11/28更新)『呪術廻戦』に登場する主要キャラクターをまとめています。各キャラクターの最新の状況を記載しているため、アニメ・単行本派の方はご注意くださ...

『呪術廻戦』本誌190話のネタバレ

戦いの終わり

(『呪術廻戦』 190話 芥見下々 / 集英社)

海中での激しい爆発を経て、埠頭に降り注ぐ海水。

子供のような姿に成り果てたパンダが秤を探しますが、見つかったのはちぎれた左手のみです。

先に海中から姿を現したのは、鹿紫雲でした。漏出を抑えていた呪力を一気に解き放ったことにより、水蒸気爆発を引き起こした鹿紫雲。

派手な攻撃の代償として、もう彼の中に呪力は残っていません。

そんな中、鹿紫雲は「チッ」と舌打ちをしつつ、ニヤリと笑いました。

目の前に秤が現れたからです。

【呪術廻戦】秤金次の性格や実力を解説!|術式「CR私鉄純愛列車」も詳しく紹介!秤金次とは 停学中の呪術高専東京校3年生 秤金次(はかり きんじ)は現在停学処分中の呪術高専3年生です。 名前と横顔は2巻...

勝者は・・・

189話の突発大当たりを経て、次回の領域「坐殺博打」の際に確率変動が確定していた秤。

それを理解していた鹿紫雲は、領域を展開させないため、秤を確実に獲ろうと考えました。

そして、仮に秤が爆発を生き延びたとしても、領域展開のための掌印を結ばせないため、片腕だけは確実に落とそうと考えたようです。

一方の秤は、左腕を捨てる”縛り”によって他の部位に守りの呪力を回し、爆発から生還。

鹿紫雲との戦いに、勝利したのでした。

取引

戦いを終えた秤は、鹿紫雲の前に座り込みました。

「俺はオマエに勝ったと思ってねぇよ」と秤。

彼は、鹿紫雲が術式を使っていないことに勘付いていました。

鹿紫雲が操る稲妻は、秤の”ざらつく呪力”と同じ、単なる呪力の性質に過ぎません。

そんな稲妻の操作の全ては、術式によるものではなく、呪力操作の成果だったようです。

そして、そんな鹿紫雲の術式は「一発それっきり」とのこと。

(『呪術廻戦』 190話 芥見下々 / 集英社)

ここで秤は、鹿紫雲に取引を持ちかけました。

その内容は、鹿紫雲の望みである「宿儺との戦い」を実現させる代わりに、「仲間になる」というもの。

秤曰く、「先輩の命令に後輩は絶対服従」。

”宿儺が後輩である”という事実に、鹿紫雲は「?」を浮かべています。

そんな中、「ちょっと行くとこあるから」とその場を離れた秤。

彼が向かったのは、漫画家志望の泳者 シャルル・ベルナールのところでした。

秤は、シャルルに「なんつーんだよ」と疑問をぶつけます。主語は、シャルルの漫画のタイトル。

秤は「勝って読んでやるから」と付け加えます。

しかし、シャルルはデビュー前の新人であり、単行本発行はおろか、受賞経験すらありません

肩透かしを食らった秤は、シャルルに「殺された気になって描きまくれ!!」と檄を入れました。

桜島結界

秤とシャルルが話していたところ、呪術高専京都校の3年 西宮桃が降り立ちました。

伝達係として秤の元にやってきたであろう西宮。

曰く、追加予定の4つのルール(以下)のうち③を後回しに、とのこと。

①泳者同士の得点の譲渡を可能に(追加済み)。
②100点を消費し、かつ身代わりを立てることで、死滅回游を離脱可能に。
③結界の電波遮断解除。
④結界の出入り可能。

その理由は、真希が結界を素通りできるから。

移動系の術式を持つ憂憂(ういうい;冥冥弟)と協力することで、真希自身がメッセンジャーとなることが可能であり、早急に電波遮断を解除する必要は無くなりました。

ここで、舞台は桜島結界へと移ります。

圧倒的な身体能力で、呪霊を退けた真希。

そんな彼女の前に現れたのは、髪を切ってイメチェンを果たした加茂憲紀でした。

加茂家で他の当主が立ってしまったため、お払い箱になってしまったという加茂。

(『呪術廻戦』 190話 芥見下々 / 集英社)

2人の活躍により、桜島結界内の攻撃的な呪霊/術師は大方排除されたようです。

加茂は、結界外で待機しているであろう憂憂と合流し、次の結界に飛ぶよう真希に指示しました。

打算的な憂憂(というより姉・冥冥)が高専サイドに協力する理由は、リスク分散と先行投資、とのこと。

しかし、そんな2人の元に、新たなる脅威が向かいつつありました。

なぜか上空から桜島結界に向かって降下する謎の呪霊。

死滅回游について説明するコガネに「喧シい 殺スぞ」と発しており、高い水準での会話を可能としています

上空、しかも結界外にも関わらず、真希、加茂を威圧するその呪霊。

まずもって特級呪霊であり、桜島結界でも激戦が始まることは必至です。

191話へ続く。

【呪術廻戦】190話の考察と感想

秤と鹿紫雲の関係

(『呪術廻戦』 190話 芥見下々 / 集英社)

水蒸気爆発から生還した秤を見て、敗北を悟りつつも笑った鹿紫雲。

強者との戦いを求めていた彼にとって、秤との戦いはこの上なく楽しい時間だったことでしょう。

熱い戦闘狂である鹿紫雲と、”熱”を愛する秤。

誰がどう見ても相性が良いであろう2人が仲間になる展開は、読者としても熱くなってしまいますね。

今後描かれるであろうこの2人のコンビネーションに、期待がかかります。

鹿紫雲の術式

今回ご紹介した190話にて、鹿紫雲の稲妻操作は術式ではなく、単なる呪力操作の範疇だったことが判明しました。

そして、鹿紫雲は術式を保有しており、なおかつ「一発それっきり」の代物とのこと。

言葉の真意は不明ですが、”人生で一度しか使うことができない”か、”大量の呪力を消費する”のどちらかでしょう。

鹿紫雲が宿儺にしか使う気がないという術式。

鹿紫雲vs宿儺の戦いが実現する確率は高そうです。

あるいは、未知なる強敵を前に、鹿紫雲が術式を用いて秤を守る展開が来るかもしれません。

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話 195話 196話
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話 206話

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
0巻        

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

鹿紫雲の大技で……

189話の最終コマ、海中で炸裂した鹿紫雲の大技。

秤は、ラウンド(不死身状態)中ゆえに、流れ出る鹿紫雲の電気(呪力)や水温の上昇に耐えることができていました。

しかし、鹿紫雲の発生させた塩素ガスによって海中に落ちた時点で、秤のラウンドは終了間際

大技を食らった時点でラウンドが終了していなかったとしても、熱湯状態の海水と、水中に迸る電気により、ラウンドが終了した時点で大ダメージを負ってしまいます

 

一方で、メタ的な視点で見ると、190話の冒頭で死亡した秤が描かれる、という展開は想像し難いところ。

となると、秤は何らかの方法で鹿紫雲の攻撃を回避し、戦闘はまだ続く…と言う予想が妥当な線でしょうか。

東京第2結界編は終盤

(『呪術廻戦』 188話 芥見下々 / 集英社)

死滅回游全編を通しても、トップを争うであろう激戦を繰り広げている秤・鹿紫雲

”熱”の乗った両者の戦いは、手に汗握る展開が続いており、どちらが勝ってもおかしくない状況です。

弱者との戦いに飽いていた鹿紫雲は、秤との戦いを「楽しい」と認めており、一方の秤も、何度も生死の境を彷徨うようなひりつく戦いに、愉悦を覚えている様子。

さて、そんな戦いが描かれている東京第2結界編も、いよいよ次回で10話目を迎えます(第185話「バイバイ」+「東京第2結界①〜⑨」)。

 

虎杖vs日車、伏黒vsレジィとメインの戦闘が2回描かれた「東京第1結界」編が約13話

乙骨と仙台4強(ドルゥヴ、黒沐死、烏鷺、石流)との戦いが描かれた仙台結界編が約7話

以上を考えると、秤vs鹿紫雲の戦いをメインとする東京第2結界編も、間もなく終わりを迎えるように思われます。

現状明かされている中では、死滅回游泳者の中でぶっちぎりの強さを持つであろう鹿紫雲。

秤は、そんな泳者との戦いで、勝利を収めることができるのでしょうか。

次なる舞台は?

以前の予想記事でも少し触れましたが、現時点で考えられる次の舞台として濃厚な結界は、関西です。

関西に位置する死滅回游の結界は、京都、大阪の2つ(地図から推測、作中未確定)。

中でも京都結界(仮)では、呪術高専京都校に所属する面々や、禪院家を壊滅させた真希が宣誓している可能性があります。

京都校の面々はともかく、伏黒(禪院)甚爾と同じフィジガルギフテッドとなった真希は、もはや以前とは別次元の力の持ち主

泳者として暴れ回る彼女の立ち回りに期待されます。

【呪術廻戦】190話のネタバレ予想|東京第2結界編は終盤へ 次なる舞台は・・・【呪術廻戦】189話までのネタバレ 呪術廻戦の概要 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にして...
【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話 195話 196話
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話 206話

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
0巻        

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。