鬼滅の刃

【鬼滅の刃】「我妻善逸」の強さ・魅力まとめ|兄弟子との過去について

鬼滅の刃(きめつのやいば)の「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」の解説記事です。善逸の過去、雷の呼吸、兄弟子獪岳との関係、柱になるのかについても考察しています。

この記事の目次

我妻善逸とは?来歴について

善逸の画像

我妻善逸は、鬼滅の刃のメインキャラクターです。雷の呼吸の使い手で、基本的には1つの型しか使うことができません。

普段は臆病で逃げぐせがありますが、恐怖が一定ラインを超えると気絶するように眠りに入り、凄まじい強さを発揮します。

善逸の来歴

竈門炭治郎立志編

鬼殺隊に所属する炭治郎の同期として登場。鬼と遭遇すると逃げ出すほど弱虫な性格ですが、気絶すると真の力を発揮し、型1つで鬼を一瞬で倒していきます。

那田蜘蛛山での戦いでは、壱ノ型を読まれ苦戦を強いられますが、霹靂一閃を6連続で繰り出すことで、蜘蛛鬼を討伐。剣士として大きく成長するのでした。

無限列車編

無限列車で起きている行方不明事件の解決任務に同行。炎柱「煉獄杏寿郎」と合流し、下弦の壱「魘夢」の討伐に挑みます。

炭治郎たちが鬼の首を探している間、善逸は乗客を命懸けで鬼から守り続けます。煉獄の協力もあり、200人の乗客を守り切ることに成功するのでした。

吉原遊郭編

音柱「宇髄天元」の任務に同行し、吉原遊廓で行方不明となった3人の嫁を探すことに。その遊郭を裏から支配していたのは、上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」でした。

柱3人分に匹敵する上弦の鬼を前に、圧倒される隊士たち。しかし、腕を失っても足が潰れても隊士たちは立ち上がり、鬼を徐々に追い詰めます。

そして善逸は伊之助の命がけの協力のもと、上弦の鬼の首を斬ることに成功するのでした。

無限城編

産屋敷のもとに鬼舞辻無惨が襲来。隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。善逸は無限城内で、兄弟子であり桑島の仇である獪岳と対峙。

上弦の鬼である獪岳を相手にしながら五角に戦う善逸。血気術と雷の呼吸の合わせ技を受けても、決して引くことはありません。

そして、善逸は土壇場で新たな型「炎雷神」を発動し、獪岳の首を切断するのでした。

最終決戦編

鬼の始祖無惨とついに対峙したものの、強烈な一撃を受けてしまい戦線離脱する善逸。その間に柱と炭治郎は、日の出まで無惨を食い止めようと死闘を繰り広げます。

無惨の圧倒的な力を前に次々と柱が離脱していく中、善逸は再び戦線に復帰。片足が機能停止に陥るも、無惨を日の出まで追い詰めることに成功し、無惨は消滅に至ります。

他の主役級キャラクター

その他のキャラクター一覧

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌5/18更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

善逸の強さ・能力

研ぎ澄まされた聴覚

善逸が音を聞く場面

並外れた聴覚を持ち、生き物の呼吸音・心音・血の巡る音を聞くことができます。注意深く耳を澄ますことで、相手の思考を読み取ることすら可能です。

人間に擬態した鬼を判別することもでき、戦闘内外問わず活躍する能力と言えます。

眠ることで本来の力を発揮

普段は緊張や恐怖で体が強張っている善逸。眠ることで本来の力を発揮します。命の危機を前に緊張・恐怖が限界を超えると、戦闘中でも失神するように眠りに落ちることが可能です。

俊敏さを生み出す脚力

鍛え上げられた脚力は凄まじく、踏み込みからの移動速度は炭治郎を凌ぐほど。足が骨折してしまうほどの踏み込みで、上弦の鬼が捉えられない速度で攻撃することも可能です。

善逸の性格・魅力

ヘタレ、でもどこか男らしい

ヘタレな善逸の画像

鍛錬を重ね鬼殺隊に入隊したものの、非常に臆病な性格をしている善逸。登場シーンでは、涙と鼻水を垂らしていることがほとんど。鬼が怖くて、年下の少年にも泣きついたこともありました。

そんな頼りない一面を持ちますが、時にたくましい姿を見せてくれるのが善逸です。自分を盾にして味方に逃げろと指示したり、相手が柱であっても引かずに立ち向かうことも。

人間としての弱さを持ちつつも、男らしい一面を兼ね添えるのが善逸の魅力といえます。

苦悩しながら育手の思いを受け繋ぐ

壱ノ型しか使えず、人一倍怯え泣く自分のことが大嫌いな善逸。それでも、自分を雷の呼吸の後継者として指名してくれた元鳴柱「桑島慈悟郎(爺ちゃん)」。桑島の期待に応えるため、挫けながらも鍛錬を重ねてきました。

結果的には兄弟子「獪岳」と共同で後継になりますが、桑島のために雷の呼吸を継承しようと、不仲な獪岳にも定期的に手紙を送り続けます。

自分を育ててくれた師範に対し、感謝の気持ちを忘れない素晴らしい心の持ち主です。

女性のことが好きすぎる

女の子に接触する善逸

女性がとにかく大好きで、初対面の女性に対して求婚を迫るなど、異常な執着心を見せます。その分、女性と仲良くする男性に対しては非常に嫉妬深く、相手が柱でも怒りに身を任せて暴言を吐くことも。

しかし、自身が女性と接触する際には、これ以上ない笑顔を浮かべます。女たらしの性格ですが、それを隠さず表に出すところが善逸の魅力とも言えるでしょう。

善逸の過去|鬼殺隊入隊まで

女性関係のトラブルで借金まみれに

鬼殺隊に入る前、善逸は今と変わらず女性が大好きでした。一時期は女性関係を巡り、トラブルに陥ります。惚れた女性に、別の男と駆け落ちするための金を貢がされて、借金まみれになってしまうのです。

桑島に助けられ弟子入りする

桑田から説教される善逸

窮地に陥った善逸。そんな彼を助けてくれたのは、育手であり元鳴柱の「桑島慈悟郎」でした。助けられた善逸は恩人である桑島の弟子になり、雷の呼吸の後継者となるため鍛錬に励むのです。

善逸より早く弟子入りしていた兄弟子「獪岳」とも、この時に出会います。桑島との関係は良好でしたが、獪岳との関係は、共同生活を続けるにつれて悪化していきました。

兄弟子「獪岳」との不和

兄弟子との口論

真面目に雷の呼吸習得に励む獪岳。彼にとって、壱ノ型しか使えず度々修行から逃げ出す善逸は、受け入れ難い存在でした。しかも桑島から告げられたのは「雷の呼吸は善逸と共同後継にする」ということ。

プライドの高い獪岳は、それを心の底で受け入れられず。善逸の耳には、獪岳の不満の音が常に聞こえていたのでした。

善逸と獪岳の共同生活は、獪岳の鬼殺隊入隊に伴い、終わりを迎えます。

雷に打たれ髪が金髪に

とある晴れた日のこと、修行に耐えられない善逸は木に登って隠れていました。桑島が必死に説得しますが、木から降りず泣きべそをかく善逸。

落雷に打たれてしまうのです。雷に打たれたことで、元々黒色だった髪は金髪に変化したのでした。

我妻善逸の名言3選

「これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ」

善逸の名言シーン

「兄弟子の鬼化」「育手の切腹」を手紙で知った善逸。獪岳の頸は自分が斬ると、覚悟を決めて言い放った言葉です。

普段は泣き叫ぶ善逸が、いつになく真剣な表情で語る姿。善逸の男らしさと覚悟の込められた一言に心打たれます。

「アタイ絶対吉原一の花魁になる!」

善子の名言

不慣れな女装をして吉原遊郭に潜入した善逸たち。炭治郎・伊之助がすぐに引き取られる中、引き取り手のつかなかった善逸は、宇髄により押し付けるように無料で店に引き渡されます。

「自分にひどい扱いをした宇髄を許さない」そんな善子の強い思いが込められた一言です。

「俺が直接炭治郎に話を聞く…だからお前は引っ込んでろ!」

善逸が伊之助と対峙した際に言い放った言葉。木箱の中の鬼(禰豆子)を殺そうとする伊之助から、木箱を死守します。

鬼殺隊の規範に反しながらも、誰よりも優しい音のする炭治郎を信じ、命をかけて禰豆子を守った名場面です。

善逸の名勝負3選

新・上弦の陸「獪岳」戦

かいがくとの画像

上弦の陸であり兄弟子である「獪岳」との1対1の戦い。単なる鬼討伐という意味合いだけでなく、弟子としてのけじめをつけるための戦いでもありました。

弐〜陸ノ型で善逸に猛攻を仕掛ける獪岳。しかし最終的には、壱ノ型しか使えなかった善逸が、厳しい修行の末に習得したオリジナルの漆ノ型で獪岳を倒します。

善逸の剣士としての成長を感じさせつつ、兄弟子との永遠の離別を迎える悲しい戦いでした。

獪岳のアイキャッチ画像
上弦の陸「獪岳(かいがく)」の過去・鬼になった理由|善逸との関係について鬼滅の刃(きめつのやいば)の上弦の陸「獪岳(かいがく)」の解説記事です。獪岳の過去、死亡理由、善逸との関係についても考察しています。 ...

「蜘蛛の鬼(兄)」戦

蜘蛛鬼との戦い

那多蜘蛛山での、蜘蛛の鬼(兄)との戦い。鬼の毒で全身が麻痺した上に、使える型の数が敵に読まれた厳しい戦闘でした。しかし、自身の型を6連撃にし、敵の想像を超えた攻撃で見事勝利を収めます。

戦闘中の過去回想で、善逸の修行時代が明らかになったことで、努力家であり苦労人である善逸に思わず感情移入してしまう戦いでもありました。

元・上弦の陸「堕姫」戦

堕姫に謝罪を求めるシーン

吉原遊郭での元・上弦の陸「堕姫」との戦い。戦闘シーンがかっこいいのはもちろんのこと、堕姫の女性に対する物扱いに異論を唱える姿が、非常に印象的でした。

相手が格上の上弦の陸と分かっていても、店の女の子を守り謝罪まで求める善逸。真面目で真っ直ぐな善逸の性格が、いつになく垣間見える戦いです。

堕姫・妓夫太郎記事のアイキャッチ画像
元・上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」強さや過去|兄妹愛の原点について鬼滅の刃(きめつのやいば)の上弦の陸「堕姫・妓夫太郎(だき・ぎゅうたろう)」の解説記事です。堕姫・妓夫太郎の過去、死亡理由、血気術についても考察しています。...

善逸の使用する雷の呼吸・型

壱ノ型「霹靂一閃」

霹靂一閃の画像

電光石火の勢いで鬼に接近し、一太刀で首を斬る技。

霹靂一閃・六連

霹靂一閃・六連の画像

霹靂一閃を6連続で繰り出す派生技。攻撃時には落雷の如き轟音が響き渡る。

霹靂一閃・八連

霹靂一閃・8連の画像

霹靂一閃を6連続で繰り出す派生技。攻撃はもちろん、多方向から迫る敵の技も切り払う。

霹靂一閃・神速

霹靂一閃神速の画像

足の骨が折れるほどの踏み込みで、通常の霹靂一閃を超える速度で敵を斬る。足への負担が大きく、1度の戦闘で2回までしか使えない。

漆ノ型「火雷神」

火雷神の画像

善逸が生み出したオリジナルの型。上弦の鬼でさえ目で追えない速度で接近し、一瞬で首を斬る。その姿は、まるで雷竜が空を駆けるよう。

善逸は死亡する?現代の子孫について

最終決戦の死闘を潜り抜け生存

無惨との戦いで強烈な一撃を受けてしまい一時は戦線離脱した善逸ですが、何度も立ち上がり無惨を追い詰め、生き残ることができました。

無惨が消滅した後は、雲取山の炭治郎家に向かい、炭治郎禰豆子伊之助と楽しく過ごす姿が描かれて、善逸の登場シーンは最期となります。

1970年頃に死亡か

無惨との最終決戦は1912〜1915年の出来事であり、善逸の年齢は16歳でした70歳を超える1970〜1980年ごろに亡くなったのではないでしょうか。

というのも1970年頃の男性平均寿命は約70歳。最終決戦から55年が経過していることになり、善逸の年齢がちょうど70歳となります。善逸が亡くなったならばこの時期でしょう。

現代編で子孫が登場

我妻義照の画像

現代編にて、子孫の我妻燈子・我妻義照が登場。善逸は禰豆子と結婚し、家庭を築いたようです。特に義照の見た目と性格は、善逸に瓜二つ。燈子は禰豆子似でした。

また善逸は、鬼と鬼殺隊の戦いを描いた「善逸伝」という小説を残しており、現代編にて子孫の義照が善逸伝を読んでいる描写がありました。

鬼との戦いは、小説という形で、現代へと受け継がれています。

現代編の子孫について

義勇・錆兎・真菰の子孫たち
【鬼滅の刃】現代の子孫・転生者まとめ|受け継がれている要素と細かい設定について鬼滅の刃(きめつのやいば)における、現代に生きる子孫・転生者たちを解説しています。炭治郎たちとの共通点や受け継がれている要素、細かい設定についても考察しています。...

善逸は何柱になる?

呼吸の適正を考慮すると鳴柱

鬼殺隊の柱になれるのは同時に9人のみ。193話時点では、霞柱・蟲柱・音柱・炎柱が欠けた状態です。さらに善逸は、柱就任条件である「十二鬼月討伐」を満たしています。

もし鬼舞辻を倒した後も鬼殺隊が存続する場合、善逸は柱になる可能性が高いでしょう。柱になる場合、呼吸の適正的に鳴柱だと思われます。

柱になりたい意思がある

自身を救ってくれた桑島に恩返しするため、桑島が生きている間に鳴柱になることを目標にしていました。あの世の桑島と再会する場面で、涙ながらにその言葉を伝えています。

残念ながら桑島は亡くなってしまいますが、善逸はその思いを実現するために、鳴柱まで至る可能性は高いでしょう。

弐〜陸ノ型が使えないことは問題ない

鳴柱になる場合、弐〜陸ノ型を使用できない善逸が認められるのか、という問題が考えられます。しかし、善逸は柱になる条件「十二鬼月討伐」を満たしているため、柱として受け入れられるでしょう。

また、獪岳がいない今、弐〜陸ノ型の継承は困難にも思えますが、煉獄家に炎の呼吸の指南書があったように、指南書での継承も可能なのではないでしょうか。

善逸は禰豆子と結ばれる?

禰豆子に想いを寄せる善逸

出会った当初から、禰豆子に並並ならぬ好意を寄せている善逸。その愛情はかなり深く、夢の中にも禰豆子が出てくるほどです。

一見片想いにも見える善逸の恋ですが、もし禰豆子が人間に戻れた場合、恋人関係になる可能性が高いです。理由は禰豆子の好みのタイプにあります。

禰豆子のタイプは「飛車みたいな人」

ねづこの画像

鬼滅の刃の4コマ漫画にて、禰豆子のタイプが「将棋の飛車のような人」であることが判明しています。飛車は一直線に進む駒のことです。

この一直線に進むという性質ですが、善逸の技「霹靂一閃」に非常に似ています。飛車という言葉が、善逸を比喩した表現として使われていると思われます。

敵地で竜王になる

火雷神の画像

また、飛車の持つ「敵陣に入ると竜王になる」という性質も、善逸と非常に似ています。

敵陣(無限城)に侵入し、兄弟子であり上弦の陸「獪岳」と対峙した善逸。激戦の末、雷竜にも見える一閃を繰り出す「火雷神」を生み出し、獪岳を倒しました。

禰豆子のタイプである「飛車」の性質をイメージさせる戦いを繰り広げた善逸。最終的に禰豆子と結ばれるのではないかと妄想できますね。

大活躍する17巻

17巻の表紙画像

善逸の初登場巻は2巻。そして17巻では、剣士として1段階成長した善逸と上弦の鬼との激闘が描かれています。

U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃17巻を読むことができます。成長した善逸の姿を見たい方は、以下のリンクから17巻を無料で読みましょう!

無料で鬼滅の刃を読む

我妻善逸のプロフィール

プロフィール

名前 我妻善逸
階級 丙(ひのえ)
誕生日 9月3日
身長 164.5cm
体重 58kg
出身地 東京府 牛込區
(新宿 牛込)
趣味 花札、双六
好きなもの 甘いものや高いもの(うなぎなど)

声優は「下野紘」さん

善逸の声を担当しているのは「下野紘」さんです。その他には、進撃の巨人のコニーや、僕のヒーローアカデミアの荼毘を担当されています。

他の主役級キャラクター

その他のキャラクター一覧

【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌5/18更新)鬼滅の刃(きめつのやいば)の主要キャラクター一覧です。生存/死亡状況や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載し...

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。