呪術廻戦

【呪術廻戦】178話のネタバレ予想|リカの正体が判明 仙台編が決着か

【呪術廻戦】177話までのネタバレ

乙骨憂太 vs 石流龍

デザート不足

176話で呪力の大砲「グラニテブラスト」を放った石流。

乙骨は、あえて石流との距離を詰め、コンパクトに戦うよう求めます。

乙骨の言葉に反発した石流は、取り出したタバコに火をつけ、語り始めました。烏鷺同様、受肉した過去の術師であった石流。

(呪術廻戦 177話 芥見下々 / 集英社)

彼は、自身の一度目の人生を、「腹八分目」と表現します。骨のある敵とも戦い、良い女性とも巡り合ったと言う石流は、悔いの残らない人生を送っていたとのこと。

しかし、そんな石流の人生には、”デザート”がありませんでした。

それこそが、石流の漠然とした不満の正体にして、”二度目の人生”を歩む意味

話し終えた石流は、乙骨との戦闘に戻ります。

(呪術廻戦 177話 芥見下々 / 集英社)

泳者一の呪力出力を誇る石流は、呪力の瞬発力も併せ持っており、肉弾戦でも乙骨にダメージを与え得るほどの強者です。

近接戦闘で乙骨を上回った石流。乙骨を空中へと吹き飛ばすと、再び「グラニテブラスト」を放ちました。

しかし乙骨は、石流の砲撃を素手で阻止。その後再び距離を詰め、石流に強烈な拳を叩き込みます。

乙骨という強者を前にした石流は、「オマエが俺のデザートか!?」と興奮気味です。

仙台結界の乱戦

(呪術廻戦 177話 芥見下々 / 集英社)

乙骨と石流が激戦を繰り広げていたところ、”空”のベールを纏った烏鷺が忍び寄ります。

乙骨の目の前で姿を現した烏鷺は、”空”の”面”ごと相手を叩く技「宇守羅彈(うすらび)」を用い、乙骨を地面へと叩き落としました。

戦いを邪魔された石流は、烏鷺に向かって砲撃します。一方の烏鷺は、”空”を掴んで回すことで、砲撃の軌道に干渉

石流が放った呪力の砲撃を、石流本人のもとへと撃ち返してしまいました。予想だにしないカウンターを正面から受けてしまった石流でしたが、あまりダメージは負っていない様子。

 

一進一退の激戦が繰り広げられている中、反転術式で身体を癒した乙骨が、再び姿を現しました。

石流・烏鷺の2名が、スタジアムに避難している一般人を狙うことはない……そう考えた乙骨は、遂に「リカ」を解禁。

(呪術廻戦 177話 芥見下々 / 集英社)

おいで リカ」と唱え、指輪をかざした乙骨は、「全部だ」と意味深な言葉を発しました。

【呪術廻戦】本誌177話のネタバレ考察|リカ顕現 仙台編クライマックス!【呪術廻戦】177話「仙台結界④」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だ...

【呪術廻戦】178話以降の展開予想・考察

リカ、顕現

(呪術廻戦 174話 芥見下々 / 集英社)

要所要所で乙骨が召喚している「リカ」

その正体については未だ謎に包まれており、彼女(?)を巡っては、様々な読者の議論を呼んでいました。

「リカ」と言えば、『呪術廻戦 0』に登場した特級過呪怨霊「祈本里香」を連想してしまいます。

「里香」と「リカ」は、口調や容姿、乙骨を気にする様子など、似た部分が多く見られますから、何らかの関係はあるはず。

次回は乙骨と「リカ」の共闘が見られるはずですから、見逃せませんね。

「リカ」は乙骨の術式?

さて、謎に包まれた存在「リカ」は、一体何者なのでしょうか。

恐らくは乙骨の生得術式に関係するものと思われますが、祈本里香本人ではなさそうですよね。

そもそも『呪術廻戦 0』で登場した特級過呪怨霊「祈本里香」は、里香の死を受け入れられなかった乙骨が、彼女に意図せず「呪い」を掛けてしまったことで発生します。

里香は言わば被害者。やっとの思いで解呪された後、乙骨がもう一度彼女を現世に縛るとは考えにくいですよね。

だからこそ「リカ」は、里香を模した式神(もしくは呪霊)である説が濃厚なのではないでしょうか。そして、そんな芸当を可能にしているのは、乙骨に刻まれている生得術式だと考えられます。

次回は「リカ」無双?

(呪術廻戦 175話 芥見下々 / 集英社)

特級呪霊「黒沐死(くろうるし)」に続き、烏鷺亨子、石流龍と連戦を強いられている乙骨。

暴力的なまでの呪力総量によって、攻防に一切隙のない乙骨は、とにかく見ていて安心感がありますよね。

ただ、177話では、度重なる「反転術式」の使用により、呪力切れが目前に迫りつつあることが示唆されました。

 

ドルゥヴには(恐らく)圧勝した乙骨ですが、黒沐死に対しては辛勝という表現が正しいであろう決着であり、また、石流・烏鷺については、現在進行形で苦戦を強いられています

”五条に次ぐ現代の異能”と表現された乙骨のことですから、五条には遠く及ばないながらも、作中最強格の実力を持っているはず。

…そう考えると、乙骨が従える「リカ」の強さが気になるところですよね。

乙骨が特級にまで認定された背景には、その圧倒的な呪力量だけではなく、「リカ」も関係しているはずです。

次回以降の”「リカ」無双”が期待されます。

仙台結界の決着

177話の最終コマにて、「リカ」を顕現させる決心をした乙骨。

これまで刀と呪力のみで戦っていたであろう乙骨は、仙台結界内で初めて全力戦闘を解禁するようです。

そうなると、烏鷺亨子、石流龍との戦闘は、早々に終わってしまってもおかしくはありません

1話丸々用いて過去が語られた日車や、羂索との何らかの関係を匂わせたレジィと異なり、烏鷺・石流の2人には敵キャラとしての厚みに欠けます。

今後2人の過去が語られるならまだしも、このままの調子でストーリーが進むのであれば、間もなく仙台結界編は幕引きとなるのではないでしょうか。

(呪術廻戦 173話 芥見下々 / 集英社)

とはいえ、烏鷺亨子には、藤原氏直属の暗殺部隊「日月星進隊」という興味をそそられる肩書があります。

また、石流龍についても、バトルジャンキーな性格や「泳者一の呪力出力」という設定は、非常に魅力的です。

どちらも即退場するには勿体ないキャラクターですから、味方化過去回想描写などの待遇に期待してしまいますね。

 

以上、『呪術廻戦』178話以降の展開について予想しました。東京第1結界編に続き、仙台結界編が展開されている『呪術廻戦』。

死滅回游の<総則>や登場キャラクターの詳細は以下の記事でまとめていますので、本編と併せて是非チェックしてみてくださいね。

【呪術廻戦】「死滅回游」とは|ルールや泳者(プレイヤー)について徹底解説!死滅回游とは 目的 死滅回游は、羂索によって仕組まれた、術師同士の殺し合いです。 そもそも羂索とは”人間の可能性”を追...

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話 186話
187話 188話 189話 190話 191話
192話 193話 194話    

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。