呪術廻戦

呪術廻戦137話「堅白」のネタバレ考察

呪術廻戦137話のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回136話のおさらい

・九十九の目的は呪力からの脱却だと判明

・偽夏油の目的は呪力の最適化だと判明

・偽夏油はマーキング済みの非術師1000人を術師に変える

・伏黒津美紀も術師として目覚める

・偽夏油は獄門疆を手に持ち、虎杖悠仁たちの前から立ち去る

・大量の呪霊と対峙する虎杖悠仁たち

呪術廻戦本誌137話のあらすじ

東京23区は呪霊によりほぼ壊滅

偽夏油が放った1000万の呪霊により、東京23区はほぼ壊滅。

はっきりと無事だと断言できる地域は、奥多摩の町村・青梅市・あきる野市・八王子市・町田市の一部・各島嶼(かくとうしょ)だけになりました。

(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)

さらに、東京23区に政治家や国家公務員が集っていたので、官房長官や総理代理全員の安否不明。

日本の政治は終わりました。

しかし、そんな状況でも少なく見積もっても500万人の東京都民がいます。

残っている500万人の都民を疎開させなければいけません。

政府と上層部は、500万人の都民を疎開させる計画をします。

ここで政府と上層部と書きましたが、あくまで推測です。

本誌では、誰が会話しているのか書かれていないので、こう書きました。

東京は人外魔境の立ち入り禁止区域となる

500万人の都民を疎開させた後は、東京は立ち入り禁止区域となります。

明治に張りなおした皇居を中心とした結界と、幕末に東京遷都候補地だった薨星宮(こうせいぐう)直上――東京都立呪術高等専門学校を中心とした結界を無理やり拡張することで、呪霊を閉じ込めるためです。

そして、日本人の呪力の漏出を東京へ促して呪霊の発生を東京に限定する。

乙骨憂太登場

無人のコンビニで食料を漁る女の子。

そこに現れる人間に似た呪霊は「おいで。おいで。ここは危ない」と言い、女の子をコンビニの外に誘導しようとします。

女の子も久しぶりに人を見たので、店の外に出てしまいました。

そこに待ち受けていたのは呪霊。

大きな口を開けて女の子を食べようとしている。

女の子がそれに気づいたときには、牙との距離は1mもない。

つまり、呪霊に気づいたときには、女の子はもう口の中にいることになる。

絶体絶命な状況。

女の子は死ぬのでしょうか。

(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)

いいえ、乙骨は呪霊に刀を突き刺し女の子を救います。

乙骨憂太は虎杖悠仁の死刑執行役

東京で呪霊を狩りまくっていた乙骨は、古風な部屋に行くと不気味な年寄が出迎える。

乙骨は、上層部である呪術総監部の命令に従うために呪霊を狩っていたのだ。

そんな乙骨が「命令に従うとわかったでしょう」と言うと、年寄は「呪霊を殺したところで証明にもならんさ」と言う。

それに対して乙骨は、「彼は渋谷で狗巻君の腕を落しました」と言います。

衝撃的な言葉ですね。

虎杖裕二は渋谷事件の際に、狗巻の腕を落したようです。

(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)

狗巻がどこで腕を落されたのか定かではありませんが、この描写は後々伏線になってきそうです。

狗巻の体には、お札がぐるぐると巻かれていますよね。

普通は包帯を巻くのに、お札を巻いています。

なので伏線だと思われます。

そんな乙骨は、狗巻の腕を落した虎杖悠仁を殺すことを呪術総監部の年寄に宣言する。

(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)

呪術総監部からの5つの通達

(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)

呪術総監部から呪術師に対して5つの通達がありました。

  1. 夏油傑生存の事実を確認。同人に対して再度の死刑を宣告する。
  2. 五条悟を渋谷事変共同正犯とし呪術界から永久追放かつ封印を解く行為も罪と決定する。
  3. 夜蛾正道を五条悟と夏油傑を唆し渋谷事変を起こしたとして、死罪を認定する。
  4. 虎杖悠仁の死刑執行猶予を取り消し速やかな死刑の執行を決定する。
  5. 虎杖悠仁の死刑執行役として特級呪術師乙骨憂太を任命する。

以上で137話の内容は終わりです。

呪術廻戦137話の考察と感想

137話で起こった出来事のうち気になる点をピックアップしていきます。

乙骨憂太は0巻より弱くなったのか!?

五条は乙骨を自身に並ぶ呪術師になると考えているようですが、偽夏油は違いましたよね。

偽夏油は、「無条件の術式模倣、底なしの呪力。どちらも最愛の人の魂を抑留する縛りでなり立っていたに過ぎない」と言いました。

五条も偽夏油も名のある術師なので、どちらの言葉が正解なのか分からない。

ですが、今回の描写をみると、偽夏油の発言の方が正しいかと思われます。

乙骨が里香ちゃんに呪いをかけたことで特級過呪怨霊(とっきゅうかじゅおんりょう)になったことが0巻で明らかになりましたが、その関係性をラストで切っています。

つまり、折本里香の魂を解放したことになります。

そのことは、137話でも描かれていて、0巻では『里香ちゃん』と呼んでいたのに、137話では『リカちゃん』と呼んでいます。

なので、『リカちゃん』は折本里香ではなく、乙骨憂太が作ったなにかだと思われます。

ということは、偽夏油が言っていた通り、無条件の術式模倣も底なしの呪力もなくなったという事になります。

呪術総監部の構成員はやはり平安時代から続く名家だと予想

下画像を見ると、古風な感じの障子のようなものがあります。

(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)

畳でもないのに、古風な障子のようなものを描くでしょうか?

ということで、障子の歴史を調べてみました。

障子は中国がルーツで、現在のような光を通す障子になったのが平安時代末期らしい。

それを作中で使っているわけですよ!

呪術総監部の構成員は、平安時代から続く名家だと言っているようなものです!

さらに、芥見先生は平安時代の人物をたくさん出すので、呪術総監部の構成員も平安時代から続く名家、あるいは平安時代の人という説を後押します。

さらにさらに、御三家は1500~1600年ごろに誕生した可能性が高いのです。

詳しくはこちら

呪術廻戦135話「渋谷事変52」のネタバレ考察呪術廻戦135話のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る...

つまり、御三家よりも上の呪術総監部は平安時代の名家の可能性が高いでしょう。

障子の数は名家の数だと予想

乙骨が年寄のいるところに入っていく時に、下画像の様にキャンドルが描写されています。

(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)
(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)

最初のキャンドルは1コマ使われていて、残りの4個で1コマ。

そして、障子の数も同じく5枚。

(呪術廻戦137話 芥見下々 / 集英社)

一致しているのですよね。

本来ならばキャンドル1個の描写はいらないはずなのですが、芥見先生は描写しています。

ちょっと不自然ですよね。

なので、このキャンドルの個数は名家の命の個数だと考えた。

名家が一つ消えれば、キャンドルの炎も消える。

かなり強引な論理展開ですが、マンガではこういう伏線もあると思うので、説が当たることを期待します。

次話のネタバレはこちら

呪術廻戦138話「禪院家」のネタバレ考察呪術廻戦138話のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る...

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。