鬼滅の刃

元・上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」強さや過去|兄妹愛の原点について

鬼滅の刃(きめつのやいば)の元上弦の陸「堕姫・妓夫太郎(だき・ぎゅうたろう)」の解説記事です。堕姫・妓夫太郎の過去、死亡理由、血気術についても考察しています。

堕姫・妓夫太郎(だき・ぎゅうたろう)とは

十二鬼月の「上弦の陸」

堕姫・妓夫太郎の画像

「堕姫・妓夫太郎」とは、鬼の中の精鋭である十二鬼月の「上弦の陸」です。鬼舞辻の部下の中では、6番の実力者になります。

吉原遊郭に身を潜め、100年以上の間も人を喰らい続けていました。葬った柱の数は、合計で22人にも及びます。

血の繋がった兄妹

堕姫・妓夫太郎は、もともと血の繋がった兄妹であり、2人で鬼になりました。鬼化してからも兄妹の絆は強く、片方の首が斬れただけでは死なないのが特徴です。

他の十二鬼月の紹介記事

鬼舞辻無惨の画像
「鬼舞辻無惨」の強さ・過去まとめ|無惨を倒す方法とは?鬼滅の刃(きめつのやいば)の「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」の解説記事です。無惨の過去、強さや呪い、倒し方、死亡後の展開についても考察しています。...

十二鬼月の一覧

十二鬼月記事のアイキャッチ(上弦の壱・参)
【鬼滅の刃】十二鬼月一覧|上弦・下弦の強さと血気術鬼滅の刃(きめつのやいば)の十二鬼月(じゅうにきづき)のメンバーを解説。上弦・下弦の強さや血気術をまとめて紹介しています。...

その他のキャラクター一覧

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌5/18更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

堕姫・妓夫太郎の強さと血気術

堕姫の強さ・血気術

帯を自由自在に操る

堕姫の血気術は、着物に扮した帯を自由自在に操ることができる能力。帯を刃物のように鋭くしたり、帯の中に人間を取り込むことも可能です。

八重帯斬り

八重帯斬りの画像

刃物のように研ぎ澄まされた8本の帯で、敵の退路を塞ぎながら切り裂く技。

妓夫太郎の強さ・血気術

2つの鎌を武器に戦う

妓夫太郎は、2つの鎌を用い戦います。生前から鎌の扱いに長けており、同じく二刀流の宇髄と対等以上に渡り合いました。鎌をブーメランのように使用したり、斬撃を飛ばすことも可能です。

宇髄天元について
宇髄天元の画像
音柱「宇髄天元」の強さと魅力|3人の嫁や継子について鬼滅の刃(きめつのやいば)の音柱「宇髄天元(うずいてんげん)」の解説記事です。宇髄の過去や嫁、音の呼吸、継子の有無などについても考察しています。...

また妓夫太郎は毒を扱えるため、敵を鎌で傷つけ一定時間稼げば、柱であっても毒殺することができます。

跋扈跳梁

跋扈跳梁の画像

血の斬撃を体の周囲にめぐらせ、敵の攻撃を防ぐ技。

飛び血鎌

飛び血鎌の画像

己の血を剃刀のような薄い刃にして、毒の斬撃を飛ばす技。

演斬旋回・飛び血鎌

演斬旋回・飛び血鎌の画像

螺旋状の血の斬撃を、両腕にまとい攻撃する技。接近戦で主に使用します。

堕姫・妓夫太郎の過去|鬼になった理由

妓夫太郎が遊郭の最下層で生まれる

人間時代の妓夫太郎

兄の妓夫太郎は、遊郭の最下層の家庭に生まれます。

生まれた時から貧困に苦しみ、母親から幾度も殺されかけます。腹が減ったら鼠や虫で食い繋ぐ生活。妓夫太郎の体は、枯れ枝のように弱々しいものでした。

加えて、醜い声や容貌をしていた妓夫太郎。美貌が価値基準である遊郭で、化け物のように扱われながら生活します。

梅(堕姫)が生まれる

数年後、妹の梅(堕姫)が生まれます。梅という名前は、母親の病名「梅毒」から付けられました。

梅は、年端もいかない頃から絶世の美貌を兼ね備えていました。妓夫太郎は妹の美貌を誇りに感じ、取り立ての仕事を始めます。

妓夫太郎は元々喧嘩が強かったため、取り立ての仕事を始めます。取り立ての役職を「妓夫」といいますが、そのまま名前を付けられ妓夫太郎となります。

梅が丸焼きにされる

梅が13歳になった頃、梅は客の侍の目玉を突いて失明させます。その報復として、梅は縛り上げられ生きたまま焼かれてしまいます。

仕事から戻り、丸焦げになった梅を見つけた妓夫太郎。梅を抱きかかえて泣き叫びます。

梅を襲った犯人を殺す

まだ、かろうじて生きていた梅を抱きかかえて泣く妓夫太郎。その隙を突いて、梅を丸焼きにした侍に背後から斬られてしまいます。かろうじて息のあった妓夫太郎は、侍と侍を呼んだ女性を殺し、その場から逃亡します。

梅を背負いながら遊郭を歩く傷だらけの妓夫太郎。誰にも助けてもらえず、雪が降り注ぐ中、道に倒れ込みます。

童磨に導かれ鬼へ

鬼に勧誘する童磨

兄妹2人で死にかけていたとき、当時の上弦の陸「童磨」と遭遇。幸せそうな他人を許さないと誓った妓夫太郎は、童磨の勧誘を受けて鬼になるのでした。

童磨について

童磨記事のアイキャッチ
上弦の弐「童磨」の強さ・死亡理由|しのぶや伊之助との因縁について鬼滅の刃(きめつのやいば)の上弦の弐「童磨(どうま)」の解説記事です。童磨の過去や強さ、血気術、しのぶや伊之助との関係についても考察しています。...

遊郭に潜伏し続ける

鬼となった堕姫は、およそ10年ごとに顔や年齢、店を変えて遊女を続けます。不動のナンバーワンとして、遊郭に君臨し続けるのです。

堕姫・妓夫太郎の性格と注目ポイント

互いに兄妹思い

兄妹の過去について話す堕姫の画像

鬼でありながらも、深い信頼関係で結ばれている堕姫と妓夫太郎。堕姫は兄の戦闘能力に絶大な信頼を置き、妓夫太郎はそれに応えるが如く戦います。

100年以上も共に暮らしてきたからこそ、2人の絆は地獄を目の前にしても断ち切れません。

美に対する圧倒的なこだわり

美を全ての価値基準とする吉原遊廓に生まれた堕姫。容姿に対する拘りはかなり強く、不細工や年老いた人間は決して食べません。堕姫は10年ごとに姿を変えても、吉原のトップに君臨し続けます。

兄妹愛に一定の理解を示す

炭治郎を鬼に勧誘する妓夫太郎の画像

炭治郎をいつでも殺せる状態まで追い詰めた妓夫太郎。しかし、妹の禰豆子の存在に気づいた後、炭治郎を殺そうとはしませんでした。

炭治郎を罵倒するためという側面もありますが、最も大きな理由は、妹を守る炭治郎の境遇が、自身の過去と似通っていたためだと思われます。炭治郎を殺さず、鬼になる選択肢を与えるのでした。

堕姫・妓夫太郎の名言

「ずっと一緒にいるんだから!!」

ずっと一緒にいるんだからと叫ぶ堕姫

死後の世界で、堕姫が妓夫太郎に伝えた言葉。人間時代に、妓夫太郎が堕姫を励ますために伝えた言葉を、100年ぶりに伝えるのでした。

「取り立ててやる」

妓夫太郎の口癖であり信条でもある言葉です。生まれた時から食べ物も愛情も与えられず、地獄のような日々を生きてきた妓夫太郎。

幸せが与えられなかったことで、人の幸せを奪う(取り立てる)ことに、妓夫太郎は幸福を見出します。そんな妓夫太郎の哀しい価値観が反映された一言です。

堕姫・妓夫太郎の死亡シーン|最期について

炭治郎たちに首を斬られ死亡

吉原遊郭にて、炭治郎たちに首を切断され死亡します。同時に切断されなければ死にませんが、激闘の末、堕姫の首は伊之助と善逸に、妓夫太郎の首は炭治郎に切断されるのです。

互いに罵り合い喧嘩をする

妓夫太郎の口を塞ぐ炭治郎

首を斬られて死期が迫り、口喧嘩を始めてしまう2人。「兄妹ではない」「血も繋がっていない」などの暴言が飛び交います。

そんな2人を見かねて、妓夫太郎の口を手で優しく覆ったのは炭治郎でした。兄妹で旅を続けてきた炭治郎は、2人に「仲良くしよう」と優しく語りかけます。その後2人は、灰となって消滅します。

共に地獄へ向かう

死後の世界で再会する堕姫と妓夫太郎。堕姫の人生を狂わせたことに負い目を感じた妓夫太郎は、堕姫を突き放します。しかし堕姫は「ずっと一緒にいる」と、妓夫太郎と共に地獄に向かうと決意するのです。

堕姫をおんぶする妓夫太郎。地獄の業火に包まれながら、2人で地獄に向かうのでした。

過去が明らかになる11巻

11巻の画像

堕姫・妓夫太郎の初登場巻は9巻。そして11巻では、鬼殺隊との戦闘、堕姫・妓夫太郎の衝撃の過去が描かれています。

U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃11巻を読むことができます。堕姫・妓夫太郎の活躍を見たい方は、以下のリンクから11巻を無料で読みましょう!

無料で鬼滅の刃を読む

他の十二鬼月の紹介記事

鬼舞辻無惨の画像
「鬼舞辻無惨」の強さ・過去まとめ|無惨を倒す方法とは?鬼滅の刃(きめつのやいば)の「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」の解説記事です。無惨の過去、強さや呪い、倒し方、死亡後の展開についても考察しています。...

十二鬼月の一覧

十二鬼月記事のアイキャッチ(上弦の壱・参)
【鬼滅の刃】十二鬼月一覧|上弦・下弦の強さと血気術鬼滅の刃(きめつのやいば)の十二鬼月(じゅうにきづき)のメンバーを解説。上弦・下弦の強さや血気術をまとめて紹介しています。...

その他のキャラクター一覧

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌5/18更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。