呪術廻戦

呪術廻戦144話「あの場所」のネタバレ考察

呪術廻戦144話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回143話のおさらい

・乙骨の更なる力がわかる

・虎杖の父の名前が仁であることが判明

・虎杖の母親の額には偽夏油と同じ縫い目のようなものがあった

・殺し合いのゲーム――死滅回游のルール説明

呪術廻戦本誌144話あらすじ

伏黒は天元に会うため高専に戻ることを提案

加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者たちの殺し合い死滅回游。

(呪術廻戦143話 芥見下々 / 集英社)

その中に津美紀も巻き込まれていた。

伏黒は虎杖に助けを乞うが、虎杖は一瞬躊躇ってしまう。

その理由は、宿儺が伏黒で何かを企んでいるため、前回体を乗っ取られたことを気にしているから。

だから、虎杖は言う。

「もし次俺が宿儺と代わったら迷わず殺してくれ」

乙骨は了承し、高専に戻って天元と接触することを提案する伏黒。

目的は、獄門彊(ごくもんきょう)の封印の解き方と加茂憲倫の具体的な目的と出方

この問いに答えられるのは天元しかいない。

虎杖たちは高専に行くことを決意する。

釘崎野薔薇の生死について問う虎杖

虎杖は高専へ行くことに納得したが、天元に会うためには時間がかかることも知る。

だから虎杖は釘崎の状態を自らの目で確かめることを諦め、伏黒に問う。

釘崎はどうなった

(呪術廻戦144話 芥見下々 / 集英社)

伏目で黙る伏黒。

その瞬間、虎杖は拳をギュッと握り「分かった」と悔しそうに2回繰り返し言った。

禪院真希と九十九由基と合流する虎杖たち

 虎杖たちは高専に戻ると、禪院真希と九十九由基(つくもゆき)がそこにはいた。

顔に火傷を負った真希だが生来の肉体の強度のおかげで生きることができたと言う九十九。

話しは変わり、天元の結界の話しをする脹相。

1000以上の扉のうち天元がいる薨星宮(こうせいぐう)に行くためには時間がかかる。

そこで脹相は弟達の亡骸がある呪物や呪具を保管している忌庫が薨星宮の途中にあることを利用する作戦を話す。

「亡骸でも6人揃えば俺の術式の副次的効果で気配くらい分るハズだ」

ところで、誰だこの男。

真希の言葉に虎杖は脹相のことを兄貴と呼ぶ

喜ぶ脹相の姿があったが、無視して進む合流メンバーであった。

薨星宮の中に入る虎杖たち

脹相は弟達が眠っている扉を発見し、薨星宮へと続く昇降機に乗る虎杖たち。

降りるとそこには血痕がある

「11年前の話しさ。今思えば全ての歪はあの時始まったのかもしれない」

血痕を残した人物は伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)だった。

九十九の発言に疑問符が浮かぶが本殿に到着してしまったので、本殿へと入る虎杖たち。

そこは真っ白で何もない空間だった。

あまりに何もないので、驚く虎杖たちだが九十九は違った。

九十九は拒絶の原因が自分にあると考える。

戻ろうとする虎杖たちだが、直後声が聞こえてくる。

「帰るのか?」

天元が腕組をしながら現れた。

ここで144話は終了です。

呪術廻戦144話の考察と感想

144話で起こった出来事のうち気になる点をピックアップしていきます。

釘崎の生死から考えられる主要キャラの命

釘崎は真人の攻撃により、左目がくり抜かれ、心肺が停止した状態で発見されました。

そして虎杖の問いに伏黒は目を伏せ、いまだに生死は不明です。

ですが、生きている可能性も十分にあると思います。

その理由が芥見下々先生の発言です。

芥見下々先生は「主要キャラ4人のうち一人だけ死ぬか一人以外全員死ぬかのどっちかだと思う」と発言しています。

2パターン考えられますが、一人だけ死ぬパターンの場合、死なない可能性が高いです。

その理由は釘崎が主要キャラで唯一の女性キャラだからです。

昨今は男女平等について問題になっていて、ハリウッドではかなり神経質に人種や性別のバランスを調整しています。

編集者がそんな状況で唯一の女性キャラを殺すことを認めるとは思いません。

さらに、唯一の女性キャラは女性が感情移入しやすくするためにも、漫画的に花を出すためにも必要な要素です。

複数人女性キャラがいれば別ですが、唯一の女性キャラを殺すとは到底思えません。

ですから、逆に言うと釘崎が死んだ場合、主要キャラ一人を除き全員死ぬ可能性が高いと考えられます。

天元の容姿が判明

今までに幾度も名前が作品に登場したが、正体がわからなかった天元。

ですが、今回初めて天元がどういう姿をしているか明らかになりました。

(呪術廻戦144話 芥見下々 / 集英社)

天元の容姿は人間にも呪霊にも似ています。

目は4つ付いているように見えますし、顔は明らかに人間のものではありません。

今後、天元が本当に人間なのかという点も楽しみですね。

11年前の出来事と伏黒甚爾

薨星宮へと続く血痕は11年前の出来事だと九十九によって明かされました。

そしてその時に1コマ、伏黒甚爾の姿が映されていました。

ですが、伏黒甚爾が死んだのは12年前なので伏黒甚爾が死んだことにより呪術師界隈で何か変化が起こったのかもしれません。

その結果、薨星宮へと続く道には血痕が残る騒ぎに。

この辺りも天元と関係してそうですね。

さらに、九十九は11年前の話をした後に「クソッ」と呟いています。

これは絶対に九十九は何かを知っていますね。

145話に期待です。


本誌のネタバレはこちら

呪術廻戦145話「裏」のネタバレ考察呪術廻戦145話のネタバレ 週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見...

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見下々 ※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。