鬼滅の刃

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

鬼滅の刃(きめつのやいば)の蟲柱「胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)」の解説・考察記事です。しのぶの強さや会得した型、カナエとの過去、しのぶの死亡理由、などについても解説しています。

現在の登場人物の状況まとめ

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌1/20更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

しのぶが登場している外伝

冨岡義勇外伝の表紙
【鬼滅の刃】冨岡義勇外伝のネタバレ|義勇としのぶが向かった雪山で起きた哀しいできごと鬼滅の刃の「冨岡義勇外伝 前編&後編」のネタバレ考察です。義勇が召集を受けて向かった雪山で起きた悲劇とは……?また、冨岡義勇外伝を読む方...

胡蝶しのぶとは?

鬼殺隊の最高戦力「蟲柱」

胡蝶しのぶの画像

胡蝶しのぶとは、鬼殺隊の最高戦力「柱」の1人です。自身の開発した鬼殺しの毒を、日輪刀を通じて鬼に注入することで鬼を倒します。首を切らずに鬼を倒すことができる唯一の柱です。

首を切らない特殊な戦闘方法のため、蝶のように舞い蜂のように刀を突き刺す独自の型「蟲の呼吸」を使い戦います。

隊士の怪我の治療も行う

両親が薬学の仕事に従事していたこともあり、鬼を殺す毒の開発だけでなく、回復医療にも精通しています。怪我を負った隊士の治療も行う、鬼殺隊に欠かせない存在です。

胡蝶しのぶの強さ・呼吸と型

速さは歴代の柱をも凌ぐ

毒を注入するために洗練された突きは、とても鋭く岩をも砕きます。突きの速度は「今まで出会った柱の中で1番」だと、上弦の弐からも賞賛されるほどでした。

蝶ノ舞「戯れ」

蝶の舞戯れの画像

蝶のような軽やかな動きで、鬼に素早く毒の刀を突き刺す技。

蜂牙ノ舞「真靡き/まなびき」

蜂牙の舞真靡きの画像

上弦の弐「童磨」との戦いで使用した技。突きの速度は、上弦の弐でも防ぎきれないほどの速さです。

蜻蛉ノ舞「複眼六角」

複眼六角の画像

突きを6回連続で繰り出し、大量の毒を打ち込む技。

蜈蚣ノ舞「百足蛇腹」

百足蛇腹の画像

地面を抉るほどの力強い踏み込みで動き回り、敵を撹乱。隙をついて強力な突きを打ち込む技。

胡蝶しのぶの性格・魅力

苦悩しながら姉の思いを繋ぐ

苦悩するしのぶ

最愛の姉の死後、姉の思いを絶やさぬために、しのぶは2つのことを実行します。1つ目は「姉が好きだと言ってくれた笑顔を絶やさぬこと」。元々短気な性格でしたが、頻繁に笑顔を振りまくようになります。

2つ目は「鬼を殺し、鬼と人を救うこと」。これは胡蝶カナエの夢であり、しのぶはこの夢を受け継ぐことを決意します。鬼を哀れみ、殺しの因果から解放しようとした姉カナエの願いを実現するために。

しかししのぶは、鬼を哀れむ気持ちをずっと理解できずにいました。鬼に対して募るのは憎悪ばかり。「鬼を哀れむべき。でも憎んでしまう。」という2つの思いに板挟みになりながら、しのぶは鬼殺を続けるのです。

可愛さとは裏腹に毒舌

地獄に堕ちろと言葉を吐くしのぶ

しのぶは可愛げで穏やかな雰囲気を持ち、話し方も柔らかいです。しかし、憎悪の対象である鬼に対しては、非常に辛辣な言葉を言い放ちます。

普段は人に優しく接し、鬼に対しては毅然とした態度をとる。その振り幅の大きいギャップが、しのぶの魅力の1つでもあります。

教育者として優秀な側面

炭治郎たちに全集中の呼吸・常中を教えるしのぶ

しのぶは戦闘・薬学に加え、人に何かを教えることも得意です。全集中の呼吸・常中の会得に苦戦する伊之助と善逸たちを、一言で鼓舞し会得へ向けて行動させるなど、教育者として優れた資質を持つことが伺えます。

また、柱という多忙な身分でありながらも、訓練に励む炭治郎たちの元に幾度か足を運ぶしのぶ。責任感を持ち部下の成長を見守る、面倒見の良い性格でもあります。

仇打ちのため命をもかける覚悟

命をかけて鬼を弱らすことを伝えるしのぶ

姉の仇である上弦の鬼を倒すため、1年間かけて全身に藤の花の毒を仕込みます。致死量の70倍にも及び、副作用で人間のしのぶもいつ死んでもおかしくない状況でした。仇である上弦の弐を必ず殺すというしのぶの覚悟の強さが表れています。

しのぶと姉カナエの過去について

姉カナエと共に鬼殺隊へ

しのぶとカナエが約束するシーン

しのぶには、胡蝶カナエという双子の姉がいました。鬼に襲われ両親は死んでしまいますが、駆けつけた悲鳴嶼が鬼を退治し、しのぶとカナエは生き残ります。

その後2人は悲鳴嶼の元を訪れ、育手の訓練を受け鬼殺隊へ入隊。自分たちと同じ境遇を生み出さないよう、2人は鬼を殺すことを誓うのです。カナエは花の呼吸を極め、花柱まで登りつめました。

カナエが上弦の鬼に敗れ死亡

カナエが死亡するシーン

しかしある日カナエは、上弦の鬼「童磨」と遭遇し致命傷を負ってしまいます。死期が迫ったカナエは、しのぶが上弦の鬼に殺されないようにするため「鬼殺隊を辞めなさい」と伝えます。

唯一の家族カナエが死んでしまい、悲しみにくれるしのぶ。しかしそれでも鬼殺隊を辞めず、姉の仇を取ることを決意します。体格差を埋めるため血の滲むような努力を重ね、柱の地位まで至ります。

炭治郎に姉の夢を託す

炭治郎と話すシーン

姉の思いを胸に抱き、鬼狩りを続けてきたしのぶ。しかし「鬼を哀れむ」という気持ちだけは、どうしても理解できないのでした。

そんな中、鬼の禰豆子と支え合いながら鬼殺をする炭治郎と出会います。しのぶは、炭治郎が姉と同じ「鬼への同情心」を持つことを感じ、自分が叶えられなかった姉カナエの夢を炭治郎に託します。

胡蝶しのぶは死亡した?どんな最後?

上弦の弍「童磨」との戦いで死亡

143話で、上弦の弐「童磨」の体内に吸収され死亡します。吸収される間際にカナヲが駆けつけますが、間に合わず取り込まれてしまうのです。

しのぶの死は鬼を殺すための罠だった

童磨の眼球が溶け出る画像

しかしこれは、格上である上弦の弐に勝つためにしのぶが考えた、捨て身の罠でした。しのぶは上弦の弐が女を喰うという情報を事前に手に入れており、自分の体に毒を仕込みあえて喰われることで倒すことを画策していたのです。

約1年間かけてしのぶの全身に仕込まれた毒は計37kg。致死量の70倍に相当する毒を摂取した童磨は、全身がドロドロに崩れ落ち、立つこともままならない状態。

そして毒で弱りきった童磨を、カナヲと伊之助が追い詰め、ついに首を切断するのです。上弦の弐に勝てたのは、しのぶの死があってこそでした。

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌1/20更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

胡蝶しのぶの名言セリフ(毒舌)

元々短気で勝気な性格だったこともあり、時おり刺々しい言葉を放つしのぶ。そんなしのぶの印象的なセリフを一部ご紹介します。

「とっととくたばれ糞野郎」

とっととくたばれ糞野郎と言うシーン

カナヲと伊之助に首を切られた上弦の弐「童磨」は、死後の世界と思われる場所でしのぶと再会。そこでしのぶは、童磨からまさかの愛の告白?を受けます。

それに対して遠慮なく、笑顔で「とっととくたばれ糞野郎」と言い放つのです。

「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」

那田蜘蛛山で、鬼をかばう冨岡義勇に対して放った言葉。感情をあまり出さない義勇ですが、この一言には流石に気にする仕草を見せます。

また、しのぶが人に対して初めて辛辣な言葉を口にしたシーンでもあり、しのぶのセリフの中でも特に印象的です。

「できて当然ですけれども」

「全集中の呼吸・常中」の会得に苦労している伊之助に対して放った言葉。プライドの高い伊之助の心に深く突き刺さります。一見意地悪な発言にも見えますが、実は伊之助を鼓舞するためでした。

胡蝶しのぶの担当声優・基本情報

声優は早見沙織さん

胡蝶しのぶの声を担当されたのは「早見沙織」さんです。『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の雪ノ下雪乃や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の新垣あやせなど、可愛らしい女性キャラを演じられています。

プロフィール

名前 胡蝶しのぶ
階級 蟲柱(むしばしら)
誕生日 2月24日
身長 151cm
体重 37kg
出身地 東京府 豊豊島郡 滝野川村
(東京都 北区 滝野川)
趣味 怪談話
好きなもの 生姜の佃煮

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。