呪術廻戦

【呪術廻戦】九十九由基の実力や目的を紹介|生得術式について考察!

九十九由基とは

(呪術廻戦 9巻 芥見下々 / 集英社)

海外を放浪する特級呪術師

九十九由基(つくも ゆき)は、”特級”に認定される4名の術師の内の一人であり、任務を受けずに海外を放浪している人物です。

特級ゆえに高専をクビになることはないものの、給料はストップしているとのこと。

そんな九十九について、まずはプロフィールから見ていきましょう。

プロフィール

九十九由基のプロフィールについて、ファンブックで明かされている情報をもとにご紹介します。

等級 特級呪術師
趣味・特技 バイク
好きな食べ物 チキンブリトー
苦手な食べ物 海藻類
ストレス 任務

来歴

「玉折」編

後述する「原因療法」を求めて海外を放浪していた九十九は、特級に認定された五条を訪ねるため、一時的に帰国します。

しかし、目的であった五条とは出会うことが出来ず、その日は同じく特級となった夏油と話した後に高専を去ることに。

また、この出来事の前後に当時小学三年生であった東堂葵と出会っています。

【呪術廻戦】東堂葵の実力や術式を紹介|強さの秘密や虎杖との関係も解説!東堂葵とは 天才肌の変人一級呪術師 東堂葵(とうどう あおい)は、非術師の家系でありながら在学中に一級に昇格した「ハイセンスゴリ...

「渋谷事変」編

過去編の登場が多く、現代は全く登場していなかった九十九。

黒幕説すら出ていた彼女でしたが、「渋谷事変」編の最終版である第135話にて遂に登場します。

(呪術廻戦 16巻 芥見下々 / 集英社)

彼女は呪詛師ラルゥら”協力者”と共に場違いな呪術師らを逃がしたうえで、羂索(けんじゃく)と対峙。相手の目的を聞き出したうえで、交戦しようと考えます。

しかし、立場上”虎杖らの味方”というわけでもない九十九は、事態がかなり進行したことを受け、一時羂索を泳がせることに。

虎杖には「お詫び」として高専の仲間たちを送り届けることを約束し、その場を去りました。

渋谷事変後

渋谷事変以降、混沌と化した東京。

九十九は「上層部と関わりたくない」という理由で高専に潜伏しており、伏黒らに知恵を貸していました。

虎杖らが高専に集まった後、脹相の助力を経て天元のもとへ向かうことになった一行。

(呪術廻戦 145話 芥見下々 / 集英社)

九十九は天元に問いたいことがあるとのことであり、それに同行します。

薨星宮(こうせいぐう)での天元との話し合いの結果、情報開示の条件として、脹相・九十九は天元の護衛に回ることとなりました。

【呪術廻戦】天元の実力や術式を紹介|結界術や星漿体についても解説!天元とは 呪術界を担う不死の呪術師 天元(てんげん)とは東京都立呪術高等専門学校の最下層「薨星宮(こうせいぐう)」に座す、不死の...

九十九由基の術式/能力考察

生得術式

(呪術廻戦 6巻 芥見下々 / 集英社)

九十九由基の生得術式未だ作中で明らかになっていませんが、式神と思しき蛇状の生物を従えていることから、伏黒恵や吉野順平のように式神を召喚して戦うタイプの術師であると考えられます。

とはいえ、並みの実力であれば特級はおろか1級呪術師にすら認定されないはず

だからこそ、九十九の生得術式は想像を超える強力なものである可能性が高そうです。

簡易領域

(呪術廻戦 15巻 芥見下々 / 集英社)

「渋谷事変」編にて東堂は、真人の領域「自閉円頓裹」から己の身を守るために簡易領域を展開。

その簡易領域が、九十九由基直伝の技術であることが明らかになりました。

恐らく九十九は、与幸吉が行った「見て盗む」のように、何らかの方法を用いてシン・陰流の”縛り”をすり抜け、簡易領域を習得したのでしょう。

【呪術廻戦】究極メカ丸/与幸吉の実力や術式を紹介|天与呪縛についても解説究極メカ丸/与幸吉とは 機体を操る天与呪縛の呪術師 究極メカ丸(アルティメトめかまる)とは、京都府立呪術高等専門学校二年の与幸吉...

九十九由基の思想・目的

原因療法

(呪術廻戦 9巻 芥見下々 / 集英社)

特級呪術師の九十九由基が掲げているのは、高専の行っている「対症療法」ではなく、「原因療法」です。

高専の「対症療法」とは、つまり生まれた呪霊を狩る、ということ。一方で、九十九の「原因療法」は、「呪霊の生まれない世界を作る」ということを目的としています。

そもそも”呪霊”とは、人間から漏出した呪力が積み重なって体を成したものです。つまり、呪霊が生まれない世界を実現するためには、下記のような二つの方法が挙げられます。

①全人類から呪力をなくす
②全人類に呪力のコントロールを可能にさせる

(呪術廻戦 9巻 芥見下々 / 集英社)

①は禪院甚爾がモデルケースとして挙げられますが、甚爾のような”完全に呪力から脱却した人物”は世界に誰一人としていなかったとのこと。

だからこそ、今の九十九は本命を②として研究を続けているようです。

したがって、九十九は虎杖や高専の味方というわけではなく、「世界から呪霊をなくしたいだけのしがない美女」という立場を自称しています。

九十九由基の名言

「どんな女が好みかな?」

(呪術廻戦 9巻 芥見下々 / 集英社)

九十九由基が、初対面の相手に問う質問です。

弟子の東堂葵は”相手の品定め”としてこの質問を用いていますが、九十九がどのような意図でこの質問を発しているのかは明かされていませんが、九十九の代名詞のようなセリフとしてご紹介しました。

なお、彼女の弟子 東堂がタイプとして公言する「尻と身長のデカい女性」は、九十九由来のものだと明らかになっています。

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。