呪術廻戦

呪術廻戦147話「パンダだって」のネタバレ考察

呪術廻戦147話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回146話のおさらい

・死滅回游が行われる位置が判明

・死滅回游の管理者はコガネという式神

・真希は組屋鞣造の工房へ

・乙骨は単独行動、虎杖たちは秤のところへ

・新たな死滅回游プレイヤー髙葉文彦

呪術廻戦本誌146話のあらすじ

突然変異呪骸骨――パンダの作り方が判明

突然変異呪骸とは、意識を持った呪害のことです。

つまり、人間や動物のように『自分』を認識できる存在の事です。

そんな突然変異呪骸の作り方が判明しました。

  1. 肉体の情報から魂の情報を複製
  2. 魂の情報を呪骸の核に入力
  3. 相性の良い3つの魂を宿した核を一つの呪骸に入れ、お互いの魂を常に観測させる

こうすることにより、魂が安定して、自我――意識が生まれるようです。

日下部篤也は夜蛾学長に恩がある

東京校2年生の担任である日下部篤也(くさかべあつや)は、夜蛾に恩があります。

その恩がどういうものなのか、判明しました。

それは、妹の死んだ子供の魂を突然変異呪骸として作り替えたこと。

日下部の妹は、子供が死んだショックにより、車椅子に乗るほどでした。

(呪術廻戦 147話 芥見下々 / 集英社)

見かねた日下部は、夜蛾に頼んだという流れです。

ちなみに、突然変異呪骸は3つの魂でできた新しい意識ですので、本人ではありません。

ですが、面影を感じてしまうのでしょうね、妹は涙を流し喜びました。

パンダは捕まっていた

パンダは学校側により、捕まっていました。

学校側の目的は夜蛾をおびき寄せるため。

(呪術廻戦147話 芥見下々 / 集英社)

そこに、夜蛾学長に恩がある日下部が来てパンダを逃します。

夜蛾学長死亡

夜蛾学長は死にました――。

呪骸を連れていない夜蛾学長は、息子――パンダに会いに向かいましたが、見知らぬ人物と楽巌寺学長が現れます。

(呪術廻戦147話 芥見下々 / 集英社)

 

五条悟が消えた途端に強気に出た学校側には、歴戦の術師がついているようで、そのため強気に行動できるようです。

強気な学校側は、完全自立型人口呪骸の製造方法と夜蛾の命を天秤にかけてきます。

製造方法を教えれば助かる夜蛾ですが、それを断り、瀕死状態に。

その際に、夜蛾学長は楽巌寺学長に完全自立型人口呪骸の製造方法を教えます。

「なぜ……..今更話した。何故もっとはやく、なぜ生き延びなんだ…….」

「呪い……ですよ楽巌寺学長。私からアナタへの呪いです」

(呪術廻戦147話 芥見下々 / 集英社)

夜蛾は安らかに眠り、楽巌寺学長は立ち尽くします。

そこに、パンダが登場し、悲しみの咆哮。

父と子、二人を結んでいた絆は、涙の中に。

147話は以上です。

呪術廻戦147話の考察と感想

17話で起こった出来事のうち気になる点をピックアップしていきます。

普通の呪骸とパンダの違い

これは、意識があるかどうか、が最大の違いになります。

『意識』とは現代科学でも分からないことですが、大雑把に言ってしまえば、機械と動物の違いです。

機械は計算や目の前の情報を視覚的に捉えられますが、動物は『赤いリンゴ』があれば、赤いリンゴだと意識することが出来ますし、自身がどういう存在なのか説明できます。

つまり、パンダは人間で普通の呪骸は機械だと思えばいいでしょう。

2つ目の違いとして、パンダたちは呪力を自己補完しています。

普通の呪骸は術師から与えられた呪力を消費するので、内部に呪力があるパンダとの違いは歴然。

夜蛾は拘束されていない

147話の冒頭で、夜蛾が拘束されているシーンがありますが、このシーンはパンダを生み出した時のお話です。

現在の話ではありません。

ですから、パンダを救出に行ったときは、上層部により拘束されていないというのが、正しい解釈です。

もう一人の内通者は楽巌寺学長?

以前に、歌姫がメカ丸と学長以上の内通者がいると言っていましたが、どうやら楽巌寺学長が内通者である可能性が高そうです。

根拠1.夜蛾学長が「悟がいなくなった途端に強気だな」と発言しているシーン。

夜蛾のこの発言を聞くと、上層部は五条を邪魔だと思っていたようです。

つまり、上層部と偽夏油、互いにメリットがあり、縛りを交わしたということです。

根拠2.夜蛾学長には五条を封印するメリットがない

今回の事件から、夜蛾学長には五条を封印することのメリットがないことが明らかになりました。

というのも、夜蛾は子供であるパンダが捕まり、五条は封印され、自らは死ぬ決心なのですから。

また、仮に夜蛾学長が内通者だと仮定します。

すると、矛盾が生じます。

夜蛾学長が親しい部下である五条を封印してでも、成し遂げたい目的は説明されずに死んでしまいます。

内通者が戦わずに死ぬなんてことはありえません。

死んだ後に、夜蛾の目的は~なんて明かされても、善と悪の対比が見たい読者は興ざめです。

芥見先生がそんなことをするとは思えません。

根拠3.パンダと楽巌寺学長の会話

パンダは楽巌寺学長に「アンタまさみちと仲悪くなかったもんな。どーせ上に命令されてやっただけだろ」と言います。

上とは上層部のことで、楽巌寺学長もその集団に所属しています。

根拠1の理屈が正しければ、根拠1の内容を強化する発言です。

次話のネタバレはこちら

呪術廻戦148話「葦を啣む」のネタバレ考察呪術廻戦148話のネタバレ 週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見...

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。