呪術廻戦

【呪術廻戦】171話のネタバレ予想|レジィが領域展開? 極致に達した呪術戦!

【呪術廻戦】170話までのネタバレ

レジィと伏黒の一騎打ち

(呪術廻戦 170話 芥見下々 / 集英社)

レシートや領収世を媒介に「契約を再現する」術式の使い手 レジィ。

「契約の再現」には、温泉旅館での滋養までもが含まれており、もはや何でもありの便利な術式です。

一方の伏黒は、手持ち式神の中で一番優秀であろう「玉犬・渾」を欠いており、レジィに対して決定打を放てずにいました。

そんな伏黒が選んだのは、「鵺」を用いた空中経由の逃走。

しかしレジィは、術式を用いてドローンを召喚し、伏黒を追いかけます。

逆転なるか

(呪術廻戦 170話 芥見下々 / 集英社)

レジィがスクーターで追いかけてくる中、伏黒が逃げ場所として選んだのは、総合体育館でした。

罠を疑ったレジィは、先手を打ったうえで館内へ。

二台のトラックを体育館に突っ込ませ、伏黒の動きを制限したうえで攻撃を行い、着実に追い詰めていきます。

レジィの術式によって再現された物は”式神”のような側面を持っており、簡単な命令であれば与えることが出来るとのこと。

汎用性の高い術式を前に、伏黒は膝をついてしまいます。

(呪術廻戦 170話 芥見下々 / 集英社)

――しかし、伏黒の反撃は、ここからでした。

逃げ込んだ先を閉じられた体育館に選んだのは、空間を自身の領域に転用するため。

伏黒が繰り出したのは、領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」

レジィを結界へと閉じ込めることに成功し、反撃の狼煙が上がりました。

【呪術廻戦】本誌170話のネタバレ考察|レジィの術式が判明 伏黒が領域展開!【呪術廻戦】170話「東京第1結界⑩」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

【呪術廻戦】171話以降の展開予想

領域「嵌合暗翳庭」の能力

これまでの発動シーン

(呪術廻戦 8巻 芥見下々 / 集英社)

伏黒が初めて領域「嵌合暗翳庭」を展開したのは、『呪術廻戦』8巻の「起首雷同」編です。未完成ながらも、術式の解釈を深めることで相手呪霊を翻弄し、見事戦闘に勝利して見せました。

(呪術廻戦 13巻 芥見下々 / 集英社)

二度目に用いられたのは、『呪術廻戦』13巻の「渋谷事変」編

それも既に特級呪霊 陀艮が展開していた領域「蕩蘊平線(たううんへいせん)」に穴を空ける形での領域展開でした。

いずれも「領域」としての完成度や強度はまだまだ甘いながらも、特級相手に引けを取らない戦いぶりは流石の一言に尽きますね。

能力考察

現時点では、あまり明らかになっていない「嵌合暗翳庭」の全容。

『呪術廻戦』における「領域」とは、術式を必中とする空間であり、曖昧な表現をするのであれば、「嵌合暗翳庭」の能力=「十種影法術」の必中 です。

しかし、「十種影法術」とは、影を媒介に式神を召喚することが出来る術式。一体この術式のどの部分が”必中”になるのでしょうか。

(呪術廻戦 13巻 芥見下々 / 集英社)

一番あり得そうな例としては、陀艮の「蕩蘊平線」のようなパターンです。

「蕩蘊平線」は、領域内に存在する生命の源たる””から、無数の不可視の式神をけしかける、という能力を持っていました。

とすれば、伏黒の「嵌合暗翳庭」も、影に包まれた空間から無数の式神を召喚する、という能力である可能性は高そうです。

次回明かされるであろう「嵌合暗翳庭」の能力、果たしてどのようなものなのでしょうか。

レジィも領域を展開?

ここでは、伏黒の領域「嵌合暗翳庭」に囚われてしまったレジィが、どのような手段で身を守るのかを考察します。

そもそも、現在作中で明らかになっている”領域対策”は、下記の2パターンのみです。

①呪力で受ける
②自らも領域を展開する
③領域外に逃げる

それぞれのパターンは、伏黒の領域「嵌合暗翳庭」において、可能なのでしょうか。それぞれのパターンを考察してみます。

①呪力で受ける

「領域」に取り込まれた術師にとって一番ポピュラーな選択肢が、「呪力で受ける」です。

領域内では術者の術式が必中となるため、取り込まれた人物は②や③のような対応をとるか、攻撃を呪力で受ける他ありません。

レジィが「領域」を習得していない場合、この「呪力で受ける」以外に防御手段はないでしょう。

しかし、領域展開には、ゲーム表現で言う「ステータスバフ」も働くため、レジィの置かれている状況は窮地そのもの。

伏黒の生得術式「十種影法術」手数がウリの術式ですから、「呪力で受ける」選択肢は難しそうです。

②自らも領域を展開する

領域展開への一番わかりやすい対抗手段は、やはりこれでしょう。

相手の生得術式が必中となる領域において、根本的に防ぐことが出来るのが「自らも領域を展開する」という方法です。

(呪術廻戦 15話 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦』2巻15話で初めて登場した「領域の押し合い」。

五条と漏瑚の間には明確な呪力差があったため、一瞬で押し合いが終了しました。

しかし、レジィと伏黒の間に莫大な呪力差があるとは(現時点では)考えられず、仮にレジィが「領域展開」を扱うことが出来たとしても、瞬時に「嵌合暗翳庭」を塗り替えることは不可能でしょう

現実的な線としては、「簡易領域」という我慢の一手か、「領域」同士の押し合いのいずれかと考えられます。

もちろん、これはレジィが「簡易領域」か「領域展開」を習得していることを前提とした考察ですから、いずれの術も持ち合わせていなかった場合、①か③の対抗手段をとってくることでしょう。

③領域外に逃げる

「領域展開」への対策として、一番望み薄な選択肢が「領域外に逃げる」です。

基本的に「領域」は、閉じ込めることに特化した結界であり、易々と中から外へ逃げ果せるような術ではありません。

ただし、外からの介入――例えば、他者による結界の破壊や、他者による「領域展開」が行われた場合のみ、結界に穴が空き、「領域外に逃げる」という選択肢が現実的なものとなります。

(呪術廻戦 109話 芥見下々 / 集英社)

具体的には、『呪術廻戦』4巻30話や13巻109話に結界に穴が空くシーンが描写されています。

また、特殊な例として、両面宿儺の「伏魔御廚子(ふくまみづし)」は、結界を降ろさずして展開されている生得領域であるため、理論的には逃げ切ることも可能です(絶え間なく浴びせられる斬撃への対抗手段があれば)。

 

話をレジィvs伏黒に戻します。

そもそも伏黒の「領域」は未完成であり、結界を閉じて相手を封じ込めることが出来ませんでした。

(呪術廻戦 170話 芥見下々 / 集英社)

しかし、170話の伏黒は、”総合体育館”というあらかじめ閉じられた場所を転用することにより、「領域展開」を完成させます。

前述したように、「領域」の結界は閉じ込めることに特化していますから、伏黒が結界を閉じることに成功した以上、「逃げる」という選択肢は絶望的でしょう。

…とはいえ、レジィには協力者がいます。

針は死に、黄櫨は髙羽によって分断されてしまいましたが、まだ姿を見せていない協力者の介入があれば、伏黒の「領域」に穴が空くという展開もあり得るかもしれませんね。

このまま敗北か

伏黒の領域を前に、レジィが生き残る手段について考察しましたが、「このまま敗北する」という展開が可能性としては一番高いように思えます。

169話で伏黒が述べていたように、彼や虎杖にとって東京第1結界は用済みの地。

東京第2結界には鹿紫雲一という”大ボス”や、”天使”来栖華というキーパーソンが待っていますから、メタ的にも「東京第1結界」編の終わりは近いのではないかと予測します。

次回以降のレジィの生死や、伏黒の動向に注目ですね。

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。