呪術廻戦

【呪術廻戦】163話のネタバレ予想|日車の居場所は新宿か 甘井の誘導は罠!

【呪術廻戦】162話までのネタバレ

初心者狩りとの戦闘

東京第1結界への侵入早々、虎杖は”初心者狩り”を行っていた術師に襲われてしまいました。

そのうち1名を撃破した虎杖は、次の相手 羽場(はば)との戦闘に移ります。

羽場は毛髪をプロペラに変形させる術式の持ち主であり、回転するプロペラを用いた滞空・斬撃が持ち味の術師です。

(呪術廻戦 162話 芥見下々 / 集英社)

しかし、特級呪霊とも渡り合ってきた虎杖を前に、並みの術師が太刀打ちできるはずもありません。

持ち前の身体能力を活かし、虎杖は早々に羽場を沈めてしまいます。

それぞれの案内人

戦闘を終えた虎杖は、日車の情報を得るため、気絶した羽場を起こそうとします。

そんな折、折らわれたのが甘井凛(あまい りん)でした。

(呪術廻戦 162話 芥見下々 / 集英社)

甘井は”西中の虎”と呼ばれていた頃の虎杖を知る人物であり、”日車を知っている”と述べて虎杖に取り入ります。

 

時を同じくして、怪しげな女性術師 麗美(れみ)の案内で日車のもとへと向かっている伏黒。

独特の格好をした麗美ですが、その正体は現代の術師であり、受肉した過去の術師ではないようです。

現代の術師は”死滅回游”に消極的だろうと踏んでいた伏黒でしたが、殺し合いを求める過去の術師に触発され、現代の術師も戦闘モードに移行している様子。

ここで伏黒は、麗美に対してどこに向かっているのかと問いかけました。

同じ頃、虎杖も甘井に対して同様の問いを投げかけます。

(呪術廻戦 162話 芥見下々 / 集英社)

麗美の答えは”新宿”。そして、甘井の答えは”池袋”

2人の答えは完全に食い違っており、少なくともどちらかはハズレということになります。

ここまでであれば、”命惜しさにでたらめを述べた可能性”も否定できませんが、162話の最終ページには、なにやら怪しい人物が描かれました。

「不退転」というタトゥーの目立つその人物は、”カモ”を待ち受けているようで――?

【呪術廻戦】本誌162話のネタバレ考察|渋谷か新宿 日車寛見の所在は?【呪術廻戦】162話「東京第1結界②」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

【呪術廻戦】163話以降の展開予想

甘井は虎杖を裏切る?

(呪術廻戦 162話 芥見下々 / 集英社)

前回162話で初登場した、あまりに怪しい長髪の人物。

黒い髭に金(?)の長髪、極めつけは「不退転」のタトゥーに上裸と、とにかく怪しい組み合わせです。

そんな不退転漢の述べる「あの子」とは、一体誰を指すのでしょうか。

「あの子」が甘井でも麗美でもなく、完全なミスリードである”という可能性を一時捨て置くと、怪しいのはやはり甘井であるように思われます。

以下に、甘井の不審点をまとめました。

不自然な出会い

(呪術廻戦 162話 芥見下々 / 集英社)

”西中の虎”こと、仙台時代の虎杖を知っている様子の甘井ですが、やや不自然な点が残っています。

甘井が虎杖に発した言葉は、「久しぶり 覚えてるか?」というものでした。

一方的に知っているだけの人物が、初対面でこのようなことを口走るでしょうか。

甘井のこの言葉の裏には、”あわよくばかつての友人だと思われたい”という思惑が隠れているように思われます。

虎杖の顔や”西中の虎”というキーワードを知っていた事実は、不退転漢からの情報だと考えると不自然ではなさそうです。

甘井の頭部に注目

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

登場初期から、甘井の頭には不自然な被り物が描かれています。

ベレー帽にしては小さすぎますし、およそオシャレ目的の物ではなさそうです。

だとすると、甘井本人の術式、もしくは不退転漢の術式に関係した物 と考えるのが一番自然でしょう。

(呪術廻戦 162話 芥見下々 / 集英社)

不退転漢がレシートを留めるのに用いていた丸い重しが、甘井の被り物と形状の点で似ている点も気になるところです。

甘井の違和感

甘井についてもう一歩踏み込むと、羽生・羽場と行動を共にしていた点が不可解です。

羽生と羽場は恋人同士のようですが、甘井の扱いは奴隷同然。

作中では行動を共にするに至った経緯が描かれませんでしたから、謎に包まれたままです。

「元々の知り合いだった」と説明されるとそれまでですが、甘井が不退転漢への”カモ”として羽生・羽場を狙っていた可能性も否定できません。

そもそも、現時点で一切呪術を行使していない甘井は、なぜ死滅回游に参加しているのでしょうか

術式を隠し持っている、もしくは不退転漢に操られている、などの、何らかの事情が隠れていそうです。

麗美は今編のヒロイン?

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

本記事の予想通り、”甘井凛が不退転漢と繋がっている”と考えると、麗美に案内されている伏黒が日車の待つ”新宿”に辿り着くこととなります。

当然、麗美が命惜しさにデタラメを述べている可能性もありますが、物語の展開が鈍化するような設定は(おそらく)盛り込まないでしょう。

読めば読むほど怪しい点が出てくる甘井に対し、怪しい匂いだけが終始漂っている麗美。

甘井が裏切り者だとすれば、麗美は「東京第1結界」編のヒロイン的立ち位置にハマりそうな気もしますが、果たして――?

『呪術廻戦』本誌のネタバレ一覧

18巻以降
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話 181話
182話 183話 184話 185話  

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。