呪術廻戦

【呪術廻戦】162話のネタバレ予想|初心者狩りの行方! 甘井は虎杖の同級生?

【呪術廻戦】161話までのネタバレ

「死滅回游」編が開幕

結界へ侵入

秤・パンダと別れた虎杖・伏黒ペアは、遂に目的としていた東京第1結界に到着します。

2人の目的は、現在100を超えるポイントを有している泳者 日車寛見(ひぐるま ひろみ)

伏黒は、日車が”過去の術師”だと予想しているようであり、虎杖に「まともな交渉は期待するな」と述べます。

一通り話が終わったところで、結界をノックした伏黒。

虎杖には既に憑いている式神「コガネ」が登場し、伏黒に対して”結界に入る意思”の有無を確認しました。

結界の法則

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

伏黒が死滅回游への参加を表明し、2人は早速結界内へ。

しかしその直後、想像だにしない事態が起こりました。なんと死滅回游には、総則(ルール)とは別に結界内の法則(ルール)が存在する様子。

その内容は、「侵入した泳者(プレイヤー)を設定された9つの地点にランダムで転送する」というものでした。

かくして2人は、死滅回游参加直後から別行動を余儀なくされます。

初心者狩り

虎杖サイド

結界侵入直後、高所に放り出されてしまった虎杖。

重力に従って下へ下へと落ちていく虎杖は、眼下に誘導灯を持った男性を確認します。

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

その直後、虎杖の身体には猛スピードの女性術師が突撃を仕掛けてきました。

女性の名は羽生(はにゅう)

誘導灯を持った男性 甘井(あまい)の合図を受け、死滅回游に参加した人物を超速で狩る”初心者狩り”を敢行しているようです。

しかし、虎杖が単なる直接的な攻めで倒される訳もなく、呪力を篭めた石を投げることで即時反撃を試みます。

なんとか羽生を撃退したところで、次に出てきたのは羽生の恋人 羽場(はば)でした。

そんな中、誘導灯を用いた観測手のような役割を務める男性 甘井は、虎杖のことを知っている様子で……?

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

伏黒サイド

場面は変わり、伏黒サイド。

羽生や羽場と同じく”初心者狩り”を行っていたであろう女性術師を、式神「鵺(ぬえ)」と剣(呪具?)で早々に撃退したようです。

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

女性術師の名は麗美(れみ)。サソリの尾のような髪が特徴的な人物であり、日車の居場所を知っている風な素振りを見せます。

日車の所在を欲している伏黒に対して、麗美は「私の”騎士(ナイト)”になって?」と要求。

伏黒は二つ返事でそれを了承し、麗美に案内するよう述べるのでした。津美紀を助けるため、手段を選ぶつもりはない伏黒。

彼は虎杖とは異なり、自身で100点を獲得することも厭わないようです。

【呪術廻戦】本誌161話のネタバレ考察|東京第1結界編開幕 VS初心者狩り!【呪術廻戦】161話「東京第1結界①」のネタバレ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた...

【呪術廻戦】162話以降の展開予想

初心者狩りの行方

羽生と羽場

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

161話の中盤では、結界内に侵入した虎杖を狩るべく、羽生・羽場が襲い掛かりました。

羽生は髪をジェット機型に変形する術式を持っており、滞空や高速移動を可能としています。

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

そして羽生の恋人 羽場は、髪をプロペラに変形させる術式の持ち主であり、羽生と同じく滞空することが可能です。

羽生とは異なり、まだ術式による攻撃を見せていない羽場ですが、恐らくプロペラによる斬撃や風を用いた戦闘スタイルでしょう。

現代の術師

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

2人の術式は明らかに近代的な技術がモチーフとなったものであり、まず”受肉した過去の術師”ではないでしょう。

狡猾な手口呪殺への慣れを見るに、元来呪詛師だったと考える方が自然な気はします。

そんな羽生・羽場の2人ですが、戦闘能力はあまり高くはなさそうであり、例え2人掛かりであっても虎杖に勝てるとは思えません。

これまで”初見殺し”のような形で戦闘を行ってきたであろう2人ですから、虎杖であれば難なく倒してくれることでしょう。

甘井は同級生?

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

一連の”初心者狩り”トリオの中で気になるのは、やはり甘井でしょう。

161話で多くが明かされることはありませんでしたが、虎杖のことを知った風な様子です。

その風貌から真っ先に予想されるのは、虎杖の同級生だった説です。

(呪術廻戦 8巻 芥見下々 / 集英社)

虎杖の同級生を巡っては、仙台から上京してきた小沢優子の例があるため、可能性とはかなり高いはずです。

羽生・羽場から観測手代わりに使われていることから察するに、甘井は非術師、もしくは実力のない術師のはず。虎杖と戦う展開にはならないように思われますが、どのように物語に作用するのかが気になるところです。

麗美は過去の術師?

(呪術廻戦 161話 芥見下々 / 集英社)

虎杖とはぐれた伏黒の前には、「麗美(れみ)」と名乗る女性術師が登場しました。

実力はそこまで高くないようであり、コメディー寄りの言動が目立つ人物です。ビジュアルも良い人物ですが、このまま「”死滅回游編のヒロイン”として活躍する」という展開は十中八九ないでしょう。

伏黒との戦闘描写はカットされているため、術式はおろか実力さえ不明な麗美。

髪型や服装はやや特異であり、来栖や鹿紫雲のような”過去の術師”という可能性も捨てきれません。

ビジュアルから想像される術式は、”サソリ”や”毒”ですが、果たして彼女はどのような術師なのでしょうか。

サブタイトルに見る今後の展開

161話のサブタイトルは「東京第1結界①」であり、「葦を啣む」編以来のナンバリングとなりました。

つまり、以降しばらくは虎杖・伏黒がメインの「東京第1結界」編が展開されると考えて間違いはないでしょう。

虎杖・伏黒の目下の目標は日車寛見ですが、そこに至るまでも様々な術師との出会いがあるはずです。

ここから開幕する「東京第1結界」編……次回の162話以降も目が離せませんね!

漫画のネタバレ一覧

単行本
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
0巻        
         

呪術廻戦最新情報まとめ

漫画版呪術廻戦を無料で見れる!

呪術廻戦を無料で読む

※アニメ呪術廻戦も見放題!

アニメ呪術廻戦全22話が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料でアニメを見ちゃいましょう。 アニメ版呪術廻戦を無料で観る

(C)芥見 下々
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。