チェンソーマン

チェンソーマン「5巻」のネタバレと考察・あらすじまとめ|無料で読む方法

チェンソーマン 5巻の概要

5巻のあらすじ

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

かつて姫野が使役していた悪魔と対峙するアキ。復讐の炎に身を焦がす男の脳裏に過るのは…!?
一方、デンジは再びサムライソードと激突!! チェンソーVS 刀、血飛沫舞う死闘の行方は果たして!?
デンジの心臓争奪戦は、想定外の方向へと加速する!!

 

5巻の要約

・アキが幽霊の悪魔に勝利!
・VSサムライソードが決着
・アキとデンジの気楽な復讐
・「レゼ」編開幕 レゼとの出会い!

チェンソーマン5巻のネタバレ前編「決着!」

35話

姫野の生前契約悪魔「幽霊の悪魔」を前に、新たな武器と”未来視”の能力で立ち向かうアキ。

幽霊の悪魔の持つ無数の腕がアキを襲いますが、彼はそのことごとくを斬り落とします。

少し先の未来を視ることが出来る「未来の悪魔」の力。 非常に強力な能力ですが、その能力はあくまで見えるだけ

次の瞬間、アキの眼前に広がっていた未来は、自らに襲い来る対処不能な数の腕でした。

 

あまりの手数の多さに、攻撃を捌ききれず首を掴まれてしまったアキ。今際の際で彼が思い出していたのは、姫野との記憶でした。

会って間もなかった頃、中華料理店でタバコを吸うよう勧めた姫野でしたが、なんとその時アキはまだ未成年。

姫野はタバコを没収し、アキが大人になって「何かに寄りかかりたくなったら返してあげる」と述べました。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

場面は戻り、なぜか死の間際でアキの首を掴んでいた手を離した幽霊の悪魔。

アキが幽霊の悪魔を見ると、一本の腕が差し出されていました。手の中に握られていたのは、タバコです。

受け取ったアキがタバコを見ると、そこには「Easy revenge! (気楽に復讐を!)」の文字が。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

それを見たアキは、歩き出しました。かつて姫野から教わった、「幽霊の悪魔には目がないから恐怖心を見る」という言葉を思い出し、一切の恐怖を表出せずに歩くアキ。

彼はそのまま幽霊の悪魔の頭まで到着し、一太刀で屠って見せました。

幽霊の悪魔が討たれ、「蛇の悪魔」を召喚しようとした沢渡でしたが、彼女の背後にはいつの間にかコベニの姿が

包丁を沢渡の首元に当て、黙って立っているコベニ。

曰く、もうすぐボーナスが出るため公安に残ったようです。

 

36話

エレベーターを用いて上階に向かうデンジとパワー。

7階で一度エレベーターの扉が開くと、眼前には大量のゾンビが群れていました。

どうやらまだ気づいていないようであり、デンジは大きな声を出さないようパワーに述べましたが、「ワシの名はパワー!!」とかつてない大声で名乗りをあげてしまいます。

強敵と戦いたくない様子のパワーは、どうあってもゾンビと戦いたい様子。

「後ろは任せるぞ!!」と血の刃を構えたパワーでしたが、デンジは呆れつつ一人で上階に上がっていきました。

 

エレベーターでさらに上へあがると、再び開いた扉。

その先で待っていたのは、サムライソードでした。まだ人間体である彼は、左手の手首を引き抜くことで「刀の武器人間」に変身。一方のデンジも、胸のスターターを引いて「チェンソーの武器人間」に変身します。

早速サムライソードは「居合」を繰り出し、超スピードの斬り込みでデンジを建物外に放り出します。

屋外に出た2人による、チェンソー vs 刀の決戦が始まりました!

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

 

37話

ビルから放り出され、通りかかった電車の屋根に着地したデンジ。

サムライソードはそんなデンジに追い打ちをかけ、電車の屋根を突き破りました。

勝負は電車内となり、乗客が逃げ惑います。ここで、「居合」の構えに入ったサムライソード。しかしデンジの付近には、逃げ遅れた乗客の姿がありました。

大ダメージを厭わず乗客を守った結果、片腕を落とされてしまったデンジ。サムライソードは続けざまに「居合」を使用し、デンジは残る右腕も落とされてしまいました

勝ちを確信し、死ぬ前に祖父を殺したことを謝罪するよう述べるサムライソード。しかしデンジは、まだ戦う意思を見せます。

頭んチェンソーが残ってるからなぁ!!」の叫びつつ、サムライソードに向かって走るデンジ。一方のサムライソードも、デンジに向かって再び「居合」を放ちました。

一瞬のうち、交差した両者。

少しして、デンジの頭のチェンソーは折られてしまいました

 

「爺ちゃんに教わらなかったか? 引き時ってやつをよ」と、勝ちを確信しているサムライソード。

しかしデンジは、「ジジイに教わらなかったかア~? 獣が狩人の言葉信じるなってなあ~!?」と岸辺の言葉を引用しつつ煽りました。

なんとデンジの足からはチェンソーが生えており、「頭のチェンソー」に意識を誘導しつつ、本命の足チェンソーでサムライソードを両断していた様子。

大量の血飛沫と共に、サムライソードは崩れ落ちました。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

チェンソーマン5巻のネタバレ中編「鎮魂歌と出会い」

38話

身ぐるみを剥がされ、デンジの”チェンソーのチェーン”によって両腕を縛られたサムライソード。

胴体を縦に両断されたサムライソードでしたが、デンジが彼の手の刀を抜いたことでくっついたようです。

身動きを制限されつつも、吠えるサムライソード。ここでデンジは、「今から大会を開く」と言い出しました。

そこにやってきたアキが、「大会…?」と訝し気に問います。

姫野を弾で撃ったサムライソードも”タマ”を討たれるべきだというデンジ。そこで、彼の提案した”大会”とは、”サムライソードの股間を蹴り上げて警察が来るまでに一番大きな悲鳴を出させた方が勝ち”という、シンプルながらも悪魔的なレギュレーションによるものでした。

心底呆れた様子のアキは、その場に座り込んでしまいます。

しかし彼は、姫野のタバコに記された「Easy revenge! (気楽に復讐を!)」の文字を見て、腕をまくります。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

「勝ったら何くれんだ?」

 

そして、デンジ・アキによる”最強の大会”は開かれ、付近にはサムライソードの悲痛な叫びが響くこととなりました。アキ曰く、サムライソードの叫び声は鎮魂歌。

こうしてアキは、”気楽な復讐”を達成しました

 

一夜明けて、祝勝会でも行ったのか、大いに散らかった早川家のリビング。デンジが起き上がると、同じく起き上がったパワーの頭に異変が見られました。

なぜか頭部の角が2本増え、パワーアップした様子のパワー。彼女に一体何が起きたのでしょうか。

 

39話

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

マキマ曰く、パワーの変化は血を飲み過ぎてしまったことによるものでした。

パワーが”血抜き”を行う間、デンジには新たなバディが付くことになります。その相手は「サメの魔人」でした。

普段は会話もできないほどに凶暴だという彼ですが、デンジの言う事は聞くとのこと。「チェンソー様」とデンジを呼び、慕う様子が描かれます。

 

ここで、「浮かない顔だね」とマキマに指摘されたデンジ。

彼が「最強に元気ですよ」と答えると、なんとマキマからデートのお誘いが。

翌日、映画館前で合流した2人。マキマが提案した今回のデートは、”夜の12時まで映画館をハシゴして見まくる”というものでした。

思っていたものと違うデートに落胆の色を隠せないデンジ。さらに、1つ目の映画は大して面白い内容ではなかったようです。

以降も、2つ目、3つ目、4つ目、5つ目ととにかく映画尽くしの2人。夜も更け、遂に本日最後の映画に向かうことになりました。

今のところ全ての映画が微妙であることから、「オレ映画とかわかんないのかも」と言い出したデンジですが、マキマも10本に1本程度しか「面白い映画」には出会えないと漏らしました。

しかし彼女は、その1本に人生を変えられたことがあるとのこと。

そして臨んだ最後の映画。映画館には人がおらず、2人きりです。「難しくてよくわからない」と評判の映画のようですが、そのラストに涙を流すデンジ

隣には、同じく涙を流すマキマの姿がありました。

映画を観終わり、「あのラスト 絶対死ぬまで忘れないと思います」とデンジ。そして彼は、「俺に心ってあると思います?」とマキマに問いました。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

その時、急にデンジの心に耳を当てたマキマ。

デンジの鼓動を聞いた彼女は、「あったよ」と述べ、去っていきました。

 

40話

「サメの魔人」と共に街をパトロールする2人。

デンジは自身に心があるという事実に浮かれており、「心があるから募金もできるぜ!」と募金活動に協力。

しかし彼は、お礼として渡された花を食べてしまいました。

 

パトロールを続け、暇になるとマキマの事を思い出すデンジ。雨が降り出す中、彼は「絶対に他の人を好きになったりはしねえ!!」と心に決めます。

雨が降り出し、辺りが水で満ちたことで、地面に潜っていた「サメの魔人」が飛び出してきました。彼の名前は”ビーム”と言うようであり、デンジはひっそりしているよう彼を律します。

激しい雨の中、雨宿りのため電話ボックスに入ったデンジ。しかしそこに、同じ目的であろう1人の女性が入ってきました

彼女はデンジの顔を見るなり笑い出し、直後に泣き出してしまいます。デンジの顔が死んだ犬に似ている、という女性。

デンジはそんな彼女に、先ほど飲み込んだ”募金のお礼の花”を吐き出してプレゼントしました。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

花を受け取ると、頬を赤らめて「ありがとう」と述べるその女性。

デンジはその顔を見ると、黙りこくってしまいました

女性はこの先の「二道」というカフェでバイトしていると述べ、去っていきます。

細い路地を抜け、階段を上がってカフェ「二道」に到着した女性。

彼女がエプロンを着て店の奥から出ると、そこには既にデンジの姿がありました。デンジの隣に座り、やたらとボディタッチをしながら笑う彼女は、自身の名を「レゼ」と明かします。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

デンジも自己紹介をすると、首をかしげながら「デンジ君みたいな面白い人 はじめて」とレゼ。

デンジは女性経験の少なさゆえ、相手が自身の事を好いていると確信します。

マキマ以外に想い人が出来そうになってしまったデンジは……?

チェンソーマン5巻のネタバレ後編「レゼ編開幕」

41話

姫野の後任として、天使の悪魔とバディを組んだ様子のアキ。

天使はベンチに座りながらだらだらとアイスを食べていますが、アキは「銃の悪魔討伐遠征」に参加するために実績を積みたい様子。

しかし天使は動きません。”処分”をチラつかせて脅すアキですが、働くよりも死ぬ方がマシだと述べ、一向にやる気を見せない天使

特異4課で岸辺に次ぐ強さを有しているという天使の悪魔ですが、酷い怠け癖の持ち主のようです。

そんな天使の能力は、掌に触れた相手の寿命を吸い取り、武器に変えてしまうというもの。

少しして、悪魔を討伐したアキ。ここで、天使が死にかけた民間のデビルハンターを発見します。下半身がなく、もはや死を待つだけの男性は、「ころして…」としきりに呻いていました。

アキは天使に能力を使って楽に殺すよう指示しますが、拒否する天使。

彼は自分が”天使”である前に”悪魔”だと述べ、人間は苦しんで死ぬべきだと話します。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

そんな天使を横目に、刀を用いて民間デビルハンターを解き放ったアキ。彼は、「フリでもお前とは仲良くなれないな」と言い放ちます。天使も同感のようで、「らしいね」と返しました。

 

その頃、レゼの働くカフェ「二道」に通っていたデンジ。一週間続けて来店している様であり、相当彼女に執心している様子です。

レゼが勉強している姿を見て、「レゼとなら学校行きたかったかな」と呟いたデンジ。

そんな彼に、レゼは”夜の学校”を探検しようと誘います。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

……その頃、1人の殺し屋がデンジの「チェンソーの心臓」を狙っていました。なんでも、「台風の悪魔」と契約を結んだ様子の彼。

彼はターゲットを直接狙うのではなく、ターゲットに近い人物を人質に取るというスタイルを取る人物でした。

恐らく狙われるであろうレゼ。

そして、波乱の学校探検が幕を開けます。

 

42話

早速夜の学校に忍び込んだ2人。

「少し怖いから」とレゼに手を繋がれたデンジは、心の中でマキマに言い訳しつつ進みます。

夜の教室で授業ごっこをし、次にプールに向かった2人。デンジは泳げないようですが、レゼに誘われるがままにプールに入り、泳ぎ方を教えてもらいました。

一通り楽しんだ2人ですが、ここで大雨に襲われます。一度教室に戻り、止まない雨を眺める2人。

レゼは、明日近くでお祭りがあると話し、デンジを誘います。

「仕事終わってからならいーよ」と快諾するデンジ。レゼは喜び、デンジを残してトイレに向かいました。

一呼吸おいて、「超糞かわいい」と呟いたデンジ。

しかしその頃、一人夜の学校を歩くレゼに危険が迫っていて……

 

43話

夜の学校で殺し屋に遭遇し、とにかく逃げるレゼ。彼女遂に逃げ場のない屋上まで追い込まれてしまいました。

本命の「チェンソーの心臓」のため、レゼを生け捕りにするつもりの殺し屋。

雨が降りしきる中、殺し屋の刃がレゼに迫ります。

(チェンソーマン 5巻 藤本タツキ / 集英社)

――しかしその時、素早い動きで殺し屋の腕を折って背後に回り、首を絞めるレゼ

明らかに一般人の動きではなく、なんの躊躇もなしに殺し屋を絞め続けます。

そしてレゼは、ロシア語で歌を歌い始めました

彼女の歌声が響く中、映画作品のように体育館や図書室、教室のカットが入ります。

歌い終わる頃には、動かなくなっていた殺し屋。

レゼは付近で「台風の悪魔」を見つけ、話しかけます。彼女の事を「レゼ様」と呼ぶ台風。元々の知り合いなのか、レゼは台風に対し、罰としてしばらく服従するよう言いつけました。

そして、何事もなかったかのようにデンジの元に戻ったレゼ。

 

翌日、2人は約束通りお祭りに来ていました。一通り屋台を楽しんだ後、「二道」のマスターに教わったというマル秘スポットにやってきた2人。

ここでレゼはデンジの手を握り、「私と一緒に逃げない?」と言い出しました。

レゼの真意は――?

 

チェンソーマン5巻の感想・考察

2人の新たなバディ

姫野の後任として、新たなバディ「天使の悪魔」を迎えたアキ。

しかし互いの第一印象は最悪であり、バディとしての信頼関係はゼロに等しい状態です。

「銃の悪魔討伐遠征」に向けて、アキは彼を手懐けることができるのでしょうか。

一方で、臨時ではありますが、同じく新たなバディ「サメの魔人」ビームを迎えたデンジ。こちらはなぜかビームがデンジを崇拝していることから、アキ-天使ペアよりは関係が良好です。

なぜか「チェンソー様」とデンジを呼び、慕っている様子のビーム。

3巻で「永遠の悪魔」がかつての”チェンソーの悪魔”を知っているかのような発言をしていますが、ビームも同じく”チェンソーの悪魔”を知っているのでしょうか。

まだまだ明かされていないことが多いチェンソーマン、次巻以降も楽しみですね。

 

始まったレゼ編

今回ご紹介した5巻からは、レゼ編が始まりました。

5、6巻で描かれるレゼ編は作中でも屈指の人気を誇るエピソードであり、ファンの間では「映画で観たい」という声が非常に多い中編です。

本記事では5巻の内容をご紹介しましたが、続く6巻ではさらにド派手で映画かのような演出が待っていますから、5巻と併せて読んでいただきたいところ!

また、6巻の記事も本サイトにてネタバレありで考察・感想と共にまとめておりますので、是非読んでみてくださいね。

単行本のネタバレ一覧

※作成中の記事は随時更新していきます。少々お待ちください。

チェンソーマンの単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻(作成中) 10巻(作成中)
11巻(作成中)        

準備中

※チェンソーマンを無料で見れる!

チェンソーマンが配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を見ちゃいましょう。 漫画版チェンソーマンを無料で観る

(C)藤本タツキ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。