鬼滅の刃

鬼滅の刃「9巻」のネタバレと考察・あらすじまとめ|無料で読む方法

鬼滅の刃(きめつのやいば)の9巻のネタバレや考察、あらすじについてまとめています。原作71話〜79話について分かりやすく解説をしていきます。

鬼滅の刃9巻の概要

9巻のあらすじ

鬼滅の刃9巻の表紙(宇髄)

“音柱”宇髄天元と共に鬼の棲む遊郭へ向かった炭治郎たち。そこではくノ一である天元の妻3人が、情報収集中に連絡を絶っていた。調査のため炭治郎たちは女装して潜入するが、鬼の居場所は掴めなかった。そんな中、花魁たちに鬼の魔の手が!! 炭治郎たちは、鬼を見つけられるか!?

9巻の要約

・宇髄の嫁を捜すため3人は女装して遊郭に潜入する
・上弦の陸「堕姫」によって善逸が捉えられる
・宇髄と伊之助は3人の妻と善逸を救出する
・炭治郎は1人で堕姫に立ち向かう

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
21巻 22巻 23巻

鬼滅の刃9巻のネタバレ前編「宇随の嫁」

71話

宇髄の嫁3人の姿
遊郭までの道のりにある藤の家で準備を整える。
宇髄は遊郭に潜入している自身の嫁3人を探すよう炭治郎たちに指示を出す。嫁がいる店は以下の通り。

須磨の潜入した「ときと屋」
まきをの潜入した「萩本屋」
雛鶴の潜入した「京極屋」

炭治郎たちは女装をしてそれぞれのお店に潜入することになる。炭治郎と伊之助は早速引き取り手が見つかり、ときと屋と萩本屋への就職を取り付ける。

善逸の引き取り手を探していると、ときと屋の「鯉夏花魁」が花魁道中に参っていた。

72話

善逸も無事京極屋への潜入に成功し、3人はそれぞれ情報収集に努める。

炭治郎は鯉夏花魁の部屋にいる遊女に話を伺うと、借金を返さずに遊郭から逃げ出す「足抜け」が多発しているという。
宇髄の妻である須磨も最近足抜けしたらしい。

そこに鯉夏花魁が戻ってきたので、須磨の足抜けについて詳しく聞くと、須磨は男の人にのぼせている素振りも見せていなかったのに、足抜けしたのだという。

足抜けは人を喰らう鬼にとって都合がよすぎるので、炭治郎は鬼の仕業と見抜いた。
鬼は一向に尻尾を見せないため、上弦の鬼が巣食っているかもしれないと宇髄は考える。

萩本屋に潜入した伊之助は、部屋に閉じこもっているという「まきを」の部屋へ向かう。

まきをは引きこもっていたのではなく、大量の帯に体を拘束され尋問されていたのだ。

73話

伊之助はまきをの部屋から嫌な気配を感じたので突入するも、鬼はまきをを連れて天井裏から逃走しており見失ってしまう。

一方京極屋にいる善逸は、喧嘩をして泣いているという少女を慰めていた。

その時、善逸の背後に現れたのは蕨姫花魁という名前で人間に化けた鬼であり、その音から間違いなく上弦の鬼だと判断できた。
善逸の体から震えが止まらない。

しかし花魁に擬態した鬼が少女の耳を引っ張るので、善逸は鬼の腕を掴み、手を離すよう鬼に命令する。

善逸記事のアイキャッチ画像
【鬼滅の刃】「我妻善逸」の強さ・魅力まとめ|兄弟子との過去について鬼滅の刃(きめつのやいば)の「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」の解説記事です。善逸の過去、雷の呼吸、獪岳との関係、柱になるのかについても考察しています。...

鬼滅の刃9巻のネタバレ中編「上弦の陸・堕姫」

74話

上弦の陸「堕姫」
時は炭治郎たちが遊郭に潜入する2日前のこと。京極屋の女将は蕨姫花魁が人を殺していることに気づき、蕨姫を問いただす。
蕨姫花魁は鬼であり今後も京極屋に潜伏するため、正体に気づいた女将を容赦なく殺すのであった。

蕨姫花魁の正体は上弦の陸「堕姫」であり、柱を7人も葬った堕姫を鬼舞辻無惨は褒め称えていた。

—–

善逸は堕姫に部屋の外まで吹き飛ばされてしまう。善逸は失神するも受け身をとったことで致命傷を免れる。

京極屋の開店時間が迫っており店の旦那が頭を下げるので、堕姫は善逸をそれ以上追い詰めようとしない。
しかし堕姫は受け身をとった善逸を只者でないと感じ取り、鬼殺隊員と判断するのであった。

75話

京極屋で働く遊女は、堕姫の攻撃で失神した善逸を部屋で寝かせていたのだが、突如善逸が行方不明になったという。

同時刻に宇髄と炭治郎と伊之助は情報共有を行っていたが、そこにも善逸の姿はない。宇髄も善逸とは昨夜から連絡を取れていないという。

遊郭に上限が潜むと判断した宇髄は、階級の低い炭治郎たちに遊郭を出るよう命じてその場を去る。

しかし炭治郎と伊之助は、善逸の行方を捜すため引き続き調査を続け、夜に調査する約束を取り付ける。

夕刻頃、炭治郎は鬼殺隊の服に身を包み、お世話になったときと屋の鯉夏花魁の元へ、別れの挨拶を告げにゆく。鯉夏は身請けが成立し明日には遊郭を出るという。

話が終わり炭治郎が去った後、鯉夏の前に突如堕姫が現れる。

堕姫・妓夫太郎記事のアイキャッチ画像
元・上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」強さや過去|兄妹愛の原点について鬼滅の刃(きめつのやいば)の上弦の陸「堕姫・妓夫太郎(だき・ぎゅうたろう)」の解説記事です。堕姫・妓夫太郎の過去、死亡理由、血気術についても考察しています。...

鬼滅の刃9巻のネタバレ後編「炭治郎VS堕姫」

76話

日が暮れるのに炭治郎が姿を現さないので、伊之助はムキムキ鼠に預けていた刀を手に取り、単独で行動を開始する。

一方、宇髄は京極屋の旦那に姿を消した善逸と雛鶴の行方を問う。蕨姫花魁が怪しいと答えるのですぐに部屋へ向かうも、既に人を狩りに出ていた。

炭治郎は鬼の気配を嗅ぎつけ鯉夏のところへ戻ると、そこには鯉夏を帯で拘束する堕姫の姿があった。

堕姫の攻撃は炭治郎を捉え、建物の外へ吹き飛ばす。炭治郎の体は本能的に恐怖を感じていたが、受け身を取ることに成功して致命傷を免れる。

堕姫と斬り合いになる中、炭治郎は鯉夏花魁を堕姫から切り離すことに成功する。

77話

宇髄は、切見世と呼ばれる最下級の女郎屋で雛鶴を発見する。雛鶴は堕姫の正体に気づいていたが、堕姫から監視されており、堕姫の帯に殺されかけていた。

帯を始末し雛鶴の安全を確保した宇髄は、音を頼りに戦闘場所が地面の下であることを探り当てる。
2本の日輪刀で地面を攻撃する。

一方で堕姫と対峙する炭治郎は、煉獄の言葉を思い出し、次々とヒノカミ神楽を繰り出し、堕姫と打ち合っていた。

78話

ヒノカミ神楽を繰り出す炭治郎

ヒノカミ神楽の連発による反動が炭治郎を襲うが、回復の呼吸でなんとか堕姫に食らいつく。

隙の糸がたびたび現れるがすぐに切れてしまうので、炭治郎はさらに自身の体温を上昇させる。

少し刻を遡った萩本屋では、伊之助が鬼の通る小さな穴を見つけていた。関節を外して穴を進んでゆくと大きな空洞があり、堕姫の帯が大量の人を捕らえていた。

捕らえられた人の中には、善逸やまきをの姿もある。

79話

伊之助はミミズのように動く帯を次々と斬ってゆく。何人かを帯から救出するも、人間を守りながら帯と戦うことは困難を極めた。

しかし伊之助が救出した中にはまきをと須磨が含まれており、伊之助に加勢する。善逸も解放されついに宇髄も地上から合流。

宇髄は一瞬で帯を切り裂き退治する。

宇髄天元の画像
音柱「宇髄天元」の強さと魅力|3人の嫁や継子について鬼滅の刃(きめつのやいば)の音柱「宇髄天元(うずいてんげん)」の解説記事です。宇髄の過去や嫁、音の呼吸、継子の有無などについても考察しています。...

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
21巻 22巻 23巻

鬼滅の刃9巻が無料で読める!

鬼滅の刃9巻の表紙(宇髄)
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで、鬼滅の刃9巻を「無料」で読むことができます!9巻だけではなく、今話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。