呪術廻戦

【呪術廻戦】八十八橋編完全まとめ|ロケーション・ストーリー・登場人物解説

八十八橋編の概要

八十八橋のあらすじ

『エントランスホールでの刺殺』が立て続けに起こっている。

死ぬまでの数週間は、自動ドアが勝手に開くという謎現象に悩まされていた被害者。

期間が空きすぎていたため、同じ呪霊の仕業か断定できなかった新田明(にったあかり)は、共通点を調べることにする。

すると、20年ほど前に被害者が同じ中学に在籍していたことが判明。

調査を引き受けた虎杖悠仁・伏黒恵・釘崎野薔薇は、サポート役である新田明と共に『さいたま市立浦見東中学校』に向かうと、またもや共通点が出てくる。

被害者は、自殺の名所である八十八橋(やそはしばし)でバンジージャンプをしていたのだ。

話しを聞いた虎杖悠仁たちは、八十八橋に向かうと呪霊でもない存在と出くわす。

そして、衝撃の事実が明らかになるのだった。

収録話

八十八橋は下記のように全9話構成です。

該当巻は7~8巻になります。

  1. 55話『起首雷同』
  2. 56話『起首雷同ー弐ー』
  3. 57話『起首雷同ー参ー』
  4. 58話『起首雷同ー肆ー』
  5. 59話『起首雷同ー伍ー』
  6. 60話『起首雷同ー陸ー』
  7. 61話『起首雷同ー漆ー』
  8. 62話『起首雷同ー捌ー』
  9. 63話『共犯』

主なロケーション

  1. 八十八橋
  2. さいたま市立浦見東中学校

八十八橋のモデルは宮城県の『八木山橋』です。

芥見先生も、「仙台市民なら知っているあそこ」と言っていることから、間違いないと思われます。

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)
(wikipediaから引用)

また、さいたま市立浦見東中学校のモデルは『さいたま市立浦和中学校』だと思われます。

たしかに似ていますね。

八十八橋編の主要登場人物

虎杖悠仁

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)
名前 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
年齢 15歳
出身地 宮城
所属 東京都立呪術専門高等学校
術式 吉野順平編では術式を使えない
趣味 カラオケ、テレビ鑑賞、モノマネ
家族 祖父、虎杖仁
好きな食べ物 丼もの、麺類
嫌いな食べ物 なし
性格 明るい、素直、人懐っこい

宿儺の器

天与呪縛のフィジカルギフテッド並みの運動神経を持つ。

伏黒恵

(呪術廻戦15 芥見下々 / 集英社)

 

名前 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
年齢 15歳
出身地 埼玉県
所属 東京都立呪術高等専門学校
術式 十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)
趣味 読書
家族 伏黒甚爾、伏黒津美紀
好きな食べ物 生姜に合うもの
嫌いな食べ物 パプリカ
性格 冷静、面倒見がいい

『十種影法術』は式神を召喚できる術式。

最初は玉犬2匹を使役し、残りの式神は調伏しなければ召喚出来ない。

『不知井底(せいていしらず)』という拡張術式も使える。

不知井底は、式神である『鵺』と『蝦蟇』を合体させた技。

釘崎野薔薇

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)
名前 釘崎野薔薇(くぎさきのばら)
年齢 16歳
出身地 東北
所属 東京都立呪術高等専門学校
術式 芻霊呪法(すうれいじゅほう)
趣味 買い物
家族 不明
好きな食べ物 スイカ、流行りもの
苦手な食べ物 浅漬け
性格 さばさばしている、根は優しい

芻霊呪法(すうれいじゅほう)は、呪力を篭めた釘を打ち込んで攻撃する術式。

共鳴り(ともなり)は対象の欠損した部分に釘を打ち込むことで、本体にもダメージを与えることができる技。

簪は呪力を籠めた釘を対象に直接打ち込む技。

新田明

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)
名前 新田明(にったあかり)
等級 補助監督(呪術師のサポート役)
趣味 車のカスタム
術式 なし
所属 東京都立呪術高等専門学校

補助監督になった理由は、高専生である弟の新田新(にったあらた)の監視のため。

壊相

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)
名前 壊相(えそう)
等級 特級呪霊相当
趣味 不明
術式 蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)
所属 呪胎九相図(じゅたいくそうず)

呪霊九相図は、150年前の術師である加茂憲倫(偽夏油)が作った呪いと人間のハーフ。

壊相の兄弟は9人おり、兄弟愛が強い。

また、蝕爛腐術は自身の血液を相手に浴びさせて腐蝕させる術式。

朽(きゅう)は、体内に入った血液で肉体を腐らせる。

極ノ番翅王は、背中から殺傷力のある血液を発射する。

血塗

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)
名前 血塗(けちず)
等級 特級呪霊相当
趣味 不明
術式 蝕爛腐術
所属 呪胎九相図(じゅたいくそうず)

術式は、壊相と同じ。

自身の血液を相手に浴びさせて腐蝕させる術式だ。

八十八橋編のネタバレ

0.戦闘の裏にある友情を楽しもう

『エントランスホールでの刺殺』を原因として特級呪霊や呪胎九相図と戦うのですが、もう一つの見所は『友情』です。

虎杖が東京都立呪術高等専門学校に入学してから『友情』を描いたシーンはありませんでした。

しかし、今回、ジャンプらしい『友情』が描かれているので、今後の展開のためにも裏を知ってほしいと思います。

1.浦見東中学校へと向かう

このセクションは、『八十八橋編のあらすじ』とほぼ同じです。

『エントランスホールでの刺殺』が立て続けに起こっている。

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

死ぬまでの数週間は、自動ドアが勝手に開くという謎現象に悩まされていた被害者。

期間が空きすぎていたため、同じ呪霊の仕業か断定できなかった新田明(にったあかり)は、共通点を調べることにする。

すると、20年ほど前に被害者が同じ中学に在籍していたことが判明。

調査を引き受けた虎杖悠仁・伏黒恵・釘崎野薔薇は、サポート役である新田明と共に『さいたま市立浦見東中学校』に向かうと、またもや共通点が出てくる。

被害者は、自殺の名所である八十八橋(やそはしばし)でバンジージャンプをしていたのだ。

話を聞いた虎杖悠仁たちは、八十八橋に向かう。

2.呪われた伏黒津美紀

八十八橋へと向かった虎杖たちだったが、そこには呪霊の気配がなかった。

心霊スポットなので呪いが集まりやすい場所だというのに一向に現れる気配がない呪霊。

埒が明かないので、虎杖たちは気分転換にコンビニに向かう事にする。

すると、伏黒の同級生が現れる。

同級生は、自身と伏黒の姉である津美紀も八十八橋に行ったことを話す。

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

3.伏黒恵は動揺する

『津美紀も一緒に居た』

伏黒は、急いで補助監督である伊知地に電話をかける。

津美紀の護衛。

伏黒はそう言うが、伊知地は術師が不足しているという。

さらに、想定より被呪者の数が多いため、伏黒たちの手に余るという伊知地。

しかし、寝たきりの津美紀を見捨てることはできない。

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

伏黒は、虎杖と釘崎に嘘を言って八十八橋に戻るのだった。

4.友達を頼れと言う虎杖たち

八十八橋の下。

伏黒が獣道を歩いていると、虎杖と釘崎がいつの間にか横にいる。

せめて頼れよ友達だろ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

虎杖たちは、『津美紀の事を話さなくてもいいが、せめて頼れ』、そう言うのだった。

5.呪胎九相図現る

モグラのような呪霊が無数に存在する。

連続怪死事件を引き起こした呪霊の元にたどり着く虎杖たち。

しかし、後方から呪霊とは違った雰囲気を醸し出す存在が近づいてくる……

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

明かに別件だが、倒さなければならない。

虎杖が胎九相図の3男である『血塗(けちず)』の相手をすることになるのだった。

6.特級呪霊vs伏黒恵

壁から腕が出てくる。

釘崎は、壁の中に引きずり込まれる。

その光景を見た血塗と虎杖も中に突入。

伏黒だけでモグラのような呪霊を倒すことになる。

しかし、モグラがこのエリアの主では無かった。

刑務所で出会った特級呪霊と全く同じ容姿をしている。

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

かなりの強敵。

今までの伏黒だったら勝つことができない相手。

しかし、伏黒は、考え方を変えることにより、特級呪霊を倒す。

7.呪胎九相図vs虎杖悠仁・釘崎野薔薇

生得領域の外に居たのは、血塗の兄である壊相(えそう)だった。

虎杖・釘崎vs壊相・血塗の戦いが始まる。

血塗と壊相の技は、毒がある血液で相手を腐蝕させる。

しかし、相手が悪かった。

宿儺の器である虎杖は毒が効かないし、釘崎は共鳴り(ともなり)で血塗と壊相を攻撃する。

普通の人間ならば彼等の血液を浴びた時点でまともに動けないはずだが、虎杖たちは違う。

虎杖と釘崎は、血塗と壊相を屠るのだった。

8.初めて殺した命

血塗と壊相を殺した後、虎杖と釘崎は会話をする。

『殺した命の中にも涙はあった』

助かるために殺すのは仕方がないことだ。

しかし、相手にも事情があったという事を知る虎杖と釘崎だった。

9.友情

今回の事件は、虎杖が宿儺の器として覚醒したから起こった事だと分かった。

宿儺が放つ負のエネルギーに共振したのだ。

そのことを知った伏黒は、釘崎に「虎杖には言うな」と言う。

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

そして、虎杖も煽る宿儺に「伏黒には言うな」と言うのだった。

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

※虎杖が「言うな」と言った理由は、伏黒が過去に『自分が助けた人間が将来人を殺したらどうする』と言っていたため。

つまり、虎杖を助けた伏黒が上記に当てはまります。

10.呪胎九相図がいた理由

呪九相図を保有している偽夏油が『宿儺の指』を回収させるために送ったからです。

また、伏黒津美紀が寝たきりと言う状態は変っていません。

津美紀は2つの呪いにかかかっているので、もう一つの原因不明の呪いを解かなければいけません。

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話  

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。