鬼滅の刃

鬼滅の刃「11巻」のネタバレと考察・あらすじまとめ|無料で読む方法

鬼滅の刃(きめつのやいば)の11巻のネタバレや考察、あらすじについてまとめています。原作89話〜97話について分かりやすく解説をしていきます。

鬼滅の刃11巻の概要

11巻のあらすじ

鬼滅の刃11巻の表紙(禰豆子)

上弦の陸の兄妹鬼、妓夫太郎と堕姫との花街での戦いは熾烈を極める。次第に柱の宇髄と連携がとれる炭治郎たちだが、宇随や伊之助、善逸は鬼の凶刃に倒れてしまう。仲間が倒れた今、炭治郎は二人の鬼を打ち破れるのか!?

11巻の要約

・堕姫と妓夫太郎との戦いがついに決着する
・堕姫と妓夫太郎の過去が明らかになる
・宇随は片腕と片目を失い、柱引退を決意する
・禰豆子の血気術により全員が一命を取り留める
・上弦の鬼が無限城に集められる

鬼滅の刃11巻のネタバレ前編「VS堕姫・妓夫太郎」

89話

妓夫太郎VS炭治郎・宇髄

堕姫・妓夫太郎の猛攻撃により倒壊する建物。宇随・炭治郎は敵の攻撃を回避することで精一杯だ。善逸・伊之助も、血鎌が邪魔で堕姫に接近できない。

しかし、雛鶴が放ったクナイが妓夫太郎の注意を散漫させ、宇随はその隙に足を斬ることに成功する。さらに、クナイには鬼を麻痺させる毒が塗られており、妓夫太郎の動きを一瞬止める。

炭治郎の刀は妓夫太郎の首を捉えようとしていた。動きに統制が取れ始める。

90話

普通の鬼ならば半日麻痺するほど毒を受けた妓夫太郎。しかし、一瞬のうちに毒を分解して血気術で炭治郎を反撃する。

宇随の咄嗟の行動で炭治郎は一命を取り止めるが、その隙に屋根の上にいる雛鶴が妓夫太郎に捕らえられてしまう。

宇随は帯に阻まれてその場から動くことができず、雛鶴は死を覚悟する。

だが炭治郎は諦めない。遠く離れた屋根の上にどうすればたどり着くかを思考する。次の瞬間、炭治郎は妓夫太郎の腕を切断し、雛鶴を取り戻していた。

炭治郎は、水の呼吸とヒノカミ神楽を合わせて使っていた。水の呼吸よりも威力の高い攻撃を繰り出しながら、ヒノカミ神楽よりも長い距離を移動できたのだった。

呼吸が派生していったように、自分に合った形に呼吸と技を変化させることに成功する。

妓夫太郎は雛鶴を庇う炭治郎に刃を向けるが、背後から迫る宇随が首を捉えかける。

91話

善逸と伊之助は、堕姫の攻撃を回避することに精一杯で、いまだに距離を詰めることができない。
焦る伊之助だったが、善逸は戦況を冷静に分析して、焦らず無理せず首を狙うよう諭す。

一方炭治郎たちも、3本の刀で妓夫太郎の首を狙うが、全てを防がれてしまい首の切断には至らない。
妓夫太郎は宇随の刀を掴んだ状態で血気術を繰り出し、宇随は妓夫太郎とともに建物から落下してゆく。

2対1でもいまだに部が悪く、作戦変更が余儀なくされた。
妓夫太郎を一時的に宇随1人に任せ、炭治郎・善逸・伊之助の3人で堕姫の首を狙うことにする。

炭治郎と善逸が堕姫の帯の対処を行い、その隙に伊之助は防御もせずに堕姫に急接近してゆく。伊之助の2本の刀は堕姫の柔らかい首を捉え、捻じ切るようにして首を切断することに成功する。

92話

宇随が妓夫太郎の首を斬ることを信じて、伊之助は堕姫の首を持って逃げる。堕姫の体が攻撃を続けるも、首を斬られ弱体化しており、伊之助1人でも対処可能だった。

しかし、逃げる伊之助の胸部に刺さったのは妓夫太郎の鎌。妓夫太郎は宇随を倒し、こちらの戦闘に介入したのだった。炭治郎が屋根の下を見ると、宇随の死体が片腕を切断された状態で転がっている。

堕姫の攻撃が残った炭治郎と善逸を襲う。2人のいる建物は倒壊し、炭治郎は意識を失ってしまう。

気を失った炭治郎は夢の中で禰豆子と出会い目を覚ます。しかし目の前にいたのは妓夫太郎であり、善逸たちは致命傷を負い、無残に横たわっていた。

炭治郎の木箱から禰豆子の気配に気づいた妓夫太郎。妹の禰豆子を守りきれていない炭治郎を嘲笑し、指の骨を折る。

天を仰ぐ炭治郎。妓夫太郎の目には炭治郎が絶望したかのように見えた。しかし、炭治郎の頭は振り下ろされ、頭突きを妓夫太郎に食らわせる。

妓夫太郎はぐらつき立つことができない。頭突き如きでふらつく訳がないと考えた妓夫太郎、その足にはいつの間にかクナイが刺さっていた。

炭治郎は頭突きと同時にクナイを刺し、一瞬だけ妓夫太郎の動きを止めることに成功する。炭治郎の刀はついに妓夫太郎の首を捉えた。

堕姫・妓夫太郎記事のアイキャッチ画像
元・上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」強さや過去|兄妹愛の原点について鬼滅の刃(きめつのやいば)の上弦の陸「堕姫・妓夫太郎(だき・ぎゅうたろう)」の解説記事です。堕姫・妓夫太郎の過去、死亡理由、血気術についても考察しています。...

鬼滅の刃11巻のネタバレ中編「決着」

93話

妓夫太郎の首を攻撃する炭治郎
炭治郎は渾身の力を振り絞りながら、妓夫太郎の硬い首に刃を押し込み続ける。

堕姫は炭治郎を止めようとするが、ガレキの中から突如飛び上がった善逸が神速で移動し、堕姫の首を捉える。
1本の刀で堕姫の柔らかい首を切断するのは難しいが、あと一押しすれば切断できそうだった。

一方妓夫太郎は毒を分解し血気術を繰り出し、炭治郎の刃を押し戻し始める。一転して妓夫太郎の刃が炭治郎に迫る。

そこで妓夫太郎の刀を受け止めたのは、死んだはずの宇随だった。宇随は毒の回りを遅くするために一時的に心臓を止めていたのだ。

宇随は、妓夫太郎の攻撃動作の癖や死角を分析し、片腕ながらも妓夫太郎の攻撃を捌き続ける。片目を失っても腹を刺されても立ち向かい続ける。

宇随の猛反撃で妓夫太郎に一瞬隙ができる。妓夫太郎に再度接近してゆく炭治郎。妓夫太郎の鎌で顎部分を刺されるも、絶対に首を斬るという意志で前へ進んでゆく。

94話

妹の堕姫を操りながら2人分の多大な情報を処理し、的確な判断を下す妓夫太郎。その妓夫太郎の首を炭治郎は再び捉える。

額の痣の形が変化するほど渾身の力を振り絞り、炭治郎の刃は妓夫太郎の首を切断してゆく。

一方善逸は、堕姫の首を斬るまでに後1押しの力が足りない。その最後の1押しとなったのは、致命傷を逃れて起き上がった伊之助の刀だった。

炭治郎・善逸・伊之助の3人は叫びながら渾身の力で刃を振るう。次の瞬間、堕姫と妓夫太郎の首は宙を舞っていた。

首を斬って、その場の全員が安堵した。しかし、妓夫太郎が首を斬られる直前に放った血気術が、妓夫太郎の体から飛び出す。

毒を食らった炭治郎はその場を動くことができない。

95話

炭治郎が目を覚ますと、そこには禰豆子がいた。妓夫太郎の血気術から炭治郎を救ったのは禰豆子のようだった。

炭治郎はいつの間にか毒が完治していることに気づくも、いったん考えることをやめて善逸と伊之助の元に向かう。特に伊之助は妓夫太郎の毒を喰らっており重体で、心臓の鼓動が徐々に弱まってゆく。

対処法が思い浮かばず絶望する炭治郎だったが禰豆子が爆血を放つと、毒で爛れた皮膚は完治し伊之助は意識を取り戻す。

禰豆子の爆血には、鬼の毒を分解する効果があるようだった。宇随もまだ息があったので、急いで爆血を使い毒を分解する。

みんなの無事を確認したのち、珠世に送るための血を回収する炭治郎。その近くでお互いを罵倒し合う堕姫・妓夫太郎を見つける。

ねずこのアイキャッチ画像
【鬼滅の刃】竈門禰豆子(ねずこ)の強さ・魅力まとめ|太陽克服の理由は青い彼岸花が影響しているかも鬼滅の刃(きめつのやいば)の「竈門禰豆子(かまどねずこ)」の解説記事です。禰豆子の強さ、魅力、太陽克服の理由、無惨に吸収されるかについても考察しています。...

鬼滅の刃11巻のネタバレ後編「上弦の鬼討伐」

96話

優しく手をかざす炭治郎

死期が迫った堕姫・妓夫太郎は、負けた原因をなすりつけ合いお互いを罵倒していた。

その様子を見ていられなくなった炭治郎は、妓夫太郎の口元に優しく手をかざし、全部嘘だよ、とつぶやく。

人を食ったおこないは誰も許してくれない。味方してくれる人などいない。だからせめて2人だけはお互いを罵りあったら駄目だと伝えるのであった。

死を目前にした妓夫太郎は堕姫の人間時代の名前である「梅」と呼ぶ。妓夫太郎は人間の頃のことを思い出す。

—–
遊郭の最下層に生まれた妓夫太郎は、生まれる前から何度も殺されそうになり、生まれてからは虫や鼠を食べて必死に生きていた。醜い容姿や声を嘲られ、石を投げられる日々。遊び道具は鎌しかなかった。

そんな妓夫太郎の人生を変えたのは、妹の梅が生まれたことだった。大人がたじろぐほど綺麗な顔をしていた梅は美貌が価値基準の遊郭で評価され、妓夫太郎の自慢の妹であった。

梅によって劣等感が吹き飛ばされた妓夫太郎は取り立て屋を始め、人生は良い方向に回り始めてゆく。

しかし、梅が13歳になった時に悲劇は起きる。梅は客である侍の目を簪で刺して失明させたことで報復に丸焼けにされ、妓夫太郎は背後から侍に斬られてしまう。

侍を殺したものの、2人は路上に倒れこむ。2人を見ても人間は誰も助けようとしない。死期が迫る2人を助けたのは、当時の上弦の陸であった。

堕姫・妓夫太郎記事のアイキャッチ画像
元・上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」強さや過去|兄妹愛の原点について鬼滅の刃(きめつのやいば)の上弦の陸「堕姫・妓夫太郎(だき・ぎゅうたろう)」の解説記事です。堕姫・妓夫太郎の過去、死亡理由、血気術についても考察しています。...

97話

妓夫太郎は後悔していた。自分が梅を育ててしまったことで、梅は侍の目を刺してしまい殺されてしまったのではないかと。

死後の世界と思われる場所で、妓夫太郎と梅は再会する。自分と一緒にいると梅が不幸になると考えた妓夫太郎は梅を突き放すが、梅は泣いてでも妓夫太郎の元を離れない。

梅は人間時代の約束を覚えていた。妓夫太郎とずっと一緒にいるという約束を。妓夫太郎は梅を背負い、2人は覚悟を決めて地獄に向かってゆく。炭治郎と禰豆子に見守られ、堕姫・妓夫太郎の体は塵となった。

一方宇髄のもとには蛇柱の伊黒が駆けつけていた。勝利を褒め讃えつつも、煉獄に続き宇髄も柱から抜けそうなので静止している。

しかし宇髄の引退の意思は固い。炭治郎たち若手が着々と育ってきていたためだった。伊黒は上弦との戦いで炭治郎が生き残ったことに驚きを隠せない。

一方産屋敷邸では、上弦討伐の報を受けた輝哉が血を吐きながらも興奮を抑えられずにいた。
100年以上変わらなかった上弦の顔ぶれがついに変わったのだ。輝哉は、一族の汚点である無惨をこの代で必ず倒すと決意する。

無惨の本拠地である無限城には、上弦の鬼が集められていた。

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻

鬼滅の刃の記事一覧はこちら

鬼滅の刃11巻が無料で読める!

鬼滅の刃11巻の表紙(禰豆子)
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで、鬼滅の刃11巻を「無料」で読むことができます!11巻だけではなく、今話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。