呪術廻戦

【呪術廻戦】本誌158話のネタバレ考察|死滅回游本格始動! 凶悪泳者が登場?

【呪術廻戦】158話「コガネ」のネタバレ

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!

前回157話のおさらい

・星綺羅羅に勝利した伏黒は、即刻拘束を解除し、土下座して話を聞くよう要請。
・伏黒の態度を見て綺羅羅が折れるも、秤vs虎杖が勃発。
・虎杖は攻撃を全て受け止め、秤に認められようと試みる。
・幾度となく起き上がる虎杖に対し、”熱”を帯びた秤は、伏黒に”取引”を持ちかけた。

【呪術廻戦】本誌157話のネタバレ考察|秤金次懐柔? 協力の鍵は”熱”!【呪術廻戦】157話「部品」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある...

『呪術廻戦』本誌158話のネタバレ

秤の協力

(呪術廻戦 158話 芥見下々 / 集英社)

冒頭、”五条悟が封印された”という事実に驚きが隠せない様子の秤が描かれます。

続けざまに、パンダの口から”夜蛾正道の死”が伝えられました。夜蛾の死は虎杖・伏黒も知らなかった事実。虎杖は、夜蛾が自身(=両面宿儺)によって死に至ったのではないかと考えたようですが、「渋谷でじゃない」とパンダからフォローが入ります。

「渋谷事変」後の動きや死滅回游の総則(ルール)等の説明を受けた秤は、死滅回游平定への協力を約束

しかし秤は、今回の協力が”取引”であることを強調します。

死滅回游平定後は、賭け試合(ファイトクラブ)隆盛に向けて呪術規定の改訂を行いたい様子の秤。

(呪術廻戦 158話 芥見下々 / 集英社)

ここで伏黒は、自身の身分が”禪院家の現当主”であることを明かします。

”呪術規定改訂への口出し”は、御三家であれば容易なこと。それを理解している秤は、伏黒に対する「ウニ頭」呼びを改め「仲良くしようネ」と微笑みました。

なお、この翌日、禪院真希の手によって禪院家は壊滅します

泳者 鹿紫雲 一

情報共有にひと段落が付いたところで、死滅回游の”窓口”を担当する式神「コガネ」が突如として登場。

泳者(プレイヤー)によって新たなルールが追加されたことを通知します。

9つ目の「総則(ルール)」として追加された内容は、「泳者は他泳者の情報ー ”名前” ”得点” ”ルール追加回数” ”滞留結界” ーを参照できる」というもの。

(呪術廻戦 158話 芥見下々 / 集英社)

ルールを追加した人物 鹿紫雲一(かしも はじめ)は、既に200点ものポイントを稼いでおり、それは”少なく見積もっても40名の泳者を殺害した”という事実を意味しています。

当の鹿紫雲は、今まで殺害した人物らが貧弱であることに苛立ちを覚えている様子。

400年前の方が幾分ましだった」と発言していることから、羂索や来栖華、裏梅らと同じ過去の術師のようです。

そんな鹿紫雲が探しているのは、なんと”宿儺”。好意的な様子ではないことから、宿儺に対して何かしらの因縁を有しているものと思われます。

今後の動き

場面は虎杖らに戻り、式神「コガネ」が虎杖を「泳者(プレイヤー)」と認識していることに違和感を持った伏黒。

ここで虎杖は、自身の中の存在”両面宿儺”が、1000年以上前に実在した”人間”である という事実を思い出します。

(呪術廻戦 158話 芥見下々 / 集英社)

未だ結界(コロニー)に侵入していない虎杖は、本来であれば死滅回游の参加条件を満たしていないはず。

しかし、羂索が宿儺と何らかの契約を交わしていた場合、”器”である虎杖悠仁の”強制参加”にも合点がいきます。

 

場面が変わり、鹿紫雲が追加したルールを用いて、参加者の情報を確認する伏黒ら。

(呪術廻戦 158話 芥見下々 / 集英社)

現時点で100を超える得点を稼いでいる人物は、上述の鹿紫雲一日車寛見(ひぐるま ひろみ)の2名であり、伏黒はこの2名に当たりをつけます。

現時点でのネックは、総則(ルール)8の「参加または点取得後、十九日以内に得点の変動が見られない場合、その泳者からは術式を剥奪する」というもの。

伏黒はルール「泳者間で点の譲渡を可能にする」を追加することで、術式剥奪(=死)を防ぐことを目的として定めます。

その後、”死滅回游の永続”に差し障りない形で、死滅回游離脱を可能とするルールを追加することが、津美紀救出の理想的な流れのようです。

(呪術廻戦 158話 芥見下々 / 集英社)

泳者を殺害せずしてルールを追加するには、現時点で100を上回る点を有している人物を利用する他ありません。

当面の目的は、「”天使”来栖華を捜索しつつ、鹿紫雲一・日車寛見を狩る」ことと定まりました。

【呪術廻戦】158話の考察と感想

徐々に明らかになる泳者達

呪術高専東京校3年 秤金次と星綺羅羅の協力を得て、いよいよ死滅回遊平定に向けて進み始めることとなった虎杖・伏黒。

今回の158話では、早くも100点を消費して”ルールの追加”を行う泳者(プレイヤー)が登場しました。

ルール追加を行った鹿紫雲は、元々200点もの得点を保持しており、少なく見積もっても40名以上の人物を殺害したこととなります。

もう一人の100点越え 日車は、102点と”5で割り切ることが出来ない点数”を保持しており、非術師も殺害していることが確定しています(<総則(ルール)>より、ポイントは術師5点 非術師1点)。

上記2名が悪意を持った術師であることに間違いはなく、今後虎杖らとぶつかることは必至でしょう。

”天使”の居場所が判明?

鹿紫雲が行ったルール追加により、泳者は他泳者の情報を参照できるようになりました。

式神「コガネ」に頼むことにより、”絞り込み検索”を行うことが可能であることも判明したため、泳者の”滞留結界”までは容易に割り出すことが出来ます。

五条悟の封印された「獄門疆」を解除するためには、「術式を消滅させる術式」の持ち主”天使”来栖華の協力が不可欠です。

コガネを用いて来栖の滞留結界が判明すれば、五条悟解放に向けて歩みを進めることが出来そうですね。

予測不能の「死滅回遊」編、今後はどのように進んでいくのでしょうか!

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。