呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌156話のネタバレ考察|鍵は南十字座 遂に星の術式が判明!

【呪術廻戦】156話「きらきら星」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回155話のおさらい

・秤と虎杖がモニタールーム内で対面。
・虎杖の嘘を吐けない性格が仇となり、高専関係者であることがバレてしまう。
・秤vs虎杖 開戦。秤は電車の扉を操る術式持ち?
・伏黒/パンダは星綺羅羅制圧に向けて動き出す。

【呪術廻戦】本誌155話のネタバレ考察|交渉は決裂? 秤vs虎杖の行方【呪術廻戦】155話「熱」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日...

『呪術廻戦』本誌156話のネタバレ

南十字座

(呪術廻戦 156話 芥見下々 / 集英社)

伏黒は、大量の「脱兎」を繰り出すことで、星綺羅羅の術式条件を見極めようとします。

その時、全ての脱兎に「★ Acrux(アクルックス)」というマークが刻まれていることが判明しました。

伏黒がモニタールームの扉を見ると、「★ Gacrux(ガクルックス)」というマークが。

前回の155話で明らかになっていた通り、パンダの背には「★ Imai(イマイ)」マークがあります。

これらの情報から、綺羅羅の術式が”星座”に関連するものであると直感した伏黒は、モチーフの星座が「”南十”」だとカマをかけました。

(呪術廻戦 156話 芥見下々 / 集英社)

星座まで看破されるとは考えていなかった綺羅羅と、まさか当たるとは思っていなかった伏黒は、両者とも「マジか」という驚きの表情を漏らします。

伏黒は姉 津美紀から星座の話を聞いたことがあった様子。

しかし、「Acrux」「Gacrux」「Imai」を”南十字座”と結びつけるに足る記憶は持ちあわせていても、南十字座を構成する星の数までは知らないようです。

パンダも”南十字座”についての知識は持っておらず、術式のタネは依然として謎に包まれています。

星間飛行(ラヴランデブー)

綺羅羅の術式モチーフが”南十字座”だと判明した時点で、「それぞれに南十字座の星を割り振って適当な距離を取らせる術式」だと直感した伏黒。

しかしその場合、「Imai」と「Acrux」が割り振られた伏黒・パンダが接近できる理由の説明が出来ません。

そこで発想を転換した伏黒は、綺羅羅の術式が”ルートの決められたスタンプラリー/すごろくのようなもの”と予想。

つまり、近付ける順番が存在するのではないか、と考えたようです。

(呪術廻戦 156話 芥見下々 / 集英社)

そんな伏黒の読みはほとんど的中していました。綺羅羅の生得術式「星間飛行(ラヴランデブー)」は、”南十字座”を構成する「Gacrux」「Ginan」「Mimosa」「Acrux」「Imai」の5つ星を割り振ることが出来る術式であり、隣接する星以外は反発する効果を持っています。

しかし、”地球からの距離順”であれば星間の移動が可能であり、これこそが伏黒の予想した”近付ける順番”です。

制圧完了

術式を概ね看破した伏黒は、隠された5つ目の星「Mimosa」を発見し、手を触れました。

しかしその瞬間、綺羅羅は自身の呪力が付着した瓦礫に伏黒と同じ「★ Acruc」をマーキングすることで、伏黒に攻撃を仕掛けます。

(呪術廻戦 156話 芥見下々 / 集英社)

極めて強力な攻撃を前に決着かと思われたその時、綺羅羅の背後には「玉犬・渾」が

伏黒は序盤に召喚した「玉犬・渾」を一度も解除しておらず、来るべき時に向けて待機させていたようです。

序盤は「Mimosa」を経由していなかったことから「Ginan」を持つ綺羅羅には近付けなかった「玉犬・渾」と伏黒。

しかし伏黒が先ほど「Ginan」に触れていたことにより、両者の間の反発力は解除されています。

伏黒の見事な戦術により、無事綺羅羅の制圧が完了しました

(呪術廻戦 156話 芥見下々 / 集英社)

【呪術廻戦】156話の考察と感想

星綺羅羅の術式が判明!

今回の156話にて、遂に星綺羅羅の術式が明らかになりました

術式の名称は「星間飛行(ラヴランデブー)」。

漢字名には”星”要素、読み方は綺羅羅本人の性格を表すかのような要素と、なかなかに興味深い名称です。

能力自体は判明してしまえばシンプルであり、”南十字座”をモチーフとする攻守ともに万能な術式でした。

綺羅羅自体の性格や術式の詳細は、下の記事にてまとめています。

【呪術廻戦】星綺羅羅の魅力や術式を解説!|秤金次との関係も紹介星綺羅羅とは 呪術高専東京校3年生 星綺羅羅(ほし きらら)は呪術高専東京校の3年生です。 『呪術廻戦 公式ファンブック』...

次回は秤vs虎杖の様子が描かれる?

今回は伏黒/パンダと綺羅羅との戦闘がメインであり、秤と虎杖の姿は描かれませんでした。

前回の155話では、虎杖の嘘を吐けない性格によって”高専関係者”だとバレてしまい、2人は戦闘することに。

(呪術廻戦 146話 芥見下々 / 集英社)

乙骨の言を信じるのであれば、乙骨に近い…すなわち特級クラスの実力を持つ秤に対し、虎杖はどこまで渡り合うことが出来るのでしょうか。

157話冒頭でいきなり虎杖が敗北したシーンから始まる、という展開もありそうですが、果たして……?

次回以降の『呪術廻戦』からも目が離せません!

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。