鬼滅の刃

煉獄杏寿郎のプロフィール|炎の呼吸の剣技一覧や誕生日、身長体重【鬼滅の刃】

鬼滅の刃の登場キャラクター「炎柱・煉獄杏寿郎」のプロフィールについてまとめています。誕生日や身長体重、出身地、炎の呼吸についても解説しているので、煉獄さんを詳しく知りたい方は参考にしてください。

この記事は、重大なネタバレが含まれる可能性があります。アニメ派の方や、本誌をまだ読み進めていない方が閲覧する際はご注意ください。

炎柱・煉獄杏寿郎のプロフィール

煉獄杏寿郎の紹介画像

俺は俺の責務を全うする!!
ここにいる者は誰も死なせない!!

簡易プロフィール

名前 煉獄杏寿郎
階級 元・炎柱(えんばしら)
誕生日 5月10日
身長 177cm
体重 72kg
出身地 東京府 荏原郡 駒澤村
(東京都 世田谷区 桜新町)
趣味 能や歌舞伎、相撲観戦
好きなもの さつまいもの味噌汁

煉獄杏寿郎について

人間愛に溢れ、威勢や責任感が人一倍強い。
千寿郎という弟が1人と、元炎柱の父がいる。

炭治郎の処遇について話している煉獄杏寿郎
初登場シーンは柱合会議で、炭治郎の処分について相談していたとき。
当時は、鬼である禰豆子をかばう炭治郎に対して、規律だからと有無を言わさず斬首しようとしていた。

のちに、禰豆子が無限列車で血を流しながら人間たちを守っていたのを目の当たりにして、「鬼であろうとも信用できる鬼殺隊の一員だ」と認識を改める。

最期の言葉を残す煉獄杏寿郎
無限列車にて下弦の壱「魘夢」から乗客200人以上を守り抜く。しかし、その後現れた上弦の参「猗窩座」と交戦し、撤退させたものの瀕死の重傷を負い、炭治郎たちを奮い立たせる言葉を遺し死亡する。

炭治郎たちが成長するきっかけを与えた、物語のキーパーソンである。

炎の呼吸の型一覧

壱ノ型「不知火」

炎の呼吸「不知火」の画像
高速で敵の懐まで踏み込み一閃する剣技。

弐ノ型「昇り炎天」

炎の呼吸「昇り炎天」の画像
円を描くように切り上げる剣技。

肆ノ型「盛炎のうねり」


乱れ咲く炎がうねらせながら、相手の攻撃を防ぐ。

伍ノ型「炎虎」


咆哮する虎のような炎を生み出し相手へとぶつける剣技。

奥義・玖ノ型「煉獄」


ビームのような主砲と、まわりを纏う炎によって構成される炎の呼吸の奥義。

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。