鬼滅の刃

鬼滅の刃「13巻」のネタバレと考察・あらすじまとめ|無料で読む方法

鬼滅の刃(きめつのやいば)の13巻のネタバレや考察、あらすじについてまとめています。原作107話〜115話について分かりやすく解説をしていきます。

鬼滅の刃13巻の概要

13巻のあらすじ

鬼滅の刃13巻の表紙(不死川玄弥)

上弦の鬼・半天狗と玉壺が、隠れ里である刀鍛冶の里に襲来!? 攻撃するたび分裂して威力を増す半天狗に、炭治郎と玄弥は苦戦を強いられる。一方、他人への関心が薄い霞柱・時透は、鬼に襲われている小鉄を目撃して…!?

13巻の要約

・炭治郎は玄弥、禰豆子と協力して4体の鬼に立ち向かう
・禰豆子の爆血により炭治郎の刀が赤く染まる
・時透は上弦の伍と対峙し、囚われの身となってしまう
・甘露寺が里に到着して里の人々を救う
・不死川兄弟の過去、不仲の理由が明らかになる

鬼滅の刃13巻のネタバレ前編「VS半天狗」

107話

団扇を使う鬼の画像
玄弥の放った弾丸は2体の鬼の首を捉えるが、1体を仕留め損ねる。首を切断されたことで再び鬼は分裂し、計4体の鬼に生まれ変わった。

1体は大きな羽で空を飛ぶ鬼、もう1体は巨大な槍を使う。玄弥の体が鬼の槍で貫かれ、炭治郎は空へと連れ去られてしまう。

炭治郎は鬼の足を切断して鬼から離れることに成功するが、空を飛ぶ鬼の超音波で攻撃される。体はしびれ耳は聞こえない。

さらに切断された足から鬼が現れ、追撃を受ける炭治郎は絶体絶命だった。

一方吹き飛ばされた時透は、急いで炭治郎たちのもとへ戻っていた。

道中で小鉄が鬼(金魚)に襲われているのを発見するが、村長など重役人物を優先して守るため足早に去ろうとする。

しかし、時透の脳裏には炭治郎の言葉が思い浮かんでいた。人のためにすることは巡り巡って自分のために、という言葉を。

時透は足を止め、小鉄に襲いかかる鬼に斬りかかる。

半天狗のアイキャッチ画像
元・上弦の肆「半天狗」の衝撃の過去|喜怒哀楽の分身体について鬼滅の刃(きめつのやいば)の元上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)」の解説記事です。半天狗の過去、死亡理由、喜怒哀楽の分身体についても考察しています。...

108話

小鉄を襲っていた金魚型の鬼は首を切断しても倒せない。壺を破壊することで倒すことができた。小鉄は感謝の言葉を告げ、襲われている鉄穴森も助けて欲しいと時透に頼む。

判断に迷う時透だったが、人助けがきっかけで記憶を取り戻しつつありお館様に過去に言われた言葉を信じ、里ではなく鉄穴森の元へ急ぐ。

一方で炭治郎は切断され小さくなった鬼の超音波攻撃を食らってしまう。しかし致命傷は負わなかった。

どうやら鬼の攻撃は切断されるほど威力が下がるようだった。分裂に限度があることに気づき、炭治郎は空飛ぶ鬼に再び斬りかかる。

炭治郎・時透と離れ1人になった禰豆子だが、それでも鬼に立ち向かってゆく。鬼は3体おり圧倒的に不利な状況である。

しかし、致命傷を負ったかのように見えた玄弥が息を取り戻し、鬼の頭を吹き飛ばす。

109話

槍の鬼はすぐさま玄弥に反撃を加える。深く刺した槍を引き抜き、間違いなく玄弥に致命傷を与えた。

しかし玄弥は何度も立ち上がり鬼に立ち向かう。まるで不死身のように。

禰豆子は団扇を操る鬼から団扇を奪い取り、逆に吹き飛ばすことに成功する。だがその隙に錫杖を首に突き刺され、電撃を受けてしまう。

一方炭治郎は、少しでも早く禰豆子たちの元へ戻るため、空飛ぶ鬼に何かを仕掛けようとしていた。

鬼滅の刃13巻のネタバレ中編「上弦の伍・玉壺」

110話

上弦の伍「玉壺」の画像
空飛ぶ鬼の体は非常に軽いと仮定した炭治郎。空飛ぶ鬼に勢いよく刀を突き刺し、そのまま禰豆子たちのいる屋敷に突入する。

錫杖を禰豆子の首から引き抜き、電流から解放することに成功した。しかし、戻ってきた団扇の鬼に風圧で叩きつけられてしまい、2人とも気を失ってしまう。

一方で時透は鉄穴森の救出に成功していた。

鉄穴森に新しい刀を要求すると、予想外にもすんなりと受けて入れてもらう。炭治郎が事前に鉄穴森に頼んでいたという。

近くの小屋に刀がしまってあり、鋼鐵塚もそこで刀を研いでいるというので小屋に近づく。

しかし、そこに現れたのは上弦の伍「玉壺」だった。

玉壺の画像
上弦の伍「玉壺」の過去・血気術|実は生存している説も考察鬼滅の刃(きめつのやいば)の上弦の伍「玉壺(ぎょっこ)」の解説記事です。玉壺の人間時代の過去、血気術や強さについても考察しています。 ...

111話

現れた玉壺は、突如時透たちに「作品」を見せるという。その作品とは、玉壺に殺された5人の刀鍛冶だった。

小鉄は同僚の命が奪われたことに涙を浮かべ、時透の心は怒りの感情でいっぱいになってゆく。

時透は玉壺に斬りかかるも、なかなか首を捉えることができない。玉壺は反撃の姿勢を見せ、卑怯にも千本の針を時透だけでなく小鉄たちに対しても放つ。

小鉄たちが目を開けると、時透の体には無数の針が刺さっていた。小鉄たちを守ろうとしたためだ。針には麻痺毒が仕込まれており、動きが鈍くなってゆく。

ついには玉壺の血気術で作られた水壺の中に捕らえられてしまう。中は水で満たされており、呼吸をうまく使えず壺を切断することができない。

同刻、鎹カラスに導かれ里へ急ぐ1人の者の姿があった。恋柱「甘露寺蜜璃」である。

時透無一郎の痣画像
霞柱「時透無一郎」とは?魅力や強さについて紹介|兄である有一郎との過去鬼滅の刃(きめつのやいば)の 霞柱「時透無一郎(ときとうむいちろう)」の解説記事です。無一郎の過去・強さ、霞の呼吸、無一郎は死亡はしているか、などについても考察しています。...

112話

刀鍛冶の里は、大量の金魚の鬼に襲われていた。危険を知らせる鐘が里中に鳴り響く。

里長の鉄珍を含めた鍛治職人たちは絶体絶命の危機に陥るが、間一髪で現れた甘露寺がその危機を救う。

炭治郎が目を覚ますと、先に目覚めた禰豆子が自分を抱えて鬼の攻撃から逃げ回っていた。焦れったくなった可楽は建物ごと炭治郎たちを吹き飛ばす。

禰豆子は建物の瓦礫に挟まれていた。助けるために炭治郎が近寄ると、禰豆子はおもむろに日輪刀を握りしめ、爆血を放つ。

炭治郎の日輪刀が炎を纏う。黒い日輪刀は刃を赤く染め、爆血刀へと変貌する。

鬼滅の刃13巻のネタバレ後編「赫刀」

113話

爆血刀の画像

炭治郎は遺伝した記憶を思い出していた。
髪の長い剣士が、鬼と戦う時だけ漆黒の刀を赤く染めていたということを。

炭治郎は爆血により刀を赤く染めたのであり、その剣士とはやり方は違うが、刀を同じように赤く染めている。

みんなの思いが込められた赤い刀「赫刀」を手に持ち、炭治郎は鬼へ斬りかかってゆく。その姿は、無惨を追い詰め首を切りかけたあの剣士の姿と重なっていた。

一瞬のうちに繰り出されるヒノカミ神楽。3体の鬼の首を同時に切断するのであった。妓夫太郎の首を斬った時のように、体が燃えるように熱くなる。

玄弥が同時に4体目の首を斬っていた。炭治郎は4体の首を同時に斬れば倒せると考えていたが、鬼は生きており推測は外れているようだ。

5体目の鬼の存在を確信した炭治郎。玄弥の顔が鬼のように変化していることも気にかかるが、玄弥と協力し5体目の鬼を探して倒すことに。

炭治郎は嗅覚を最大限働かせる。震えながら茂みの中に身を隠す半天狗を、見つけ出すことに成功する。

赫刀記事のアイキャッチ
【鬼滅の刃】赫刀(かくとう)の顕現条件が判明!日輪刀を赤く染める方法について鬼滅の刃(きめつのやいば)の赫刀(しゃくとう/かくとう)の解説記事です。赫刀の条件、今後赫刀を出すキャラも考察しています。...

114話

炭治郎は5体目の鬼が北東方向に身を隠していることを玄弥に伝える。玄弥は北東へ向かい、炭治郎と禰豆子が鬼の攻撃を食い止めてゆく。

炭治郎の爆発的な成長があり、鬼を一瞬の間抑えることができた。

やや時間がかかるも、ついに玄弥は半天狗本体を見つけ出す。本体は野ネズミほどの大きさだった。玄弥の刀が指一本ほどの太さである半天狗の首を捉える。

しかし折れたのは玄弥の刀の方だった。上弦の首は非常に硬く、銃でも吹き飛ばすことができない。

時間をかけすぎたことで、玄弥の背後には錫杖の鬼の気配が迫っていた。すでに回避困難なところまで、錫杖が玄弥の首に迫っている。

玄弥は走馬灯のように兄「不死川実弥」との過去を思い出す。

115話

玄弥は鬼殺隊に入る前、母や兄弟たちとともに暮らした日々を思い出していた。

母は朝から晩まで働き、女手1つで自分たちを育ててくれたこと。裕福な家庭ではないが、みんなは幸せに暮らしていた。

しかしある夜、母が鬼に変貌し次々と兄弟を殺してゆく。長男である実弥は弟妹を守るために、苦心の末に最愛の母を手にかけてしまうのであった。

まだ幼かった玄弥は、母を失った悲しみから実弥を「人殺し」と言ってしまう。

最愛の母を手にかけてしまい、必死で守った弟から罵倒された実弥の心情は、推し量ることはできない。

人殺しと言ってしまったことを、玄弥はただ一言謝りたくて鬼殺隊へ入隊した玄弥だったが、錫杖があと一歩のところまで迫り、死を覚悟する。

しかし、錫杖は玄弥の首に届かない。炭治郎が鬼の腕を切断したようだった。

炭治郎は玄弥に、鬼を倒し生きて柱になるよう叫び伝える。その言葉で炭治郎を信頼した玄弥は、槍の鬼から炭治郎をかばい、代わりに鬼の首を切るようお願いする。

玄弥は全力で鬼を食い止め炭治郎のサポートに回る。その隙に炭治郎の赫刀が再び半天狗の首を捉えた。

燃える刃は半天狗の首を切断してゆく。

半天狗のアイキャッチ画像
元・上弦の肆「半天狗」の衝撃の過去|喜怒哀楽の分身体について鬼滅の刃(きめつのやいば)の元上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)」の解説記事です。半天狗の過去、死亡理由、喜怒哀楽の分身体についても考察しています。...

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻

鬼滅の刃の記事一覧はこちら

鬼滅の刃13巻が無料で読める!

鬼滅の刃13巻の表紙(不死川玄弥)
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで、鬼滅の刃13巻を「無料」で読むことができます!13巻だけではなく、今話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。