鬼滅の刃

鬼滅の刃「12巻」のネタバレと考察・あらすじまとめ|無料で読む方法

鬼滅の刃(きめつのやいば)の12巻のネタバレや考察、あらすじについてまとめています。原作98話〜106話について分かりやすく解説をしていきます。

鬼滅の刃12巻の概要

12巻のあらすじ

鬼滅の刃12巻の表紙(時透無一郎)

113年振りに上弦の鬼が欠け、憤る無惨は残りの上弦の鬼たちへ更なる命を下す!! 一方、妓夫太郎との戦いで刀を刃毀れさせた炭治郎に鋼鐵塚は大激怒。新たな刀を求めて、炭治郎は鋼鐵塚のいる刀鍛冶の里へと訪れるが…!?

12巻の要約

・上弦の鬼が113年ぶりに無惨の元に集結する
・炭治郎は新たな日輪刀を手に入れるため刀鍛冶の里へ
・里には時透、甘露寺、玄弥の姿があった
・縁壱零式で訓練を行い、戦国時代の刀を入手
・上弦の鬼「半天狗」「玉壺」が里に襲来する

鬼滅の刃12巻のネタバレ前編「刀鍛冶の里」

98話

上弦の壱〜伍が集結
上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」が亡くなったことで、上弦の鬼が無限城に召集されていた。上弦が集結するのは113年ぶりだという。

上弦の壱「黒死牟」
上弦の弐「童磨」
上弦の参「猗窩座」
上弦の肆「半天狗」
上弦の伍「玉壺」

以上の5名が一同に会する。5名が揃ったのちに無惨が登場するが、上弦の鬼に対して心底落胆している様子を見せる。

無惨はもう上弦に期待しないという。鬼殺隊に倒されたことに加え、産屋敷一族の討伐、青い彼岸花の発見を成し遂げていないためだ。青い彼岸花は何百年かけても見つからない。

手がかりを掴んだという玉壺に対しても、無惨は冷酷な反応を見せる。
無惨は玉壺と半天狗に対して、情報が確定次第その場所へ向かうよう命令し、無限城を去ってゆく。

童磨は自分を一緒に連れて行くよう玉壺にお願いするが、猗窩座が童磨の顔面を吹っ飛ばして静止する。
猗窩座は無惨に忠実であり、無惨の命令に従わない童磨に怒りをぶつけるのであった。

99話

童磨の頭部が吹き飛ぶと同時に、猗窩座の腕も切断されていた。仲裁に入った黒死牟が切断したのであり、猗窩座に対して度が過ぎると忠告する。

猗窩座の態度が序列の乱れに通じるために黒死牟は忠告したのであり、猗窩座は素直に従う。しかし、必ずお前を殺すという言葉を言い残して。

各々は無限城を去り、手がかりを掴んだ玉壺と半天狗も指定の場所へ移動する。
童磨の戻った先は寺院であり、童磨は宗教の教祖として君臨していた。

—炭治郎の夢の中—
桜の咲く季節、髪の長い男が縁側に座り赤ん坊を抱いている。その横に座るのは、炭治郎に瓜二つの男性「炭吉」だ。

炭吉いわく、客人として招かれた髪の長い男は命の恩人であり、男がいなければ自分たちどころか赤ん坊も生まれていなかったという。

炭吉は男のことを後世に伝えたいと言うが、男は拒む意思を見せる。

男は続けて話す。
道を極めた者がたどり着く先はいつも同じであり、時代が変わろうとも道のりが違おうとも、必ず同じ場所に行きつく。
そして自分は特別な人間ではなく、大切なものを何1つ守れず、為すべきことを為せなかった価値の無い男だと。

——

自分を責める男に同情の涙を流しながら、炭治郎は病室で目を覚ます。カナヲは花瓶を落として割るほどに驚き、涙を浮かべている。炭治郎の意識が戻ったのは2ヶ月ぶりだという。

100話

隠の後藤はお見舞いで炭治郎にカステラを持ってきており、偶然炭治郎が目を覚ましていることに気づく。後藤は皆に報告しないカナヲを怒鳴りながらも、蝶屋敷にいる人たちを大声で呼ぶ。

蝶屋敷にいた者が続々と炭治郎を見舞いに来る。善逸は任務に出ておりいなかったが、伊之助はいち早く炭治郎を見舞いに参る。1週間後には炭治郎は動けるように。

刃毀れした日輪刀の行方をなほ達に尋ねると、鋼鐵塚から手紙が届いていると言うので読んでみたが、刀を渡さないという意志が強く刻まれていた。

返事を書くだけでは説得できそうもないので、直接会って話すために炭治郎は刀鍛冶の里へ向かうことに。

鬼に襲撃されるのを防ぐため、刀鍛冶の里への行き方は誰にも分からないように隠されていた。目隠し・耳栓・鼻栓をした状態で隠に背負ってもらい、隠しを乗り継いだ後にのみたどり着く。

炭治郎は複数の隠に運んでもらい、刀鍛冶の里に到着。あたりには温泉の匂いが漂っている。

その温泉には、恋柱「甘露寺蜜璃」の姿があった。

甘露寺蜜璃記事のアイキャッチ
恋柱「甘露寺蜜璃」とは?悲しい過去・伊黒との関係・強さについて解説鬼滅の刃(きめつのやいば)の恋柱「甘露寺蜜璃(かんろじみつり)」の解説記事です。蜜璃の過去、恋の呼吸、蜜璃に死亡フラグは立っているのか、などについても考察しています。...

101話

里を訪れた炭治郎は、まず里長である鉄珍に挨拶しにゆく。鉄珍いわく鋼鐵塚は現在行方不明になっていて、職人たちが探してくれているという。

炭治郎は鉄珍の気遣いで、温泉で体を休めることに。温泉に行く道中で甘露寺に挨拶し、温泉に着くと最終選別の同期「不死川玄弥」と再会する。

しかし玄弥は炭治郎に対して冷たい態度を見せ、温泉を去ってゆく。

温泉を出た炭治郎は、常人の8倍の量は食べている甘露寺とともにご飯を食べる。玄弥と実弥が兄弟であることを話すが、甘露寺いわく実弥は弟の存在を否定しており、仲が悪そうだという。

隠いわく甘露寺の刀がもうすぐ研ぎ終わるので、甘露寺と別れることに。甘露寺は上弦の鬼を倒した炭治郎に労いと激励の言葉を告げ、この里に秘密の武器があることを伝えて去ってゆく。

翌朝、甘露寺のいう秘密の武器と鋼鐵塚を探しに、森へやってきた炭治郎。そこには霞柱「時透無一郎」と刀鍛冶らしき人の姿があった。

時透無一郎の痣画像
霞柱「時透無一郎」とは?魅力や強さについて紹介|兄である有一郎との過去鬼滅の刃(きめつのやいば)の 霞柱「時透無一郎(ときとうむいちろう)」の解説記事です。無一郎の過去・強さ、霞の呼吸、無一郎は死亡はしているか、などについても考察しています。...

鬼滅の刃12巻のネタバレ中編「縁壱零式」

102話

縁壱零式の画像

お面を被った若い刀鍛冶と時透無一郎が、とある鍵について言い争いをしていた。刀鍛冶は鍵を渡さないと言うが時透が力づくで奪おうとしていたので、炭治郎はすかさず止めに入る。

刀鍛冶いわく、鍵を使って使用可能になる「あれ」はあと1度使用すると壊れてしまう。だから鍵を渡さないのだという。

しかし時透は柱であるを自分を絶対の価値基準とし、鬼と戦わない刀鍛冶を愚弄して、鍵を渡すよう迫り続ける。

時透の配慮が欠けた態度に反抗心を見せる炭治郎だったが、時透の手刀で意識を失ってしまう。炭治郎が眠っている間に時透は鍵を手に入れて、「それ」を使いにその場を去ってゆく。

目を覚ました炭治郎は刀鍛冶から話を聞き、鍵によって使用可能になる「絡繰人形」の存在を知る。若い刀鍛冶の先祖が戦国時代に作った人形で、108の動きができるという。

突如、刀で激しく撃ち合う音が聞こえてくる。その場へ行ってみると、時透が絡繰人形と刀を交えていた。その人形は、戦闘用絡繰人形「縁壱零式」という。

103話

戦国時代のとある剣士を模した縁壱零式は、6本の腕を使うことでその剣士の動きを再現していた。

絡繰人形の出来はさることながら、その人形と対等以上に撃ち合う時透の実力に感嘆する炭治郎。
時透の鎹カラスいわく、時透は「日の呼吸」の使い手の子孫であり、天才剣士なのだという。

その刹那、炭治郎は縁壱零式が過去に夢で見た人物と瓜二つなことに気づく。小鉄いわく記憶の遺伝と言われるらしい。

時透はその間にも縁壱零式と激しく打ち合い、縁壱零式が大きな音を立てて崩れ始めたので、見ていられなくなった小鉄はその場から逃げ出してしまう。

炭治郎が小鉄を説得して連れ戻したものの、時透と戦った零式は頭部を中心にボロボロに崩れていた。時透は縁壱零式が使っていた刀を奪い取り、その場を去ってゆく。

大雨が降り注ぐ中、小鉄と炭治郎は縁壱零式の修理を行い、再度動ける形まで修復することに成功する。

縁壱零式を修復した小鉄は、時透への復讐心で満たされていた。小鉄の要望で、炭治郎は縁壱零式を使って修行をすることに。

104話

炭治郎は小鉄の毒舌指導の元、縁壱零式を使った訓練を開始する。小鉄は時透への怒りでやる気に満ち溢れていた。

小鉄は縁壱零式を寄木細工の秘密箱のように動かし、様々な型で炭治郎を鍛えてゆく。
小鉄はその若さゆえに高負荷な訓練を課し続けて、炭治郎は危うく三途の川を渡り掛ける。

しかし、死線をくぐったことで炭治郎は隙の糸とは異なる匂いの存在に気づき、敵の攻撃を事前に予測する「動作余地能力」を獲得する。

動作余地能力により、縁壱零式の攻撃に対応できるように。炭治郎の放った一撃はついに縁壱零式の首元に直撃する。

縁壱零式は崩れ始め、中から出てきたのは1本の刀だった。

鬼滅の刃12巻のネタバレ後編「上弦の鬼襲来」

105話

300年以上前に作られた刀が出てきたことで、興奮が冷めやらぬ炭治郎と小鉄。
炭治郎がもらい受けることになったが、鞘を抜くと刀身が錆び付いていた。

そこへ筋骨隆々となった鋼鐵塚が現れ刀を奪おうとしてくるが、どうやら研ぎたいとのこと。刀を鋼鐵塚に一旦預けることに。

里に戻った炭治郎はまるで友達のように玄弥に話しかけるが、玄弥は馴れ馴れしい炭治郎に慣れず部屋から追い出されてしまう。

その夜、とある刀鍛冶は温泉からの帰路についていた。道中に壺が落ちていたので近づくと、一瞬で壺の中に吸い込まれてゆく。

壺の中から食い荒らされた刀鍛冶と、上弦の伍「玉壺」が現れる。

一方、炭治郎の寝ている屋敷の屋根の上には上弦の肆「半天狗」の姿が。

玉壺の画像
上弦の伍「玉壺」の過去・血気術|実は生存している説も考察鬼滅の刃(きめつのやいば)の上弦の伍「玉壺(ぎょっこ)」の解説記事です。玉壺の人間時代の過去、血気術や強さについても考察しています。 ...

106話

眠っていた炭治郎は、鉄穴森を探す時透に鼻をつままれて目を覚ます。

炭治郎は正確な場所を知らないが、人のためにすることは結局巡り巡って自分のためにもなっているといい、鉄穴森を一緒に探すという。

時透は炭治郎の言葉にどこか引っかかる様子を見せた。
半天狗が屋敷に侵入

その時、炭治郎たちのいる部屋に何者かが入ってくる。上弦の肆「半天狗」であった。

気配の消し方が余りにも上手く、目視するまで鬼とは認識できないほどだった。

すぐさま上弦の鬼と判断した炭治郎・時透は、瞬きもせぬ間に半天狗に斬りかかる。時透が半天狗の首を着るも、半天狗は2体の鬼に分裂する。

その1体「可楽」は紅葉型の巨大なうちわを持ち、1振りするだけで時透を遥か遠くまで吹き飛ばしてしまう。

もう1体「積怒」は手に持つ錫杖から雷を発生させ、地面を伝い炭治郎に攻撃する。

いきなり窮地に陥る炭治郎だったが、建物の外から玄弥が銃で半天狗の首を狙っていた。

半天狗のアイキャッチ画像
元・上弦の肆「半天狗」の衝撃の過去|喜怒哀楽の分身体について鬼滅の刃(きめつのやいば)の元上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)」の解説記事です。半天狗の過去、死亡理由、喜怒哀楽の分身体についても考察しています。...

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
21巻 22巻 23巻

鬼滅の刃12巻が無料で読める!

鬼滅の刃12巻の表紙(時透無一郎)
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで、鬼滅の刃12巻を「無料」で読むことができます!12巻だけではなく、今話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。