呪術廻戦

呪術廻戦150話「葦を啣むー参ー」のネタバレ考察

呪術廻戦150話のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回149話のおさらい

・禪院真希を救うため真衣は死ぬ

・双子は同一人物としてみなされるので強くなれない

・禪院真希は伏黒甚爾と同じようになる

・禪院真希は父である禪院扇を殺す

呪術廻戦本誌150話のあらすじ

禪院欄太が登場

警鐘が鳴る。

カンカンと何度も鳴るその警鐘は、直哉や甚壱にも緊迫感を与える。

2人は怪訝そうに外を見ると、迫真の表情で近づいてくる男が一人。

真希が乱心しました!!

(呪術廻戦150話 芥見下々 / 集英社)

禪院欄太(ぜんいんらんた)は、直哉と甚壱にそう言う。

禪院家の下部組織である躯倶留隊が登場

一方その頃、躯倶留隊の隊長である禪院信朗(ぜんいんのぶあき)は、真希を探していた。

(呪術廻戦150話 芥見下々 / 集英社)

躯倶留隊(くくるたい)

術式を持たない禪院家男児で構成された隊で、日夜武芸を叩きこまれる。

真希も高専入学前は在籍しており、ご存じの通り扱いは良くない。

しかし、真希よりは扱いが良いようだ。

甚壱を呼び捨てにした信朗は、「殺すなよ。シメは俺がやる」と言うと、『真希発見の知らせ』が耳に届くのだった。

真希は後悔する

躯倶留隊20人以上の躯倶留隊に囲まれた真希は、記憶の中の真衣と会話する。

『どうすんの?』

(どうしたかったんだろうな)

『なんで一緒に落ちぶれてくれなかったの?』

(そうだな。きっとそれが私たちの正解だったんだろうな)

ごめん真衣

禪院家を変えたくて行動したが、逆に真衣を殺すことになってしまった。

真希はそのことを後悔すると、『全部壊して』という約束を果たそうとする。

躯倶留隊を圧倒する禪院真希

斬る。

斬る。

斬る。

今の真希にとっては、血の繋がりなんてどうでもよかった。

真希たちを侮辱した禪院家の術師とその言いなり。

真希は、物凄い速さで剣を振るう。

斬られていることにも気づかない躯倶留隊。

真希は、隊長である信朗以外の躯倶留隊を屠るのだった。

禪院家最強の術師集団『炳』の登場

『炳(へい)』

高専資格条件で準一級以上の実力を認められた者たちで構成された集団。

(呪術廻戦150話 芥見下々 / 集英社)

よぼよぼな禪院長寿郎(ぜんいんちょうじゅろう)は、地面から土で出来た大きな両手で真希を捕獲しようとするが……

真希は容易く長寿郎と信朗を屠る

真希には効かない。

真希は両手から抜け出すと、斬りかかろうとしていた長寿郎と信朗の喉元を突く

真希は禪院欄太と禪院甚壱を屠る

長寿郎と信朗の喉元を突いた真希は、体が動かなくなる。

欄太の術式だ。

欄太は目を見開くことにより、人間をフリーズさせることができる。

しかし、真希の圧倒的な運動能力はそれすらも破ろうとしていた。

真希が動いたことにより、欄太の目は切り裂かれ、目から血が噴き出る。

甚壱はそれを見て一瞬足を止める。

しかし、欄太「構うな甚壱さん!!」と言う。

(呪術廻戦150話 芥見下々 / 集英社)

禪院家が在るのは、甚爾の気まぐれ。

甚爾のようになった真希が、明日にも禪院家を滅亡させてもおかしくはない。

失明覚悟の欄太を見て、甚壱は動き出す。

体重を乗せたパンチ。

空から無数のパンチが真希に降り注ぐ。

轟音を響かせたその術式により、母屋は壊れ、地面は穴だらけ。

「やりましたね」

失明した欄太はそう言うが、ヤッたのは真希の方だった。

真希は甚壱の首を池に落とすのだった。

禪院直哉登場

『炳』筆頭の禪院直哉の登場。

全てを破壊した真希を見てもヘラヘラとしている。

そんな直哉は真希に「人の心とかないんか?」と言うのだった。

(呪術廻戦150話 芥見下々 / 集英社)

呪術廻戦150話の考察と感想

150話で起こった出来事のうち気になる点をピックアップしていきます。

禪院直哉は死ぬ?

結論から言いますと、死ぬ可能性が高いです。

次号予告で『全てを破壊した真希! 回游平定に向け動く!』と書いてあります。

そして、149話と150話で分かったことですが、『破壊=禪院家の人間を殺す』ことなので、直哉は死ぬと思います。

虎杖と伏黒で回游平定する

これまた次号予告で書かれていたことなのですが、どうやら伏黒と虎杖で回游を平定するようです。

次号予告で『高専同期で回游平定へ!』と書かれていて、挿絵は虎杖と伏黒だったので間違いないと思います。

真希も死刑執行が決定する!?

呪術総監部と禪院家は上司と部下のような存在でしたね。

そして、その部下を皆殺しにした禪院真希は、呪術総監部から追われる立場になりそうです。

虎杖側に付く時点で命を狙われることになるとは思いますが、より濃厚になったでしょう。

真衣との約束は縛りになる?

連載3周年突破記念ということで、26号はカラーイラストでした。

そして、イラストに『破壊。それが託された呪い。それでも断てぬ縛りへ――』と書いてあります。

(呪術廻戦150話 芥見下々 / 集英社)

つまり、真希は、真衣と縛りを課した、あるいは自分で縛りを課したことになりますが……

結論から言いますと、この縛りは真衣との縛りだと考えています。

根拠1.真希と真衣を描いたイラスト

上画像を見てください。

夕焼け空を背景に真希と真衣が一緒にいます。

つまり、真衣と真希の間で契約が行われたことを意味していると思います。

根拠2.真衣は死に際に『全部壊して』と言っている

149話で真衣は、真希に『全部壊して、全部だからね』と言っています。

その直後、真衣は武器を残して死ぬわけですが、『約束』を『自身の死』と引き換えたとも解釈できると思います。

真衣は命を捨てる。

真希は、『全部壊して、全部だからね』という真衣の約束を実行しなければならない。

真衣が言っていた『全部』とは今の呪術界のことか!?

次号の予告で『全てを破壊した真希!』と書いてあることから、屋敷にいた禪院家を殺すことになると思います。

しかし、直哉の兄たちが登場していないので禪院家を壊したことにはなりません。

では、『全部』とは禪院家を亡ぼすことを意味しているのか?

個人的には違うと思っています。

根拠は、『破壊。それが託された呪い。それでも断てぬ縛りへ――』という言葉です。

『それでも断てぬ』=『禪院家をほぼ破壊した』

上記のようには考えられませんね。

なぜなら、真希は、残りの禪院家を殺そうと思えば殺せるからです。

なので、『全部』=『私たちを苦しませている呪術界』だと推測します。

次話のネタバレはこちら

呪術廻戦151話「葦を啣むー肆ー」のネタバレ考察呪術廻戦151話のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る...

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。