チェンソーマン

【チェンソーマン】アルドの強さ・魅力まとめ|2人の兄も併せてご紹介!

アルドとは

アメリカの殺し屋3兄弟の末弟

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

アルドはアメリカに住む”殺し屋まがいのデビルハンター3兄弟”の末弟です。

兄2人とは異なり、来日するまでは人を殺害した経験がなく、様々な点で未熟さが露呈してしまっていました。

本記事ではそんなアルドについて、2人の兄にも触れつつご紹介していきます。

来歴

世界の刺客編|国からの依頼

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

『チェンソーマン』7巻 第53話にて、アメリカ合衆国の刺客として登場しました。

彼らは国から直々に仕事を貰っており、ある程度実績が認知されているのでしょう。また報酬は200万ドルと破格ですが、それだけ難しい任務とのこと。

アルドは「死ぬリスク」を引き合いに出し、仕事を断るべきだと述べますが、長男の「俺達は不死身だ」という言葉に丸め込まれ、日本行きを決めます。

「世界の刺客」編|京都組殺害

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

来日した3兄弟は、デンジらと合流すべく東京へ向かっていた「京都公安」の黒瀬、天童、スバルを殺害。

タイヤをパンクさせて事故を誘発し、その後3方向から銃を乱射と、かなり手慣れた様子です。

「皮の悪魔」の力を用い、長男は殺害した黒瀬に変身。デンジを襲う準備を整えました。

【チェンソーマン】黒瀬ユウタロウの強さ・魅力まとめ|契約悪魔もご紹介!黒瀬ユウタロウとは 京都公安所属のデビルハンター 黒瀬ユウタロウは京都公安所属のデビルハンターであり、天童ミチコとバディを組...
【チェンソーマン】天童ミチコの強さ・魅力まとめ|契約悪魔も考察!天童ミチコとは 京都公安所属のデビルハンター 天童ミチコは京都公安所属のデビルハンターであり、黒瀬ユウタロウとバディを組む人...

「世界の刺客」編|兄の死亡

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

黒瀬に変身した長男がデンジらに接触した時、事件は起こります。

なんと、パワーが運転するコベニの愛車により、長男が轢き殺されてしまいました。パワーへの報復に燃える次男ジョーイも吉田によって殺害され、瞬く間にアルド一人になってしまいます

「世界の刺客」編|再び戦場へ

兄2人を亡くし、自身も警察や公安に追われる身となってしまったアルド。

彼は黒瀬の姿に変身することで、黒瀬の友人 友野の家に転がり込みます。そこでアルドが見たのは、自身らが殺害した「黒瀬ユウタロウ」という人物の生きた証の数々。

アルドは自分の罪の重さを再認識し、泣き出してしまいます。

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

しかし、就寝前に友野が発した「お前の兄さんが今の自分見たら何ていうと思う?」という何気ない質問により、アルドは自身が”プロ”であることを再確認。

”仕事を全うする”という決意を新たにしました。

「世界の刺客」編|デパートにて

「俺は不死身だ」と自身に言い聞かせ、仕事を全うすべく銃を持ってデパートに現れたアルド。

デンジを拘束していたロンに向かって発砲しますが、クァンシによってデパート外へと放り投げられてしまいました

その後、”ドイツのサンタクロース”との契約によって動き出した「地獄の悪魔」の巨大な腕を見、完全に戦意を喪失。

以降、戦場で姿を見せることはありませんでした。

【チェンソーマン】クァンシの強さや魅力のまとめ|第2部で再登場?クァンシとは 最初のデビルハンターにして弓矢の武器人間 クァンシは『チェンソーマン』7-8巻の「世界の刺客」編に登場するキャ...

アルドの強さ

戦闘能力

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

後述する「皮の悪魔」の能力は戦闘向きではないため、戦闘においては拳銃を用いて対処しています。

相手の攻撃を避けつつも相手に命中させて見せたことから、高い射撃精度を持っているようです。

しかしながら、作中で判明しているアルドの戦闘は射撃一本であり、不意打ちを除くと脅威にはなり得ないでしょう。

契約悪魔

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

アルドは、後述する兄2人と同じく、「皮の悪魔」と契約しています。

代償は不明ですが、「触れた死体の身なりを奪える」という能力を授かっている様子。殺し屋として動く分には非常に便利な能力ですが、言葉を選ばず述べると、やや地味な印象を受けます。

また、戦闘に応用できる能力ではないため、乱戦となればほぼ無力な能力です。また、デビルハンターとして悪魔と戦闘する際においても、同じく無力な能力だと言えそうですね。

兄2人について

長男(名前不明)

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

自身ら3兄弟が「不死身」だと言い張る長男です。

銃の悪魔の家を破壊され、悪魔に飲み込まれ、家が火事になり、食あたりを起こし……それでも死ななかった3兄弟。そんな経験から、自身らが「不死身」であると考えるようになります。

本当に「不死身」であると考えているというよりは、死への恐怖を無くすための合言葉として用いている印象です。

冷静で落ち着いた人物であり、計画的に”仕事”に臨んだ長男でしたがパワーの自由奔放さは予想できる類のものではなく……。

京都公安の黒瀬に姿を変えてデンジに近付くも、パワーの運転する車に轢かれ、まさかの死亡

自身らが「不死身」だと言い張る長男でしたが、皮肉にも真っ先に退場という憂き目に遭ってしまいました。

次男(ジョーイ)

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

ややおちゃらけた部分があり、3兄弟の中では一番明るい性格の持ち主です。

感情を抑えられない部分もあり、兄が轢き殺された際は真っ先に報復に向かいました。一方、現れた吉田ヒロフミによって瞬殺されてしまい、長男と同じく早期退場の憂き目に遭います。

見ていて楽しいキャラクターではあったため、退場が惜しまれますね。

(チェンソーマン 7巻 藤本タツキ / 集英社)

単行本のネタバレ一覧

チェンソーマンの単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻        

【最新話あり】全話まとめ

※チェンソーマンを無料で見れる!

チェンソーマンが配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を見ちゃいましょう。 漫画版チェンソーマンを無料で観る

(C)藤本タツキ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。