呪術廻戦

呪術廻戦135話「渋谷事変52」のネタバレ考察

呪術廻戦135話のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回134話のおさらい

・呪霊操術極ノ番『うずまき』の真骨頂が判明

・偽夏油の正体は加茂憲倫だと判明

・裏梅が登場

呪術廻戦本誌135話のあらすじ

脹相は術式の影響で虎杖悠仁を弟だと認識

脹相の術式は赤血操術です。

赤血操術の使い手は、血の繋がった者の異変を感じ取ることができる。

『死』とは生物にとって最大の異変であり、虎杖悠仁を殺そうとした時に『死』を強烈に感じ取った脹相。

(呪術廻戦135話 芥見下々 / 集英社)

『溢れ出る存在しないはずの記憶』が本当に存在しないのか、存在しているのか明らかになりませんでしたが、虎杖が脹相の弟であることは間違いなさそうです。

立ちはだかる裏梅・偽夏油と戦う脹相

加茂家嫡男である加茂憲紀も驚くほどの赤血操術の使い手である脹相。

脹相は赤血操『百斂穿血(びゃくれんせんけつ)』で攻撃します。

百斂とは血液を圧縮する技で、穿血は圧縮した血液を放つ技。

その速度は音速をも超える。

裏梅は脹相の穿血をかわすことができず、右手で受け止めます。

さらに脹相は偽夏油に打撃を加えようとするが、かわされてしまう。

「無理するなよ。疲れてるだろ」と、煽る偽夏油に脹相は「それが弟の前で命を張らない理由になるか?」とカッコいいことを言う脹相。

裏梅の術式が判明

脹相が暴れてくれたおかげで、場が乱れた。

獄門疆(ごくもんきょう)を奪取するために、京都校のメンバーとパンダたちは偽夏油を攻撃しようとするが……

背筋に寒気が走る京都校とパンダたち。

氷凝呪法(ひこりじゅほう)、霜凪(しもなぎ)

(呪術廻戦135話 芥見下々 / 集英社)

瞬間、裏梅から放たれた氷の息吹がパンダたちを凍らせてしまう。

ハイレベルな氷の術式。

下手に動いてしまえば、体が割れてしまう。

さらに、裏梅は五条や乙骨などしか使用できなかった反転術式で、右手を治癒してしまう。

圧倒的な力の差。

日下部やパンダたちは動けなくなっていた。

だが、虎杖は宿儺関連で、脹相は『赤鱗躍動』で氷を壊す。

庵歌姫は何かの準備をしている

『お兄ちゃんと呼んで欲しい』脹相と真面目に戦って欲しい虎杖の前に現れる西宮桃。

西宮桃は付喪操術(つくもそうじゅつ)鎌異断(かまいたち)という斬撃で裏梅たちを攻撃するが、素手で払われてしまう。

落ちこむ西宮桃だが、落ちこんでいる時間はない。

頭を切り替えた西宮桃は虎杖に話しかける。

歌姫先生の準備ができるまで時間を稼ぐよ!!」

(呪術廻戦135話 芥見下々 / 集英社)

歌姫が戦闘に参加している描写が無かったと思っていたら、何かの準備をしていたらしい。

その描写は渋谷事変では描かれることはないが、確実に歌姫が何をしていたのか描かれることになると思うので覚えておいた方がいいと思います。

虎杖たちは時間を稼ごうとするが……

伝達者という伏線が出てくる

偽夏油は、裏梅が虎杖たちをカチコチに凍らせたときに「殺すなよ。伝達者(メッセンジャー)は必要だ」と言っています。

この伝達者という言葉はおそらく伏線になると思います。

しかし、裏梅は伝達者など虎杖一人で事足りると思っていた。

裏梅は時間を稼ごうとしている虎杖たちに氷凝呪法、直瀑(ちょくばく)という技を放ちます。

直瀑は太いつららのようなものを連結して上から振らせる技。

虎杖でも、その技を回避できなかった。

つまり、誰も回避することができない状況。

(呪術廻戦135話 芥見下々 / 集英社)

虎杖は『死』を瞬間的に意識するが……

九十九由基が加勢

ナイスタイミングで登場した特級術師の九十九由基は、裏梅の直瀑を防ぐ。

虎杖たちの真上にはつららのような氷はもう存在していない。

言い換えれば、九十九は裏梅ほどの実力者の攻撃を防ぐことができる人物ということ。

そんな九十九由基は、久しぶりに会う偽夏油にこう尋ねるのであった。

どんな女が好みだい?

(呪術廻戦135話 芥見下々 / 集英社)

135話の内容は以上です。

呪術廻戦135話の考察と感想

135話で起こった出来事のうち気になる点をピックアップしていきます。

御三家は平安時代より500年ほど後に誕生した!?

裏梅が百斂穿血を避けられなかったので、気になって調べてみたところ判明したことです。

加茂家と同じく御三家の禪院家は2018年時点で26代目ですよね。

つまり、平安時代から存続していたとすると、1代が就任する年数は40年になります。

40×26=1040

しかし、当時の食糧事情や医療体制を考えるとあり得ない。

そこで、実際の歴史を確かめてみました。

1.江戸15代将軍

265年の間に15人の将軍が誕生しました。

2.天皇家

今上天皇は平安時代初期から数えると、76代目らしいです。

なので、実際の歴史を参考にすると、御三家が誕生した年代は約500年前の1500~1600年頃だと思われます。

この事実は呪術総監部の構成員にも関係することになります。

御三家でも入ることができない謎の組織である呪術総監部。

総監部の構成家系は平安時代から続く名家である可能性が高くなりましたね。

今後に期待です。

伝達者(メッセンジャー)は内通者ではない

見出しにある通り、伝達者≠内通者です。

裏梅が「伝達者なんて虎杖悠仁一人で事足りるでしょう!!」と言ったことから、伝達者≠内通者になります。

このことは自明ですね。

伝達者は天元に伝える者のことか!?

ここからはネタバレを含みますので、ご注意だください。

まず前提として、虎杖は伝達者として偽夏油から何も聞いていません。

東京が壊滅することや五条が獄門疆(ごくもんきょう)に封印されたことは他の人でも伝えられますから、考察から除外します。

次に、偽夏油がやりたいことを話しますが、こちらも伝達させる理由がないので除外します。

というか、虎杖が伝達できる相手は高専の生徒くらですから意味が無い。

つまり、虎杖は無意識の内に何かを伝達することになります。

本題に入ります。

偽夏油は情報を伝えたい人物とは容易に会えません。

なので、虎杖に伝達者として伝えさせる必要があります。

渋谷事変の後に死滅回游と言うお話しに移りますが、該当する人物は天元くらいしか現れませんでした。

死滅回游編にて、虎杖悠仁が会った重要人物は天元ただ一人。

他にも自称天使である来栖華などの人物と会う予定ですが、来栖華は死滅回游に巻き込まれている側なので、違うと思っています。

もう一組、禪院家が出てきますが、禪院家は内通者がいる呪術総監部寄りの立場なので除外します。

言い換えれば、偽夏油が容易に会うことができる人物。

なので、偽夏油がなんらかの事を伝達したい人物は天元だと思っています。

今後に期待です。

<h4>次話のネタバレはこちら</h4>

呪術廻戦136話「渋谷事変53」のネタバレ考察呪術廻戦136話のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話 195話 196話
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話 206話

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
0巻        

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

<div class=”simple-box4″>
(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
</div>