五等分の花嫁

五等分の花嫁100話のネタバレとあらすじ

学園祭も2日目、フータローの元に黒髪の女の子が向かっていた。女の子いわく、自分はフータローの幼馴染なのだという。仲よさげな雰囲気の2人を見て五つ子は……

五等分の花嫁100話のネタバレ

週刊少年マガジン連載「五等分の花嫁」の概要

五等分の花嫁メインアイキャッチ(五つ子が揃って映っている)

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 
全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ!

中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

前回99話のネタバレ

あわせて読みたい
五等分の花嫁99話のネタバレとあらすじ学園祭初日の15時に教室へ集合。フータローからの突然の招集メールが届く。学園祭では各クラスの出しものに参加している五つ子だったが…… ...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

100話のネタバレ

フータローの幼馴染の竹林の画像
学園祭も2日目。3日目が終わったあとに五つ子の中から誰を選ぶか、宣言したフータローは突然雑用がなくなり暇を持て余していた。

そこへ、黒髪の女の子が声をかけてくる。大きくなったね、と自分を知っている風な話し方をするが、肝心のフータローは誰のことだかすっかり忘れていた。

話すうちに、小学生の頃に友達だった「竹林」であることに気づいた。当時とは雰囲気がガラッと変わっていて、数年ぶりに会ったため気づけなかったのだ。
竹林とフータローは学園祭を一緒に見て回ることになった。

—————-
一方、二乃と五月はパンケーキ売りの看板を持ちながらフータローのことについて話していた。
フータローは誰を選ぶのか?五月は他人事のように話すが、それを見て二乃は「あんたが選ばれる可能性もある」と言う。

突然のキラーパスに困惑する五月。
二乃も、フータローの誰を選ぶか宣言に困惑しているという。誰かに決めることを望んでいたとはいえ、いざその日が来るとそれはそれで焦るのだ。

—————-
三玖は四葉を呼び止めて、フータローを見なかったかと聞く。学園祭をただ一緒に回りたいのだという。

それを聞いて四葉は、フータローが誰に決めたか聞くまでは会ってはいけないと勝手に思い込んでいたことに気づく。

誰か1人を選ぶということは、残りの4人を選ばないことにもなるため、想いが叶わなくなる前に自分も思い出づくりをしておいたほうがいいかもしれないと四葉は思う。
四葉は自分が選ばれない可能性が高いと考えているようだった。

と、そこへフータローの声らしきものが聞こえてきたため、そちらに向かってみることになった。
向かってみると、なぞの女の子(竹林)とフータローが2人で楽しそうに射的をやっていたのだった。

物陰から様子を伺う三玖と四葉。
昨日、誰か1人を選ぶと言っておいて、その翌日に別の子をデートをしていることに呆れる2人。

三玖はネガティブを発揮し、もしかしたらフータローが選ぶのは五つ子からではなく、全く別の子を選ぶのではないかという考えが出てきた。

さすがに知り合ったばかりの人を選ぶわけがないと思い聞かせる2人だったが、そのタイミングで竹林がフータローの手を取り走り始めた。
知り合ったばかりなのに手をつないでいるフータローを見て、動揺を隠せない三玖と四葉。

————
二乃と五月に出くわすフータローと竹林

竹林が向かった先は、なんとパンケーキ売りの看板を持った二乃と五月のところだった。
手をつないでいるフータローを見て固まる2人。

竹林は2人がフータローの友達であることに気づき、「うちのフータローがお世話になっています」と挨拶をした。
小学生の頃からの同級生であるという竹林に、二乃はイライラしながら自分がどれだけフータローと親密かを話し始める。

教師と生徒の関係であるという言葉に反応し、竹林は二乃の手を取り奇遇ですねと言う。
竹林は昔、フータローに勉強を教えていたのだという。

竹林はフータローに勉強を教え、そのフータローが五つ子に勉強を教えることになっていたのだ。
自分のほうがよりフータローと親密だと二乃を煽る竹林、場がかなりギスギスしてきたところで、五月が大きな声でありがとうございますという。

フータローに勉強を教えたということは、間接的に自分もお世話になっていることになるのだという。
ただし、親密さでは絶対に負けないと張り合う五月。

そこへ、恥ずかしいからやめてくれと止めに入るフータロー。
フータローは、五つ子は数少ない友達で「全員が特別」だと言い切る。

一途な想いを伝える二乃

それを見て、昔のフータローが脳裏に浮かんだ竹林は、優しいまなざしでフータローの成長を喜ぶ。
竹林は五つ子に謝罪をして、その場をあとにする。

竹林は、待たせていた連れの男(おそらく竹林とフータローの幼馴染)と合流をする。
フータローはどうだったかと聞く男に、元気で安心したと報告する竹林。
そして、頑張りなよとフータローにひっそりとエールを送る。

————–

長かった3日間が終わり、ついにフータローは決断の時を迎える。
約束していた教室へ向かい、フータローは考えてきた答えを口にしようとする。

101話へと続く。

続きの話のネタバレ

あわせて読みたい
フータローにキスの話をする一花
五等分の花嫁101話のネタバレと前回のあらすじ長かった3日間が終わり、ついにフータローが決断をするときが来た。五つ子を再び教室へと呼び出し、自分の気持ちを伝えるべく覚悟を決めたフータローは……...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)春場ねぎ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。