呪術廻戦

呪術廻戦149話「葦を啣むー弐ー」のネタバレ考察

呪術廻戦149話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回148話のおさらい

・伏黒恵が当主になった理由は、真希に同情したから

・禪院扇が忌庫の中に

・真衣は扇によって倒れた

・扇・甚壱・直哉は伏黒・真希・真衣の誅殺を企てている

呪術廻戦本誌149話のあらすじ

禪院扇が当主になれなかった理由

148話で扇に負けた真希と真衣が引きずられていくところから始まります。

床には血が付着している。

だが、扇は無関心。

扇は真希と真衣たちに改めて言います。

「何度でも言うぞ。私が前当主に選ばれなかったのは、オマエ達のせいだ

扇曰く、直毘人の術式は歴史が浅いため、相伝であるか否かは争点にはならなかったようだ。

扇が唯一直毘人に遅れをとったのは、子供の出来。

そう考えている扇は、「子が親の足を引くなどあってはならない」と言う。

真希と真衣は無数の呪霊がいる部屋に入れられる

真希と真衣を引きずった扇の前には、扉がない部屋がある。

扇はそこに着くと、真希たちを部屋の中に放り投げてしまいます。

(呪術廻戦149話 芥見下々 / 集英社)

そこは訓練と懲罰に使われる部屋。

2級以下の呪霊が無数にいる空間に放り込まれた真希たち。

扇がこの部屋に真希たちを投げ込んだ理由は、呪霊たちに始末させるためだった。

自らの手で屠るのではなく、呪霊に食わせるという時点で扇の性格が分かってしまいますね。

そんな扇は、倒れ込んでいる真希をさらに侮辱する。

「真希、オマエの力など皆、手抜かりなく持っているのだ」

術師は日々鍛錬した肉体を更に呪力で強化して戦うので、フィジカルギフテッドと同じだと言う扇。

だが、腸が出るほどの傷を負った真希は扇の話しを聞くこともできない状況。

真衣の傍で横たわる真希。

さらば我が人生の汚点

(呪術廻戦149話 芥見下々 / 集英社)

苦しんでいる実子を精神的にも追い詰める扇は、去るのだった。

真希と真衣はキスをする

扇が去った懲罰室にて、真衣は真希の心音を聞き、安心する。

そんな真衣は真希の顔を見ながら、「いつか……こうなるんじゃないかって思ってた」と意味深長なことを言いながら真希の頭を優しく包み込むとキスをする。

(呪術廻戦149話 芥見下々 / 集英社)

優しい優しいキス。

真衣は真希の唇に触れるか触れないかのキスをすると、生得領域を作り出す。

すると、真希は波音がする砂浜で目を覚ますのだ。

そんな真希の隣には真衣がいて、真希が気付くや否や口を開く。

あの人に斬られた傷もあるし、これ作ったら私死ぬから

真衣はそういって、海の中に足を進める。

ドンドン遠のいていく真衣の姿を見て真希は膝をつきます。

何言ってんだ? とにかく戻ってこい

真希には真衣の言っていることが分らなかった。

そんな真希に真衣は、呪術師にとっての双子の話をします。

何かを得るには何かを差し出さねばならない。これは縛りだけの話じゃないわ

痛い目をみて強くなる、と言うような世界の法則が成り立たないと真衣は言う。

「だって一卵性双生児は、呪術では同一人物としてみなされるから」

つまり、双子の片方が痛い目をみたって片方がそう思っていなければ強くはならない。

真希の中途半端な天与フィジカルギフテットと真衣の呪力量が少ないこともこの法則のせいだと言う。

そんなことを説明する真衣に真希は「分かったから…..!! 戻れよ!!」と言い、自身も海の中に入っていく。

そして手と手が触れ合うほどの距離に到達したとき、真衣は再び口を開く。

「これだけは置いてくわ。他は捨てなさい。呪力も何もかも私が待って行ってあげるから」

真衣は真希が掴もうとする手を振りほどくと、続ける。

「……一つだけ約束して。全部壊して」

瞬間、真希は小さいころのことを思いだした。

『全部だからね。お姉ちゃん』

幼かった真衣が優しく微笑んでいたあの日のことを。

だが、真希が目覚めたとき、真衣が微笑むことはなかった――。

禪院扇は伏黒甚爾と同じ殺気を感じる

無数の2級呪霊の消滅反応。

瞬間、扇は伏黒甚爾と同じ殺気を感じていた。

(呪術廻戦149話 芥見下々 / 集英社)

扇の背筋に悪寒が走る。

扇の目の前にいる人物は、間違いなく『伏黒甚爾』だ。

禪院扇は真希に斬られる

目の前にいるのは、実の娘である禪院真希。

だが、雰囲気は伏黒甚爾で間違いない。

背筋に悪寒が走った扇だが、戦う事を決意する。

術式解放、『焦眉之赳(しょうびのきゅう)』」

折れた刀の先から炎が出現し、さらに扇を囲む炎。

(呪術廻戦149話 芥見下々 / 集英社)

扇は、もう一度真希を切り刻もうと刀を真希に向ける。

だが、もうその時点で遅い。

天与呪縛のフィジカルギフテッドとして完成した真希は、扇の頭部を奇麗に斬るのだった。

呪術廻戦149話の考察と感想

149話で起こった出来事のうち気になる点をピックアップしていきます。

真希は禪院家を壊す

真希は禪院家にいることから、禪院直哉たちともう一度対面することになります。

そこで禪院直哉たちを倒すか殺すかと言う展開になると思います。

根拠は、『全部壊して』という真衣との約束です。

また、149話のラストで「真衣。始めるよ」と言っていることから、この約束を履行するのでしょう。

伏黒甚爾も懲罰室に放り込まれていた!?

公式ファンブックによると、伏黒甚爾の口元の傷は、幼い頃に呪霊の群れに投げ捨てられた時にできたらしい。

なので、懲罰室にいた呪霊たちにやられた可能性が高い。

次話のネタバレはこちら

呪術廻戦150話「葦を啣むー参ー」のネタバレ考察呪術廻戦150話のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る...

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。