呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌197話のネタバレ予想|覚醒真希のお披露目回 桜島編は間も無く終了?

『呪術廻戦』本誌197話のネタバレ予想記事です。これまでのストーリーを振り返りつつ、今後の展開を予想しています。

【呪術廻戦】196話までのネタバレ

呪術廻戦の概要

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

『呪術廻戦』本誌196話のネタバレ

三代の領域

195話ラストで三代六十四が展開したのは、”相撲をとることのみに機能する領域”。

この領域は、視覚効果(土俵)が発生した後、招いた側(三代)と招かれた側(今回は真希)、両者の了承があって初めて完成するようです。

取らねぇのか!? 相撲」と真希を急かす三代。

(『呪術廻戦』 196話 芥見下々 / 集英社)

無愛想に「いいぞ」と真希が返答すると、三代の展開した領域が完成し、結界が閉じられ始めます。

一部始終を見ていた加茂憲紀が引き止めますが、真希は「スッキリさせてく」と返し、領域の内部へと消えていきます。

相撲勝負

晴れて完成した領域の中、見合う両者。

真希は「大道鋼や禪院甚爾に見えていて自身に見えていないもの」を探るため、三代の胸を借りる腹積りのようです。

双方が手をつき、始まった取り組み。

三代は真希が持つ圧倒的なフィジカルを察すると、即座に背後に回り込み、正面衝突を避けます。

その後、相手の腕をとった三代は、そのまま体を回転させ、真希に土をつけました。

相撲こみゅにけーしょん

両手を広げ、「相撲サイコー」と唱えた三代は、「こんなもんじゃないだろう嬢ちゃんは」と真希の方にしゃがみ込みます。

一度の立合いで、真希が何かを抱えているであろうことを察した三代。

一方の真希は、これまでの人生で”師”と呼ぶべき人物と巡り合ったことがなく、「強くなるために他者を頼る」という発想自体がないとのこと。

(『呪術廻戦』 196話 芥見下々 / 集英社)

そんな中、意を決した真希は、大道の述べていた言葉がわからない旨を三代に伝えます。

「俺は分かるぞ」と返した三代は、真希に立つよう指示。相撲を取る中で伝えようとしているようです。

土俵という輪の中で個人と個人がぶつかり合う、三代いわく「こみゅにけーしょん」のような競技、相撲。

そんなコミュニケーションの中で三代は、土俵でぶつかり合った瞬間、「土俵に上がるまでの全てが 互いに流れ込んでくることがある」と話しました。

そうなった際、相手や自分の全てを感じ取ることができるという三代は、目の前の肉体や勝敗ですら無意味になると付け加えます。

大道の言葉がそのような意味を持っており、要約すると”自由”であると締めくくった三代。

この瞬間、真希は大道や三代の言葉の意味を理解し、晴れやかな顔を浮かべました。

その直後、崩壊する三代の領域。

(『呪術廻戦』 196話 芥見下々 / 集英社)

そこには、土に手をついた三代をバックに、晴れ晴れとした笑顔を浮かべる真希の姿があって……。

197話へ続く。

【呪術廻戦】本誌196話のネタバレ考察|三代との相撲で真希が覚醒 新たなステージへ『呪術廻戦』本誌196話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。 【...

【呪術廻戦】197話以降の展開予想・考察

真希が甚爾クラスに?

真希は、”特級呪霊”陀艮と戦う禪院甚爾の姿を見て、自身の目指すべき場所を認識しました。

そして、呪術界において”凶兆”とされる双子の妹 真依を喪ったことで、皮肉にも完全なフィジカルギフテッドに……つまり、甚爾と同じ呪力から脱却した身体となった真希

しかし、同じ身体を手に入れてなお、真希は甚爾ほどの強さには至っていないようでした。

(『呪術廻戦』 195話 芥見下々 / 集英社)

そんな中で彼女が出会ったのが、桜島結界の泳者にして、天下無双の名も無き剣豪 大道鋼(だいどう はがね)

彼は、呪力を扱わない人間でありながら、”全てが見える”故に呪霊を認知することが可能でした。

(『呪術廻戦』 196話 芥見下々 / 集英社)

大道の強さの根幹を真希に説いたのは、カッパ姿の泳者 三代 六十四(みよ ろくじゅうし)

相撲を取り合ったカッパ巻き(真希)コンビは、取り組みを経てコミュニケーションを取ります。その結果、真希は大道や甚爾の強さの根幹たる”自由”を理解、覚醒に至りました。

 

今にして思えば、甚爾は何者にも縛られない暴君。”自由”の最たる存在でした。

三代との”コミュニケーション”によって答えに辿り着いた真希は、今度こそ甚爾と同格の存在に覚醒したはず。

今後の活躍に期待されますね!

呪霊直哉との戦闘

さて、上述したように、真希が196話をもって”甚爾と同格の存在になった”と考えると、呪霊直哉との再びの戦闘が望まれるところです。

最初の攻防では、人間時代を遥かに超えた呪霊直哉のスピードを前に、ただただ押されていた真希(+加茂)。

しかし、「”五条悟を敗北にまで追い込んだ男”と同じ存在に成った」と考えると、ここからの戦いは一方的なものになるのではないでしょうか。

過去編、及び「渋谷事変」編の一部でしか登場しないながらも、我々読者に圧倒的なインパクトを残し、今なお高い人気を誇る男 甚爾。

同格となった真希の活躍により、この先さらに株が上がっていくことでしょう。

桜島編は間も無く終了か

東京第1結界編では日車、レジィ。仙台結界編では烏鷺、石流。東京第2結界編では鹿紫雲。

それぞれの結界には、明確なボスキャラクターが存在しました。

現在連載されている桜島結界編のボスは、言うまでもなく呪霊直哉でしょう。

相変わらずの口の悪さを持ちつつも、憎たらしいまでの強さで桜島結界を蹂躙した呪霊直哉。

しかし、桜島結界編も197話で7話目を迎え、いよいよ終わりが近いのではないかと思われます。

そう考えると、早くとも来週には呪霊直哉が敗北+退場し、残り2話程度で桜島結界編が終わるかもしれませんね。

【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話 195話 196話
197話        

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
0巻        

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。