鬼滅の刃

鬼滅の刃「4巻」のネタバレと考察・あらすじまとめ|無料で読む方法

鬼滅の刃(きめつのやいば)の4巻のネタバレや考察、あらすじについてまとめています。原作26話〜34話について分かりやすく解説をしていきます。

鬼滅の刃4巻の概要

4巻のあらすじ

4巻の表紙画像(伊之助と炭治郎)

鼓を操る鬼の屋敷から出た炭治郎は、我妻善逸が猪頭の少年に一方的に殴られている所に出くわす。少年を止めに入る炭治郎だったが!? そしてしばしの休息の後、炭治郎たちは鬼殺隊の緊急の指令により、不気味な山へ向かう!! そこに潜んでいたのは…!?

4巻の要約

・炭治郎・善逸・伊之助は藤の花の家紋の家で休息をとる
・那多蜘蛛山へ向かい、炭治郎と伊之助は2人で行動する
・2人は襲い来る鬼殺隊員を対処し、糸を操る鬼を討伐する
・善逸は1人で森の中へ入り、蜘蛛鬼の討伐に成功する

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻

鬼滅の刃の記事一覧はこちら

鬼滅の刃4巻のネタバレ前編「嘴平伊之助」

26話

善逸は昔から耳が良かった。屋敷の外へはじき出された善逸は、正一の声で目を覚ます。正一と話していると、猪頭の男が屋敷から飛び出してくる。

猪頭の男は、禰豆子の鬼の気配を察知し炭治郎の木箱に襲いかかるのであった。善逸は自分を盾にし木箱を守る。

善逸は耳が良いため炭治郎が鬼を連れていることは分かっていた。しかし誰よりも優しい音のする炭治郎を信じ、木箱を守ったのだ。

猪頭の男は善逸を殴打する。炭治郎が現れる頃には善逸はボロボロになっていた。炭治郎は怒りに震え、猪頭の男を蹴り飛ばす。

素手で猪頭と戦う炭治郎。男は人外な体の柔らかをしており苦戦をしいたが、炭治郎は渾身の頭突きを食らわせる事に成功する。

猪頭の男の被り物が落ちる。男は女のように綺麗な顔をしていた。

27話

伊之助が体をくねらせる
猪頭の男の名は「嘴平伊之助」という。しかし話の途中で伊之助は脳震盪を起こし、その場に倒れこむ。炭治郎の頭突きが強力すぎたようだ。

炭治郎たちは屋敷で殺された人の埋葬を進める。伊之助が目を覚ましたので、正一たちと別れ、炭治郎・伊之助・善逸の3人は鎹カラスについてゆく。

鎹カラスが3人を連れて行ったのは、藤の花の家紋の家だった。この家紋がある家は、過去の恩義から鬼狩りに無償で尽くしてくれるのだという。

3人とも肋骨が折れており、その治療のためにしばらく藤の花の家で休息を取れと、鎹カラスから指令が下る。

夜になり、禰豆子が木箱の中から現れた。女の子が大好きな善逸は、禰豆子を連れて歩く炭治郎を妬み、夜明けまで発狂するのであった。

伊之助のアイキャッチ画像
【鬼滅の刃】「嘴平伊之助」の強さ・魅力まとめ|母親についても考察鬼滅の刃(きめつのやいば)の「嘴平伊之助(はしびらいのすけ)」の解説記事です。伊之助の過去、獣の呼吸、母やしのぶとの関係、柱になるのかについても考察しています。...

鬼滅の刃4巻のネタバレ中編「那多蜘蛛山へ」

28話

骨折が癒えた頃、緊急の指令がきた。内容は3人で那多蜘蛛山へ向かうこと。3人は家主にお礼を伝え、藤の花の家紋の家を後にする。

那多蜘蛛山付近に着くと、隊服を着た男性が血だらけで倒れていた。助けるために3人は男に近づくが、男は突如山の方向へ引っ張られる。まるで何かに操られているようだった。

炭治郎と伊之助は足早に山へ入ってゆく。山の中で鬼殺隊の隊士を見つけたので話を伺うと、山へ入った10人の隊員同士が突如斬り合いになったのだという。

炭治郎たちは、蜘蛛の糸を操る鬼が元凶であることをまだ知らない。

蜘蛛鬼(母)の姿

場面は変わり、鬼殺隊の本部へ。司令のもと、義勇としのぶが那多蜘蛛山に派遣されることが決定する。

29話

炭治郎と伊之助が足早に山へ入っていったので、山の外で置き去りとなった善逸。山へ入る気持ちは微塵もなかったが、愛する禰豆子の存在を思い出し、山へ入ってゆく。

一方で炭治郎と伊之助は鬼殺隊員と戦闘を繰り広げていた。隊員たちは明らかに何者かに操られてる。

 
糸で操られている事に気づいた2人は、糸を切断するも、蜘蛛が再び糸を張る。一時上空に鬼が現れたが、糸を操ってはいないようだったので、見逃して別の鬼を探す事に。

伊之助は獣の呼吸で感覚を研ぎ澄まし、ついに糸を操る鬼の位置を特定する事に成功する。

炭治郎たちが見逃した鬼は「家族五人で幸せに暮らすんだ」と意味深に1人呟くのであった。

30話

糸の支配を受けていない鬼殺隊員「村田」は、この場を自分に任せ、本体の鬼を倒してくれと炭治郎たちに頼む。

炭治郎たちは、糸を操る鬼に近づく道中で鬼殺隊員と遭遇。しぶしぶ戦闘に入る。糸の支配がより強力になっているようだ。

激しさを増す攻撃に一時は苦戦するも、木に隊員たちの糸を絡ませて動きを止める事に成功する。伊之助もそれに続く。

一方、糸を操る鬼の元には「累」という鬼が現れていた。累は糸を操る鬼を母さんと呼び、「早くしないと父さんに言いつけるからね」と脅し言葉をかけその場を去っていった。

炭治郎たちに鬼殺隊員を封じ込まれ、追い込まれた糸を操る鬼。とっておきの人形を出すことを決断する。

31話

操られた隊員の動きを止めたものの、糸により全員の首は捻じ曲げられ死亡してしまう。怒りに震える炭治郎だったが、感情を抑えて糸を操る鬼の元へ向かう。

次に炭治郎たちの前に現れたのは首のない鬼であった。その鬼の動きは非常に早く、糸にも気を配らなければいけない。

しかし炭治郎が伊之助に的確な指示を出したことで、首のない鬼の袈裟斬りに成功する。

ついに炭治郎は糸を操る鬼の元へ。その鬼はなぜか快く首を差し出す。そのため、炭治郎は慈悲心を持って苦痛がないよう首を斬るのであった。

鬼滅の刃4巻のネタバレ中編「我妻善逸の過去」

32話

炭治郎に斬られた鬼は、優しい雨に打たれている感覚に包まれていた。「父さん」と呼ばれる鬼から暴力を受けていたので、死を境に解放される事を喜んでいた。

消えゆく鬼を見守る炭治郎の目は、優しさに溢れていた。その目を見た鬼は「十二鬼月がいるわ、気をつけて」と告げ、塵となって消えゆく。

一方で善逸は森を1人彷徨う。手を何かに刺されたが、気にせず炭治郎たちを探して進む。そんな善逸の前に現れたのは人面蜘蛛であった。

恐怖のあまり泣きながら逃げ去る善逸。逃げた先で大きく開けた場所に出る。そこでは鬼殺隊員が蜘蛛にされていた。

親玉と思われる巨大な蜘蛛鬼が現れる。蜘蛛鬼いわく、善逸はすでに蜘蛛に刺されており、四半刻後には蜘蛛になっているという。

33話

蜘蛛になることを受け入れられない善逸。木に登り、泣きながら過去の出来事を思い出す。

—–

善逸は修行中に逃げ出し、木に登って隠れていた。育手のじいちゃんが降りてこいと伝えるも、一向に降りてこない。

善逸は惚れた女に金を貢ぎ借金をしていた。その借金をじいちゃんが肩代わりしたことで、2人は出会い師弟関係になったという。

そんなじいちゃんが大好きだ、でも期待には応えられないと善逸は伝える。

その時、善逸の登っていた木に雷が落ちる。雷に打たれた善逸は髪の毛の色が金色に変化していた。

—–

昔から怯えてすぐに泣いてしまう自分のことを、好きになれない善逸。自分を変えたいとは常々思っていた。頭に手をやると、髪の毛がすでに抜け始めている。

ショックで気を失う善逸。眠ったことで善逸は戦闘モードに入り、俊敏な動きを見せる。しかし、実は善逸は1つの型しか使えない。

それゆえに敵に攻撃を読まれ、蜘蛛鬼の首をなかなか捉えられないのであった。

34話

壱ノ型しか使えない善逸
「1つのことを極めろ」。善逸は、師範であるじいちゃんの言葉を思い出す。

親のいない善逸は、誰からも期待されない人生を歩んできた。しかしじいちゃんだけは、決して善逸を見限らず、根気強く叱ってくれた。

じいちゃんの期待に応えるため、手足が痺れながらも善逸は攻撃の態勢をとる。

決死の覚悟で繰り出した「霹靂一閃・六連」。ついに蜘蛛鬼の首を捉える事に成功するのであった。雷が落ちたような音が鳴り響く。

蜘蛛鬼を倒したものの善逸は毒に侵されている。助けが来ると信じ、諦めずに呼吸で毒の巡りを遅らせるのであった。

一方で炭治郎と伊之助は、少女のような鬼、そして顔が蜘蛛のような巨大な鬼と対峙する。

善逸記事のアイキャッチ画像
【鬼滅の刃】「我妻善逸」の強さ・魅力まとめ|兄弟子との過去について鬼滅の刃(きめつのやいば)の「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」の解説記事です。善逸の過去、雷の呼吸、獪岳との関係、柱になるのかについても考察しています。...

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻

鬼滅の刃の記事一覧はこちら

鬼滅の刃4巻が無料で読める!

4巻の表紙画像(伊之助と炭治郎)
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで、鬼滅の刃4巻を「無料」で読むことができます!4巻だけではなく、今話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。