鬼滅の刃

元・上弦の肆「半天狗」の衝撃の過去|喜怒哀楽の分身体について

鬼滅の刃(きめつのやいば)の元上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)」の解説記事です。半天狗の過去、死亡理由、喜怒哀楽の分身体についても考察しています。

半天狗(はんてんぐ)とは

十二鬼月の「上弦の肆」

半天狗の画像

半天狗とは、鬼の中の精鋭である十二鬼月の「上弦の肆」です。鬼舞辻の部下の中では、4番の実力者になります。

常に何かに怯え無害な老人という印象を抱かせますが、凶悪な血気術を使用して上弦の地位まで至った鬼です。

他の十二鬼月の紹介記事

鬼舞辻無惨の画像
「鬼舞辻無惨」の強さ・過去まとめ|無惨を倒す方法とは?鬼滅の刃(きめつのやいば)の「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」の解説記事です。無惨の過去、強さや呪い、倒し方、死亡後の展開についても考察しています。...

その他のキャラクター一覧

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌2/22更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

半天狗の分身体|喜怒哀楽

切断するたびに分裂する

半天狗は、首を切断されるたびに分身体を生み出す血気術を使います。舌に喜怒哀楽の文字が刻まれた4体の分身体は、それぞれ独自の強力な能力を扱います。

半天狗に勝利するには、4体の喜怒哀楽の分裂体を生み出した後、本体の首を再度切る必要があります。隊士1人では討伐困難な強さを誇るのが半天狗です。

1、本体

半天狗の画像

半天狗の本体。4体の分裂体を生み出した後は、ネズミほどの大きさしかないのが特徴。戦闘中は逃げ回ることだけに集中し、戦闘は分身体に任せます。

首は人間の指1本分ほどの細さですが、非常に硬度が高く、日輪刀でも切断することは困難です。

2、空喜

空喜の画像

超音波を使用して戦う鬼。背中に羽を持ち体重が軽く、空中を高速で移動することも可能です。顎を切断されると、超音波の発動は止まります。

3、積怒

積怒の画像

雷を放つ錫杖を扱う鬼。雷は鬼に対しても効果的で、禰豆子を気絶させたり玄弥への攻撃にも使用されました。

4、哀絶

哀絶の画像

体術に優れる鬼。十文字槍を使った近接戦が得意です。

5、可楽

可楽の画像

突風を放つ団扇を持つ鬼。放たれる突風は、建物の壁を倒壊させるほどの威力です。

その他の分裂・分身について

憎珀天

憎珀天の画像

積怒が他の3体を吸収した姿。雷や超音波など、喜怒哀楽が持っていた能力を使用可能です。さらに木の龍を生み出し操る能力も持ちます。

単純な戦闘力が高く、痣の発現した恋柱甘露寺を、死一歩手前まで追い詰めました。

恨みの鬼

恨みの鬼

本体の姿を、血気術で巨大化し具現化させた鬼。本体とは別物であり、心臓部にネズミほどの大きさの本体を隠しています。

分裂を重ねた鬼

分裂を繰り返した鬼

喜怒哀楽の文字を持つ鬼をさらに切断すると出現する鬼。1体あたりの攻撃力もかなり下がります。

半天狗の過去|鬼になった理由

「目が見えない」と嘘をつく

嘘をつく半天狗

人間時代、半天狗がガラの悪い男にぶつかった際、目の見えないふりをしたところ見逃してもらえました。さらに、目が見えないと言うと、色々な人が親切がしてくれることに味を占めます。

その後半天狗は、誰彼構わず「目が見えない」と嘘をつき続けるのです。

嘘がばれて打ち首の刑に

半天狗は「目が見えない」と嘘をつき、盗みと殺しなどの犯罪を繰り返します。目だけでなく「手が勝手に」と嘘をつくことも増える始末。

最終的にはお奉行に嘘がばれ、打ち首の刑を宣告されます。

打ち首前日に鬼舞辻と出会う

打ち首の刑の前夜、半天狗は鬼舞辻無惨に遭遇します。その場で鬼舞辻の勧誘を受け、鬼になることを決めるのです。

半天狗の豆知識・考察

分身体は文字に応じて性格が違う

楽しさを口にする可楽

喜怒哀楽の文字を持つ4体の分身体は、それぞれの言動から、名前に応じた性格になっていることがわかります。例えば「喜」の空喜は、常に楽しそうな言葉遣いになっています。

分身体の言葉遣いに注目することで、半天狗戦を別の角度から楽しむことができます。

玄弥の戦闘に貢献した?

玄弥の血気術

半天狗戦を経た玄弥は、その後に上弦の壱「黒死牟」と対峙。窮地に陥った柱を救うため、憎珀天の「木の血気術」に酷似した攻撃を繰り出しました。

半天狗戦で木の龍を食って取り入れたため、使用できたのだと思われます。思わぬ形で鬼殺隊の窮地を救ったのは、半天狗だったのかもしれません。

舌が弱点なのは二枚舌だから?

半天狗および分身体は、舌が弱点であり舌を斬られると動きが一時止まります。舌が弱点である理由は、半天狗が「二枚舌(嘘つき)」だからと推測できます。

嘘を武器に殺人・窃盗を繰り返した半天狗。武器である舌が弱点であることは、作者の意図したところでしょう。

半天狗は死亡している?

炭治郎に首を斬られ死亡

首を斬られる時の半天狗

刀鍛冶の里にて、炭治郎や柱たちと対峙。恨みの鬼の心臓部に隠れていましたが、透き通る世界を発現した炭治郎に、首を切断され死亡します。

上弦の肆は鳴女が引き継ぐ

半天狗が死亡したことで空いた上弦の肆の地位。半天狗の次は、無限城を管理する鳴女に引き継がれることになります。

激戦を繰り広げる14巻

14巻の画像

半天狗の初登場巻は12巻。そして14巻では、炭治郎や柱を相手に対等以上に戦う半天狗が描かれています。

U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃14巻を読むことができます。半天狗の実力を見たい方は、以下のリンクから14巻を無料で読みましょう!

無料で鬼滅の刃を読む

他の十二鬼月の紹介記事

鬼舞辻無惨の画像
「鬼舞辻無惨」の強さ・過去まとめ|無惨を倒す方法とは?鬼滅の刃(きめつのやいば)の「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」の解説記事です。無惨の過去、強さや呪い、倒し方、死亡後の展開についても考察しています。...

その他のキャラクター一覧

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌2/22更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。