呪術廻戦

【呪術廻戦】154話のネタバレ考察|綺羅羅の術式が判明? 虎杖と秤が接触

呪術廻戦154話のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回153話のおさらい

・秤金次の居場所が栃木県の立体駐車場跡地と判明。
・秤は”胴元”として、同学年(彼女?)の星綺羅羅と共に賭け試合を仕切っていた。
・虎杖が賭け試合に参戦し、パンダと対戦。
・観客の視線を意識しながら戦っていた虎杖が、秤の目に留まる。

【呪術廻戦】本誌153話のネタバレ考察|ついに東京校の3年生が登場!呪術廻戦153話のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る...

呪術廻戦本誌154話のネタバレ

伏黒とパンダが合流

賭け試合にて虎杖から事情を聴いていたパンダは、試合終了後に伏黒と接触。

パンダは既に秤の居場所が”屋上のモニタールーム”と把握していますが、星 綺羅羅の術式によって近付くことが出来ないようです。

(呪術廻戦 154話 芥見下々 / 集英社)

ちなみに星綺羅羅は、格好や言動こそ女性らしいですが、男性とのこと。

そんな綺羅羅の術式があるからこそ、パンダは客寄せパンダに徹し、無理に秤に接触しようとはしてこなかった様子。

パンダ曰く、”虎杖の根明で人たらしな性格”は秤と相性がいいそうです。一方で、虎杖には”嘘”という発想が出にくく、高専関係者だとバレるリスクもあります。

そこでパンダ・伏黒は、立体駐車場跡地をこっそりと制圧し、モニタールームの扉前を固めることにしました。

【呪術廻戦】秤金次の性格や実力を解説!|術式「CR私鉄純愛列車」も詳しく紹介!秤金次とは 停学中の呪術高専東京校3年生 秤金次(はかり きんじ)は現在停学処分中の呪術高専3年生です。 名前と横顔は2巻...
【呪術廻戦】星綺羅羅の魅力や術式を解説!|秤金次との関係も紹介星綺羅羅とは 呪術高専東京校3年生 星綺羅羅(ほし きらら)は呪術高専東京校の3年生です。 『呪術廻戦 公式ファンブック』...

制圧完了

伏黒とパンダが密会している間、危なげなく賭け試合に優勝していた虎杖。その後、秤に目を付けられた虎杖は、綺羅羅の案内で屋上へと向かいます。

(呪術廻戦 154話 芥見下々 / 集英社)

その頃、パンダと伏黒はカメラの死角を利用して、立体駐車場跡地の制圧を進めていました。

影から姿を現せる伏黒は急襲に向いており、ものの見事に制圧を完了させます。

綺羅羅の術式

パンダと伏黒が立体駐車場跡地の制圧を完了した直後、秤の指示で警備に出ていた綺羅羅と鉢合わせてしまいます。

パンダの手引きで侵入したことを受け、伏黒=高専関係者と断定した綺羅羅。伏黒と共に立体駐車場跡地にやってきた虎杖も高専の人間だと直感し、秤に連絡を取ろうと試みます。

そんな様子を見た伏黒は、「玉犬『渾』」を用いて攻撃。

(呪術廻戦 154話 芥見下々 / 集英社)

しかし、「渾」が綺羅羅に触れた瞬間、なぜか「渾」は伏黒の方へと押し戻されてしまいます

2人が近付けないことを利用し、走ってモニタールームへと向かう綺羅羅。

追いかけるパンダですが、綺羅羅の術式によって2人の距離は一向に縮まりません。

(呪術廻戦 154話 芥見下々 / 集英社)

その頃、モニタールーム内では秤と虎杖が接触していて――?

呪術廻戦154話の考察と感想

綺羅羅の術式

今回154話にて明らかになった、星綺羅羅の術式効果。

その効果はマーキング(★)対象に「近付けない」か「離れられない」性質を付与するというものであり、攻撃には向いていないものの、防御手段としては比較的有効な術式です。

現状術式の名称や詳しい効果は不明ですが、現時点で明らかになっている情報だけを参考にすると、”磁力”が真っ先に思い浮かびます。

(呪術廻戦 154話 芥見下々 / 集英社)

また、パンダの背中には画像のようなマーキング(★)と、「Imai」の文字が。

単純にローマ字読みすると「Imai(イマイ)」ですから、”星綺羅羅”という名が偽名であり、本名が”今井~”である可能性が考えられます(事実として、綺羅羅が女性ではなく男性であることが判明し、名前がやや不自然)。

一方で、「I」を「アイ」と読む場合、「Imai(曖昧)」という読み方も出来そうです。

現状「イマイ」も「アイマイ」も綺羅羅や綺羅羅の術式に関係性が見出せませんから、次回以降に明らかになる要素でしょうか。

伏黒の進化

(呪術廻戦 154話 芥見下々 / 集英社)

今回154話にて、伏黒が”他者の影からの出現”という新技を披露しました。

元々武器の出し入れを”影”を用いて行っていた伏黒でしたが、全身を影に収納し、影から影へと渡り歩くことも可能なようです。

今回のような隠密急襲作戦に向いた能力であり、さらに強力な術師となった伏黒。

今後も彼の活躍から目が離せませんね。

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話  

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。