鬼滅の刃

鬼滅の刃18巻では猗窩座戦が終結!強さだけを追い求めるその裏には哀しい過去があった

鬼滅の刃18巻の詳細について情報をまとめています。収録話数や簡単なネタバレ/あらすじ、ポストカード特典の入手場所などについて紹介しているので、購入を考えている方の参考になれば幸いです。また#日本一慈しい鬼退治のTwitterキャンペーンについても解説しています。

鬼滅の刃18巻について

18巻の発売は12月4日(水)

鬼滅の刃18巻の発売日時が記載されている画像

収録は152話〜160話

鬼滅の刃18巻は、152話から160話(本誌2019年18号〜27号)の計9話がおそらく収録されています。

収録話一覧

  • 152話「透き通る世界」
  • 153話「引かれる」
  • 154話「懐古強襲」
  • 155話「役立たずの狛犬」
  • 156話「ありがとう」
  • 157話「舞い戻る魂」
  • 158話「破茶滅茶」
  • 159話「顔」
  • 160話「重なる面影・蘇る記憶」
  • 18巻の見どころ/おすすめポイント

    152話〜156話では、佳境に入った猗窩座戦(と猗窩座自身の回想)がメインに描かれます。

    猗窩座VS炭治郎&義勇の戦いの行方はどうなるのか?
    そして、猗窩座が鬼になった哀しいいきさつはどういったものなのか?

    個人的に猗窩座の回想は、鬼の中で一番好きな話なのでぜひ18巻を購入して読んでみてください。

    また、157話〜160話では童磨VSカナヲの戦いに戻ることになり、苦戦するカナヲのもとにとある人物が助っ人として乱入してきます。そしてその人物の知られざる過去についても、語られることになるので必見です。

    鬼滅の刃157話のネタバレとあらすじ猗窩座(上弦の参の鬼)を倒したが、戦いの消耗が激しく炭次郎と義勇はそのまま気絶してしまう。 また、猗窩座の気配が消えたことを黒死牟(上...

    19巻についてはこちら

    伊黒が表紙の鬼滅の刃19巻
    鬼滅の刃19巻は2/4が発売日!童磨戦を経て、ついに上弦の壱「黒死牟」と遭遇鬼滅の刃19巻の発売日など、詳細について情報をまとめています。収録話数や簡単なネタバレ/あらすじなどについて、本誌をベースに紹介している...

    単行本のネタバレ一覧

    鬼滅の単行本一覧
    1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
    6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
    11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
    16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
    21巻 22巻 23巻

    18巻発売キャンペーンについて

    購入特典オリジナルカード


    鬼滅の刃18巻を書店で購入すると、数量限定でオリジナルカードが入手できます。

    特典配布店舗の一覧はこちらから

    Twitterキャンペーンについて

    画像の一例(炭治郎と禰豆子)
    18巻発売を記念して、Twitterで特定のつぶやきをすると、オリジナルカードと同様の画像を入手できるキャンペーンが実施中です。

    詳しくは特設ページから。
    日本一慈しい鬼退治キャンペーン特設ページ

    画像を保存する方法

    キャンペーン公式Twitterから送られてきたリンクを開いても、特設ページに飛ぶだけで画像が保存できません。

    これを保存するためには、
    ・TwitterをWebブラウザ(safariやChrome)で開く
    ・Webブラウザで画像を長押しして保存する

    といった手順が必要になります。

    もし「画像が保存できない」という方がいたら、上記方法を参考に画像を保存してみてください。

    週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

    時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
    ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
    唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
    その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

    鬼と人との切ない物語__。

    【最新話あり】全話ネタバレまとめ

    鬼滅の刃ネタバレ人気記事

    【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌5/18更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

    (C)吾峠呼世晴
    ※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。