呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌206話のネタバレ予想|羂索の神業”領域展開” 天元はそれに対抗して…?

『呪術廻戦』本誌206話のネタバレ予想記事です。これまでのストーリーを振り返りつつ、今後の展開を予想しています。

【呪術廻戦】205話までのネタバレ

呪術廻戦の概要

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

【呪術廻戦】本誌205話「星と油」のネタバレ

選手交代

脹相と交代するため、天元の元から戦闘用の結界へと移動してきた、”特級術師”九十九由基(つくも ゆき)

その傍らには、式神”鳳輪(ガルダ)”の姿があります。

倒れ込むようにして結界外へど出た脹相に対して、九十九は「泥くさい男はタイプだよ」と声をかけました。

【呪術廻戦】九十九由基の実力や目的を紹介|生得術式は「星の怒り(ボンバイエ)」と判明!【呪術廻戦】作品紹介 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物...

九十九の術式

改めて羂索と対峙した九十九は、拳に力を込め、「(私 好みに)叩き直してやる」と宣言。

一方の羂索は、無言で目の前の相手に対して思案していました。

九十九が持つ生得術式について、”特級”に認定されているからには”総督部”から情報が得られるはずだ、と踏んでいた羂索。

しかし、結果として総督部から情報は出てこず、現在に至るまでに九十九の術式について知ることができなかったようです。

そこで羂索は、九十九の術式情報を得るためにも、手持ちの「アジアの神の呪い」たる特級呪霊を顕現させました。

(『呪術廻戦』 205話 芥見下々 / 集英社)

ここで九十九は、式神”鳳輪(ガルダ)”をボール状に丸め、途轍もないパワーで蹴り付けます。

凄まじいスピードを得たボール”鳳輪”は、そのまま特級呪霊の頭を貫き、ものの一瞬で消失してしまいました

その直後、いつの間にか羂索の背後に回り込んでいた九十九。

彼女は、自身の術式が”質量”に関係するものであることを開示した後、羂索を殴り飛ばしました。

領域展開

九十九の強烈な一撃を食らった羂索は、両腕の手首から先が千切れてしまった様子。

しかし羂索は、”反転術式”を用いて腕を生やし、何事もなかったかのように九十九の術式について考察を始めます。

(『呪術廻戦』 205話 芥見下々 / 集英社)

九十九は、自らに仮想の質量を付与する術式「星の怒り(ボンバイエ)」を有しており、傍らの”鳳輪(ガルダ)”は、呪具化した式神にして「星の怒り」の”術式対象”とのこと。

そんな九十九も、羂索の持つ術式について考察を始めていました。

脹相の一撃によって明らかになった、羂索が持つ2つ目の術式。…それは、まず間違いなく”重力”に作用するものでした。

一方で、既に九十九に知られている(ゆえに温存する意味がない)「無為転変」を使ってこない点から、呪霊操術「極ノ番『うずまき』」で抽出した術式は一度のみしか使うことができない様子。

また羂索は、九十九から受けた傷を癒した通り、並外れた”反転術式”の使い手でもあります。

だからこそ、脹相の”超新星”による一撃を、たった一度しか使えない「うずまき」によって抽出した術式で防ぐはずがありません

…以上の点から、羂索の”重力”に作用する術式が、彼自身が持つ”三つ目の術式”であると断定した九十九。

 

互いの高い実力が明らかになり始めたからこそ、「面倒だ……!!」と結論付けた2人。

そんな中、掌印を結んだ羂索は、我先に「領域展開」を行使。

(『呪術廻戦』 205話 芥見下々 / 集英社)

生得領域「胎蔵遍野(たいぞうへんや)」が展開されゆく中、天元も掌印を結んで……?

206話へ続く。

【呪術廻戦】本誌205話のネタバレ考察|九十九の術式が判明 羂索が領域を展開し…『呪術廻戦』本誌205話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。 【...

【呪術廻戦】206話以降の展開予想・考察

羂索の領域

205話では、羂索によって領域「胎蔵遍野(たいぞうへんや)」が展開されました。

特筆すべきは、(205話時点では)結界を閉じる様子が描かれていない点です。

通常の「領域展開」は、自身と相手を結界内に閉じ込め、その上で生得領域を具現化します。

(呪術廻戦 14巻 芥見下々 / 集英社)

一方、「渋谷事変」編で領域展開を使用した両面宿儺は、結界で空間を分断せず、そのまま生得領域を具現化させていました

作中説明曰く、それは宿儺ゆえの神業。

空に絵を描くに等しい」という作中で用いられている表現から、どれだけ人間離れした所業かがお分かりいただけることと思います。

話を戻しましょう。205話で展開された羂索の領域「胎蔵遍野」には、205話時点で空間を分断する結界が見られず、宿儺と同じ”神業”たる領域ではないかと考えられます。

宿儺の繰り出す「伏魔御廚子(ふくまみづし)」は、結界を閉じない…つまり”相手に逃げ道を与える”ことで、効果範囲を伸ばす”縛り”が設けられていました。

もし羂索の「胎蔵遍野」も同様であるなら、”縛り”による領域の強化が行われている可能性があります。

果たして九十九は、そんな強大な領域を前にどのような抵抗を見せるのでしょうか。

天元が領域を展開?

『呪術廻戦』第205話では、羂索が領域を展開した直後、天元が掌印を結ぶコマが描かれていました。

不死の術師である天元は、高専はおろか日本全土にまで及ぶ”結界術”の使い手です。

「領域」も広くは結界術の一種であるため、羂索との押し合いにはわずかでも分があるのではないでしょうか。

したがって天元は、領域展開、あるいはその他の結界的手段により、羂索の「胎蔵遍野」を中和することを目的としていると考えられます。

とはいえ、羂索も天元と同じ悠久の時を生きた呪術師です。

天元と領域の押し合いとなった場合、負けるビジョンが浮かびませんが……。

九十九は領域を温存する?

九十九や脹相の戦闘プランは、最初から”羂索に領域を使わせること”を目的としていました。

各術式の奥義たる”領域”は、使用直後一時的に術式が焼き切れてしまうというデメリットを孕んでいます。

九十九としては、羂索のみに領域によるデメリットを被らせ、自身は術式を使用できる状態で戦闘を進めたいはずです。

ゆえに九十九は、羂索の領域対策は天元に丸投げし、自身は領域を使用しない方向で戦闘を進めるでしょう。

…とはいえ、特級術師たる九十九の領域はぜひ見てみたいところ。

「星と油」編で九十九が生き延び、今後の展開で領域展開を見せてくれることを祈るばかりですね。

死滅回游まとめ

【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話 195話 196話
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話 206話
207話 208話 209話 210話 211話

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
0巻        

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。