鬼滅の刃

鬼滅の刃「7巻」のネタバレと考察・あらすじまとめ|無料で読む方法

鬼滅の刃(きめつのやいば)の7巻のネタバレや考察、あらすじについてまとめています。原作53話〜61話について分かりやすく解説をしていきます。

鬼滅の刃7巻の概要

7巻のあらすじ

鬼滅の刃7巻の表紙(伊之助)

“柱”の一人、しのぶの計らいで戦いの傷を癒し、全集中・常中を会得した炭治郎たち。そして新たな指令で”無限列車”に乗り込む一行は、炎柱の煉獄と共に、列車に潜む鬼を退治する! だが、それは鬼が作り出した夢の中の出来事で、炭治郎たちは夢にとらわれてしまう!! この窮地から抜け出す道はあるのか!?

7巻の要約

・怪我の完治した3人は、無限列車にいる煉獄の元へ向かう
・無限列車には下弦の壱「魘夢」がおり、炭治郎達を夢の世界へ誘う
・禰豆子の爆血で魘夢の夢から脱出する
・魘夢は列車と融合し乗客を襲い始めるが煉獄たちが食い止める
・炭治郎と伊之助は列車と融合した魘夢の首を断ち切る

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻

鬼滅の刃の記事一覧はこちら

鬼滅の刃7巻のネタバレ前編「煉獄杏寿郎」

53話

しのぶの最後の治療を受ける炭治郎は、火の呼吸とヒノカミ神楽について尋ねる。しのぶはどちらも知らなかったが、炎の呼吸の使い手「煉獄」であれば何か知っているかもという。

診察室を出た炭治郎は、最終選別に居た青年を廊下で見かける。声をかけるが無視されてしまう。

炭治郎は次に、洗濯物を干すアオイの元へ向かった。戦場に行けないことを悔やむアオイだったが、炭治郎はアオイの想いを戦場に持っていくと伝える。

最後に炭治郎は、カナヲに別れの挨拶を告げにゆく。カナヲは相変わらず口数が少なかったが、コインで喋るか喋らないかを判断しているようだ。

カナヲにもっと前向きになってほしい炭治郎は、カナヲのコインを借りてコイントスを行う。

表が出れば「カナヲは自分の心の声をよく聞くこと」と炭治郎は約束する。炭治郎の飛ばしたコインは、表を向いていた。

コインをカナヲに返し、炭治郎はカナヲに別れの挨拶を告げる。

蝶屋敷を出て駅に向かった炭治郎・善逸・伊之助の3人は、巨大な汽車を目の当たりにする。

54話

煉獄杏寿郎の画像
田舎育ちの炭治郎と伊之助は、汽車に驚きを隠せない。都会慣れした善逸が切符を購入し、汽車に乗り込む。

車内にいる煉獄を探そうとした3人だったが、煉獄は「弁当がうまい」と大声で連呼していたため、すぐに見つけることができた。

煉獄に火の呼吸・ヒノカミ神楽について尋ねるが、どちらも知らないという。だが、呼吸・柱の歴史や刀の色について情報を教示するなど、面倒見が良い。

汽車が発車する。煉獄いわく、この列車で40人以上の人が行方不明となっているため、柱である自分が来たのだという。

車掌が切符の確認のため、切符に切り込みを入れに来た。しかし車掌の後ろには鬼がいたため、煉獄は炎の呼吸で即座に鬼を退治する。

しかし鬼を退治したのは夢の中の出来事であった。煉獄含め炭治郎たちは、魘夢の力で全員が眠らされていた。

煉獄杏寿郎の紹介画像
煉獄杏寿郎のプロフィール|炎の呼吸の剣技一覧や誕生日、身長体重【鬼滅の刃】鬼滅の刃の登場キャラクター「炎柱・煉獄杏寿郎」のプロフィールについてまとめています。誕生日や過去、死亡しているかどうか、炎の呼吸について...

鬼滅の刃7巻のネタバレ中編「無限列車」

55話

炭治郎たちを夢へ誘う魘夢
炭治郎を眠らせた車掌は、魘夢の力により深い眠りに落ちる。魘夢は車掌以外にも人を連れていた。

魘夢は、人を使って鬼殺隊の精神の核の破壊を企んでいた。核を破壊すればどんなに強い鬼狩りでも倒せるという。

善逸は夢の中で、禰豆子と手を繋ぎながら白詰草の咲き誇る土地を走り回っていた。言葉を発する禰豆子に善逸はデレデレである。

伊之助は、洞窟探検隊というチームで洞窟探索をしている。子分を3人連れており、3人の顔は炭治郎・禰豆子・善逸にそっくりである。

煉獄は夢の中で、柱になったことを父に報告している。しかし父の反応は冷たい。ショックではあるが、それで煉獄の情熱が消えることはない。
弟である千寿郎を鼓舞し、共に生きて行こうと伝えるのであった。

炭治郎は夢の中で、亡くなったはずの家族と再会する。夢の中で思わず泣き出してしまう炭治郎だったが、幸せな夢を現実のように錯覚してしまう。

56話

魘夢の仲間は、特殊な縄を使い炭治郎たちの夢へと侵入していた。

今炭治郎たちが見ているのは有限の夢であり、果てまで行くと行き止まりになる。
その壁を切り裂くと「無意識の領域」があり、そこにある精神の核という球状の物体を破壊すると、夢の主は精神が崩壊し廃人となってしまう。

魘夢の目的は、鬼殺隊士と直接戦わず、廃人にしてから手を下すというもの。
核を破壊する役割を人間たちに負わせているのだ。

煉獄杏寿郎の夢に侵入した女は、夢の果てを見つけて無意識領域まで入り込んだ。
そしていざ、精神の核を破壊しようとするが、本能的に危機を察知した杏寿郎は、無意識の状態で現実側の女を拘束して動けなくした。

同じように炭治郎も、夢で幸せな生活を送っていたが、もう1人の炭治郎が「これは夢である」と警告をしてきた。
そこで夢だと気づけた炭治郎だったが、気付いたものの抜け出し方がわからず苦悩する。

現実世界では禰豆子が目を覚まし、苦しむ炭治郎の姿を目にする。頭突きをしても起きないので爆血を放つと、夢の中の炭治郎の体は燃え始めた。

57話

炎に包まれた炭治郎は、徐々に自分の現在を思い出していき、それに連動して隊服や日輪刀が炭治郎の姿に反映されていった。
覚醒が近づいていると悟った炭治郎は、家族からの引き止めを振り切って夢から抜け出す方法を探すため飛び出していく。

炭治郎・善逸・伊之助の夢に侵入していた人間は、それぞれの無意識領域にたどり着いたものの、精神の核の破壊には至らない。

炭治郎は夢から出る方法を探すも手がかりが見つからない。焦る炭治郎の後ろから、父の声が聞こえる。
刃を持って、斬るべきものを斬れと。

斬るべきものとは自身の命であり、夢の中で死ぬことによって現実へ戻ることができるかもしれない。
荒唐無稽な仮説にためらう炭治郎だったが、その迷いを振り切って刃を首へと押し当てる。

そして、炭治郎は首を斬り落とした。

58話

大声を上げながら炭治郎は覚醒し、列車の中へ戻ってくる。手首を見ると縄が焼き切れており、禰豆子の炎で切れたのだと気づく。

全員を起こそうとするがなかなか起きず、手首をつなぐ縄にカラクリがあると考えた炭治郎は、自分にやったのと同じくみんなの縄を炎で焼き切るよう禰豆子に指示する。

しかし起きたのは魘夢の仲間側の人間だけであり、人間たちは炭治郎へと攻撃をしてくる。
人間の弱みにつけ込んだ鬼に対して激しい怒りを感じ、人間たちを気絶させて炭治郎は魘夢のもとへと向かう。

匂いをたどって列車の屋根へと向かうと、そこには下弦の壱「魘夢」が無防備に佇んでいた。魘夢は炭治郎を激しく挑発する。

鬼滅の刃7巻のネタバレ後編「魘夢」

59話

あまりにも短時間で覚醒した炭治郎を警戒し、観察すると耳飾りをしていることに気づく。
鬼舞辻無惨が柱と同じ扱いをする、「耳飾りの鬼殺隊士」であることを把握した魘夢は運の良さを喜び、炭治郎を倒そうとする。

しかし、悪夢へと引き込む血鬼術が炭治郎にはなぜか通じない。
炭治郎は家族が悪態をついてくる夢へと何度も引き込まれているが、その度に「家族はそんなことを絶対に言わない」と気付き、毎回自分の命を即座に断っているのだった。

夢の中だったとしても、何度も自決する決断をできる炭治郎は、およそまともではないと戦慄する魘夢。

炭治郎は魘夢へと斬り込み、頸を斬り落とすことに成功する。しかし手応えがなく、後ろから倒したはずの魘夢の声が聞こえて絶望した。

魘夢は列車自体と融合しており、列車に乗るすべての乗客を人質にとったのだった。

乗客を守るために客車へと駆け出す炭治郎。そこへ伊之助が車内から飛び出てきた。

60話

炭治郎は伊之助に列車全体が鬼になっていることを伝え、全力で乗客を守るよう動き出す。
善逸も目覚めてきており、禰豆子を含む3人は乗客を取り込もうとする魘夢の肉を払いながら先へと進む。

しかし、8両分も客車がある中で乗客を守りながら戦うのはあまりに無謀である。
焦る炭治郎のもとへ、ようやく覚醒した煉獄杏寿郎が駆けつけて指示を出す。

自分たちが乗客を守るから、炭治郎と伊之助は鬼の頸(首)を探せと言う。
どんな形をしていたとしても、鬼である以上頸はどこかにあり、それが弱点になるのだと。

同じく頸を探すよう指示された伊之助と合流した炭治郎。
伊之助は直感が優れており、すでに列車前方の石炭がある場所(運転車両)に鬼の急所があることを察知していた。

61話

運転車両にたどり着いた2人は、驚く車掌を差し置いて急所である頸を探す。
床を壊すとそこには頸の骨があり、破壊しようとするが全力で鬼の肉たちが妨害をしてくる。

さらに、夢へと引きずり込む血鬼術を全方向から食らい、何度夢の中で自決して覚醒しても、すぐに夢へと引き戻されてしまう。
何度も覚醒を繰り返す炭治郎だが、夢へ引き込まれていない状態で頸を切ろうとしてしまい伊之助に止められる。
夢に入ったと錯覚させる罠にかかっていたのだ。
ヒノカミ神楽で魘夢の首を断ち切る

被り物をしている伊之助は催眠にかかりづらく、魘夢の肉をまとめて断ち切る。その隙に放ったヒノカミ神楽は、確実に魘夢の骨を捉えていた。

鬼滅の刃7巻のネタバレ番外編「カナヲ」

番外編

幼少期のカナヲは、毎日空腹に悩まされ愛情に飢えた生活を送っていた。ある日を境に、苦しみすら感じなくなる。
カナヲは親に身売りに出されるが、それに対して悲しみすら感じない。

縄で繋がれながら歩くカナヲを偶然見つけたのは、胡蝶しのぶ・カナエであった。カナヲの姿に同情した2人。
しのぶは身売りの商人に向けて身受け金を投げ飛ばし、カナヲを連れ去るように3人はその場を後にする。

蝶屋敷で生活し始めてもカナヲの感情は戻らない。食事も食べなさいというまで、腹が減っても手を出さず自分の意志で行動しようとしない。

しのぶはカナヲの将来を心配するが、カナエはきっかけさえあれば心を開くと信じている。
カナエはカナヲにコインを渡して、1人の時はコインの裏表で行動を決めればいいと伝えるのであった。

「栗花落カナヲ」の過去・魅力まとめ|しのぶやカナエとの関係について鬼滅の刃(きめつのやいば)の「栗花落カナヲ(つゆりかなを)」の解説記事です。カナヲの過去、花の呼吸、カナエ・しのぶとの出会い、柱になるの...

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻

鬼滅の刃の記事一覧はこちら

鬼滅の刃7巻が無料で読める!

鬼滅の刃7巻の表紙(伊之助)
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで、鬼滅の刃7巻を「無料」で読むことができます!7巻だけではなく、今話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。