鬼滅の刃

鬼滅の刃171話のネタバレと前回のあらすじ

黒死牟に胴をまっぷたつに叩き切られてしまった玄弥。鬼食いでなんとか復活しようと、黒死牟から切り離された髪束を食らう。すると、脈動が激しくなり胴体がみるみるつながっていく。上弦の壱の血の濃さに驚く玄弥たちだったが……

鬼滅の刃171話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回170話のネタバレ

https://bookwiz.me/kimetsu170

171話「変ずる」のネタバレ

黒死牟の髪を喰らって鬼化しようとする玄弥
黒死牟に胴をまっぷたつに叩き切られてしまった玄弥。鬼食いでなんとか復活しようと、黒死牟から切り離された髪束を食らう。
すると、脈動が激しくなり胴体がみるみるつながっていく。上弦の壱の血の濃さに玄弥は驚く。

髪の毛ですらこれなのだから、折れた黒死牟の刀を食らったら凄まじい力を手にできるのではないかと玄弥は考える。

すると、頭の奥に謎の声が聞こえてくる。
集中して聞いてみると、無惨が話しかけてきていたのだった。

鬼化が進むことで、無惨の声まで聞こえるようになってしまった玄弥。

————-
黒死牟は、悲鳴嶼と不死川と戦っていてこの2人が鬼殺隊の柱の上位であることを悟る。
特に悲鳴嶼においては盲目に関わらず、実力最上位であることに驚きを隠せない。

悲鳴嶼は手強いと判断した黒死牟は、まず不死川の武器を潰そうと狙いを定める。
しかし、体中を切り裂かれているはずの不死川は、痣が出たことで反応速度が上がり黒死牟の攻撃を押し返す。

そこへ悲鳴嶼が詰め寄り、黒死牟に切り込み耳を斬り飛ばす。
畳み掛けかけるように不死川も呼応し、2人で技を連発して黒死牟の着物を切り裂いていく。

反撃の隙を与えず、2人は一斉攻撃を仕掛けて頸(首)を切り落とそうとするが、黒死牟は不敵な表情を見せる。
その瞬間、悲鳴嶼と不死川は全身をまばらに切り裂かれていった。

何が起こったのかわからない2人。
明らかに攻撃が届くような間合いではなかったはずなのに。

異常な長さの刀を持つ黒死牟

土煙がひらけると、そこには異常な形、そして長さの日輪刀を持つ黒死牟の姿があった。
まだ黒死牟は本気を出していなかったのだ。

172話へと続く。

続きの話のネタバレ

黒死牟の刀を飲み込み覚醒する玄弥
鬼滅の刃172話のネタバレと前回のあらすじ刀の形が大きく変化し、さらにパワーアップした黒死牟(上弦の壱)。その一撃によって不死川は指を2本切り落とされてしまう。 本気を出した黒...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。