チェンソーマン

【チェンソーマン第二部】99話のネタバレ予想|デンジが登場? チェンソーマンを皆で呼ぶ会

『チェンソーマン』99話のネタバレ予想記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の予想/考察を行っています。

【チェンソーマン】98話の振り返り

少年ジャンプ+連載『チェンソーマン』の概要

(チェンソーマン 藤本タツキ / 集英社)

悪魔のポチタと共にデビルハンターとして借金取りにこき使われる超貧乏な少年・デンジ。ド底辺の日々は、残忍な裏切りで一変する!!

悪魔をその身に宿し、悪魔を狩る、新時代ダークヒーローアクション、開幕!

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

100日後に食われるコケピー

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

ファン待望の第二部1話(シリーズ98話)冒頭、登場したのは鶏の悪魔(名前はコケピー)です。

ある教室の担任・田中曰く「3ヶ月後にコケピーを殺して食べてもらう」とのこと。

その背景には、「命の大切さを知って欲しい」という思いがあるようです。

 

クラスの一員となった不憫な悪魔・コケピーに対し、物珍しげに接する生徒たち。

一方で、クラスの輪からはみ出していた女生徒・三鷹アサは、「死ね!」と心の中で悪態をつきます。

その日の昼、屋上でムスッとしながらパンを食べていた三鷹アサ。

背後からは委員長が登場し、隣でパンを食べ始めました。

彼女が食べているのは、「チェンソーカレーマン」。言うまでもなく、チェンソーマンのキャラクター人気に乗じた商品でしょう。

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

三鷹アサは、「この街は腐ってる……」と一言。

曰く、ほとんどの建物は違法建築であり、市長は飲酒運転で捕まったことがあるとのこと。

そして、教室では鶏の悪魔が飼われている始末……。

 

場面は変わり、クラスのマスコットキャラクターとして輪の中心にいるコケピーが描写されます。

3ヶ月が経過した頃、担任教師の田中は「デビルハンター志望の生徒にコケピーを殺して貰う!」と一言。

三鷹アサは「やっとか……」とほくそ笑みますが、委員長やその他の生徒が突如立ち上がりました。

委員長は、クラス全員(三鷹アサ除く)で話し合った結論として、「コケピーは食べません」と述べます。

担任教師の田中は、「その言葉を聞きたかった……!」と感無量の様子。

コケピーは正式なクラスの一員となり、授業の数学は取りやめ。クラス全員でサッカーを行うことになりました。

コケピーが……

クラスメイトが仲睦まじくサッカーに興じている中、一人それを眺めていた三鷹アサ。

先生と委員長が声をかけますが、彼女は頑なにそれを拒みます。

その時、コケピーが「三鷹アサちゃん!」と名前を呼び、一緒にサッカーをするよう話しかけました。

自身の名前を覚えているのは委員長と先生だけ……そう思い込んでいた三鷹アサ。

彼女が前を向くと、そこには待っているクラスメイトの姿がありました。

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

数々のクラスメイトに悪態をついていた三鷹アサでしたが、それが「”羨望”の裏返し」だったことに気付きます。

三鷹アサは、青春映画のように走り出しました。

しかし、『チェンソーマン』は藤本タツキ先生の作品。ここからは青春展開から大きく分岐します。

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

なんと、走り出した三鷹アサが派手に転倒。抱えていたコケピーを押し潰し、圧殺してしまったのです

悲哀の感情が波及するクラスメイトたち。

三鷹アサも、あまりのショックに気を失った末、倒れ込んでしまいました。

正義の悪魔

その日の夜、自身の行いとクラスメイト達の目を思い出し、自宅で悶絶する三鷹アサ。

そんな彼女の元にやってきたのは、委員長と担任の田中でした。

委員長と田中が先導して歩く中、三鷹は突如として止まります。それは、横断歩道がだから。

ここで、「でたよ……」と呟いた委員長。

彼女は、これまで「良い子ちゃんぶって」いた三鷹のことが気に入らなかったと話し始めます。

田中と性的関係を持っていた委員長は、田中が三鷹に好感を抱いていたことを良く思っていなかった様子。

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

嫉妬に駆られた結果、委員長は正義の悪魔と契約し、その指示に付き従っていたようです。

悍ましい姿へと変貌を遂げた委員長は、三鷹に襲い掛かりました。

こうして三鷹は、正義の悪魔として力を振るう委員長の手により、その命を終えました。

戦争の悪魔

顔を潰され、眼球が飛び出た状態の三鷹。

そんな状態の彼女が今際の際に見たのは、歩行者用信号機の上に止まる、毛むくじゃらのダルマのような悪魔でした。

その悪魔が「生きたいなら体を貰うぞ」と発した瞬間、死んだはずの三鷹が立ち上がります

立ち上がった三鷹(悪魔)が「田中脊髄剣」と発すると、田中は頭部を脊髄ごと引き抜かれ、剣となってしまいました。

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

その悪魔の名は、「戦争の悪魔」。

相対する正義の悪魔の腕を”田中脊髄剣”で斬った戦争の悪魔は、斬り落とした腕を”手榴弾”に変化させます。

そして、”田中脊髄剣”を振るい、正義の悪魔を両断。先ほどの手榴弾を投げつけます。

手榴弾が爆発する前の刹那、正義の悪魔となった委員長と、戦争の悪魔の武器となった田中は、幸せなキスをして爆死

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

戦争の悪魔となった三鷹アサは、爆発を背景に歩きつつ、「待ってろチェンソーマン」と述べ、「核兵器を吐き出させてやる…!」と言い放ちました。

99話へ続く。

【チェンソーマン第二部】98話のネタバレ考察|戦争の悪魔が登場 核兵器の悪魔復活が目的か『チェンソーマン』98話のネタバレ記事です。ネタバレ込みでストーリーをご紹介し、今後の展開や重要な要素の解説/考察を行っています。 チ...

各キャラクターの現在状況はコチラ!

【チェンソーマン】主要キャラクターの現在状況|第2部最新話時点の動向(8/1 更新)『チェンソーマン』に登場する主要キャラクターをまとめています。各キャラクターの最新の状況を記載しているため、アニメ・単行本派の方はご注意...

【チェンソーマン】99話のネタバレ予想

チェンソーマンを皆で呼ぶ会

作中の時系列

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

98話終盤、壁に掲示されているポスターには「チェンソーマンを皆で呼ぶ会」なる催しについての詳細が記載されていました。

日付は5月12日。場所は大学のホールを貸し切っているようです。

作品内での現在の日付は明示されていませんが、”100日後に死ぬコケピー”が実施されたことを考えると、98話終盤の日付は6月〜3月のはず。

また、学ランを着ている男子生徒が多数描かれていましたから、夏場はなさそうです。

もし「チェンソーマンを皆で呼ぶ会」が描かれるのであれば、コケピーが生きた期間は10月から12月のいずれかの月を始めとする3ヶ月間が妥当でしょうか。

呼ばれて飛び出る?

マキマの策により、第1部終盤にて”ヒーロー”として周知の存在になったチェンソーマン。

”その名への恐怖”を力とする悪魔にとって、この上ない妨害です。

一方のデンジはと言うと、男性はともかく、女性からの好感度は常に欲していた少年。

現在の状況は、デンジにとってこの上なく良いものであるはずです。

とはいえ、98話時点での様子を見るに、チェンソーマン=デンジという少年である、という事実は広まっていない様子。

我々の知るデンジであれば、自身を呼ぶ声があれば(それも女性が混じっていれば殊更に)、喜んで出てくるように思われますが、果たして……?

主人公・デンジが登場する

現時点では、まだどのような進行を見せるのかが判然としない『チェンソーマン』第二部。

とはいえ、上述の「チェンソーマンを皆で呼ぶ会」が実際に行われるかはともかくとして、99話には主人公・デンジが登場してくれるのではないでしょうか。

話数が第二部の”第1話”ではなく、第一部からナンバリングを継続した第98話であったことを鑑みるに、単行本も11巻に続く12巻から発刊されるはず。

そうなると、主人公交代の線はなさそうです。

作中に登場する、ヒーローとしてのチェンソーマンファンや、現実の『チェンソーマン』ファンが待望するデンジ(チェンソーマン)の登場。

藤本タツキ先生は、そんな主人公の活躍をどのように描いてくれるのでしょうか!

戦争の悪魔×三鷹アサ

魔人か、それとも…

正義の悪魔に殺害されたところを、戦争の悪魔に救われた形となった三鷹アサ。

死体を乗っ取ったのであれば、それは”魔人”ですが、戦争の悪魔が体を乗っ取った時点で、三鷹アサはギリギリ生存していたように思われます。

また、頭部に魔人特有の特徴(ビームの背ビレ、パワーの角など)が見られないことからも、三鷹アサは魔人となったわけではないのではないでしょうか。

そうなると、デンジやクァンシのような武器人間となった線が浮上します。

”戦争”はあくまで概念であり、武器そのものではありませんから、”武器人間”という名称が正しいかはともかく、”戦争の悪魔の心臓を宿した人間”となったのではないでしょうか。

あるいは、現時点で作中に未登場の概念(憑依など)が作用した可能性もありそうです。

三鷹アサはヒロインか

(『チェンソーマン』 98話 藤本タツキ / 集英社)

自身の周りの人物への嫉妬を認め、人として一歩成長した三鷹アサ。

今際の際で”誰もが誰かに嫉妬を抱いている”という事実を知った彼女は、もしそれを理解した上で生きていれば、「友達とか彼氏とかも作れたかもしれないのに」と後悔の色を滲ませていました。

魅力的なキャラクターとして読者に認知された三鷹アサが、そして戦争の悪魔が、次週以降にどのような活躍を見せてくれるのか、大いに期待されます。

戦争の悪魔はなぜ現世に?

98話で気になるのが、「戦争の悪魔がなぜ現世に存在するのか」という点です。

目的は戦争の悪魔自身が語っていた”チェンソーマンから核兵器を吐き出させること”でしょう。

しかし、”闇”などの根源的恐怖には匹敵しないまでも、”戦争”は現代に生きる人間であれば誰もが知っており、渦中の人間は大いに恐怖する概念です。

そんな悪魔が現世に降り立ったということは、地獄で死んだ末に輪廻転生した、ということ。

あるいは、地獄の悪魔を筆頭とする、現世と地獄とを行き来することができる悪魔の協力により、現世に降り立った、という線もあり得そうです。

戦争の悪魔については、今後の深掘りに要注目ですね!

田中脊髄剣の魅力

第98話で登場し、無事Twitterのトレンド入りも果たした”田中脊髄剣”。

戦争の悪魔の堂々とした口振りと、圧倒的な画力、効果音の付け足されたコマ割りも相まって、第二部の1話目からエンジン全開の印象を受けます。

第一部にて不憫な目にあった”コベニカー”に並ぶ、次代の人気キャラクター(?)爆誕の瞬間を目の当たりにした気がしてなりません。

おそらくもう登場することはないであろう田中脊髄剣。

それでもなお、次回の人気投票があったのであれば、上位入りは間違いなさそうです。

未回収の伏線や今後の展開予想はコチラ!

【チェンソーマン】未回収の伏線・謎のまとめ|第2部の展開を考察!チェンソーマン第1部 未回収の伏線 『チェンソーマン』第1部完結時点で残されている未回収の伏線をご紹介します。 第2部の連載を控...

第二部ネタバレ一覧

12巻以降
98話 99話 100話    

本誌ネタバレ一覧

11巻
97話 96話 95話 94話 93話
92話 91話 90話 89話  
10巻
88話 87話 86話 85話 84話
83話 82話 81話 80話  
9巻
79話 78話 77話 76話 75話
74話 73話 72話 71話  
8巻
70話 69話 68話 67話 66話
65話 64話 63話 62話  
7巻
61話 60話 59話 58話 57話
56話 55話 54話 53話  
6巻
52話 51話 50話 49話 48話
47話 46話 45話 44話  
5巻
43話 42話 41話 40話 39話
38話 37話 36話 35話  
4巻
34話 33話 32話 31話 30話
29話 28話 27話 26話  
3巻
25話 24話 23話 22話 21話
20話 19話 18話 17話  
2巻
16話 15話 14話 13話 12話
11話 10話 9話 8話  
1巻
7話 6話 5話 4話 3話
2話 1話      

【最新話あり】全話まとめ

※チェンソーマンを無料で見れる!

チェンソーマンが配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で見ることができます! 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信している漫画版も見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を見ちゃいましょう。

漫画版チェンソーマンを無料で観る

(C)藤本タツキ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。