鬼滅の刃

鬼滅の刃「1巻」のネタバレと考察・あらすじまとめ|無料で読む方法

鬼滅の刃(きめつのやいば)の1巻のネタバレや考察、あらすじについてまとめています。原作1話〜7話について分かりやすく解説をしていきます。

鬼滅の刃1巻の概要

1巻のあらすじ

鬼滅の刃1巻の表紙(炭治郎と禰豆子)

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!

1巻の要約

・主人公は炭治郎とその妹で鬼である禰豆子が登場
・鬼狩りの剣士になるため鱗滝のもとで修行をする
・鬼狩りとしての最後の試練「最終選別」を受ける

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
21巻 22巻 23巻

単行本のネタバレまとめ

鬼滅の刃1巻のネタバレ前編「炭治郎と禰豆子」

1話

ねずこを背負う炭治郎

山奥で、母と兄弟5人と共に暮らす少年。名を炭治郎という。父を早くに亡くした炭治郎は、家族のために町へ炭を売りに向かう。

炭治郎は町の人々から人気だった。人より鼻が利き、匂いを嗅ぐことで人々の揉め事を解決していたためである。

炭売りが終わり帰る頃にはすっかり日が暮れていた。帰路の途中で炭治郎は、三郎爺さんに引き止められる。三郎爺さん曰く、夜には鬼が出るのだという。

「ここに泊まれ」と説得された炭治郎は三郎の家で一泊する。

翌朝、炭治郎は山奥の自宅へ向かう。家が近づくにつれ、血の匂いが濃くなってゆく。家族に何かあったのではないかと炭治郎は感じ取るのだった。

家に戻ると、玄関先で2人が血を流して倒れていた。家の中を見ると、残りの4人も全員死んでいる。炭治郎の全身から汗が吹き出し、目から涙がこぼれ落ちる。

家族の中で唯一妹の禰豆子はまだ息があったため、炭治郎は禰豆子を背負い、医者の元へ向かう。下山途中で、背負っていた禰豆子が突如奇声をあげた。

禰豆子はなぜか鬼になっていた。理性を失っており、炭治郎に被さるように襲いかかる。炭治郎が涙ながらに説得を試みると、禰豆子は理性を取り戻したようだった。

そこへ謎の男が現れ、禰豆子に斬りかかる。男の名は冨岡義勇という。間一髪で攻撃をかわすが、すぐに禰豆子を捕らえられてしまう。

義勇いわく、傷口から鬼の血が入って鬼になったのだという。また、鬼を斬ることが自分の仕事であり、禰豆子の首も容赦無く斬ると告げるのであった。

禰豆子を助けて欲しいと炭治郎は頭を下げるが、義勇は他人任せな炭治郎を叱責し戦うよう鼓舞する。

炭治郎は刺し違える覚悟で男に立ち向かい、石と斧であと一歩のところまで追い詰めるのであった。しかし、あと一歩のところで気絶させられた炭治郎。

鬼の禰豆子は気絶した炭治郎の元へ走る。食べるかと思われたが、禰豆子は炭治郎を守る姿勢を見せた。

この2人は何か違う、そう感じ取った義勇は2人に狭霧山の鱗滝左近次という人物を訪ねるように伝えるのであった。

2人は亡くなった家族を埋葬し、狭霧山へ向かって走り出す。

冨岡義勇記事のアイキャッチ
【鬼滅の刃】水柱「冨岡義勇」の強さ・魅力や特徴まとめ|錆兎との過去鬼滅の刃(きめつのやいば)の水柱「冨岡義勇」の解説記事です。義勇の強さや会得した型、錆兎との関係、死亡説についても考察しています。...

2話

鬼となった禰豆子は、日光の差す場所を歩くことができない。日中も狭霧山へ向かい移動できるように、道中で出会った方にお金を払い、籠と竹を確保する。

禰豆子は体を縮小させて籠の中に入り、炭治郎はその籠を背負って狭霧山へ向かった。気づくとすでに日が暮れていたが、1つ山を越える必要があったため、夜通し山の中を進んでいく。

道中に明かりのついたお堂を見つける。中を覗くとそこにいたのは人喰い鬼だった。鬼は炭治郎に襲いかかる。炭治郎は持っていた斧で鬼の首を斬るが、鬼の傷はすぐに癒えてゆく。

禰豆子が鬼の首を蹴り飛ばすも、首と胴体に分かれた鬼は生きていた。炭治郎に襲いかかる鬼の首。炭治郎は頭突きでなんとか怯ませ、鬼を斧ごと木に張り付ける。残った胴体は崖から落とした。

胴体がひどく損傷し気絶する鬼。鬼は不死だが、ダメージは通るようだ。炭治郎は小刀を取り出して鬼に止めを刺そうとする。

そこへ天狗の面をつけた男が登場。男は「そんなものでは止めを刺せん」と炭治郎に告げる。

3話

天狗の面の男、彼こそが義勇の言っていた鱗滝左近次だった。義勇は鱗滝に事前に手紙を送っており、手紙には以下のことが書かれていた。

・少年と鬼の少女を向かわせたこと
・鬼の少女は人間を襲わないと判断したこと
・少年を鬼殺の剣士として育てて欲しいこと

どうすれば目の前の鬼を殺せるか、鱗滝は炭治郎に自分の頭で考えるよう伝える。炭治郎は石で頭をすりつぶすことにするが、鬼に同情してしまい行動に移せない。

決断できないまま夜が明けた。そして、日光を浴びた鬼は消滅したのだった。鬼は日光で倒すことができるようだ。

鱗滝は炭治郎に判断が遅いことを指摘した後、鬼殺の剣士として相応しいかを試すと告げる。その試験とは、多くの罠が仕掛けられた山から、夜明けまでに下山すること。

山は空気が薄く、様々な罠が仕掛けられている。走ることも困難だった。炭治郎は嗅覚を研ぎ澄まし、罠をできる限り回避して進む。流血し泥だらけになるも、なんとか下山に成功するのだった。

鱗滝は下山した炭治郎に「お前を認める、竈門炭治郎」告げる。

鬼滅の刃1巻のネタバレ中編「鱗滝との修行」

4話

鬼を狩る政府非公認の組織「鬼殺隊」。隊員は数百名で構成されているが、それ以外は謎に包まれている。

敵対する存在「鬼」の主食は人間。身体能力が高く、傷などもたちどころに治る。太陽の光か特別な刀で首を切り落とさない限り死なない。それでも屈強な鬼に立ち向かうのが鬼殺の剣士である。

鱗滝は鬼殺隊へ入る剣士を育てる「育手」であった。藤襲山で行われる「最終選別」を突破できるレベルまで、炭治郎を育て上げるのが仕事である。

修行が始まり、基礎体力作り・刀の使い方・受け身の訓練・呼吸法まで鱗滝から直々に教えを受ける。ちなみに禰豆子は狭霧山へ来てからずっと眠り続けていた。

炭治郎は禰豆子を心配しながらも修行を毎日こなしてゆく。そして、狭霧山に来てから1年が経過した頃、鱗滝直々の修行は終わりを迎えた。

鱗滝は教えたことを自身で昇華させ、巨大な岩を斬ることができたら炭治郎が最終選別に行くことを許可するという。しかし半年経っても岩は斬れない。

苦悩し葛藤する炭治郎。その時、狐の面を被った少年が炭治郎の前に現れ斬りかかる。

5話

錆兎と打ち合う炭治郎

狐面の少年の名は「錆兎」と言い、岩を斬ったことがあった。狐面の少年いわく、鱗滝から習った「全集中の呼吸」を炭治郎は使いこなせていないという。

錆兎は炭治郎と刀で打ち合い、木刀でありながらも炭治郎を圧倒する。打ち合いの末に、炭治郎は顎を捉えられてしまい気絶するのであった。

目を覚ますと、そこには狐面の少女がいた。少女の名前は「真菰」。錆兎と真菰は鱗滝が育てた2人だった。鱗滝のことが大好きだという真菰は、炭治郎に剣術のアドバイスをする。

「全集中の呼吸」についても再度教えを受けた炭治郎は、半年間の間修行を続け木刀の錆兎に挑み続けた。

そしてついに半年後、錆兎は真剣を持って炭治郎の前に現れる。真剣での戦いであり、戦いはすぐに決着する。初めて、炭治郎の刃が錆兎を捉えたのであった。

錆兎の面が半分に割れ、錆兎は安心したような笑顔を炭治郎に見せた。気づくと錆兎と真菰は消えていて、錆兎の面を斬ったはずの刀は、岩を斬っていた。

鬼滅の刃1巻のネタバレ後編「最終選別」

6話

通常の刃物で鬼の首を切っても殺せない。鬼殺隊の持つ刀は特別な鋼で作られており、鬼を狩ることができる。刀の名を「日輪刀」という。

炭治郎が錆兎に勝てた理由は「隙の糸」の匂いが分かったからだという。糸は炭治郎の刃から相手の隙に繋がっていて、ピンと張る。その糸を頼りに斬ると、相手に致命傷を与えることができるのだった。

鱗滝は岩を斬った炭治郎を褒め称える。狐柄の「厄除の面」を炭治郎に渡し、最終選別へ送り出す。眠り続ける禰豆子を連れてはいけないので、一時的に鱗滝が預かることにした。

藤の花が咲き誇る藤襲山。最終選別の合格条件とは、鬼のいる山の中で7日間生き抜くこと。選別が始まり、集まった剣士達は山の中へ入っていく。

早速炭治郎は、水の呼吸で2体の鬼を討ち取ることに成功する。修行の成果を実感する炭治郎。しかし異臭とともに次に現れたのは、人外な形をした異形の鬼であった。

炭治郎は怯みながらも、異形の腕を切断し襲われている人を助ける。

7話


喰った人間の数を話す手鬼
異形の鬼「手鬼」は炭治郎に年号を尋ねる。大正時代であることを伝えると、手鬼は激昂し「鱗滝め」と叫ぶのであった。手鬼は江戸時代に鱗滝の手によって捉えられたのだという。

手鬼は50人以上の人を喰らい、狐面をつけた鱗滝の弟子を13人も喰っていた。錆兎と真菰もそのうちに含まれている。

怒りに震える炭治郎は、手鬼に斬りかかる。反撃を受けて一度は気絶するものの、すぐに体勢を立て直し、匂いを頼りに手鬼の攻撃をかわす。

攻撃を交わした末に手鬼の首元まで接近した炭治郎。隙の糸を頼りに、錆兎でも斬れなかった手鬼の首を切断するのであった。

炭治郎のアイキャッチ画像
【鬼滅の刃】竈門炭治郎の強さ・呼吸や型、死亡説など|考察まとめ鬼滅の刃(きめつのやいば)の「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」の解説記事です。炭治郎の名言、痣、刀、日の呼吸、カナヲとの関係についても考...
ねずこのアイキャッチ画像
【鬼滅の刃】竈門禰豆子(ねずこ)の強さ・魅力まとめ|太陽克服の理由は青い彼岸花が影響しているかも鬼滅の刃(きめつのやいば)の「竈門禰豆子(かまどねずこ)」の解説記事です。禰豆子の強さ、魅力、太陽克服の理由、無惨に吸収されるかについても考察しています。...

単行本のネタバレ一覧

鬼滅の単行本一覧
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
21巻 22巻 23巻

単行本のネタバレまとめ

鬼滅の刃1巻が無料で読める!

鬼滅の刃1巻の表紙(炭治郎と禰豆子)
U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで、鬼滅の刃1巻を「無料」で読むことができます!1巻だけではなく、今話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。