呪術廻戦

呪術廻戦148話「葦を啣む」のネタバレ考察

呪術廻戦148話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回147話のおさらい

・パンダの作り方が判明

・日下部篤也は夜蛾に恩があったので、捕らわれていたパンダを逃がす

・夜蛾学長は楽巌寺によって殺される

呪術廻戦本誌148話のあらすじ

伏黒恵が当主になった理由が判明

伏黒直毘人(ぜんいんなおびと)は、伏黒恵には禪院家の財産を全て譲るという遺言状を残しますが、伏黒恵は当主になりたくありませんでした。

そんな伏黒に真希は「金に呪具、御三家や総監部の情報が入ってくる」と言います。

五条悟を解放するためにも、それらの情報が必要なのでしょう。

それでも納得しない伏黒は「真希さんがやって下さいよ」と言います。

しかし、当主になることはそう簡単なことではない。

禪院家の当主になるためには、相伝の術式を継いでいる事と領域を会得していることが絶対条件。 

さらに真希は話す。

まだ……私じゃダメなんだよ。私じゃ真衣の居場所を作ってやれない

つまり、今の真希では腐った禪院家を変えることができないということです。

その姿を見た伏黒は、当主になることを承諾します。

禪院真希は呪具を取りに禪院家へ

146話で真希は呪具を借りるために、組屋鞣造のアトリエと禪院家に行くことが明らかになりました。

148話では真希が禪院家に戻るところから始まります。

禪院家に戻ると、禪院直哉がいました。

禪院直哉は顔に火傷を負った禪院真希に対して暴言を言います。

「呪術も使えない、呪霊もみえない、取柄の顔もグズグズ、昔みたいにイジメてやろうか」

(呪術廻戦148話 芥見下々 / 集英社)

しかし、冷静な真希は何も言わずに禪院家の忌庫に向かう。

禪院真希の母親が登場

忌庫へと続く長いトンネルを真希は歩いていると、母親が登場。

着物姿の母親は「戻りなさい!!」と言う。

だが、真希は言うことを聞かずに無言で通り過ぎます。

「一度くらい生んで良かったと思わせてよ真希……」

(呪術廻戦148話 芥見下々 / 集英社)

通り過ぎる真希に対して、母親は嫌味なことを言う。

名門である禪院家は呪力至上主義。

おそらく真希たちは母親からも冷ややかな目で見られていたのでしょう。

禪院扇が忌庫の中に

真希は忌庫の鍵を開けると、中には禪院扇の地べたに座っている。

横には倒れ込んでいる真衣。

禪院扇は、五条悟解放を企てた謀反者として真希を誅殺(ちゅうさつ)しようとしていた。

禪院家扇たちの目的

禪院甚一(ぜんいんじんいち)と禪院直哉は、伏黒恵が全財産を持っていくことに納得していませんでした。

なので、禪院扇が発案した『五条悟解放を企てた謀反者として、伏黒・真希・真衣を誅殺する』案に乗る。

(呪術廻戦148話 芥見下々 / 集英社)

この案は呪術総監部からの通達を利用した作戦となっています。

【呪術総監部からの通達】

1.夏油傑生存の事実を確認。再度の死刑を宣告する

2.五条悟を渋谷事変共同正犯とし、呪術界からの永久追放。封印を解く行為も罪とする。

3.夜蛾正道を五条悟と夏油傑を唆し、渋谷事変を起こしたとして死罪を認定する

4.虎杖悠仁の死刑執行猶予を取り消し、速やかな死刑執行を決定する

5.虎杖悠仁の死刑執行役として乙骨憂太を任命

ですが、禪院扇の目的が分かりませんね。

禪院扇は、伏黒がなる方がマシだと思っていたはずです。

真希が組屋鞣造のアトリエに行った理由が明らかに

真希が組屋鞣造のアトリエに行った理由は、呪具『竜骨』を得るためでした。

『竜骨』は、組屋鞣造(くみやじゅうぞう)の傑作で、刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し、使い手の意図に合わせて峰から噴出する。

(呪術廻戦148話 芥見下々 / 集英社)

※峰とは刃の反対側のこと。

禪院真希vs禪院扇

実の娘を殺害することで信憑性を増したい禪院扇と真希は睨み合う。

秘伝『落下の情』。

領域対策である落下の情を居合に転用した技。

万が一のために生かしておいた真衣と『竜骨』。

禪院扇は、それら不測の事態に備えつつ、渾身のひと振りを放つ。

つまり、禪院扇は実の子である真衣を殺す予定だったようです。

なかなかの畜生ですね……

対する真希は居合勝負に乗ったと見せかけて2撃目・3撃目で斬る作戦を立てる。

真希は2撃目で扇の刀を折り、3撃目を喰らわせようとしたところで禪院扇に斬られる。

(呪術廻戦148話 芥見下々 / 集英社)

術式でしょうか。

刀を直した禪院扇に真希は斬られてしまいます。

この時に、腸が出ている描写がされています……

膝をつく真希に禪院扇は口を開く。

「なぜ私が当主になれなかったのか……それは子供のオマエたちが出来損ないだからだ……!!」

以上で148話の内容は終わりです。

真希、大丈夫でしょうか……

呪術廻戦148話の考察と感想

148話で起こった出来事のうち気になる点をピックアップしていきます。

呪術総監部には御三家出身者がいない可能性

総監部には御三家出身者がいないという事もあり得ると思います。

禪院甚一は禪院直哉にこう言っています。

「総監部からの信頼もより強固となる」

呪術界は人数不足のはずなので、御三家出身者で総監部が構成されていても不思議ではないはずです。

御三家出身者がいれば、総監部に伝手があるような描写がされると思いますが、そのような描写はない。

それどころか、総監部の下に御三家が位置しているような発言です。

一体、総監部とはどういう家柄で構成されているのでしょうか。

気になりますね。

天皇家、1000年前の貴族の家系と予想してみます。

母親が「戻りなさい!!」と叫んだ理由

真希の母親は「戻りなさい!!」と大声でいいます。

真希のことを冷ややかな目で見ていただろう母親ですが、才能が無くても実子。

真希が殺されるのを止めたかったのでしょう。

次話のネタバレはこちら

呪術廻戦149話「葦を啣むー弐ー」のネタバレ考察呪術廻戦149話のネタバレ 週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見...

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。